ICARUS GARAGE

ヤフブロから引越ししました。ブログ閉鎖するYahooは糞だww★
2011/02≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2011/04

wiki文法 ~Yahoo地図のwikiへの貼付け~

wiki文法 ~Yahoo地図のwikiへの貼付け~


① ヤフー地図 で、地図を検索
※ 例えば、東京ミッドタウン の場合

② 地図が表示されたら、地図右上の『この地図の URL』をクリック

③ 『この地図の URL 』に表示されている下のような URL から緯度と経度を抽出
http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=35.665662327484&lon=139.73091159273&z=18...

lat=35.665662327484 の数値が緯度
lon=139.73091159273 の数値が経度

※ これは、『東京ミッドタウン』の緯度と経度です。

④ 下のタグの『緯度』と『経度』を上の数値に置き換える
[[item(http://map.yahooapis.jp/MapsService/Flash/V2/?appid=YahooMapsPasteMap&pos=緯度%2c経度&layer=2&mode=map&datum=wgs84,480,360)]]

[[item(http://map.yahooapis.jp/MapsService/Flash/V2/?appid=YahooMapsPasteMap&pos=35.68156404067265%2c139.76721008431141&layer=6&mode=map&datum=wgs84,480,360)]]

<script type='text/javascript' charset='UTF-8' src='http://map.yahooapis.jp/MapsService/embedmap/V2/?lat=35.68156404067265&lon=139.76721008431141&z=10&mode=map&pointer=on&datum=wgs&fa=ks&home=on&hlat=35.68156404067264&hlon=139.76721008431141&ei=utf-8&p=%E6%9D%B1%E4%BA%AC&s=13015699350f23599e19dcd1b9c820f2c82a34c8eb&width=480&height=360'></script>




スポンサーサイト



アンチウイルスソフト ~ノートン インターネットセキュリティ2011購入~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

アンチウイルスソフト ~ノートン インターネットセキュリティ2011購入~

ノートンは期限切れが近づきますと注意を促すメッセージが出ます。
3月に有効期限が切れますので、その前に最安値の価格などを調べておきましたが、価格.comの最安値より安いノートン2011の新品がヤフオクにありましたので、それを事前に購入しておきました。
 アンチウイルスソフト ~ノートン インターネットセキュリティ2011 備忘録~
オンライン延長正規  :¥6480円
オンラインキャンペーン:¥5985円
通販パッケージ品   :¥4956円
ウイルスバスターよりNORTONの方が動作が軽く評判がいい。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_64223526_0?1301566755
1.ヤフオクで入手3月10日に到着。4110円+送料500円しめて4610円と300円ちょい安かったです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_64223526_1?1301566755
2.|微々たる価格差なので無理しないで通販サイトで買おうか迷いましたが、安さに賭けるこのスリルがたまらなくオクで入手しました。アホです~|
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_64223526_2?1301566755
3.きちんと新品のノートン2011でした。良かった~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_64223526_3?1301566755
4.中身はCD一枚とはがき大の簡単な説明書一枚と寂しい。中身もきちんとインストできて使えました。

ん~なぜ最安値通販サイトよりも安いのか理解できませんが結果オーライ。
粗悪品や中古でもなかったのでホッと一安心しました。
こんな安いのがあるんですね~
少しの価格差でしたら無理しないで確実な通販サイトで買った方が良いと思います~
でもオクでのこの安物買いのスリルがたまらないです~
ノートン2011、お勧めです~2010より細かい仕様などもUPされてて良いですよ~


ICARUS

4号機TX750 ~カタログ入手~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

4号機TX750 ~カタログ入手~

今月はタウンメイトのほかにTX750のカタログも入手しています。
実は入手した順番はこのTX750のカタログが一番最初でして、それに惹かれてついついタウンメイトのカタログなどを入手した次第です。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1767408/img_1767408_64223275_0?1301563510
1.3月7日に入手です。私のと同じⅡ型グリーンのカタログです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1767408/img_1767408_64223275_1?1301563510
2.あ~新車の輝き。綺麗です~ 新車が一台欲しいですね。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1767408/img_1767408_64223275_2?1301563510
3.こっちは10日に注文、11日昼に発送しますとの連絡がありましたがこの日午後に東北で大震災が発生。発送元を見るとなんと仙台でして、慌てて連絡を取りましたが連絡付かず。住所は大きな被害を受けた仙台市内でしたがちょい海岸から離れた東北大学のそばでした。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1767408/img_1767408_64223275_3?1301563510
4.お金を振り込んだ後でして、被災してもう届かないとあきらめていましたが結局16日になんとか電気が来てようやくネットが繋がり商品を送ると連絡があり、18日に無事届きました。’72年の発売前のものです。

これでまたTX資料が増えました。
今回入手した二つとももうかなり古い資料です。
バイブルCDに追加データとして入れ込みたいと思います。


ICARUS

8号機タウンメイトT80ED ~カタログ入手~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

8号機タウンメイトT80ED ~カタログ入手~

今月愛車タウンメイト80のカタログを2度にわたり入手し、記事にしましたが、これは最初に入手したカタログです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1803208/img_1803208_64223112_0?1301560856
1.3月10日に入手です。これは300円で安かったです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1803208/img_1803208_64223112_1?1301560856
2.なかなか丁寧綺麗に包装されていました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1803208/img_1803208_64223112_2?1301560856
3.じゃ~ん。なかなか美品です。うれしい~~92年のものです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1803208/img_1803208_64223112_3?1301560856
4.これは2ストメイトですね。ん~2スト大好きですし、もう絶盤ですので欲しくなってしまう。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1803208/img_1803208_64223112_4?1301560856
5.これはタウンメイトです。私のとほぼ同じ後期型ですね。

なかなか美品でしかもお安く入手できて満足です。
当時はただで入手できて見向きもされなかったのでしょうが、愛機と同じでもう絶盤となると欲しくなってしまします。
カタログってわくわくしながら見てしまいますね。
思わずカタログ末尾の諸元表の数値を拾い読みしながら見てしまいます。
綺麗なカタログで当時を偲びながら拝見いたしました。


ICARUS

東北関東大震災 ~31日ニュース拾い読み-2~

東北関東大震災 ~31日ニュース拾い読み-2~


不法滞在11年の中国人男性、原発事故で恐くなり長崎に逃げ出頭 2011/03/29(火) 10:24:07

長崎県警は26日、中国国籍の林建明容疑者(48歳)を出入国及び難民認定法違反の疑いで現行犯逮捕した。中国新聞社が報じた。
  林容疑者のビザ有効期限は2000年9月6日までだった。林容疑者は更新手続きも帰国もせず、千葉県船橋市内でアルバイトなどをして生活をしていた。
  3月11日の東北関東大震災で東京電力福島第一原子力発電所で事故が発生したため恐ろしくなり、千葉県から逃げだした。結局、長崎にたどりつき、26日に長崎県警に出頭した。
  警察は状況や余罪の有無の確認などを確認した上で処分を決めるとみられるが、林容疑者は警察に対して、中国にただちに送還するよう求めているという。
結構いるらしいですね。こう言う方。
思い知ったか、日本の恐さを。二度とくるんじゃねぇ。

【中国ブログ】大地震に「歴史問題は持ち込むべきでない」の声 【社会ニュース】 2011/03/31(木) 11:44

東日本大震災について中国では、日本のモラルの高さなどを評価する声がある一方、ネット上では日本の国難を喜ぶ声も見られる。だが、そうした心ない人たちを諌める声も、中国人の中から出てきている。中国人ブロガー「此情可待成追憶」さんは、「地震と歴史と人道主義」というテーマでブログを執筆。「歴史を忘れてはいけないが、憎しみは忘れよう」と人道主義の大切さを説いている。以下ブログの引用。

  日本の大地震に対して、中国では2種類の見方があると思う。1つは大地震を見て「うれしい」というもの。歴史問題の仕返しができたと言って、他人の不幸を見て笑う者すらいる。もう一方は、日本に対し同情を寄せるもの。私もその一人だ。

  歴史問題はこういう時には持ち出さない方がいい。歴史問題というと、日清戦争での旅順大虐殺や日中戦争での南京大虐殺、「殺し尽くし奪い尽くし焼き尽くす」という三光作戦、そして毒ガス兵器など、日本がわが国で犯した果てしない罪の数々を思い起こさせる。

  これらは確かに忘れることのできないことだ。その記憶があるからこそ平和の重要性が感じられるし、「遅れた者は殴られる」ということも分かった。とはいえ逆に考えれば、我々にも過ちはあったのではないか。あの時代、わが国は非常に遅れていた。そのあたりのことはよく考える必要があるだろう。

  1人の中国人として、こういう時こそ人道主義が必要だと思う。日中戦争中、中国側の将軍が2人の日本人女性を救ったという話がある。これが人道主義というものだ。彼女たちもまた、戦争の被害者だったのだろう。庶民は戦争など好まない。役人の中の好戦的な連中が、戦争をしかけてくるのである。

  四川大地震のときに、日本の救援隊がすぐに駆けつけて来たことを覚えている人も多いだろう。彼らは熱心に働いてくれたが、結局生存者を救出することはできなかった。すると隊員の一人は「生きている人を救えず、申し訳なかった」と辛そうに言い、死者に対して敬意を表するための簡単な儀式も行った。それを見て私は日本人の誠意を感じ、日本人は命を大切にするのだということが分かった。

  地震に限らず自然災害というのは、人類共通の災難だ。こういう時は人道主義の精神に基づき、一つの地球の上で一人ひとりが手を取り合って心を通わせる必要があるだろう。歴史は決して忘れてはいけない。だが憎しみについてはひとまず忘れることにして、ともに復興に向かって進んでいくべきだと思う。(引用おわり)

  このブロガー以外にも、中国人の中には東日本大震災を見て四川大地震のときの日本の救援隊の真摯な態度を思い起こす人が少なくない。今回の大震災も、中国人の日本に対する見方に対し、様々な影響を与えているにようである。
なるほど。やはり意見はいろいろですね。
まぁ、こう言う大震災を機会に、中国日本など民度が上がって一人一人の意識も向上すればいいですね。
今回の震災が落ち着いて、平時になっても・・・
といいつつ、既に中国外務省は文句を垂れていますが。困ったもんです。

もんじゅは今どうなっている?

平成7年末にナトリウム漏洩の大事故を起こしたもんじゅは、その後15年弱停止していました。平成22年5月6日に試運転を再開しましたが、8月26日に炉内中継装置という直径46cmのパイプ状の装置を原子炉内部に落とすという事故を起こしました。

炉内中継装置をつかむ機能を果たすロッドとパワーシリンダのつなぎ目のねじが緩んだことが原因でした。このパワーシリンダは、平成15年に現在のものと交換されました。以前のものには、設計後の製作の段階で、ねじの緩みを防ぐ対策がとられていましたが、なぜかそれが設計に反映されず、交換された新しいものにはねじの緩み対策がありませんでした。

しかも、ねじそのものがきちんと止められていませんでした。

この部分は、次のものではねじ止めをやめ、一体成形されることになっています。

落下したパイプ状の炉内中継装置は、途中で変形し、さやの部分に引っかかって抜くことができなくなりました。(平成22年10月13日)

この時点で、上記のブログ記事が書かれています。

この後、対策が検討される中で、炉内中継装置のさやにあたるスリーブごと一緒に引き抜くことが決定され、現在、そのための治具が作成されています。4月からモックアップで引き抜きの訓練が始まり、6月にさやごと引き抜きが試みられることになります。

もんじゅの原子炉内には液体ナトリウムがあり、それが気化したものがさやの壁面に蒸着していることが予測され、引き抜きに必要な力はかなり大きくなると思われます。

さらに、空気が原子炉に入ることを防ぐためにアルゴンガスが密封されているので、引き抜き作業をするためには、その部分に覆いを掛け、そこにアルゴンガスを入れ続けながら、作業をすることになります。
おお、原発以上に難度が高くて、先進諸外国で開発研究自体もやめてしまった高速増殖炉(原発)で、事故を起こし、先頃再開したがあいも変らず事故続きのもんじゅ。
どうなっているんだか~~~~~
ちょっとサイトで状況を調べておいた方がよさそうですね。
原発どころか、もんじゅなんて真っ先に停止、廃炉にされそうな代物ですね。
どうなんでしょうか・・・
個人的には技術的には興味があって、成功してくれればいいと思うんですが、冷却材が燃えやすいナトリウムなので事故が起こると福島原発の比ではなくなります。

米国で「東電には経営責任がある」株主代表訴訟も 2011.3.30 22:44

東京電力の経営責任を問う声が米国内で強まっている。東日本大震災で事故を起した福島第1原子力発電所への対応処理、情報開示の遅さに対して、エコノミスト、大学教授からウォール街関係者まで批判的だ。東京電力が昨年9月に実施した公募増資では米国の投資家も東電株を購入しており、海外発で株主代表訴訟が起きる可能性も出てきた。

 「誠に残念ですが、日本は貧しい国になるでしょう」。米国家経済会議(NEC)前委員長のローレンス・サマーズ米ハーバード大学教授が23日、ニューヨーク市内の講演で断言すると、会場が静まり返った。

 米国では、震災後の落ち着いた日本の社会秩序が評価される一方で、経済の先行きが懸念されている。

 米国のエコノミストは第2四半期(4~6月)の日本の国内総生産(GDP)が前年比約3%減るとみているが、減少率の半分、1・5%分が東電「発」によるネガティブ要因。放射能漏れや停電が都心部の経済活動を妨げ、消費の低迷につながるという見方だ。
ん~、まぁ、仕方のない事でしょうね。訴訟をしてみた所で賠償できるかどうか。
東電、国有化せざる得ないと思います。
まぁ、時間の問題で、こういう話が現実味を帯びて実際に取り立たされると思います。
どうなるんでしょうね、東電。
国有化されて、今までと変らずのうのうと暮らせるんでしょしょうか。
東電の社員の声が聞こえてこないですね。


ICARUS

東北関東大震災 ~31日ニュース拾い読み-2~

東北関東大震災 ~31日ニュース拾い読み-2~

拾い読み第2弾。いろいろニュースが出ててひきもきらず。

<東日本大震災>宮城の小型漁船被害1022億円 毎日新聞 3月30日(水)20時30分配信

宮城県は30日の災害対策本部会議で、東日本大震災による小型漁船(20トン未満)の被害状況について、1万2005隻が損壊し、被害額は約1022億円に上ると明らかにした。また、沿岸の養殖施設も壊滅状態で、水産物を含めた被害額は約519億円と見込んでいる。

 県水産業振興課によると、県に漁船登録した小型漁船は1万3409隻。県漁協33支所の職員が震災後、1404隻を「使用できる状態」と確認し、それ以外を損壊したと判断した。損壊した漁船のほとんどがアワビなどの沿岸漁業や養殖に使う船だったという。

 一方、養殖施設については、カキ、ホタテ、ノリの養殖施設が大津波で流されたり破損したりしたという。同課の小林徳光技術副参事は「(水産業の復興に向け)国の手厚い支援を要求していきたい」と話した。
自然災害では、個人への補助金などの支援は行わない事になっています。
しかし、世界3大漁場で漁業が盛んなこの地域で、早急な漁業の復興なしにはこの地域全体の復興はありえず、難しい対応が求められるかと思います。
まぁ、何はともあれ、津波にたいして緊急非難できる方法を確保した上で、早急に漁港を復旧するべきだと思います。そうて早く被災地が自立できるようにしないといつまでも復興資金が掛かり国の財政を圧迫する事になります。

飯舘村に避難勧告を=IAEA 時事通信 3月31日(木)1時18分配信

国際原子力機関(IAEA)のフローリー事務次長は30日、ウィーンの本部で記者会見し、事故を起こした福島第1原発の北西約40キロにあり、避難地域に指定されていない福島県飯舘村について、高い濃度の放射性物質が検出されたとして、住民に避難を勧告するよう日本政府に促した。
 同事務次長は「飯舘村の放射性物質はIAEAの避難基準を上回っている」と指摘。日本側からは調査を開始したとの連絡があったことを明らかにした。 
22日頃から放射能レベルが高いと指摘されていた飯舘村ですが、IAEAに危険を指摘されてしまいました。
日本政府はこのIAEAの勧告にも耳を貸す雰囲気はありませんが、原発の危険なそばでの安全を考えますと素直に安全措置を取るべきだと思いますが。
そもそも強制避難地域と自主避難地域の区分があることなど政府のご都合主義かと。
チェルでも30km以上離れた地区でも放射能が飛んで高濃度の放射線を検出した地域は、現在も立ち入り禁止地区の飛び地地区があります。

日本は原爆被爆国で、放射能の恐ろしさは繰返し教えられ、刷り込まれている国民です。
日本政府は国民の気持ちなども考え、もっと弾力的に指示を出すべきではないかと思います。

海水のヨウ素、4385倍 放射性物質の流出継続か

経済産業省原子力安全・保安院は31日、東京電力福島第1原発の1〜4号機近くの放水口付近で30日午後に採取した海水から、法令で定める濃度限度の4385倍のヨウ素131が検出されたと発表した。これまでで最も高い数値。26日午後に約1850倍を記録した後、減少傾向が続いたが、29日に採取の海水で3355倍という高い値が示された。保安院は、原発からの放射性物質の流出が再び起きているとの見方を示している。
放水口からですからタービン建て屋の冷却水循環部からだと思いますが、どこから漏れてるか経路はまだ不明の様です。
こんだけもれてると銚子あたりで再開されている漁業にもそろそろ影響が出てくるかと。
原発沿岸で漁業はしてないけれど、お魚は沿岸を回遊していますしね。
第二の風評被害が出そうです。
千葉のうっかり放射能水道水事件じゃないですが、早めの情報公開お願いします。
富山で魚や寿司を食べてるとは地物って半分もないですから~
よろしくです。
▼この方温和な雰囲気としゃべりですね。前から気になってました。経産省の西山英彦大臣官房審議官っすね。最初、なんか違和感を覚えてましたが、最近毎日見たくなってきてしょうがない感じです。
イメージ 1


と言うわけで、西山審議官を調査~~~~

経産省の西山英彦大臣官房審議官

西山英彦(にしやま ひでひこ、1956年12月29日[1] – )は、日本の官僚。神奈川県出身。
2011年3月の東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所事故において、原子力安全保安院のスポークスマンとして記者会見に臨み、メディアで連日その姿が全国に放映され、印象的な風貌もあって、雑誌メディアなどで盛んに紹介された。

事故直後は、本来の担当者である、原子力安全・保安院の中村幸一郎・審議官(原子力安全基盤担当)[2]が記者会見を行っていたが、発言内容に関して官邸側が問題視したこともあって、急遽借りだされる形となった。原子力安全・保安院や資源エネルギー庁勤務経験はあったものの、直前までは通商問題を担当する通商政策局の大臣官房審議官(通商政策局担当)[3]であり、原発の専門家というわけではない。当初は記者の質問に即答できず、はにかみながら資料をめくり苦慮する姿が印象的であった[4]が、次第に場慣れして円滑にこなすようになり、スポークスマンとして定着した。

経歴
1980年 東京大学法学部卒業。通商産業省入省。
1984年 ハーバード大学法科大学院修了。
1998年 ジェトロニューヨークセンター次長
2001年 経済産業省通商政策局米州課長
2003年 原子力安全・保安院企画調整課長
2006年 大臣官房総務課長
2007年 資源エネルギー庁電力・ガス事業部長
2009年7月 通商政策局審議官[5]
2011年3月13日より連日、原子力安全・保安院担当として東京電力福島第一原子力発電所事故についての記者会見に臨む
現在 大臣官房審議官(通商政策局担当)
すんげ~ 東大法学部で、ハーバードで大学院かよ!エリート官僚じゃん。
どうりで菅さんより知的な雰囲気があるかと。
クラリネット演奏などもこなすとか。ん~知的~
いや~西山さんも見るのがクセになりそうです。
事態が一段落ついたら本でも出版して、クラリネットの演奏会でもやって是非拝聴したいもんです。
などほどねぇ。いろんな人がいるねぇ~

日本の放射能汚染100キロ超す:ASN

日本のニュースサイトによると、フランス原子力安全局のラコスト局長は28日の記者会見で、福島第1原発事故で放出された放射性物質の汚染状況は、すでに屋内退避の範囲である半径30キロ圏の範囲を越えていると指摘した。ラコスト局長は「汚染範囲が100キロ圏に広がっていてもおかしくない」と警告した。
報道やネットでの放射線量を見てる限り大丈夫そうだけど、モニター点以外の地点で濃度が上がってる可能性もあるので安心はできないけど。まぁ、様子見ですかね。

IAEA原子力安全局:福島第一原発、局所的に再臨界の可能性も

3月30日(ブルームバーグ):国際原子力機関(IAEA)は30日のウィーンでの記者会見で、東京電力福島第1原子力発電について、「再臨界」の可能性もあるとみて、分析作業を進めていることを明らかにした。

  IAEA原子力安全局担当のデニス・フローリー事務次長は30日、「最終判断ではない」と発言。「局所的に起こる可能性があり、放出が増える可能性もある」と述べた。
可能性、ゼロではないものの、TVで解説者も言っているように、原発では、高速で飛び出す中性子の速度を冷却水で落としウランに衝突させないと核連鎖反応が起きないと言っています。
制御棒が入りきっており、メルトダウンしても臨界はほぼ無いと思われ。
ほぼ・・・ ですが。
まぁ、最悪は考えておくべき。


ICARUS

東北関東大震災 ~31日ニュース拾い読み~

東北関東大震災 ~31日ニュース拾い読み~

被災地の支援物資、仮設住宅、復興の計画などニュースで見て徐々に作業が進んで来ているのかと思いますが、まだまだ十分ではないようですし、何より全体像が良く把握できません。
この県で物資充足率××%、仮設住宅建設・入居率××%などと集計し公表してもらわないと一向によくわからず五里霧中といった感じがします。

さて、今日のニュースから。

「5、6号機も廃炉に」東電会見に住民怒りの声 読売新聞 3月30日(水)20時44分配信

東京電力の勝俣恒久会長が福島第一原発1~4号機について、「廃止せざるを得ない」「(住民が地元に戻れるのは)数週間では厳しい」などと述べたことを受け、福島県内各地で避難生活を送る住民からは、「5、6号機も廃炉に」「一刻も早く先行きを示せ」などと、改めて怒りの声が上がった。

 東日本巨大地震後、東電の最高責任者が記者会見に応じたのは、13日の清水正孝社長以来17日ぶり。2時間以上にわたり、報道陣の質問に応じた勝俣会長は「最大限の補償、おわびをしたい」とし、情報提供の遅れが相次いでいることについて「情報を隠すということは全くないが、ミスが生じたりタイミングが遅れたりしているのは申し訳ない」と謝罪した。
東電社長がダウンで、会長が会見ですが、何を言っているのだろうという感じです。
が、東電TOPが言う事ですのでそれなりの重みもあります。
が、自己弁護に走っていると思われたのは私だけでしょうか。
最初に自己保身、弁護ありきでは、こう言うときに回りから支持が得られないと思います。
極めてバランス感覚に優れて公平に物事を判断できる経営感覚を持った方が望ましいと思います。
ん~しかし北電も似た様なものか・・・・

「震災孤児」数百人か…厚労省、実態把握急ぐ 読売新聞 3月31日(木)3時7分配信

東日本巨大地震で親を失った児童生徒は、1995年の阪神大震災の68人を大きく上回る見通しとなっている。
 厚生労働省などによると、阪神大震災が早朝に発生したのに対し、平日の日中に発生した今回の地震では多くの児童生徒が下校前で、学校ぐるみで避難して助かった事例が多く、「震災孤児」は数百人単位にのぼるとみられる。
 ただ、震災後も混乱の続く被災地の自治体からの聞き取りは難航しており、厚労省は、被災地以外の自治体から専門職員を募って現地に派遣し、実態把握を急いでいる。
 阪神大震災では、親を失った児童生徒の大半が親類や知人に引き取られた。
まるで戦時中の様で、大変な事になりました。少しづつこういう重大な事実が明らかになってきますが、もう3週間、この孤児が沢山居るという話は当初から言われていたことです。もうちょっと早く事実を確認できなかったかと思います。
震災孤児が数百人単位ですか。大変な悲劇となってしまいました。

公共事業費の5%、復興財源へ…11年度予算 読売新聞 3月31日(木)3時7分配信

政府は30日、東日本巨大地震の支援策として、2011年度予算に計上した公共事業費の5%程度を被災地の復旧・復興財源に回す方針を固めた。

 11年度予算の公共事業費は約5兆円で、約2500億円を4月にも編成する11年度第1次補正予算案の財源に充てる。11年度当初予算の執行の見直しは初めて。
焼け石に水ですが、暫定措置とは言え早急な支援への後ろ盾が必要です。
公共事業でお金をばら撒いている場合ではないですが、折角上向きかけた景気ですので、本来は公共事業で景気浮揚をせねばならなかったお金です。
被災地復興も景気浮揚ができるような効果的な使い方をしてほしいと思います。
まだ明確なビジョンが政府から示されずに当座の暫定のお金の話ばかりが先に出てくるのは本末転倒だろうと思います。

尖閣「日本領土はでたらめ」=教科書検定、事を荒立てず―中国 時事通信 3月30日(水)23時4分配信

中国国営新華社通信は30日、日本の教科書検定で、中学の社会科教科書を発行する7社がすべて尖閣諸島(中国名・釣魚島)について「日本固有の領土というでたらめを記述した」と伝えた。中国外務省が繰り返し強調している「釣魚島は中国固有の領土」という立場を引用したが、それ以上の反発は示していない。
 尖閣諸島は中国にとっては主権、領土に関わる問題で譲歩できず、昨年9月の尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件では、両国関係が悪化し、まだ完全には修復していない。ただ、東日本大震災で中国が日本に積極的に支援をするなど、両国の国民感情も改善しており、中国側は教科書検定で事を荒立てることはないと判断しているとみられる。
 共産党機関紙・人民日報系の環球時報は30日、教科書検定について「韓国、(震災支援の)恩をあだで返す日本に不満」との見出しで、韓国での反発は報じたが、尖閣問題については触れなかった。 
以前、飴とムチについてコメントを書きました。
まぁ、こう言う時期、世界は支援をしてくれるのですが、一方で自国の利益と主張を全て捨てているわけではない事に注意をする必要があります。
文句は言わないが、戦闘機を繰り出してくる国がいたり、ヘリを飛ばし文句タラタラの国がいたり。
そろそろ震災後3週間で、分かち合った痛みも和らいできて、各国が仕舞った牙をむき出してくる時期です。
実は先頃政府が沖縄の辺野古沖合いにV字滑走路建設をアメリカに打診しました。
もちろんこれもオペレーション・トモダチの一環です。
実はこっちの移転滑走路建設の方がトモダチ大作戦のメインだったりします。
東北での空母ロナルドレーガンや海兵隊の活躍は目くらましのおとり作戦です。
あ、悪友か!
オペレーション・ワルトモだった様です。
やるなぁ、アメリカ。日本政府の弱みに付け込んで政府を抱きこんで。さすが!

福島第一原発、廃炉は数十年がかり 読売新聞 3月31日(木)9時21分配信

危機的な状態が続く東京電力福島第一原子力発電所1~4号機。

 東電の勝俣恒久会長は30日、これら4基を廃炉にする方針を示したが、喫緊の課題は、原子炉の冷却や放射能に汚染された大量の水の処理だ。廃炉に持ち込むには長い時間がかかり、専門家は「すべてを終わらせるには数十年がかりの作業になる」と指摘する。
スリーマイルで14年、チェルでも破損した建て屋の修復にかなりの時間が掛かっています。
スリーマイルでは、原子炉にある放射能を浴びた汚染水の処理にかなり時間が掛かっています。
今回の福島原発を見ますと4基もあってしかも膨大な量の汚染水があって、廃炉にするにしても絶望的な作業です。下手をすると100年とか200年単位の大きな負の作業になると思われ。
しかもそもそも国内で放射性物質を保存処理できるのは青森の六ヶ所村しかなかったかと思われるが日本がどんどん原発を建設し55基と世界第3位になった現在既に放射性廃棄物貯蔵施設は結構一杯だったはず。
しかもこれは放射性廃棄物一時貯蔵施設で最終処分施設ではない。
そもそも世の中で、高レベル放射性廃棄物の最終処分場などほぼ無いどころか、最終処分の良い方法が無く、各国とも頭を捻って、問題を先送りしている状況。
この状態で、突如日本が高レベル放射性廃棄物の処分問題が降って沸いたわけで、今後廃炉とあわせて一時保管、最終処分について頭を悩ます事になる。
ちなみに六ヶ所村では核処理施設受け入れに伴う補助金のため、村はかなり潤っている。
原発を建設するくらいなら、処分場を作ったほうがまだマシだったかと思われ。
六ヶ所村は利口だったかも。

福島第1原発 沸騰水型の構造裏目に 毎日新聞 3月31日(木)0時26分配信

イメージ 1

東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発の原子炉は、「沸騰水型軽水炉(BWR)」と呼ばれる。国内の商用炉の6割を占めるが、今回の事故によって起きた大量の放射性物質の放出や汚染水の問題は、この構造が裏目に出た可能性がある。核燃料が過熱によって損傷し、核燃料を厳重に閉じ込めるはずの「原子炉圧力容器」の底部から外部に漏れ出していると関係者は見ている。
目くそ鼻くそを笑う、です。そもそもPWRは複雑な2次配管系からの水漏れなど事故が相次ぎ、稼働率が低かったりして信頼性が低く、簡素でトラブルの少ないシステムのBWRに走った経緯もあります。
どちらにせよ巨大な複合制御システムで通常以外の災害などの悪条件化での安全対策には今でも頭を悩ましているのが実情で、今回はからずもその事実を世界に露呈したことになります。
元々BWRでは圧力放出弁が後からつけられたり、必須となったりしているので、低部から冷却水が漏れるのは問題かと。
まぁ、それだけ炉心溶融が進み、建て屋が粉々になるほどの大きな爆発や振動などで炉が痛んだのは大問題かと。原子炉強化の再設計は必須かと。


ICARUS

東北関東大震災 ~31日所感~


連日TVや新聞、ネットで今回の大震災のニュースについて情報が流されています。
ニュースや番組でいろんな方が登場され、違った意見が出てきて、いろんな考え方が伝わり、ああそうかと考えさせられる事もあります。

【地震津波被災地】
今日で震災後3週間になります。阪神神戸ではこの頃は政府も復興対策部署を作り、かなり救援、復旧も進んでいて、各地からのボランティアも活躍していたと記憶しています。
今回NGOなどボランティアや、地方自治体から自発的に東北に人的支援をおこなったりしている報道がみうけられますが、政府が積極的に指示し、動いている気配は全くありません。
基本的に災害では被災県以下の市町村が復旧をすることになっていますが、今回のような大規模災害ですと政府が救援支援にあたることになっていますが、3週間を過ぎてなお、初動の動きも見られず、阪神淡路や、中越などでの大災害の経験が全く生かされなかったのかと非常に残念に思います。
政府が情報の収集、とりまとめをしないので実態はいつまでたっても明らかにならず、消防庁、警察庁やTV、新聞などの報道での集計や現地取材で実態を知る程度ですが、これがかなり情報を得る上で役に立っていると報道されており、私も全くそう思います。

県や市町村も全く手が足りない状況ですので、国がしっかりと災害情報を収集し、上手にボランティアや物資の配分を指示し、過不足がないように円滑な救援復旧をおこなわねばなりません。

震災以来菅首相の頭の中は原発事故で一杯で、津波被災地のことまで頭が回らないと繰返し報道されています。先の2週間ぶりの記者会見でも真っ先にでてきたのは原発で、被災地のことは後回しで、国際的に責められて気持ちはわかりますが、まだ被災地には2万人近い方が行方不明で見つかっていない状況で、一国のトップたる首相がこれではいけないと思います。

被災地救援復興と原発は二つとも大事な対策の両輪です。
首相は同時に二つに対応できなくとも別々の作業を振り分け事に当たらせればそれでよい訳です。
そういう指示もできない首相などいりません。
未曾有の災害にあって、未曾有の人災が発生してしまったと思います。
不手際ばかりが目立つ菅首相の名前は、未曾有の災害と共に汚点として永久に名が残る事でしょう。
次の政権はこれを糧として背を正して政権運営にあたらねばならないと思います。

また昨夜のJNNだかのTVで、南三陸町の避難場所に指定されていた体育館に非難した80人ほどが、10mを越える津波で流されほぼ全員が死亡、行方不明になっている報道がされました。
災害研究者が現地で破壊されたコンクリート製の大きな体育館とその高い天井までの浸水跡をみて、これではほぼ全員助からないだろうと説明されていました。
そして、そこに非難した80人ほどの中、10m以上上にある屋根の鉄骨に捕まって助かった人3人ほどの一人は、一緒に逃げた奥さんが流され行方不明になっているとの事で次のようにインタビューに答えていました。
 市の防災の有り方には責任を感じるが、こういう災害の中にあって責める事はできない
と諦め半分の話をされていました。
また先に紹介しましたが、仙台の被災地においても、貞観地震による津波などを研究している東北大学の方が、海岸よりの避難場所が危険と指摘し、内陸よりで高台となっている高速道路を避難場所にすべきと昨年提言したが間に合わなかったという話も報道されていました。
この地区で助かった方は、とっさに海よりの避難場所は危険と思い、高速道路に走り、間一髪助かったと言っており、多くの方が指定避難場所で亡くなったことを残念だと語っていました。

繰返しになりますが、日本は紀元後7~8世紀頃より文化が栄え、過去の地震災害などの記述が残っており、それらを調べる事ができる貴重で珍しい国です。
私も関東に住んでいた頃、大きな都立図書館で、地震の記録を調べて関東での地震の記録を調べてみましたが、西暦700年代にまでその記録が個人でレベルでも遡る事ができ、関東どころか全国で多くの記録が残っていることに大変驚きました。
またこれらの記録と現在の地質学や解析技術をもってすれば、先の東北大学の方や、2009年に国会で福島原発の耐震性への問題を指摘した防災研究所の方など具体的に指摘する事ができたのに、国をはじめ、自治体、企業が有効な手立てを打てずに大災害をもたらしてしまい非常に残念です。

今国や自治体を責めても仕方がないですが、今一度学識経験者、専門家の意見に耳をかし、有効な防災対策や、防災都市作りを進めねばならないと思います。
それには、なぜこうなってしまったのか各自治体、被災住民とも今一度よく考え、反省してみる必要があります。

今の組織のあり方、考え方のままで、災害を受けた街と同じ街造りをしてはいけない事は明らかですので、早急に体制、指針作りが大切です。

今回東北から関東沿岸都市部で津波高さは分かっているだけで5mほどから17mに達しています。おそらく最大高さはこの倍くらいに達している所もあるかと思います。
岩手宮古市田老町の有名な10m防潮提は無残に決壊、他の地区の漁港入り口に海中から造られた総高さ20~30mの防波堤もことごとく破壊されています。
防潮堤も必要ですが、高さ20m、30mにも及ぶダムの様な堤防を延々と造るのは相当難しいと思います。またダムは静的に静水圧を受けるだけですがとてつもない大きさになっていますが、これ以上に巨大な動的エネルギーを持っている津波に耐えうるダムの数倍~数十倍の強度を持つ防潮提を作る事は非常に困難だろうと終われます。

おそらく今後の防災対策は、いかに迅速に非難できるか、津波の来ない地区にいかに街を復興できるかに掛かってくるのだろうと思います。

関東大震災、阪神神戸でも政府や自治体主導で、防災・復興都市が計画され、都市復興されています。
防災研究者も参画し、適切な指導助言のもと、二度と同じ災害の出ない被災地での都市復興を願っています。


【原発事故】
福島での津波被害者や、原発非難地域の方の過酷さは、津波被災地区以上のものが有るかと思いますが、政府はなおざりで、また県や市町村も為すすべがないと言う悲惨な状況になっています。
TVでは、1200人も既に3回も転々と避難場所を変え苦労する住民の報道がありましたが、なんとか長期避難できる場所を確保すべきと思います。
おそらく海外の戦地や被災地にある大規模な難民キャンプのようなものを造らざる得ないと思います。
東電会長も語っていましたが、30年を経過した技術的にも古い最古級の原発で寿命間近ですので、今後10年程をかけて復旧はありえず、もう事実上廃炉の選択しかないと思います。
今回の原発沈静化が成功したとしても、長期に渡り原子炉の解体に伴う危険のため、チェルノブイリの様に周辺10~20kmは半永久的に立ち入り禁止になる可能性もあり、この地区事態が崩壊してしまう可能性も高いと思います。政府の早い対応が望まれます。

今回報道でも指摘されていますが、日本の原発災害に対する備えがほぼ全く無かった事は致命的でした。
これも安全で事故が起こらないという誤った前提に立っていた事が問題だといえます。
日本は国が原発に莫大な開発費を投資する世界で一番の原発推進国家ですが、原発の製造自体は進んでいても、原発の経験自体が少なくまた過去に大災害を起こした事が少なく、これらの技術蓄積、事故が起こる前提にたった設計がなされていなかった問題点が指摘されています。

事故当時に自国の技術を過信せず、事故経験や事故対策が充実した米国、フランスの応援、支援を迅速に受け入れるべきでした。そうすれば今回の様な大事故に拡大することは無かった可能性が高いと海外の有識者からも指摘されています。
返す返すも残念な事でした。

北陸電力でも石川の志賀原発を抱える地元で、原発に対する不安と、再開中止の意見が上がり、昨日公聴会とその模様が中継されていました。
現在1号機はタービンシールの交換作業中で2月から停止中で、2号機は定期点検のためまさに3月11日に停止されたばかりでした。

私は原子力始め世の全てのものから事故、故障、破損はなくならないと思いますが、十分安全が確保されるのであり、人類に利益があるのであればそれは使うべきだろうと言う工学の立場で良いと思います。
これは、車がある限り事故はなくならず、毎年1万人近い方が事故で亡くなる甚大な被害が出ているにも関わらず車がなくならないのとある意味同じだろうと思います。
飛行機はその事故は墜落と言う致命的な結果をもたらすにも関わらず、エンジンの多発化や、安全設計などにより、今日交通事故で亡くなる方よりもはるかに少ない死傷者数であり、事故や死者がゼロに出来ないという現実があるにせよ、自動車のある環境よりは安全で便利で人々に大きな利益をもたらす、と言う点で必要なものであり、今後原発も十分安全対策がなされた上で再び利用が推進される事もあると思いますし、そうあるべきエネルギー源だろうと思います。

原発が人々から安全と言う信頼を勝ち得るには長く遠い道のりだろうと思いますが、それを科学、工学の関係者が達成せねばならぬだろうと思っています。

いずれにせよ一時的に原発は全面見直し、再設計が必要で、現在日本の3割を担う原発の比率が下がり、代替の石油火力などの建設で電気のコストがかなり上がると思われますが、日本の国民は安全との引き換えに甘んじて背負わねばならない事態となります。

私の意見は厳しい所、原発に対して甘い所もあるかと思いますが、私の意見に全ての人が反対でもなく、賛同され、現在でも同意見をもたれる方もいます。
今後日本全体で議論し、総意としていけばよいと思います。



ICARUS

東北関東大震災 ~ニュース拾い読み-2~

東北関東大震災 ~ニュース拾い読み-2~

日テレの辛坊さんなど読売解説委員は朝ニュースを、また名解説でおなじみの池上彰さんはTVを完全降板しました。
いや~私も大好きだっただけに残念です。
歯に物挟まった某国政府と違って、村正の様に切れ味鋭い切り口が大好きでした。
こういう難しい事態の時にこそ活躍していただきたかったと思います。

さて、次々と感化できぬニュースが出てきて、どうなってんだ状態ですが、矢継ぎ早に・・・・

福島第1原発:東電社長が入院 高血圧とめまい

イメージ 1

東京電力は30日、清水正孝社長(66)が29日夜に体調を崩し、急きょ入院した、と発表した。「高血圧と極度のめまいを訴えている」(広報部)といい、復帰の見通しはついていない。東電の勝俣恒久会長が30日午後3時から会見し、福島第1原発事故の対応や計画停電などについて説明する。

 ◇勝俣会長が指揮
 清水社長は16日から体調を崩し、1週間程度、本店内の役員室で休息していた。その後、復帰して原発事故などの指揮に当たったが、29日夜になって再び体調が悪化したという。清水社長が不在の間、勝俣会長が陣頭指揮を執る。
ん~~~1週間体調を崩して隠れていたのは会社の役員室だったとは。
美人秘書と密室密着1週間、旨い物食べ放題だったが、事態も好転せず出てくるタイミングを逸したかと。で、ようやく病院へと。
極度のめまい・・・
そりゃそうかと。国民もみな軽いめまいを覚えていますし、ロシアなど気が気でなくて領空近くにまで戦闘機など飛ばして、結構頭に血を上らせているようです。
そうですね。北朝鮮の平壌あたりで一人高笑いをしているヤツがいるかもですね。
世界では逃げた、と報道されています。
この際、逆脱北で北朝鮮に逃げるなんざいかがかと。
お勧め致します~
あ、北朝鮮で同じ失敗をしたら即銃殺ですよ~

毎日新聞 図説

▼ウラン燃料からプルトニウムができる反応の説明
毎日新聞の誤記
イメージ 2


▼ICARUS訂正版こっちが本物だよ~
イメージ 5


これだけ見ても分からないっす。国立、市立大学を志した理系で高校で物理をやっていないと理解不能っす。詳細は昨日の原子核反応に関するまとめ記事を理解できないとこれも理解不能っす。
放射性元素は不安定な原子核状態で、自己分裂し中性子を出し、安定な核に変化しようとする。
その分裂の際に発生する電荷をもたず質量数が1の中性子2~3個放出されが周りにあるウラン235に衝突し、更にこれを分裂させ、順次核分裂が連鎖的に発生しこの時莫大なエネルギーが放出される。これを核分裂連鎖反応と言う。
で、以後のプルトニウムができるまでが難しい。
燃料中にあるウラン238(陽子92+中性子146=質量数238)に質量数1の中性子が合体し、陽子92+中性子147=質量数239のウラン239ができる。(陽子の数は変らないのでウランのまま)
で、β崩壊で中性子が崩壊し、1個の電子を放出(β線)し1個の陽子に変るので、陽子93+中性子146=質量数239となり陽子が92個のウランより陽子が一個増えるので原子番号93(=陽子数)のネプツニウム239に変る。(図中のネプツニウム238は間違いで239)
そして更にβ崩壊し、中性子1個が1個の電子を放出し(β線)、1個の陽子に変り、陽子94+中性子145=質量数239となり、質量数は変らないが、陽子が94個すなわち原子番号94のプルトニウム239へと変化する。
これが原子炉内での核反応である。
ちなみにウラン235が分裂した生成物は質量数あ半分近くになり、ヨウ素やセシウムといった低位の原子核となるがいずれも陽子と中性子の数が違い不安定で放射線を放出して崩壊しやすい放射性元素となる。

ウラン(238) 原子番号92 中性子146 質量数238 ウラン基本元素で各種同位体あり。
ウラン235(ウラン同位体) 原子番号92 中性子143 質量数235 ウランの同位体。産出されるウラン(238)の中に少数含まれる。
ネプツニウム 原子番号93 中性子144 質量数237 各種同位体あり。
プルトニウム 原子番号94 中性子150 質量数244 各種同位体あり。

さて、よっく分かったかな~~~

▼東北被災地での死者、不明者の状況 30日毎日朝刊。
イメージ 3


▼福島原発周辺での累積放射線量。
イメージ 4

mSv単位でかなり高い値なんですが、もう感覚が麻痺しつつあります。
困ったもんです。半径30kmといえど、直径に直すと60km圏内ととても広く、影響は甚大です。


ICARUS

東北関東大震災 ~30日ニュース拾い読み-2~

東北関東大震災 ~30日ニュース拾い読み-2~

人間って忘れっぽく、記事もだんだん辛く口へと復調気味に。いかんです。
さて政府を追撃。違うか~

参院予算委 「津波の認識誤った」首相、視察批判には反論 毎日新聞 3月29日(火)11時21分配信

菅直人首相は29日午前の参院予算委員会で、東日本大震災の影響で東京電力福島第1原発を襲った津波について「(原発設置)当時の津波に対する認識が大きく間違っていたのは否定しようがない」と述べ、津波の想定を今後の検証対象とする考えを示した。一方、同原発を視察したことが放射性物質を含む気体を原子炉から排出する「ベント」の遅れにつながったとの指摘に対しては「(初動対応が)遅延したという指摘はまったくあたっていない」と反論した。首相の国会答弁は震災後初めて。
二度目かなこのニュース。開口一番言い訳から始まるとは情けない。
読売系新聞にはもっと事こまやかに辛口に出てました。
11日震災発生直後から、保安院が11日深夜に炉心溶融が予想され、のっぴきならない状態になると。
そういう中でなんでのこのこと原発へ遊びに行ったのか。
誰もこういう言い訳で納得しないだろうよ。見苦しいだけ。

セシウム基準「現状で妥当」=緩和の余地残す―食品安全委 時事通信 3月29日(火)17時44分配信

食物に含まれる放射性セシウム134、同137から受ける人体への影響に関し、内閣府の食品安全委員会は29日、厚生労働省が暫定規制値の根拠とした年間許容量の5ミリシーベルトについて、相当に安全な数値だとして現状で妥当とする評価をまとめた。
他人に足を踏まれると痛い、のたぐいですか。
自国の放射能には甘く、外国から輸入される食品の放射能には厳しく、でしょうね。
チェルなどの時の輸入食品に対して設定されたと思いますが、放射能の無い平時に置いてこのしきいの高い基準値は、問題があるかと。
で、しきいを上げて出荷制限を止めても誰もこの地域の農産物を買わないかと思われ。
出荷するしないではなくて、消費者が安心して買える、買えないが問題かと。

市議の「遺言」、非常通路が児童救う 津波被害の小学校 2011年3月29日17時6分

岩手県大船渡市の海沿いの小学校に、津波から逃れる時間を短縮する非常通路をつけるよう提案し続けていた市議がいた。昨年12月、念願の通路ができた。市議は東日本大震災の9日前に病気で亡くなったが、津波にのまれた小学校の児童は、通路を通って避難し、助かった。

 海から約200メートルのところにある越喜来(おきらい)小学校。3階建ての校舎は津波に襲われ、無残な姿をさらしている。
ん~これで100人あまりの児童の生命を救ったとは先見の目があってなかなか良かったと思いますが、まいど大津波で被害のでる大船渡にあって、そもそもなぜ安直に海岸から200mのところに小学校を作ってしまったのかと。
きっと行政も過去の痛みを忘れて安く手軽で便利に小学校を建設できる安直な方法を選んでしまったのでしょうね。
厳しいようですが、この地区の自治体はその姿勢を謙虚に反省すべき。
この様な大きな人災を繰り返したのはほぼ人災といえるかと。

スリーマイル事故の14万倍 福島事故の放射性物質2011年03月29日 08:55

東京電力福島第1原発の事故で放出された放射性物質の量は、1979年に発生した米国のスリーマイルアイランド(TMI)原発事故で放出された量の14万~19万倍に上るとの試算を米国の市民団体、エネルギー環境調査研究所(IEER)のグループが29日までにまとめた。
 IEERのアージャン・マキジャニ所長は「事故の深刻度の国際評価尺度で、TMI事故と同じレベル5だとする日本の公式見解は、幻想としか思えず、多くの誤解を招くものだ」と批判。評価尺度はより深刻なレベル6に当たると指摘した。
 IEERによると、事故でこれまでに環境中に放出されたヨウ素131の量は240万キユリー(1キユリーは370億ベクレル)と推定され、これだけでTMI事故の放出量の14万倍。これに加えて、放射性のセシウム134とセシウム137が計50万キユリー程度放出されたとみられ、合わせると放出量は19万倍に達する。
 IEERによると、放射性のヨウ素もセシウムの量も旧ソ連のチェルノブイリ原発事故で放出された量の10%程度。だが、チェルノブイリ事故の放出源は原子炉1基だけだったのに対し、福島の事故の場合、三つの原子炉と四つの使用済み燃料プールが放出源になったとみられ、半減期が約30年と長く、体内に取り込まれやすいセシウム137の量も多いため、環境への影響が長く続くことが懸念される。
 マキジャニ所長は「日本政府は、事故の実態を市民によりよく理解させるため評価をレベル6に引き上げ、これまで放出された放射性物質の量や、今後予想される放出量などを詳細に公表すべきだ」としている。
漏洩放射能のレベルから言っても限りなくチェルのレベル7並かと。
だからと言って事態が変るわけではないのですが、日本の原子力の信頼が崩壊し、せっかく世界に輸出しようとしていた矢先、もう無理かと。残念~~~

東電社長「雲隠れ」と米紙批判 福島原発事故で2011年03月29日 17:55

米紙ワシントン・ポスト(電子版)は29日、「経営者が雲隠れ」との見出しで、福島第1原発事故発生から2日後の13日以降、公の場に姿を見せていない東京電力の清水正孝社長を批判する記事を掲載した。
 同紙は、問題が起きた際に連絡が取れなくなるのは、日本の経営者や政治家によくあることだと指摘。その上で、社長の行動を「理解できない」とする西岡武夫参院議長の発言や、メディアの間で社長の刑事責任を問うよう求める意見が出ていることを例に挙げ、批判が強まっていることを伝えた。
 記事は「誰もが清水社長は辞任することになると思っている」と指摘する一方で、「電力会社と政治家、原子力規制当局の緊密な関係を引き離さなければ解決にはつながらない」とする日本国民の声を紹介した。
 東電は27日、清水社長が16日に過労から体調を崩し、政府・東電の統合連絡本部を数日間離れていたことを明らかにした。現在は同本部に復帰したとしている。
敵前逃亡は銃殺ですが、往々にして日本のトップが良く使う手です。
病院に入院してみたり。おそらく病院の有料高級個室あたりをリゾートホテルと勘違いし、看護婦さんと戯れながら原発事故のTVに噛り付いてたと思われ。
事故が終息した頃に何食わぬ顔で出てこようと思ったけれど、一向に終息せず出るに出られなかったかと思われ。
基本的に社長だったら、危篤でICUにでも入らない限り、這ってでも記者会見をし、きちんと謝罪ぐらいすべきと。
汚れ役は全部副社長に任せちゃって~
で、そろそろ辞任と思うけど、数億の退職金はもちろん辞退でよろしく!

食品の暫定規制値

イメージ 1

あ~ベクレルとシーベルトって放射性物質によって換算値が違うのでエクセルあたりで表を作っておけば便利かと。

被災地は少しづつではありますが、復旧が軌道に乗り始めているかと、
原発事故は一進一退で、感心する話があまりないですね。
そもそもなんで東電、保安院、政府と3者バラバラで記者会見するのかと。
しかも話だけじゃなくて、図説をつかってきちんと説明したらどうかと。

福島第1原発:設計に弱さ GE元技術者が指摘

東京電力福島第1原発と同型の原子炉を設計した米ゼネラル・エレクトリック(GE)社の元技術者、デール・ブライデンバーさん(79)が毎日新聞の取材に応じ、原子炉格納容器について「設計に特有の脆弱(ぜいじゃく)さがあった」と指摘し、開発後に社内で強度を巡る議論があったことを明らかにした。

 東電によると、福島第1原発はGEが60年代に開発した「マーク1」と呼ばれる沸騰水型軽水炉を6基中5基使っている。

 ◇議論封印「売れなくなる」
 GEでマーク1の安全性を再評価する責任者だったブライデンバーさんは75年ごろ、炉内から冷却水が失われると圧力に耐えられる設計ではないことを知り、操業中の同型炉を停止させる是非の議論を始めた。

 当時、マーク1は米国で16基、福島第1原発を含め約10基が米国外で稼働中。上司は「(電力会社に)操業を続けさせなければGEの原子炉は売れなくなる」と議論を封印。ブライデンバーさんは76年、約24年間勤めたGEを退職した。

 ブライデンバーさんは退職直後、原子炉格納容器の上部が小さく、下部と結合する構造が脆弱で万一の事故の際には危険であることを米議会で証言。マーク1の設計上の問題は、米原子力規制委員会の専門家も指摘し、GEは弁を取り付けて原子炉内の減圧を可能にし、格納容器を下から支える構造物の強度も改善。GEによると、福島第1原発にも反映された。

 しかし福島第1原発の原子炉損傷の可能性が伝えられる今、ブライデンバーさんは「補強しても基本設計は同じ。水素爆発などで生じた力に耐えられる強度がなかった」とみる。また「東京電力が違法に安全を見落としたのではない」としながらも、「電気設備の一部を原子炉格納容器の地下に置くなど、複数の重大なミスも重なった」と分析した。

 ブライデンバーさんはGE退職後、カリフォルニア州政府に安全対策について助言する原発コンサルタントとして約20年間働き、現在は引退している。
この方だろうと思いますが、福島第一の1号炉のGEのマーク1の欠陥騒動については震災直後もニュースにありました。福島のは正確にはマーク1ではなく、マーク1改だったと思います。
こういう原発を長らく黙って使わせ、使っていた東電、政府にも問題、責任があります。


ICARUS

東北関東大震災 ~30日のニュース拾い読み-1~

東北関東大震災 ~30日のニュース拾い読み-1~

原発の事態は膠着化しており、ますます事態の収拾が困難となりつつあります。
東電といえど原子炉については運用しているだけでいわば素人、政府ももちろん素人、安全保安院もどこまで精通しているのか不明ですし、なにより存在感が希薄です。
原子力に精通しているのは東芝や日立のメーカーのですので設計者も連れてきて対策をすべきと思います。なんで出てこないのか。出さないだけか。メーカーにとって表に出る事は相当のイメージダウンになりますので出たがらないのかと思います。

建屋、特殊布で覆う案 内閣、放射性物質の飛散防止に

東京電力福島第一原発で、建屋が吹き飛んだ1、3、4号機に、特殊な布をかぶせて放射性物質の飛散を防ぐ策を菅内閣が検討している。原子炉を安定して冷却するための電源復旧などに向けた作業環境を確保するためだ。タービン建屋地下に漏れ出した高濃度の放射能を含む汚染水の対策には、汚染水をタンカーで回収する案も出ている。東電の作業は難航しており、より大がかりな計画が必要との認識だ。
臭いものに蓋、ん~素人案でしょうか。
タンカーですか。汚染水が漏れた時点で大変危険なレベルにあるのですが、解説者も言っていますがバケツリレーでも有るまいし大変危険で無謀な作業かと。
素人が集まって、わいがやをやっても百論噴出し結局時間を潰すだけで往々にしてろくな案が出ないものですが、もっと原子炉のプロを引っ張り出して正攻法で対策をすれば良いと思います。
 素人はすっこんでろ~
あ~暴言。前言撤回。
そもそも緊急だったとは言え、原子炉の水位や亀裂や、配管の弁の閉鎖などを確認もせずどかどか圧力容器に水を送り込んだという対策が原因かと。
 覆水盆に返らず
美味い事いうなぁ~
そろそろもぐら叩きの後手後手対策は辞めて欲しいです。
TVに出てくる東大や京大の解説者をTVでしゃべらせてるより、原発に連れてってしゃべらせた方がよっぽどいいんでないの。

仏 水除去支援へ専門家派遣

福島第一原子力発電所の事故を受けて、世界第二位の原発保有国であるフランスは、高濃度の放射性物質が混じった水を除去する作業を支援するため、合わせて5人の専門家を日本に派遣すると発表しました。

フランスが派遣するのは、世界最大規模の原子力複合企業「アレバ」の、高濃度の放射性物質を含む水の処理を専門とする技術者5人で、このうち2人はすでに東京に到着し、福島第一原発の復旧作業を妨げている放射性物質を含む水をどのように除去するのか、東京電力側と協議を始めているということです。また、残る3人の専門家に加えて、「アレバ」のロベルジョン社長みずからも、まもなく来日する予定で、日本側から直接、情報の収集などを行うものとみられています。世界第二位の原発保有国フランスは、今回の事故を受けて、日本への支援の用意を早くから表明し、これまでに、放射線を測定する専門の車両や防護服などを日本に送っていますが、専門家の派遣は初めてです。さらに、フランスのサルコジ大統領も、G8・主要8か国や新興国などを含めたG20の議長国として31日に日本を訪問し、菅総理大臣と会談する予定で、この中でサルコジ大統領は、原発事故に関連し、さらなる技術支援の可能性について提案するものとみられています。
善意の裏に、事態を早々に収拾し原発の復興で利益を確保し、世界での原発の地位を確固たるものにしようとするアレバの私利とフランスの意図がみえみえです。
まぁ、善意ですが、タダでやるとは誰も言っていません。
あとで莫大な請求書が回ってくるぞ~~~
一企業が他国の企業に作業を依頼したので・・・
まぁ、やむ終えまい~ 最後は我らの税金ですか。だれがこんなに事故の傷口を広げたのか。
東電の社長は早々に辞任すると思うが、やはり何億と言う退職金を貰うのだろうね~

公務員給与5%カット検討=東日本大震災の復興財源―民主 時事通信 3月30日(水)2時32分配信

東日本大震災の復旧・復興財源をめぐり民主党内で、国家公務員の給与を5%カットする案が浮上していることが29日、分かった。2011年度で約1500億円を捻出する。人事院勧告に基づかない給与引き下げは極めて異例だが、全体で10兆円を超えるとされる震災復興費用の財源確保のためにはやむを得ないと判断した。
 同日成立した11年度予算に計上されている国家公務員の給与費総額は3兆7642億円。民主党案では、月給などを特例的に5%削減する給与法改正案を通常国会へ提出。6月以降に引き下げた場合、約1500億円が捻出できる見通しで、がれき撤去などの災害支援策を盛り込む11年度第1次補正予算案の財源に充てる。
国会議員の数を減らしてください。
居眠りをしている議員や原発が危険なのにお勉強感覚でヘリで世間話に行き、国会で口を開けば一言目に言い訳から始まり謝罪のない某国某首相とか即首を切るべきかと。
福島原発の正門にしばりつけ、世界中継で銃殺刑。
放射能を含んだようなジョークはさておき、一人一億とも言われる議員をこの際100人ほど減らしたら。政権に寄与してなくて無駄飯食ってる議員多すぎ。
そうそう、まず公務員の前に議員の給料を減らすべき。無料でボランティア制でもいいかと。

<東日本大震災>賃貸物件底突く 岩手県内の被災地 毎日新聞 3月30日(水)2時23分配信

アパートや空き家など手持ちの70件の物件が津波から1週間もたたないうちに契約済みになった。連日、被災者ら大勢の人が来店するが、紹介できる物件がないという。
ん~風吹いて桶屋が儲かるの類ですね。住宅関連の方はとんでもない仕事量が舞い込んでるそうです。
1年分を2ヶ月でもってこいとか。
危機こそチャ~~ンス。今がチャ~~~ンス。

「乳児の飲用控えて」なのに八王子市に一時送水 読売新聞 3月29日(火)23時15分配信

東京都内に水を供給する金町浄水場(東京都葛飾区)で乳児が飲む暫定規制値を超える放射性ヨウ素131が検出された問題で、都は29日、乳児の飲用を控えるよう求めた地域以外に、八王子市の一部約4000世帯にも同浄水場から一時送水していたと発表した。
 都では今後対象地域を回り、謝罪するという。
まぁ、そう言うこともあるかと。
大丈夫、ちゅうのは、統計的には「ほぼ」問題がない、ちゅうわけで、絶対に大丈夫と言うわけではありません。低レベル放射能でも細胞DNAを傷つけることはあるわけで、危険性は指摘されています。
だいたい100mSvで0.5%死亡率が上がり、日本人は30%がガンで亡くなるので、100mSvを浴びた場合、死亡率が30.5%に上がる程度なので問題ない、という基準です。
1000人の0.5%は5人、1万人で50人、10万人で500人。
宝くじより確立が高いねぇ~~ 皆さん、安心の言葉の裏に潜む数字マジックにご注意~

ロシア戦闘機、放射性物質採取か 防空識別圏侵入

日本の防空識別圏に侵入したロシアの戦闘機など2機が、大気中のちりを集める「集じんポッド」を装着していたことが分かった。東京電力福島第一原子力発電所の事故で放出されている放射性物質を採取し、自国への影響を調べる狙いがあったとみられる。2機とほぼ同時刻に、北海道沖の領空に別の戦闘機が接近していたことも新たに判明した。
平和ボケした日本にはいい薬だと思います。
LNGなどの支援の裏で、空きあらば押し入れそうかジッと見ているのが世界の国々です。
放射能を調べていたのは、ついで程度だろうと思います。
わざわざ防空識別圏にまで入って、しかも最新鋭戦闘機まで飛ばす事もないですから。
 こんど来たら福島原発を爆破するぞ~
放射能をばら撒く兵器を汚い核兵器といいますが、まさに今日本は福島原発という巨大核兵器の導火線に点火した状態かと。冗談半分と言えど非核三原則が破られた瞬間ですね~
そりゃアメリカも本気になります。なんせ風下ですし。
オペレーション・トモダチのワッペンってあれは裏で、表はGHQとか書いてあって、日本が変なことしていざとなったら米軍はドカドカと乗り込んでくる気配もします。
まぁ、変な政府が国民を危険にさらすより、アメリカならこういう危険な事態にも適切に対処してくれるかもですね。
全土に放射能が降ってしまったアメリカで、日本やアメリカ政府に対する風当たりが強くなると思います。口の悪い連中は、そのまま占領してしまえ、などと言っているかと。
しかし現代で良かったです。これが70年以上まえならあっさり韓国や中国やロシアなどに日本は占領されているかもですね。マジで。
未曾有の大惨事とは言え、自国を自国で守れない悔しさと一方でこう言う時の危険さも感じます。
そうそう、チベットが内乱の時に中国が侵略併合してしまったという事もあります。
近隣諸国の思いは飴とムチ状態なんですよ~ 自衛隊総兵力約24万人の半分近く10万人も投入して防衛空白を造ってしまった首相の平和ボケも如何なものかと。途端に中国、ロシアの目の色が変ったかと。
 自衛隊の半分近く10万人も災害に当たらせるなんて防衛機密をマスコミでしゃべって日本を危険にさらすなボケ~
あ、暴言、前言撤回。
 それでも自衛隊最高指揮官かボケ~
あ~~またまた。漏れ出る原発放射能と同じでこっちの放射能も止まらない~
今国内防衛はスカスカですよ~
 自衛隊 wiki
ま、日本は島国でよかったっす。今日も平和でそろそろお昼が待ち遠しい~~~


ICARUS

東北関東大震災 ~30日 雑感~


さて、ネット記事やTVでのニュースを見た感想と今後の展望をひとこと。

【地震津波被災地】
今週に入り、三陸地方などで仮設住宅への入居もはじまり、漁業など復興についても話し合われ始めたようで、いよいよ復興が始まるという機運が出てきたかと思います。
一方で、現地の首長も言っていましたが、高台に街を移すなどの大規模な防災計画の国からの指導、援助が欲しいというものでした。
阪神淡路大震災では2週間程度で政府が復興組織を立ち上げ行動に移したと記憶していますが、今回は政府も腰が重く、なかなかその姿が見えず、現地の被災者はじめ行政からも強い要求が出ています。
結局議員だけでは国は動かず、震災統括専門組織を早急につくり、上手に省庁などに対応させるという迅速合理的なやり方が必要です。
こういう時に議員がもたもたして、機転の利かない発言や記者会見の談を聞いていると、やはり一般から選出された議員は能力や技術力、知識力で選ばれたわけではないので、なかなか役にたっていない、リーダーとしては不適格とのイメージがぬぐえません。
やはり、厳しい国家公務員の難関を潜り抜けて、専門性を身につけた省庁、官僚など専門組織を上手に使わないといけないと思います。
頭とはさみは使い様、まさにそう思います。

いつまでも政府が震災に顔を出し枝野さんが記者会見をする必要もないと思います。
政府は政府の大事な予算成立や法整備などの仕事がありますので、そっちを優先し、国政がおろそかになってはいけないと思います。
早急に専門性を身に付けた人員を配置した震災対策組織や原発対策組織を作って対応に当たる事が急務です。
技術や災害復興の素人の首相や、枝野さんに記者会見で、バックブレーンが作成した説明を棒読みして戴いても中身がないようで嬉しく感じません。
それより原発であれば、現在の原子力保安院はへなちょこですが、しっかりとした組織などに指示を出し、記者会見もきっちりさせ、質疑などをする方がよほどいいと思います。

三陸地方では、地層調査や、歴史書の調査で、どうも500年に一度の間隔で今回と同様の巨大津波が来ていた事が分かっていたようです。
これの事実と防災対策を放置して街づくり、原発を推進した国、県、市町村の責任はかなり大きいです。
この三陸では過去の災害で、おそらく内陸部や高台に住まいを移した方も相当いると思いますし、田老町のようにそういう過去の歴史も伝えられていると思います。沿岸に建物を作った個人の責任もあるのですが、個人は公共の利益や先の損得より、個人の今の利益に走り結果全体として無計画無秩序になってしまうものですので、行政の的確な指導が必要と思います。

明治の三陸津波では2ヵ月後に震度7の余震がきましたが、今回もまだ同様な危険があると思います。
早急に津波退避のできる暫定漁港や流通手段を確保し、漁業を復活させ、地元で利益を生み出せる事も復興を加速させる大切な復興の足がかりとなると思います。

不景気にアメリカが行ったニューディール政策など巨大公共プロジェクトとして、復興事業自体を地元への投資とし、復興の加速や景気高揚に使うなどのずば抜けた措置が必要です。

政府、省庁の方のがんばりに期待します。

【原発事故】
事故当時11~12日にかけて、保安院が11日夜中に炉心溶融が始まり、圧力が上がり危険な状態になると指摘していたことなど詳細が明らかとなってきました。
震災当日に既に圧力開放や注水などの緊急措置が必要であったにも関わらず、勉強のためと気軽に原発に出向き作業を止め、その後現在に至る重大な事態をもたらした事に非常に怒りを感じます。

東電の利己的で無責任体質、政府の無知無能ぶり、原子力保安院の管理指導能力の無さに呆れ、この未曾有の惨事に際して誰もリーダーとして率先できない事態を非常に憂慮します。

日本は原子力の長い歴史や技術開発の歴史も無く、アメリカやフランスなどが早期に技術援助の申し出をしながら、日本の面子にこだわり援助を受けなかったが為にここまで被害が拡大してしまいました。

政府に対する援助を断ったのはもちろん政府で菅さん以外にはいませんが、愚かで取り返しのつかない選択でした。菅さんはもう長くないと思いますし、能力のない人間には辞めてもらわないと国民が不幸になってしまいます。この期に及んで、原発への視察の言い訳に終始するなど、自分で自分の尻も拭けない様で、情けない事だといいます。政府の対応のまずさなどきちんと説明し謝罪すべきだした。

また昨日、東電が、フランスの原発企業アレバに汚染水処理の技術援助を申し込んだとありましたが、放射能が国内だけでなく世界中に飛散し、日本だけでなく世界的な惨事となっているにも関わらず、今頃になってしかも東電という一企業から支援の申し出が出るのも良くない事だと思います。

とっとと面子を捨て、こう言う事態になった当初からアメリカ、フランスの技術支援を受け、最善の対策で事態収拾に当たるべきでした。

もう3週間になろうとしますが、一向に原発事故対策が場当たり的で、統制がとれた対策が取れていない事実に、政府にたいして怒りを感じます。

国が原発を推進するだけ推進しておきながら事故時の対策はなおざり、対応も東電という一企業に「潰れるぞ」と恫喝して押し付ける一方など呆れてものがいえません。
自衛隊に出動させると言えど、原子力には素人ですので、向いていない事は明らかです。
また既に現地作業員などが特攻隊の様に作業を押し付けられており、逃げれない状態になっており、事態を非常に憂慮します。
早く安全で的確な装備をもった外国技術に頼るべきでした。
▼毎日新聞の説明図。分かりやすいです。
イメージ 1

政府の原発状況の説明は言葉だけであり技術情報の説明として大変分かりづらいです。
中身をさほど理解できていない素人ですので、具体的に説明できないのだと思いますが、原子炉、タービン建て屋、貯蔵プールなどについて手書きでもいいですから1~4号機について一覧表をつくって国民に開示説明すべきと思います。
この図表の作成は技術者であれば30~1時間もあれば完成してしまいさほど時間のかかるものではありません。
また開示情報も、圧力容器内の温度、圧力、水位など毎日朝晩きちんと開示すべきです。
こうした国民へのきちんとした情報開示こそが事態への安心と政府への信頼を生みます。
記者会見で枝野さんの顔を写さなくてもいいので、分かり易くきちんと説明できる図表を使うべきと思います。政府の議員には作成は無理ですので、保安員や省庁を使って対応される事を望みます。

【復興、事故対処について】
海外での記事に、日本経済が10年、20年に渡って落ち込むだろうと悲観的になる必要もなく、またこれをバネに戦後の様に急速に回復するだろうと楽観する事も適切でない、と指摘されています。
現在国の赤字が破滅的ですし、電力需給が長期にひっ迫しますので、経済の回復は相当の年月がかかると思われます。
最悪の場合、現在の状況から見て日本が破綻する可能性もありえますし、最良の場合現地復興の公共事業化で回復を早める事ができるかもしれません。

危機こそチャンス、という言葉があります。また私はチャンスは自分で得るもの、と言うのが信念です。
聖書にも、求めよ、さらば与えられん、という言葉もあります。

いずれにせよ危機的状況を打破すべく相当の努力をすべきことは明らかだと思います。


ICARUS

★WELCOME TO ICARUS GARAGE!★

        Go to English Page画像掲示板掲示板・ゲストブック |メールを送る
★WELCOME_TO_ICARUS_GARAGE!★
http://www.tateyama-kurobe.jp/topflash.swf


原子炉状況2011/3/23 午後12:00(東電HP プレスリリース他より)
・福島第一 1、2、3号機稼動中→緊急停止 4、5、6号機停止中【放射能やや低下】
  【1~6号機全基外部電源接続完了】
  1号機:12日水素爆発、燃料棒半分露出、70%損傷か
  2号機:14日圧力抑制室爆発、燃料棒半分露出、40%損傷か
  3号機:14日水素爆発、燃料棒半分露出、損傷推定不能、18~20日放水
  4号機:14日水素爆発、貯水プール水量低下で保存燃料昇温か、18、20日放水
  5号機:停止中、非常用発電機復旧、使用済み燃料プール冷却中
      プール17日63℃→19日午後5時68.8℃→20日37.1℃に低下【ポンプ駆動冷却中】
  6号機:停止中、非常用発電機復旧、使用済み燃料プール冷却中
      プール17日60℃→19日午後11時67.5℃→20日41℃に低下【ポンプ駆動冷却中】
 【核燃料共有プール内昇温の懸念】

・福島第二 1、2、3、4号機稼動中→緊急停止→冷温停止中

原子炉状況2011/3/18 午前12:00(東電HP他より)Recent Nuclear Plant Conditions
 福島第一原発詳細状況サイト wiki

イメージ 1


食す ~18、20日の富山の食~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

食す ~18、20日の富山の食~

富山って3方を山に囲まれ平野の前面は海で、他の地区とは隔絶された感じで陸の孤島状態かと。
で、決して災害が少ないわけでもなく、過去には大地震や、常願寺川上流で崩壊した山が土石流となって富山平野を覆い尽くし燦々たる被害を出したこともあります。

東北の惨状をもう18日以上毎日見つづけているわけですが、毎度信じられない状況に未だに信じられぬ思いでただ唖然とし、ため息をつくばかりです。

で、こんなへんぴな富山ではありますが、今が平和で良かったと毎日の幸せを噛み締めております。
毎日、何事もなく平和が一番かと。

で、平和といえばそれが幸せ、幸せといえば、食かと・・・
ちゅうわけで被災者の方にはちょっとご勘弁いただいて富山の食をご紹介。

18日
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1816925/img_1816925_64211246_0?1301377569
1.18日の夕食です。富山の名産ベニズワイガニです。大型のズワイガニと違って滑らかできめこまやかな舌触りと甘い蟹身が大変美味しいです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1816925/img_1816925_64211246_1?1301377569
2.お値段も手ごろで、一杯150~250円程度で、2匹で500円あれば足りる程度です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1816925/img_1816925_64211246_2?1301377569
3.ささっと足の身をほぐします。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1816925/img_1816925_64211246_3?1301377569
4.お酢につけて頂きます。カニ味噌に和えても美味しいですが、自然な風味を味わうと良いかと思います。
ベニズワイは大きなオスで一杯5千~1万円ほどしますが、大きくて食べ応えはあるのですが、小ぶりですが美味しいベニズワイと比べますといかんせんちょい大味な感じがします。
ベニズワイは深海生物で、数百メートルの深いところで生息し、食べられ始めたのは近年になってからと比較新しい魚介類です。地元の岩瀬や滑川などで大変良く取れるのですが、安いですし、富山の生鮮魚介類はこの朝取れが最高です~ 味が全然違います~

20日
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1816925/img_1816925_64211246_4?1301377569
5.買った柵取りぶりをおろしました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1816925/img_1816925_64211246_5?1301377569
6.富山名産ホタルイカです。ちょい小粒です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1816925/img_1816925_64211246_6?1301377569
7.あとは牛肉のたたきと、スモークビーフです。たたきは美味しいですね。スモークも独特の味わいがあってよいです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1816925/img_1816925_64211246_7?1301377569
8.ブリは半分ほどぶりしゃぶで。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1816925/img_1816925_64211246_8?1301377569
9.タレは昆布ポン酢で。これが最高です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1816925/img_1816925_64211246_9?1301377569
10.ホタルイカは酢味噌をつけて頂きます。
地物のホタルイカはこの季節の風物ですが、なかなか美味しいです。
近年は乱獲か、漁獲量が減っているとも聞きます。
適切な資源保護をしていつまでも美味しく頂きたいです。

普段何気なく戴いている食事ですが、こういう震災で食にも困っている方を見るにつけ、何事も無く平和で居る事に感謝をせねばならないと気付きます。

今日一日平和で、きちんと食が戴けましたことに感謝するICARUSでありました。


ICARUS

8号機タウンメイトT80ED ~カタログ入手~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

8号機タウンメイトT80ED ~カタログ入手~

震災後、経済活動を保ち景気を下支えするのが被災しなかった国民の役目と認識し、活発な経済活動を繰り広げておりました。
記者会見ばかりで、具体的な姿の見えない政府とは大違いのICARUSです。

で、前日16日に届いたTX750のサイドカバーに引き続き、翌日17日、ヤマハ タウンメイトT80のカタログが届きました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1803208/img_1803208_64211126_0?1301375342
1.タウンメイトのアイテムもそろそろ収集したくなり、ついついと。早速開封~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1803208/img_1803208_64211126_1?1301375342
2.ん~~ ええですね。しっかり梱包してあります。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1803208/img_1803208_64211126_2?1301375342
3.3枚800円だったかな。お得でした。’85年、’86年初頭と年末のものでした。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1803208/img_1803208_64211126_3?1301375342
4.初期型のライムグリーンのタウンメイトっすね。いや~嬉しい。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1803208/img_1803208_64211126_4?1301375342
5.実はこの先に92年のタウンメイトのカタログも入手していました。これで4枚、結構年度がそろっちゃいました。

まぁカタログなど元々タダですが値がついちゃうところが凄いですね。
当時の外装や諸元をしげしげとみて違いを探すのもマニアにとっては嬉しいもんです。
現在パーツリスト、サービスマニュアルも持っているのでできればCDにでもいれてお分けできるようにしたいと思っています。
絶滅危惧種保存委員会でした。


ICARUS

4号機TX750Ⅱ ~サイドカバー落札~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

4号機TX750Ⅱ ~サイドカバー落札~

畑地になる農作物にポッとついた放射性物質の如く、震災記事の中にポッと現われたるバイク記事。
はるかアメリカにも放射能が飛散し、石川、福井でも放射能が検出され、何故に富山で放射能が検出されないのか・・・・
バイクどころでない。日本中、どこへもいけない・・・
しかし、それでは生きて行けないということで、そろそろバイクブログとして復帰基調。

さて、記事にはせねどいろいろと裏でバイクのお仕事を。
3月16日に、TX750のサイドカバーを入手してみました。

私のTX750Ⅱ型のサイドカバーのラベルは色褪せていますので新作をしたいのですが、形状や色を取れる品物をオクでようやくみつけ入手してみました。
程度は良くもないですが、片側は色も残っていて良かったです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1767408/img_1767408_64211080_0?1301374212
1.長野の山さんや、千葉のIさんなどから借りようかと思いましたがここは自腹を切ってみました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1767408/img_1767408_64211080_1?1301374212
2.2個です。左は青色と・・・
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1767408/img_1767408_64211080_2?1301374212
3.右は私のカバーと同じで色褪せが酷いです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1767408/img_1767408_64211080_3?1301374212
4.左は色もしっかり残っていてまずまず。
この左のカバーを使って寸法を取り、図面を起こしてリプロのラベルを製作してみたいと思います。
既に見積りだけは取ってあるのですが、色も多く、大きいので結構高くなりそうです。
しかもⅡ型はたった4000台ほど。現在2000台も残っているでしょうか・・・・
ラベルを作ってもとても売れそうもないですね。
悩ましいです。
が、製作を進めるべく、寸法を取って図面を作成中です。乞うご期待。


ICARUS

原発解説 ~プルトニウムについて~

原発解説 ~プルトニウムについて~


福島第一原発からプルトニウムの流出が判明し、炉心の核燃料、圧力容器の破損が確定的となりつつあります。
で、半減期が100年前後からそれ以上と長く、史上最悪の毒性をもち、角砂糖5個で日本を死滅させる事ができるプルトニウムについて調べてみましたよ~

プルトニウム wiki

イメージ 2

原子番号94の元素である。元素記号は Pu。原子量 [244.0642] g·mol−1
ウラン鉱石中にわずかに含まれていることが知られる以前は、完全な人工元素と考えられていた。超ウラン元素で、放射性元素でもある。プルトニウム239、241その他いくつかの同位体が存在している。半減期はプルトニウム239の場合約2万4000年(アルファ崩壊による)。比重は 19.8 で、金属プルトニウムは、ニッケルに似た銀白色の光沢を持つ、大変重い金属である(結晶構造は単斜晶)。融点は639.5℃、沸点は3230℃。

原子炉において、ウラン238が中性子を捕獲してウラン239となり、それがベータ崩壊してネプツニウム239になり、更にそれがベータ崩壊してプルトニウム239ができる(原子炉内では他のプルトニウム同位体も多数できる)。ウラン238は天然に存在するのでネプツニウム239とプルトニウム239は極微量ながら天然にも存在する。また半減期が約8000万年とプルトニウム同位体の中では最も長いプルトニウム244も極微量天然に存在する。なお、プルトニウム239および240とそれらの放射壊変物の飛沫の吸引はWHOの下部機関IARCより発癌性があると (Type1) 勧告されている。

プルトニウムは核兵器の原料や、プルサーマル発電におけるMOX燃料として主に使用されるが、他の用途としては人工衛星の電源として原子力電池として使用されたこともある。

プルトニウムの毒性は既知の毒物の中でも最悪レベルで、「角砂糖5個分で日本が全滅」するという指摘がある。

プルトニウムは、「人類が初めて作り出した放射性核種」であり、「かつて人類が遭遇した物質のうちでも最高の毒性」を持つとされる。その理由は、プルトニウムがアルファ(α)線を放出すること、比放射能が高いこと、体内での代謝挙動にあるとされる。

この種の他の事故が、ソ連、日本および他の多くの国々で起こった(詳しくは原子力事故を参照)。1986年のチェルノブイリの事故は、大量のプルトニウムの放出を引き起こした。
原子番号94、質量数≒原子量244。多くの同位体(中性子の数が違い、質量数が異なる)がある。

プルサーマル

プルサーマルとは、プルトニウムで燃料を作り、従来の熱中性子炉で燃料の一部として使うことを言う。なお、プルサーマルとは、プルトニウムのプルとサーマルニュートロン・リアクター(熱中性子炉)のサーマルを繋げた和製英語。

軽水炉ではウラン235とウラン238を混合したウラン燃料(二酸化ウラン)を核分裂させることで熱エネルギーを生み出すが、ウラン238が中性子を吸収し2度のβ-崩壊を経てプルトニウム239が生成され、そのプルトニウム239自体も核分裂する。その結果、発電量全体に占めるプルトニウムによる発電量は平均約30%となる(プルサーマル発電を行なわない場合でも、運転中の軽水炉の中にはプルトニウムが存在し、ウラン同様に発電に利用されていることに注意)。それに対し、プルサーマルではMOX燃料と呼ばれるウラン238とプルトニウムの混合酸化物(Mixed Oxide)を燃料として使用する。

冷戦の終結と、ソビエト連邦の崩壊によって核兵器の解体が進んでいるため、世界的なプルトニウムの剰余が核不拡散の観点から問題になっている。一方で、プルトニウム利用の主流である高速増殖炉については、各国で計画の中止や遅延が相次いでおり、プルトニウム処理の有効な方法として、プルサーマルを捉える向きもある。
お馴染みになり、福島原発2号機~でも使われているMOX燃料にも含まれています。
ウラン燃料でも、核反応によりプルトニウムが出来ます。

MOX燃料

MOX燃料とは混合酸化物燃料の略称であり、使用済み燃料中に1%程度含まれるプルトニウムを再処理により取り出し、二酸化プルトニウム(PuO2)と二酸化ウラン(UO2)とを混ぜてプルトニウム濃度を4~9%に高めたものである。
主として高速増殖炉の燃料に用いられるが、既存の軽水炉用#転送 燃料ペレットと同一の形状に加工し、核設計を行ったうえで適正な位置に配置することにより、軽水炉のウラン燃料の代替として用いることができる。これをプルサーマル利用と呼ぶ。
MOXとは(Mixed OXide)の頭文字を採ったものである。

問題点
ウラン新燃料に比べ放射能が高い(特に中性子が著しく高い)ため、燃料の製造については遠隔操作化を行い、作業員の不要な被曝に十分配慮して行う必要がある。
ウラン中にプルトニウムを混ぜることにより、燃料の融点が下がる。これにより燃料が溶けやすくなる。また熱伝導度等が、通常のウラン燃料よりも低下する。これにより燃料温度が高くなりやすくなる。
ご存知MOX燃料。核兵器削減で、世界的にだぶついているプルトニウム。猛毒なのでテロリストに渡ると大変な事になります。爆発させないでもばら撒くだけでも大変な兵器になります。

核分裂、同位体など原子物理学を知るにはまず原子の成り立ちから。思い出してください~~
+の陽子、無電荷の中性子、-の電子から成り立っています。
通常陽子と中性子は同じ数で、これが安定しています。

原子 wiki

▼周期表。赤囲みがウランとプルトニウム。
イメージ 3

原子は、正の電荷を帯びた原子核と、負の電荷を帯びた電子から構成されると考えられている。原子核はさらに陽子と電気的に中性な中性子から構成される。陽子と中性子の個数の合計を質量数と呼ぶ。

原子核 wiki

▼ヘリウム原子の模式図。中心部の4つの球体からなる塊が原子核。周りを回っているのは電子である。
イメージ 1

原子核の安定性は、陽子、中性子の数と深く関わっており、特に原子核を安定にさせる数(魔法数)が存在する。

同位体 wiki

同位体(アイソトープ)とは、同じ原子番号を持つ元素の原子において、原子核の中性子(つまりその原子の質量数)が異なる核種の関係、あるいは核種である。
ちょっと難しいかな~ 

放射性同位体

同じ元素で中性子の数が違う核種の関係を同位体と呼ぶ。同位体は安定なものと不安定なものがあり、不安定なものは時間とともに放射性崩壊して放射線を発する。これが放射性同位体である。放射性同位体の例としては、三重水素、炭素14、カリウム40などがあげられる。

放射性同位体はアルファ崩壊により原子番号と質量数の異なる核種へ、またはベータ崩壊により同質量数で原子番号の異なる核種へと放射性崩壊を起こす。
ウランやプルトニウムっすね。アルファ崩壊ってヘリウム原子核(陽子2、中性子2)が飛び出すので原子番号で2、質量数で4減ります。ここんとこ重要~~

放射線 wiki

放射線の透過能力:アルファ線は紙1枚程度で遮蔽できる。ベータ線は厚さ数mmのアルミニウム板で防ぐことができる。ガンマ線は透過力が強く、コンクリートであれば50cm、鉛であっても10cmの厚みが必要になる。中性子線は最も透過力が強く、水やコンクリートの厚い壁に含まれる水素原子によってはじめて遮断できる。

放射線は以下のように分類される。

粒子線(高速粒子線)
アルファ線(α線)
ベータ線(β線)
陽子線
重荷電粒子線
電子線(原子核崩壊によらず加速器で電子を加速するものを指す)
中性子線
宇宙線
電磁放射線
ガンマ線(γ線)
エックス線(X線)
また、粒子線のうち特に電荷を持つものを荷電粒子線と呼ぶことがある。

放射線障害

放射線は、その電離・励起能力によって生体細胞内のDNAを損傷させる。軽度のDNA損傷は修復されるが、修復が不可能である場合にはDNAが損傷したまま分裂するか、もしくは細胞死を起こす。これらの影響が蓄積・拡大して身体機能を低下させるようになったものが放射線障害である。

被曝によるDNA損傷が発生し、それが修復されることなく固定された場合、細胞の活動が異常化し、がんや白血病を引き起こす場合がある。これは自然放射線レベルの少量の被曝でも発生する可能性がある。

多量の放射線に被曝し、特定の器官において多数の細胞が死滅した場合には、その器官の機能が損なわれ生物体に身体障害を引き起こす。

主にDNA損傷が固定化したことで発生する影響で被曝者本人に発現するがん、白血病のほかに、遺伝子の異常によって子孫に遺伝障害が現れることもある。少量の被曝でも発生する可能性があり、被曝した線量が多くなるほど発生する確率が高くなる。被曝線量が障害の発生確率に関係するため、確率的影響と呼ばれる。

低線量放射線を巡る議論
これら放射線による生物への影響は動物実験、放射線療法を受けた患者の調査、広島・長崎の原爆被爆者の追跡調査などで研究されているが、線量と症状に必ずしも正の相関が認められているわけではない。しかし、一方では「直線しきい値無し(LNT)仮説」と呼ばれる、どのような線量であっても生体には有害であるという考え方も近年提出されており、その有効性を巡って議論が続いている。


ICARUS

東北関東大震災 ~29日ニュースから-1~

東北関東大震災 ~29日ニュースから-1~

http://www.clocklink.com/clocks/9002j-green.swf?TimeZone=JST&From=2011,3,11,14,46,00&Title=東北関東大震災~
さて、原発炉心からの放射能漏れの可能性が指摘され、高濃度放射性物質の漏洩拡散が現実のものとなってしまいました。
放出放射能は既にチェルノブイリの半分に達したとの海外での計算結果もあり、未曾有の大惨事と言う事が確定的になっていますが、まだ先の見えない進行中の事故であり、この先の汚染被害の先行きは全くわかりませんが、早急に対処できないレベルにあることは確かで、放射能汚染を直ぐに止められないどころか、さらなる汚染拡大を止める事も困難な状態になっています。

いろいろニュースを斜め読みし状況を調べてみましょう。

3月29日(火)8時33分配信

福島第一原発の敷地内5か所から見つかったプルトニウムは、微量で、ただちに健康影響を心配する量ではない。しかし、今回の原発事故で燃料の損傷がかなりの規模で起きていたことを示すものとなる。
プルトニウムは自然界にはもともと存在せず、戦後のプルトニウムを使っている原爆試験での拡散によるものです。で、プルトニウムは物質最高の毒性を持ち、角砂糖5個分で日本が壊滅できるとされています。しかもプルトニウム同位体によりますが半減期が100年前後からそれ以上と非常に長く厄介な物質です。健康に影響がないなんて、濃度を満遍なくよく調べてから言うべき。
プルトニウム型原爆を投下された長崎のレベルはどうなんでしょうね。
未だにレベルは高いと思いますがちょっと調べてみますか。

東京電力 経営悪化、不可避に 毎日新聞 3月24日(木)0時4分配信

▼A級戦犯東京電力の清水正孝社長=東京都千代田区で2011年3月13日
イメージ 1

東京電力が金融機関に最大2兆円規模の緊急融資を要請したのは、福島第1原発事故への対応や発電所復旧などで、どの程度の資金が必要になるか見通しが立たないためだ。金融機関からは「民間だけで支えるには限界がある」との声も出ており、政府は日本政策投資銀行を通じた危機対応融資も検討する見通しだ。
もう自立事態収拾、自立再建なんて100%無理です。とっとと国家がバックアップして下さい。
インフラの電力事業ですからじゃないと更なる混乱が起きます。

東京電力の一時国有化案、政府内に浮上 読売新聞 3月29日(火)3時3分配信

福島第一原子力発電所の事故で巨額の賠償責任が発生すると見込まれる東京電力について、事実上、国有化して再建する案が政府内に浮上していることが28日、わかった。

 複数の政府関係者が明らかにした。原発事故に伴う賠償が巨額になっても、国などが東電の株式の過半を取得し、経営を支えることで賠償責任を果たせるようにする。
もう国有化しかないと思います。それも待ったなしで。
既に東電が2兆円の融資をうけており、これ以外に電力や農作物への長期の賠償、放射性廃棄物の処理、廃炉の管理処理を考えると5~6兆円など軽く行ってしまうと思われ。
津波復興とあわせて25~25兆円と国家予算の1/3はさらに必要かと思われ、
既にある赤字とあわせて償還はかなり困難と思われ。国家財政破綻、国家破綻の死神の足音がひたひたと近づきます。冗談抜きに。

原発修復、極限の数百人…1日2食、雑魚寝 読売新聞 3月29日(火)3時3分配信

予断を許さない状況が続く東京電力福島第一原子力発電所で修復作業に当たっている作業員の厳しい労働環境が28日、明らかになった。

 この日記者会見した経済産業省原子力安全・保安院福島第一原子力保安検査官事務所の横田一磨所長(39)によると、朝食はビスケットと野菜ジュース、夕食は非常食用の五目ご飯などと缶詰で、1日2食となっている。

 夜は同原発1号機から北西に約300メートル離れた「免震重要棟」の緊急時対策室で雑魚寝する。各人に配布されているのは毛布1枚だ。
なんでこう言う過酷な状況に置くのか全く理解できません。
放射線レベルの低い30kmほどのところに宿舎を設置し、しっかりしたベッドときちんとした食事を取るなりする事は十分できると思います。30kmほどなら今なら30分程度でいける距離です。
かけがえのない現地作業員ですので、最高の待遇をすべきと思います。
東電の対応の悪さには辟易とします。愚かなことだと思いますし、東電ができないなら政府がなんとかすれば良いと思います。

福島の野菜農家が自殺 摂取制限指示に「もうだめだ」 2011年3月29日5時30分

福島県須賀川市で24日朝、野菜農家の男性(64)が自宅の敷地内で首をつり、自ら命を絶った。福島第一原発の事故の影響で、政府が一部の福島県産野菜について「摂取制限」の指示を出した翌日だった。震災の被害に落胆しながらも、育てたキャベツの出荷に意欲をみせていたという男性。遺族は「原発に殺された」と悔しさを募らせる。
この地域で安心して出荷販売し売れるようなまともな農作物作りは困難かと思います。
もう高濃度でしかもプルトニウムも検出されていますので、この地域への立ち入りは実質禁止されると思います。チェルノブイリと同じになるかと。
早急な県、国の保障、救済が必要です。

首相、4月2日に陸前高田市を視察で調整 読売新聞 3月29日(火)1時4分配信

菅首相は28日、東日本巨大地震で大きな被害を受けた岩手県陸前高田市を4月2日に視察する方向で調整に入った。
 避難所を訪問して被災住民を激励し、津波で壊滅的な被害を受けた市内を視察する予定だ。
 首相は今月21日にも宮城県石巻市などの被災地視察を予定していたが、悪天候を理由に中止した。
今頃、しかも有効な手立てもなく、しかも天皇陛下の被災地訪問の話が出てから、ちゅうところがお粗末かと。陛下より先にいけ~ しかも今頃まで何をしてた~ 存在価値なしですね。菅さん。

日米両政府、原発対応で四つの検討・作業チーム 読売新聞 3月29日(火)3時4分配信

日米両政府が東京電力福島第一原子力発電所事故への対応で連携を強化するため、合同の連絡調整会議を創設し、その下に課題ごとの検討・作業チームを新設したことが28日、明らかになった。

 日米双方の政府高官や原子力専門家、自衛隊、米軍のほか、東電や原発関連企業も参加し、日米同盟を背景に総力戦の態勢を築く狙いがある。

 検討・作業チームは、〈1〉放射性物質の拡散を防ぐため、早急な取り組みが必要な「放射性物質遮蔽」〈2〉中期的に原発を安定化させる「核燃料棒処理」〈3〉長期の対策となる「原発廃炉」〈4〉住民の健康管理など「医療・生活支援」――の四つだ。
今頃遅きに失し、なんでこんなニュースが出てくるのか理解不能です。お遊びチームじゃあるまいし、活動してるならきちんと国民に活動や今後の方針など示して下さい。
それが国民が一番安心できる方法。
しかし、東電がフランスに援助を求めたと報道がありましたが、どうなってるんでしょうね。
11日のうちにアメリカからホウ酸を送ってもらって、冷却しときゃあ良かった。
どっかにタイムマシーンないかね。東電と政府の馬鹿な判断で・・・
世界最大のミスでした。今世紀最大の馬鹿ミスになるかもですね。


ICARUS

東北関東大震災 ~28日 ニュースを看る~

東北関東大震災 ~28日 ニュースを看る~

広域甚大な被災地でまだ物資不足が続いています。また原発では放射能の漏洩流出と拡散が続いて危険な状態になっています。

気になるニュースを取り上げてみました。

福島第1原発 2地点で放射性物質急増 福島・飯舘村など 毎日新聞 3月28日(月)22時7分配信

イメージ 1

文部科学省は28日、福島第1原子力発電所から北西約40キロの福島県飯舘村で26日に採取した雑草1キログラム当たりから、過去最高値の放射性セシウム287万ベクレルを検出したと発表した。北西約45キロの川俣町でも過去最高値のセシウム57万1000ベクレルを検出。これまで減少傾向だった放射性物質が2地点で急増した。文科省は「採取場所が全く同じではなく一概に評価できないが、高いレベルの放射性物質が残留していることは確かで、農作物への影響を注視する必要がある」と説明した。
水素爆発などによる空中飛散が現在の放射能飛散の主原因だと思うのですが、なかなか低く落ち着いてきません。現在炉内の高濃度放射性物質の漏洩が推定されており、今後海水や周辺への拡散汚染が心配されています。まずいことになりました。
石川、福井でも放射能が検出されましたので富山での放射線量も真剣に注視するようになりました。
文部省や地元の原発で数値が直ぐにみれますのでご自分でチェック下さい。
自分の身は自分でまもりましょう。

福島第1原発 注水増やせば汚染水拡大 冷却足踏み 毎日新聞 3月28日(月)22時57分配信

東京電力福島第1原発の建物外で、極めて高い放射線量を持った汚染水が確認された。原子炉を冷却する海水の注入を、機器への負担が少ない真水に切り替えるなど一部で前進はみられるが、放射性物質による汚染が次々と広がっている。今なお東電幹部や政府は事故収束の見通しを示せない。放射性物質の監視体制は整備されても、外部への放出を防ぐという抜本的な解決にはほど遠く、関係者の間で焦りといらだちが募っている。
炉を破裂させることはできませんので汚染覚悟で注水をせざる得ないと思います。
そろそろ選択肢が無くなって崖っぷちに追い詰められてきました。
愚かな事態になってしまいました。もう誰も責任の取り様の無い状態になってしまいました。

日本の放射線量、チェルノブイリに迫る 発信時間: 2011-03-28 11:23:27

損傷した福島原発から排出される放射性ヨウ素とセシウムの量が1986年のチェルノブイリ原発のレベルに迫っている。オーストリアの研究者は世界的な放射線モニタリングネットワークで観測したところ、毎日のヨウ素131の放出量が、チェルノブイリ原発事故後の73%に相当することがわかった。またセシウム137の放出量は同事故の約60%に達しているという。

今回の事故とチェルノブイリの違う点は、燃料粒子を含む多くの放射性物質がチェルノブイリ原発では大火災によって水蒸気となって放出されたのに対し、福島原発はセシウムやヨウ素のような揮発性元素だけが損傷した燃料棒から放出されていることだ。いずれにせよ、こうした物質が原発の外に放出されれば、健康に深刻な危害をもたらす可能性があることは確かだ。

体内で、主にDNAに対して、この2種類の同位体の放射線が深刻な危害を与える可能性がある。ヨウ素131を吸収した幼児は10年或いはそれ以上経ってから甲状腺ガンに罹る可能性があるが、それに比べ大人は抵抗力がある。米国で先週発表された研究報告によると、チェルノブイリ原発事故で放出されたヨウ素131による深刻な影響を受けたウクライナやベラルーシ、ロシアの各地ではいまだに新たな甲状腺ガンの症例が発見され、その数は減る気配がない。


総排出量でチェルよりまだ1/10レベルでしたが、流出が止まらず拡散量が増えているようです。
そろそろレベル7です。

不透明な福島原発 自ら運営自ら監督・管理? 発信時間: 2011-03-28 16:05:36 | チャイナネット

日本政府は、福島第一原発の放射性物質漏洩事件の処理において、対応の遅さと不手際から、厳しい非難を浴びた。政府の対応については、日本の国民や与野党からの不満が相次ぎ、その危機意識の希薄さと監督管理の不手際が露見した。
この記事を良く読まれると良いです。一連の不手際について書かれています。

震災で日本の縦割り行政の弊害が明らかに 発信時間: 2011-03-28 14:13:42 | チャイナネット

長年にわたり、日本のその極めて硬直した縦割り行政は自我膨脹を繰り返してきた。自ら所管する分野では非常に高い管理能力を有しながら、むしろ相互協調メカニズムが欠落しているため、常に深刻な効率低下を招いてきた。今回の災害救援活動で明らかになった様々な失態は、まさにこうした縦割り行政の弊害の事実を具体的に示している。
今官僚は災害に対してサボタージュし、主となった政治家にたいして反抗をしているのかと。
そう、そういう感じがします。おそらくそうかと。

東京電力、覆車の戒めに 発信時間: 2011-03-28 14:09:38

東京電力の過ちは、企業管理の欠陥、国と社会に対するその責任の欠如にある。今回の危機で、一企業の「内部的な」災難にかかわる、政府はいかに管理と安全との矛盾を均衡させるべきかが明らかにされた。

福島第1原子力発電所の放射能漏れ事故は、大地震の際の初動、後に状況が悪化し、最後に外部電源への接続に成功して海水を注入し続けるまで、11日が過ぎて危機にようやく徐々に希望の兆しが見えてきた。この恐怖の間、数百人の市民が重大な放射能被害を受け、地震と津波という災害に遭った周辺の数万人の市民は、倍増した放射能を避けるため自宅を離れざるを得なくなり、人口が密集し経済が発達した東日本は、「壊滅的な危険」にさらされ、この危機が誘発したパニックは日本周辺の国や地域にも広がったほどだ。

現在見ると、これほど甚大な結果となったのはある程度、東京電力の「人的要素」と密接不可分だと言えっていいだろう。地震と津波の第一波が押し寄せた際、福島第1原発は運転停止を余儀なくされ、外部の電力網と予備用燃料油は津波で打ち砕かれたが、放射能漏れについて言えば、その内部は依然として制御状態にあり、当時の決定が正しく、すぐさま海水注入などの措置を講じてさえいれば、原発のその後の危機は高まらなかったことは認めなければならない。だが、東京電力の管理層は逆に原子炉の外壁に海水を噴射して温度を下げる方法を採用、水面上に露出した核燃料棒は過熱のため溶融する危険な状態に置かれてしまった。一旦、内部の過熱により爆発が誘発されれば、大量の放射能を含むちりやほこりが大気を通じで四方に拡散するため、真の意味での重大な原子力災難が生じることになる。

東京電力はこの間、意図的に情報を隠したと疑われた。すぐに政府の原子力安全・保安院に十分な情報を明らかにせず、通信が不便であるとして最新の情報の発表を引き延ばし、テレビ局の報道に遅れを取ったほどだ。報道によれば、管直人首相はテレビで原発ユニットの水素蒸気が建屋の屋根を破壊したュースを見た1時間後、ようやく東京電力から事故に関する最新の報告を受けた。発電所と周辺の放射線量を報告する際には、計算の過ちを理由に、故意に放射線量を低くして報告した。
詳しくは元記事を参照下さい。
真偽については良く分かりませんが半分ほどは事実かと思われ。

東日本大震災後、日本全国の13火山が活発化 発信時間: 2011-03-28 15:02:34

日本の気象庁などは26日、東日本大震災後、周辺で地震活動が活発になった活火山が少なくとも全国に13カ所あることを明らかにした。専門家は、「1~2カ月は注意深く観測する必要がある」としている。

地震の増加が観測されたのは、関東と中部では日光白根山、富士山、箱根山、焼岳、乗鞍岳、伊豆大島、新島、神津島、九州では鶴見岳・伽藍岳、九重山、、阿蘇山、南西諸島では中之島、諏訪之瀬島。
おお~ですか~ 大きな地殻変動があると火山が活発化するという。
西暦800年代の貞観地震の5年後、富士山が噴火しましたが、また噴火する可能性もあるかと。
備えあれば憂いなし、ですか。

死者・行方不明者2万8343人 28日午後9時現在 警察庁 産経新聞 3月28日(月)21時37分配信

警察庁によると、28日午後9時現在、12都道県警が検視などで確認した死者数は1万1004人、家族らから届け出があった行方不明者は1万7339人で、合わせて2万8343人になった。行方不明者はいったんは減少したが、再び増加に転じている。
死者、行方不明者の数はとどまるところを知りません。
まだ詳細が不明な地区があるので、3万人に達するのも時間の問題かもしれません。
救援作業をしている自衛隊もあまりに被災地が広すぎて、全く手が回らないそうです。
まだまだ時間がかかりそうです。

東電、フランスに支援要請=「極めて危機的」と産業相 時事通信 3月28日(月)20時57分配信

ベッソン仏産業担当相は28日のラジオで、東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発の事故を受け、東電から仏原子力庁と仏電力公社(EDF)、同国原子力大手アレバに支援要請があったことを明らかにした。EDFとアレバはAFP通信に、要請の具体的内容は明らかにできないとしている。
 ベッソン氏は、現地で強い放射線が観測されたことを踏まえ、状況は「極めて危機的だ」と懸念を表明。
東電、こいつら馬鹿でしょうか。
放射能が強すぎて、そろそろ原子炉放置せねばならぬタイムリミットが近づいています。
どうする気でしょう。日本を放棄せよとでも言う気でしょうか。


ICARUS

福島原発事故 ~28日 続報~

福島原発事故 ~28日 続報~

「解決に光が見えた」と再び楽観論を記者会見で披露した楽菅、馬鹿菅。
お先真っ暗で先も見えないのになんで光が見えたと口走ったのか。
原発は炉内の致死量に達する高濃度放射性物質の漏洩という最悪のシナリオがほぼ現実に。
しかも処置も困難。
この先漏洩が止まるどころか、措置が出来ないため漏洩が増える可能性が高い。
さらに大規模漏洩と言う事になれば、放射能汚染被害の拡大はとどまる所がなくなってしまう可能性さえある。
炉内高濃度放射能物質漏洩で、原発事故は限りなくレベル7となりもはやチェルノブイリレベルに達しつつあり、海外メディアもそう報道し始めている。
危険な状況が続き、次第に追い詰められ始めた。
12日の菅さんの原発訪問が重ね重ね悔やまれるが、もう取り返しがつかない。

<福島第1原発>汚染水流出は「格納容器から」…安全委見解 毎日新聞 3月28日(月)13時11分配信

枝野幸男官房長官は28日午前の記者会見で、東電福島第1原発2号機のタービン建屋地下で見つかった高い放射能を帯びた汚染水に関し、政府の原子力安全委員会(班目春樹委員長)が取りまとめる見解の原案を明らかにした。安全委の見解によると、汚染水は「一時溶融した燃料と接触した格納容器内の水が何らかの経路で直接流出したと推定される」としている。

 安全委は同日午前に開いた委員会で、ほぼ原案通りの見解をとりまとめた。それによると、格納容器内の水が今後も漏れ続けたとしても、屋外から実施している2号機炉心の冷却は、継続可能と判断した。ただし、今後の作業を継続するためにも、「汚染された水たまりの処理を速やかに実施し、作業員の放射線管理に十分な配慮をすることが必要」とした。

 一方、1、3、4号機のタービン建屋で見つかった水たまりについては、格納容器から蒸気として出てきたものが凝縮したり、放水で希釈されたりした影響を受けたと推定した。
断定できないものの、2号機以外はなんとかなりそうと言うニュース。
菅さんを2号機建て屋に放り込み、漏洩処理をさせて人柱にして、自己責任を取らせるに1票。
そうすれば、以後、責任感のある首相としてけなされることは無いと思われる。

東電副社長飛び込み訂正 誤情報めぐり右往左往

「誤りでした」。27日夜の東京電力本店。福島第1原発2号機のタービン建屋にたまった水の放射性物質濃度について、広報担当者が記者たちに説明している場に突然、武藤栄副社長が飛び込んできた。

 東電はこの日、たまった水の放射性物質の濃度について、いったんは「通常の原子炉の水の約1千万倍」と発表したが、原子力安全委員会が「疑義がある」と指摘。広報担当者が午後8時半ごろ、再測定すると説明していると、慌てた様子で現れた武藤副社長が「吟味した結果、誤りと判断した」。武藤副社長は専門用語を交えて一気に説明すると「測定値をきちんと評価していなかった」と、分析能力に問題があったことを認めた。
測定能力どころか、測定の仕方もわからなかったか、初めてマニュアルで詳細測定した可能性もあるかと思われ。
どうせこんなもんか。驚くべき原発管理素人集団。原発自体どころか、公表されるデータでさえ、信頼性がない。

消費低迷「売り上げ5割減」 百貨店など閑古鳥 産経新聞 3月28日(月)7時56分配信

東日本大震災後、百貨店やホテル、飲食店、レジャー施設から客足が遠のき、業績にも影響が出始めた。相次ぐ余震や計画停電、被災地への配慮から、不要不急な消費を抑える動きが出ているためだ。地震の直接被害だけでなく、福島第1原子力発電所の事故や計画停電は今も深刻で、消費回復には時間がかかる見通しだ。
経済の停滞の影響がもう出てます。
これが消費者心理ですね。ですから、あれもこれも自粛って経済が停滞してますます不景気となりよくないです。被災地以外では、やる事はきっちりやって、気持ちや景気も停滞させない事が大切です。
と言うことで、私もバイクブログ復活です。
敢えて日本景気を刺激する! 富山から景気を刺激する~

あ~緊急で水の欲しい方、富山の名水、ICARUS家の自家水(地下水)ポリタン20Lでお送りしますよ~。以前ですが保健所で水質検査済みです。まぁ、地下水ですが、放射能垂れ流しの川の水の上水道よりは地下フィルターを通ってていいかと!
ん~そろそろもう一回水質検査をしとなかにゃあな。

<福島第1原発>2、3号機の復水器は満水…汚染水移せず 毎日新聞 3月28日(月)11時39分配信

福島第1原発1~3号機のタービン建屋地下で高い放射線量を出す汚染水が見つかった問題で、東京電力が当面の排水先として予定していた復水器が、2、3号機ではほぼ満水になっており、現状では排水できないことが28日、わかった。
困りましたね~
高濃度放射性廃棄物なんてそうそう簡単に処理できないっすからね。
六ヶ所村ももう満杯どころか入れるところがないんじゃないっすかね。
さて、どうするのか。

数兆円の復興交付金、政府検討 国の負担でインフラ復旧

菅政権は東日本大震災で被災した地方自治体を支援するため数兆円規模の「復興交付金」を創設し、社会資本の復旧費用のほぼ全額を国が負担する方向で検討に入った。4月中の国会提出を目指す復興基本法に明記し、春の大型連休前にも編成する新年度第1次補正予算案から数次の予算編成に盛り込んでいく方針だ。

 菅政権は、東日本大震災による道路や港湾、住宅などの社会資本の被害は16兆~25兆円にのぼると試算。自治体だけでは復旧作業は困難とみて、国が全面的に財政支援する方針を固めている。

 枝野幸男官房長官は27日の記者会見で「国として全面的に、自治体の負担なくやりたい」と明言。片山善博総務相も27日のフジテレビの番組で「(自治体負担が)限りなくゼロに近いようにしたい」と語り、社会資本の復旧財源のほぼ全額を国が負担する考えを示した。
失政の付けを、簡単に血税で払うなどと言うんじゃな~い。
他人の金だと思って簡単に国が払うなどと言うんじゃな~い。
仙台では、過去に貞観地震などがあり、仙台市も今回と同様に大きな津波被害があり、避難場所などの変更を市に意見していた東北大の教授もいて、週末TVに出てました。
被災地ではあるが、被災地の県、市町村の責任は少なからずあるどころか、防災に対する怠慢がここまで被害を大きくした原因でもある。

日本は古くから文化が高まり文字文化が浸透し古文書なども豊富にあることから、関東などに関しても奈良時代あたりから現代にいたるまで大地震の記録が残っている。

かつて私が関東にいて関東大震災の再来を危惧し都立図書館などで調べただけでもわんさと地震被害の記録が出てきて、私の周期解析の結果、関東の大地震は67年周期と計算できている。
そして間違いなくいずれ再来すべき関東大震災と東海地震を避け、個人レベルと言えど比較的大震災の少ない地元にUターンした私のようなヤツも居る。

多くの人を預かる東北の自治体で、分かりませんでした、知りませんでしたは通用しない。
同じく西暦800年代の貞観地震の記録があり現在まで大地震に見舞われている東北三陸地方で有効な防災対策をしてこなかった責任は少なくとも東北の地方自治体にはある。
これだけの死者や損害が出ており、国におんぶに抱っこはやむ終えないが、東北の自治体もきちんと責任と負担を背負うべき。


ICARUS

東北関東大震災 ~放射線量・ベクレルとシーベルトの関係~

東北関東大震災 ~放射線量・ベクレルとシーベルトの関係~


放射能の量の比較には多くの尺度と単位があって大変に難しいです。
昨今の放射能拡散に伴う環境放射能値や農作物、水などに含まれる放射能の複雑な評価がさらに混乱に輪をかけており、消費者、国民が放射能に拒否反応のアレルギーを示しているのかと思われます。

一義的にスパッと基準値を示せない現状でこれではいくら政府が安心だ、と言ったところでだれも安心、信用できません。

現在関東一円で放射能の拡散が広がっていますが、富山はまだ放射性ヨウ素など検出されていないのですが不思議な事におとなりの石川では微量のヨウ素が検出されています。
これは原発のある石川の放射線モニタリング装置の感度が高くて富山の装置の感度が低い、などという可能性もあるのかもしれません。

300kmも離れていて安全圏と思われていた富山にもじわじわと放射能の恐怖が襲ってきましたので、必要に迫られ放射能の単位についてまとめてみました。

ベクレル(Bq)、シーベルト(Sv)計算・換算

このページはベクレル(Bq)をシーベルト(Sv)に換算するためのツールです。
結果は Sv、mSv、μSv の3種類で表示し、すべて同じ値を意味します。
算出された値は預託実効線量で、50年間(成人の場合)の被ばく量を積算した値。
線量の積分期間は、作業者および成人の一般公衆で50年、子どもでは摂取した年齢から70歳まで。
摂取した放射性物質は時間とともに減少し、減少する早さは放射性物質の種類により異なります。

計算式
預託実効線量 = 放射能濃度(Bq/kg) × 実効線量係数(Sv/Bq) × 摂取量(kg/日) × 摂取日数(日) × 市場希釈係数 × 調理等による減少補正

2011年3月現在、私が見る限りニュース等で紹介されている値は上記計算式でいうと「摂取量1kg」、「摂取日数1日」とした場合の値が多いようです。
1kg当たりどれだけの線量があるのかを言いたいだけなのかもしれません。
最初はその条件を想定してツールを作りましたが、いろいろご意見を頂き改良しました。

実効線量係数(Sv/Bq)(経口摂取の場合)は以下の値を使用しています。
ヨウ素131 は 2.2×10^-8
ヨウ素133 は 4.3×10^-9
セシウム134 は 1.9×10^-8
セシウム136 は 3.0×10^-9
セシウム137 は 1.3×10^-8
実効線量係数は年齢などにより異なる。

市場希釈係数 = 1 とする。
調理等による減少補正 = 1 とする。

各核種の半減期
ヨウ素131 は 8.04日
ヨウ素133 は 20.8時間
セシウム134 は 2.06年
セシウム136 は 13.1日
セシウム137 は 30.0年
お勧めサイトですが、ちょい面倒です。
放射能は、たとえば原子番号235のウランが中性子が衝突し二つに核分裂する際、きちんと半分に割れるのではなく、安定した原資番号の原子核に割れるのですが、ヨウ素やセシウム、ストロンチウムなどの多くの元素に分かれ、それぞれは不安定な放射性原素で、放射線を出します。
こういうツールは、XLSで表でも作っておけば便利かと思われ。
追って製作を検討してみるぞと。

東北電力 > 原子力情報 > 原子力ハンドブック > シーベルト(Sv)とベクレル(Bq)

放射線による人体への影響度合いを表す単位を「シーベルト(Sv)」、放射性物質が放射線を出す能力を表す単位を「ベクレル(Bq)」といいます。

放射性物質にはさまざまな種類があり、放射性物質によって、放出される放射線の種類やエネルギーの大きさが異なるため、これにより人体が受ける影響は異なります。このため、放射線が人体に与える影響は、放射性物質の放射能量(ベクレル)の大小を比較するのではなく、放射線の種類やエネルギーの大きさ、放射線を受ける身体の部位なども考慮した数値(シーベルト)で比較する必要があります。

放射能 wiki

放射能と放射線とを混同してはならない。ただし、日本の媒体等においては「放射能が漏れる」「放射能を浴びる(又は、飛散する)」などという表現がしばしば見受けられるが、これは「放射性物質が漏れる」「放射性物質を浴びる(又は、飛散する)」を意味すると理解できる。

放射能の強さは、1秒間に崩壊する原子核の数で表され、ベクレル(記号Bq)という単位で表す。原子核が崩壊する時に放射線を放射する。 かつては、1グラムのラジウムが持つ放射能を単位とし、これを1キュリー(記号Ci)としていた。1グラムのラジウムは毎秒 3.7×1010個のα線を放射しているので、1キュリーは 3.7×1010ベクレルということになる。

放射能を持つ物質を放射性物質、放射能を持つ原子核の種類や同位体をそれぞれ放射性核種、放射性同位体と呼ぶ。

放射性同位体は不安定であるため、一定の確率で原子核崩壊を起こし、それにともない放射線が放出される。この性質が放射能である。原子核崩壊は単に崩壊や壊変とも呼ばれ、いくつかの形式がある。これを崩壊モードといい、主な崩壊モードにはアルファ崩壊、ベータ崩壊、ガンマ崩壊がある。それぞれの崩壊では、α粒子、β粒子、γ線が放射線として放出される。
崩壊エネルギーは最終的に熱エネルギーに変わる。このため、放射性物質はしばしば発熱して高温となる。この熱エネルギーを回収して電気エネルギーに転換するしくみが原子力電池や原子力発電である。

単位
現在の放射能の単位はSI単位系でベクレル(記号Bq)を用いている。それ以前は、キュリー(記号Ci)であり、これはまた現在でも補助単位としても使用されている。放射能研究の当初は標準単位がなくアーネスト・ラザフォードも独自の単位を使用していたが、標準となる単位の必要性を感じていたラザフォード自身が基準委員会の委員長となり、1910年の第一回国際放射線学会にて 1グラムのラジウムが持つ放射能を単位とした1キュリー(Ci)が定義された。その後、1974年にSI単位として国際度量衡総会でベクレルを採択し1975年から国際標準として用いられている。日本においては法改正がなされた1989年からベクレルが公式使用されている。

ヒトに対する影響
人体にはおよそ6,000-7,000Bqの放射能がある。これは人体に含まれるカリウム40という放射性物質によるものである。この程度の放射能であれば人体に及ぼす影響はほとんどない。一般的に実験や研究で用いられる放射能はMBq(106 Bq)である。さらに放射能がGBq(109 Bq)を超えると人体に影響を及ぼす危険性があるとする見方がある。

一方で、たった1Bqの放射能であっても毎秒1発の放射線を発するから、遺伝子等を傷つけるかどうかは確率的な影響があるという見方もある。

放射能が晩発効果によって人体に悪影響を及ぼす限界値は、確率に影響され、人体実験が不可能な事、長期間かかる事、対象群が設定しづらい事、症状が非特異的である事、遺伝的影響では更に時間がかかる事、等により定まっていない。 急性効果としては約4Gyの被曝で半数の人が死亡するとされている[1]。

食品の放射能汚染の規制
チェルノブイリ原発事故を契機に、輸入食品中の放射能濃度の暫定限度が370 Bq/kg(セシウム134+セシウム137の合計値)に設定され、これを超える食品は日本に輸入できない。[3]

福島第一原子力発電所事故後の暫定基準値については、食品衛生法の項を見よ。

放射線 wiki

放射線を出す能力を放射能と呼び、放射能を持つ物質を放射性物質とよぶ。しかし、しばしばマスコミ報道(主に原子力関連施設の事故)などではこれらの用語が混同されているので注意が必要である。たとえば、「放射能漏れ」と言われる場合の「放射能」が「放射線」を指している場合や「放射性物質」を指している場合があるので、文脈などからよく確認する必要がある。

単位
放射線の計測単位を次に示す。放射能の強度(単位時間あたりの放射壊変数)は放射能の項に詳しい。
グレイ
シーベルト
レントゲン
ラド
レム
放射線の単位は、1990年前後のSI単位系への移行に伴い改廃が起こってさらに混乱に拍車をかけたかと。



ベクレル(Bq)、シーベルト(Sv)換算 - 放射能・放射線の量

ベクレルは1秒当たりで定義されている単位ですが、換算されたシーベルト値は体内に取り込んだ放射性物質が体内に存在している間に人体に影響を及ぼすと思われる線量。
線量の積分期間は、作業者および成人の一般公衆で50年、子どもでは摂取した年齢から70歳まで。
摂取した放射性物質は時間とともに減少し、減少する早さは放射性物質の種類により異なります(半減期を参照)。


ICARUS

9号機XLR250R ~20日の雑用で~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

9号機XLR250R ~20日の雑用で~

20日に街へ行く用事がありまして、まずまずのお天気でしたのでXLRを引っ張り出して出かけてみました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1814451/img_1814451_64206041_0?1301286024
1.丁度昼頃、神通川の河川敷が広がる堤防で。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1814451/img_1814451_64206041_1?1301286024
2.今年は長野~岐阜界隈で絶品蕎麦探検をしたいと思っています。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1814451/img_1814451_64206041_2?1301286024
3.東北地方へも行ってみたいと思っていましたが、原発が落ち着いてからですね。先が見えなくて困ったものですね。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1814451/img_1814451_64206041_3?1301286024
4.で、ん~GWはどうしよう~~ 皆さん何か計画を立てておられますか。いくなら西日本でしょうね。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1814451/img_1814451_64206041_4?1301286024
5.九州、四国は既に行ったのですが、南紀あたりがいいですかね。

東北被災地にも一度行ってみたいとは思っていますが、こう言う時にオフローダーっていいかもですね。
でもパンクなど危険がいっぱいかもですね。パック修理などの準備が必要です。

27日は静岡のガンダムフェア最終日だったのですが、26、27日と富山では雪がふりとてもバイクではいけそうもなく、また雑用も入っていて丸一日明けられず、ガンダム見学は断念致しました。
あ~ とっても残念でした。昨年11月位にそうそう寒くないうちに行っておけば良かったです。
今後このガンダムはまたどこかで復旧しないのでしょうかね。
おそらく捨てる事はないと思いますので、どこかで展示されるかと思います。
どこかが国内でなくて、上海や香港でない事を願います~~~
中国マネーはとどまる所をしらないので恐いっすね。
きっと既に購入の打診をしてるかと思われ~


ICARUS

東北関東大震災 ~ニュースに想う-1~

東北関東大震災 ~ニュースに想う-1~

ソフトなタイトルにしてみました。
所詮外野は外野、「がんばって」、「応援している」・・・何を言っても他人事で無責任論調になってしまいます。
しかし、言わねばならぬ事もあります。
被災地で被災者だけが被害を被ったのではなく、日本国民が等しく復興に掛かる負担を背負っていかねばならず、いわば日本自体、日本国民全体が被災者であります。

また、言い方をかえれば世界中から支援を戴き、そういう点で世界中で震災の災害の負担をしいてもらっている事になります。
まぁ、困った時の相互扶助、助け合いと言う事だと思います。

で、今問題は、被災地の管理・ネットワーク作りと救援が遅れていること、また復興の計画が示されていないこと、また原発に関しては、情報開示が少ないこと、適切な対応がなされていないことなどが問題かと思います。
政府の対応不足、力不足が明らかですのでしっかりした対応が必要です。
原発に関しては、菅さんがパフォーマンスの為に訪問した12日の作業停止や、それ以降の楽観した対応ミスが災害を大きくしたといえる事はもう議論の余地がないところで、厳しく責任を問われるべきだと想います。

さて、ニュースをチェック。

放射性物質:米東海岸で検出 福島第1原発から放出か

米メディアは26日、福島第1原発から放出されたとみられる放射性物質がノースカロライナ州、フロリダ州など初めて東海岸で検出されたと報じた。18日に西海岸のカリフォルニア州で検出されて以降、西風に乗って約1週間で大陸を横断したとみられる。
これで、オバマ政権自体も国民から突き上げを喰らい、また日本への風当たりも強くなると想われます。
あと10日ほどもすればヨーロッパへ到達し、おそらく桜の咲く来月11日頃には地球を一周すると想われます。ん~レベルこそ違えどチェルのブイリと同じですね。
ちなみに今回偏西風の一番風下の福島でよかったですが、中国や韓国あたりですと日本は目も当てられなかった事と想います。これを轍として全世界的に原発対応をしていかねばなりません。
今回の原発事故をみますと、やはり核兵器は使ってはいけないですし、廃棄すべきでしょうね。
まぁ、核兵器など報復の最終兵器である事には変わりないのですが。
おりしも放射能の恐さを世界的に知らしめる事になり、北朝鮮などはますます強い態度で出てくると思われます。ん~パキスタン、インド、イランもですね。

毎日新聞、よくわかるニュース 原発が被災、大事故に/1 被ばくの危険逃れ7万人避難

子供向けのニュース解説ですがわかりやすくてよいと思います。
原発など特殊も特殊、超特殊技術ですので大変分かりにくいですので、まず分かりやすい解説などで予備知識をつけておくとニュースなど分かり良いかと思います。
震災や原発などに対して個人の知識レベルを上げておくのも自分自身の身を守るすべになると思います。
他人任せの防災だけでなく、そういった個人レベルの防災への取り組みも必要だと思います。
そういう点で、厳しい言い方ですが、東北三陸~関東太平洋岸は度重なる地震、津波災害で行政のみならず住民も過去の被害を知っていたと思いますが、今回のような大震災に対してほぼ無防備状態であったのは残念な事だと思います。
今後は行政のみならず、個人レベル一人一人での防災意識の改善が必要だと思います。
またこれは今回の被災地区のみならず、関東、東海始め、全国に言えるかと思います。

福島第1原発:津波被害の建屋 保安院が施設内写真を公開

経済産業省原子力安全・保安院と東京電力は24日、東日本大震災で被災した東電福島第1原発施設内の写真を公開した。写真は計9枚で、うち8枚は23日昼ごろ、1枚は24日に撮影したもの。建屋(たてや)の内外で、津波などによる被害が大きかった様子が分かる。

 24日に外部電源で照明が復旧した1号機の中央制御室は、地震の強い揺れにより天井のパネルがはがれてぶら下がっている。1、2号機の事務棟を海側から写した写真は、海に面した窓が津波で破れ、金属製の構造物が間近に倒れかかっている。電源が失われた真っ暗な場所で、作業員が懐中電灯を手に復旧作業をする様子も写っている。
サイトに写真がありますが、地震、津波など災害に対する原発の設計基準が甘かった事は明らかですが、昨日も紹介しました様に、2009年に平安時代に今回と同様の地震、津波があった事が国会で指摘されていましたが、結局何も対処されないまま今回の災害でおおきな被害を出してしまいました。

今頃になって、基準が甘かったと原子力安全委員会などから反省の弁が出ていますが、手遅れでした。
今後は既存の原発も含めて大規模な見直しが必要です。
また現在電力需要の3割をまかなう原発抜きで電力は考えられませんので、安全を確認するなどした原発から暫定的に稼働させ、順次恒久対策を実施していく事が大切かと思われます。

東京電力:1週間もトップ不在 清水社長の体調不良

東京電力の清水正孝社長(66)が福島第1原発事故発生後の今月16日から約1週間、体調不良で職務を離れていたことが27日、明らかになった。過労が原因で、最終の意思決定は担当副社長が代行する状態が続いていた。現在は回復して職務に復帰しており、今後開く会見で事故や計画停電について改めて謝罪する方向で調整している。

 東電は地震発生の11日に清水氏をトップとする対策本部を設置。15日には菅直人首相を本部長とする政府と東電の統合対策本部が設置され、清水氏は海江田万里経済産業相とともに副本部長に就き、「2人で同時に情報を受けて一体となって対応する」(枝野幸男官房長官)ことになっていた。

 関係者によると、清水氏は震災後ほぼ不眠不休で対応に追われ、体調を崩した。入院はせずに東電本店で医師の治療を受けていたが、その間、原発事故対応は原子力担当の武藤栄副社長、計画停電の運用は藤本孝副社長がそれぞれ陣頭指揮を執った。東電広報部は「(清水氏は)対策本部は離れたが、本店内で情報収集し、指示を出していた」と説明しているが、実際には「ほぼ寝たきりの安静状態」(東電幹部)で、実質的にトップ不在の状態だった。
避難地を謝罪して回る副社長が写っていましたが、社長が出てこないとは相変わらず傲慢な会社だと思っていましたが、体調を崩されていたようです。
TVにも出てこなかったのですが、現在体調のせいで手を抜ける状態ではありませんので体がもたないのであれば、他の方に交代すべきと思います。
かわいそうとは思いますが、体調が不良で原発対策が出来なかったではすまない状況ですので。

ドバイW杯 ヴィクトワールピサが優勝

東日本大震災の犠牲者を悼む喪章を見せるミルコ・デムーロ
こういう時期に競馬、と思いますが、国内の話しではありませんので。
日本馬が1、2フィニッシュだった様で、快挙かと。
騎手は泣いてコメントをしていましたが、お気持ちありがたく頂きました。
有難う御座いました。

また下記に放射能拡散を伝える下記記事がありますのでご覧下さい~
「線量計が振り切れる」などとんでもない話ばかりです。
事態が悪化し、こまった事態になりつつあります。
毎日新聞 事件記事
福島第1原発:北放水口近くで海水のヨウ素濃度1150倍 (11時41分)
福島第1原発:2、3号機の復水器は満水…汚染水移せず (11時38分)
東京電力:1週間もトップ不在 清水社長の体調不良 (2時30分)
名張毒ぶどう酒事件:発生から50年 再審めぐり攻防続く (1時48分)
福島第1原発:核燃料損傷が進行か 線量計が振り切れる (22時25分)
放射性物質:福島県飯舘村の土で低下 原発から40キロ (22時16分)
放射性物質:浪江町の累積放射線量 増加率が徐々に減少 (22時13分)
福島第1原発:2号機の汚染水濃度「10万倍」に訂正 (21時57分)

ICARUS

東北関東大震災 ~28日第一報~

東北関東大震災 ~28日第一報~

地震とそれによる災害は異なる名称が付けられる事が多く、今回も地震は気象庁で正式に東北地方太平洋沖地震と名づけられ、外務省の英文HPでも直訳のTohoku-Pacific Ocean Eatrhquakeと呼称されています。災害は発生場所とはちがったりし放送各局では様々で私はNHKの東北関東大震災が良いかとおもっていますが、最終的には政府の災害対策名称で決まるようです。
阪神淡路大震災では2週間後に政府の災害本部が立ち上がりこの正式名称がきまり、いろいろ異論反論もあったようですが一般的もこの名称で落ち着くこととなりました。

で、今日は28日ですので大震災後、もう17日が経過し18日目にはいっており、とっくに2週間を過ぎていますが、政府が積極的に動いている気配は無く、被災者や被災行政地区のみならず、一般国民の政府に対する不信が高まってきています。
日数をカウントするのもそろそろ大変になってきましたので日数ウカウンターを設置してみました。
ブログパーツ カウントダウン、アップ



wiki文法
[[embed(http://www.clocklink.com/clocks/9002j-green.swf?TimeZone=JST&From=2011&#44;3&#44;11&#44;14&#44;46&#44;00&Title=東北関東大震災~,0,560,31)]]
「&#44;」(=「,」のアスキー文字)を半角にして入力する。編集の度に入力しなおす。



さて今日までの状況についてコメント。

【津波被災地】
TVや新聞をみますといろんな地区の状況が分かってきます。救援物資の末端までの配給にまだ支障があるようで、物資が行き渡らない地区があるようです。
被災地区の行政も手一杯なのだと思いますし、自衛隊も長期の災害派遣や救援など本来業務ではありませんし、被災した30万人を超える場所に10万人もの自衛隊を投入しては、物資も不足し、兵站(物資、輸送)に支障を来たして当然かと。
各県全体や、被災県の各地域を十分統括し、フォローできる管理体制、フォロー体制がないのが問題です。今週末でもう3週間になろうとしており、仮設住宅などの設営は進んでいますが、被災地の一刻も早い情報、物量、管理のネットワーク化が必要で、これには国や行政だけでなく、民間の宅配、輸送会社やボランティア、NGOなどの大きな力が必要だろうと思います。

【原発事故】
原子力に関する記事を書きまして、原爆と原子力発電所は基本的に核連鎖反応の様態が違い、瞬時に爆発的に連鎖反応が起きる原爆と原発は事なる事、また原子炉での核反応は、核分裂で発生し飛び出す速い速度の中性子を減速させ効率的に核反応を起こす事ができる熱中性子にしないと核反応が継続しない、よって減速材の適正な水がなければ核反応が継続しないのでメルトダウンで核反応が継続する可能性は少ないと書きました。
ただ、原発では放射能物質の飛散による汚染とその被害が大きな問題ですので、汚染されている建て屋の水素爆発や、圧力容器の内圧が高まる事による爆発などで、放射能を含んだ塵灰や汚染水の拡散は一番避けねばならない事態でしたが、既に空気中と海水への放射能物質の拡散が現実のものとなり、大きな問題となっています。

現在原発では、安全と言われる10mSv(ミリシーベルト)をはるかに上回って、致命的でほとんど作業が出来ない1000mSvに達する放射能が検出されており、2号機など手付かずの状態になっており、さらなる事態の悪化が懸念されています。

ブログ記事でも書きましたが、原発事故では放射能レベルが上がり、対策の作業ができなくなり原発が放置され、事態が悪化する事が一番避けねばならない事だといえます。

放置により放射能漏れが拡大しますとさらなる汚染被害が出て、深刻な事態となります。
既に関東のみならず、富山の隣の石川でも放射性ヨウ素が検出されており、また偏西風に乗って18日ついにアメリカで放射能を検出し、26には東海岸のフロリダでも放射能が検出される国際的に汚染が広がる事態となりました。

今後、アメリカ国内や北米のみならずヨーロッパにも飛散、汚染が拡大することは不可避で国際的に日本や、日本政府の不適切な対応が非難される事は不可避の状態となります。

【日本政府】
先週の支持率調査で、首相への支持率は10%台から30%へと急上昇しましたが、民主党支持率は政権獲得後最低の11%にまで落ち込みました。
大災害の直後でしたので、一時的に首相に対する期待が高まったものと思われますが、その一方で被害対策のまずさに対する不満が政党支持率の低下に表れているのだと思います。
今朝のニュースで、原発への政府の対応へ50%以上が不満、30%が評価するとしており、明らかに失政にたいする不満が高まっています。
いずれにしても震災や原発対策で有効な手立てを打ち出せないどころか、逆に足を引っ張るような存在である以上、そろそろ菅政権も末期だろうと思います。
こう言う時に実力があり強力なリーダーがいないのは日本の悲劇だったと思います。
今後政治も混迷を深めると思います。


ICARUS

福島原発事故 ~26日のニュースから~

福島原発事故 ~26日のニュースから~


米誌表紙に「ひび割れ」日の丸 不適切とNY総領事館 2011年3月25日 16時00分

イメージ 2

米誌ブルームバーグ・ビジネスウィーク(3月21日号)が東日本大震災の特集をした際、表紙にひびの入った日の丸を掲載したことから、ニューヨークの日本総領事館(広木重之総領事)は24日までに、同誌に対し「不適切である」との申し入れを行った。総領事館が明らかにした。同誌側は「被災者や日本国民に不快感を与える趣旨ではなかったが、配慮が欠けていた」と述べたという。
私も今後日本経済の低下は避けられないと思いますし、こう言われても仕方のないことだと思います。
海外先進国のマスコミからこういう絵がでるのはいいことではないと思いますが、日本も事実は事実として受け止め、そこから立ち上がらねばならないと思います。
今朝の日テレで辛坊さんの番組で、被災地の市長が、早急に防災対策をした街造りの計画が必要で、国などからの強力な指導、支援が必要だと言っていました。
具体的には、高台に町を移す、山を削って高台をつくる、内陸部に移るなどの方策です。
津波を受けた地域は防波堤が決壊していますし、大地震が再度来る可能性が高いので、被災地での同じ町の復興は絶対にいけないです。

何度も大きな津波に見舞われ、何度も大きな死者、被害を出していながら効果的な対策を打たずに市民のなすがままに都市計画、防災対策をおざなりにし大きな被害を出し、被災地のみならず日本全体の経済を停滞させた国と被災地の県や市町村など行政側の責任が大変大きいです。
これは自然災害とは言え、三陸においては過去に40mの津波の記録があり同じ災害があった地区で今回の様な大きな津波が来ることは時期は分からなくとも十分想定しえたはずで、ほぼ無防備に近い形で甚大な被害が出たことは、不可抗力というだけでは済まされない問題を含んでいると言えます。

何度も繰り返し言っていますが、明らかに被災地に対する政府の行動が遅く、関与も少ないですが、早急な防災都市の計画立案が求められています。
厳しい言い方ですが、これ以上同じ災害を繰り返し、日本や日本国民全体を苦しめてはいけないと思います。また被災地にあっても、過去の歴史をきちんと紐解き、今被災地の方一人一人が何をどうすべきか考えていくことも大切だと思います。
漁業が主力の地方で海岸に居住することは便利ですが、個人の一時の利便性、利益だけで今回の様に大きな利益が失なわれ損害が出ることは避けねばならないと思います。
国の援助も国民の大切な血税、民間の支援も国民の汗水働いてためたお金です。
被災地も良く分かっているとは思いますが、多くの国民の思う所を汲まねばならないかと思います。

また無為無策の国には失望を感じます。菅さんには早々に辞めてもらった方が日本のやめかもしれません。

1号機に真水の注入を開始 読売新聞 3月25日(金)18時3分配信

東日本巨大地震で被災した東京電力福島第一原子力発電所の1号機で25日午後3時40分頃、仮設ポンプで原子炉内へ真水を注入する冷却作業が始まった。
 真水による注入は初めて。
 これまで仮設の消防ポンプによる海水を注入してきたが、同原発の水源ダムからの給水が可能となり、真水注水に切り替えた。真水の注入は、海水による配管などの腐食を避ける狙いがある。
 東電は、2、3号機でも25日中に、海水から真水への切り替え完了を目指している。
ステンレス系で、中性子などにより放射線脆化に強い材料を使っていると思いますが、腐食の強い海水ではこのまま廃炉となっても腐食による損傷がでる可能性もありました。
今後、中で濃度が高くなり、析出し結晶化していると思われる塩分の悪影響が懸念されます。
もちろん放射能を帯びており、処分は困難を伴います。

<東日本大震災>「非正規切り」が深刻化 26日に電話相談 毎日新聞 3月25日(金)15時0分配信

東日本大震災が非正規労働者の雇用にも深刻な影響を及ぼし始めた。個人加盟労組でつくる「全国コミュニティ・ユニオン連合会」(東京都)には、派遣切りなどの相談が相次いでいる。「仕事が減ったから」と震災に便乗するような解雇もあり、同ユニオンは「08年秋のリーマン・ショック時以上に深刻だ」と、国に早急な対策を求めている。

 同ユニオンには24日までに震災関連の労働相談が約90件寄せられた。ほとんどが非正規雇用の労働者からで、被災地以外で働くケースも多い。「被災地から部品調達ができなくなった」などの理由で自宅待機を命じられ、その間の賃金補償がない人が多く、解雇や派遣切り、内定取り消しなども目立ってきた。
もう経済への打撃が出始めています。自動車工場の操業も休止したりしています。
今年から来年にかけてまだまだ深刻化すると思われます。

農産物の暫定基準値、緩和要請 茨城知事が厚労相に 産経新聞 3月25日(金)21時34分配信

暫定基準値を超える放射性物質が検出された農産品に対する出荷制限について、茨城県の橋本昌知事は25日、細川律夫厚生労働相に、基準値を緩和するよう求める要望書を提出した。
実害のない風評被害といいますが、実害がないからと言って地面に落ちた菓子などを拾って食べたり、ましてや自分の子供に食べさせる親はいません。
放射能は検出されているが実害がない、ではなく、やはり放射能がない、という状態でない以上、この地区の農産品、魚介類は売れないと思います。
特に現代において中国などから安くて国内と遜色のない野菜類も入手できますので、敢えて放射能のついた野菜類を進んで食べる方はいないと思います。
現在30km圏外で40kmの地点でも高濃度の放射能が検出されていて、放射能の拡散した理由、状況や汚染の実態が完全に把握されている訳ではありません。
また濃度が高かった場合に後追いで警告を出している状況であり、予報が出ているわけでもありません。
ありあわせの基準値改定での汚染野菜出荷はさらに消費者を混乱に陥れると思います。
一時的に外国産などの農産物への切り替えはやむ終えない措置だと思います。

1979年に発生したチェルノブイリ原発事故で世界中、とりわけヨーロッパでも放射能が検出され、大きな問題となりました。日本でもソ連、ヨーロッパからの輸入食品は輸入制限を受けました。
当時の事を今一度思い出し、よく調べ対応する必要があると思います。
安易な制限基準値の改定でなく、本当に安心して消費者が購入できる商品を作ることが先決だと思います。
一方で、原子炉内部からと思われる高濃度放射能が検出されていますので、今後の汚染拡大が非常に懸念されますまたセシウムなど残留性の高い放射能の残留が心配です。

東電に賠償免責の適用ない 福島第1の補償で官房長官

枝野幸男官房長官は25日午後の記者会見で、巨大な自然災害などの場合に電力会社を免責する原子力損害賠償法(原賠法)の例外規定が福島第1原発の事故で東京電力に適用される可能性について「社会状況からありえない」と明言した。福島第1原発事故に関わる国による補償は、国と東電の契約の上限の1200億円にとどめ、上限を上回る賠償責任は東電が原則として負うことになる。
独占企業ですから、東電に賠償を負わせたつけは結局関東地区の方が背負うこととなります。
おそらく関東の電力料金は大きく上げざる得ない状況となり、多くの企業なども西日本へ逃げる可能もあります。少なくともこれから関東に進出しようと言う企業は居なくなるかと思います。


Pray for Japan , from the world】東北関東大震災、米メディアはどう見たか その2 原発大国アメリカが見た福島原発事故~チェルノブイリ説からフクシマ50まで

海外では原発に対して非常に神経質になっており、日本に対して批判的な論調が目立っています。
一方で、マスコミが冷静に放射能漏れを報道していますが、これだけの放射能漏れを起こしておきながら大事となっていないと感じるのは不思議に思います。
同時に地震災害で大変な地区があるせいかもしれません。

菅首相が情緒不安定に 突然号泣することも

イメージ 1

日本の東北地方で起きたマグニチュード9.0の大地震、大津波、福島の原子力発電の爆発事故、日本全国が直面する放射能漏れの危機など、すべてのことがわずか2週間で発生した。菅直人首相の支持率はその前に低迷していたが、前代未聞のプレッシャーがかけられた菅首相は情緒不安定になり、突然泣き出すこともあるという。

 香港メディアの報道によると、今回のような大きな災難に見舞われたら情緒不安定になるのが普通だが、菅内閣は対応が遅く、救援も遅れているという批判の声が上がっている。また、放射能漏れを恐れて被災地に視察に行かず、放射能漏れの程度をすぐに発表しなかったなど数多くの不満が重なり、菅内閣にかけられる圧力は増す一方だ。

 菅首相に近い人物によると、首相は突然泣き出すこともあるという。有名コラムニストの勝谷誠彦氏はブログの中で、「菅直人首相が号泣するなど精神的に不安定になっている」という情報を複数の官邸筋から入手したと記した。

 日本のネットユーザーは、日本の災難は首相一人で負担できない状況にまで悪化し、首相は野党と「大連立政権」を樹立すべきだとしている。菅首相は19日に数人の民主代表経験者と大連立構想をめぐって会談を行ったが、自民党の谷垣禎一総裁は入閣要請を拒否した。
真偽のほどは分かりませんが、既に一週間近くも被災地視察どころかマスコミの前にも一切出てきませんでしたので、相当ふさぎこんでいたかと思われました。
実務がこなせないのならば早々に変わってもらった方が、被災地はじめ原発で被害をこうむった方、そして国民の為です。

今回の失政の数々、おそらく退陣はもう避けられないかと思われます。


ICARUS

原子炉の型式 ~軽水炉・重水炉・黒鉛炉・高速増殖炉~

原子炉の型式 ~軽水炉・重水炉・黒鉛炉・高速増殖炉~

当初核分裂によるエネルギーの取り出しは原子爆弾を作るために1940年代に開発され利用されました。
原爆にもウランとプルトニウムを使ったものがあり、プルトニウムを使った方が強力な物ができ、当時黒鉛を使った原子炉でプルトニウムを製造し長崎に投下されたプルトニウム型原爆が製造されました。
その後原子炉が発電に使われだし、安全性が高くコストの的に有利ないろんな型式の原子炉が作られ現在に至っています。
原子炉にはさまざまな特徴、欠点があり、下記の様に分類されます。
日本では、事故を起こした福島原発と同じBWR(沸騰水型)が東日本に多く、加圧沸騰水型(PWR)が関西電力など西日本に多くなっています。
BWRは原子炉圧力容器内部で発生した高濃度の放射能を含む冷却水が原子炉建屋とは別のタービン建屋にまで回っており、放射能を含む物質が非常に多くなり、危険で、また廃炉になった場合、処分にお金が掛かるという欠点もあります。

原子炉
減速材による分類 [編集]
■軽水炉:軽水
通常の水である軽水は中性子減速能が大きいが中性子吸収能も大きい。通常は減速材が冷却材を兼ねる。軽水は安価で大量に入手することができ、火力発電で使用されているため性状が良くわかっている。反面、吸収能が大きいため軽水冷却炉では濃縮されたウラン燃料を用いて発生する中性子の数を増やす必要がある。

■重水炉 : 重水
水素の同位体である重水素からなる水である重水は軽水に次ぐ減速能を持つが吸収能は小さい。従って重水炉では天然ウランを始めとして多様な物質を核燃料として用いることができる。ただし、重水は高価である。

■黒鉛炉 : 黒鉛
炭素からなる黒鉛は水に次ぐ減速能を持ち常温で固体である。黒鉛は減速能を持たない物質を冷却材として用いる設計の原子炉で使用されており構造が比較的簡単な為、原子力開発能力の低い国でも使用されている。しかし発電効率が悪い反面プルトニウム239の生成効率が高い事から核兵器用プルトニウム製造に良く使用された。現在では主にガス炉の減速材として使用されている。

■高速中性子炉、高速増殖炉 : 無し
高速炉とも呼ばれるこの型の原子炉は、減速材を利用せず、核分裂に伴なって発生する高速中性子をそのまま利用する。これは燃料増殖に有利である。



沸騰水型原子炉
イメージ 1

 沸騰水型原子炉(Boiling Water Reactor、BWR)
イメージ 2

原子炉の中を通る冷却水にあまり高い圧力をかけず、炉内の水が沸騰して直接水蒸気が発生するようになっている軽水炉のことを沸騰水型原子炉といいます。やかんのお湯は沸騰している間にどんどん減っていきますが、水蒸気を再び水に戻し、それを原子炉の横から補給するので、水がなくなることはありません。この炉では、燃料の周りは泡を含んだ水で囲まれていることになります。こうなると熱を取り出すことが難しいように思われますが、ある程度の泡があることで水の流れがよく混ざって、かえって燃料から水へ熱が伝達することもわかっています。
 ここで発生した水蒸気は、そのままタービンに送られて発電に利用され、加圧水型原子炉と比べるとより簡単な仕組みとなります。
 しかし、原子炉の中では、水が放射能をもつようになるので、タービンなどから水蒸気がもれ出さないように、特別な注意がはらわれています。

加圧水型原子炉
イメージ 3

 加圧水型原子炉(Pressurized Water Reactor, PWR)
イメージ 4

原子炉の中を流す冷却水に高い圧力をかけ、水が沸騰しないようにした炉のことを加圧水型原子炉といいます。このように高い圧力をかけるのは、燃料で発生した熱を冷やすのには、水蒸気よりも水のほうがはるかに効率がいいためです。
 しかし、水のままではタービンを回して発電することができません。このために加圧水型原子炉では2つの冷却水系統があります。
 まず1つめは、高い圧力をかけた原子炉の中を通る一次冷却系です。これは原子炉の中を通っているので高い温度になりますが、圧力が高いために水蒸気にはなりません。
 2つめは、一次冷却水を冷却するための二次系です。二次系は一次系ほど高い圧力にはしていません。そのため二次系では水蒸気が発生し、この水蒸気によってタービンを回して発電することができます。

黒鉛減速軽水冷却炉
イメージ 5

 黒鉛減速沸騰軽水圧力管型原子炉(Reaktory Bolshoy Moshchnosti Kanalniy, 英語直訳:"reactor (of) high power (of the) channel (type)"
中性子は物質に入るといずれ吸収されてしまいますが、黒鉛は水より中性子を吸収しないので、これを中性子の減速材に使うと天然ウランや濃縮度の低いウランでも燃料に使えるという利点があります。
 旧ソ連ではそこに目をつけ、燃料棒を丸く束ねこれを圧力管という水を通す管に収める構造の原子炉を開発しました。圧力管は黒鉛ブロックに囲まれるように配置されます。このような原子炉を黒鉛減速軽水冷却炉といいます。その例がチェルノブイリ型炉として知られているものです。
 この型の原子炉は、圧力管の数を増やしただけで出力を上げられ、圧力管の製造にも大規模な工場を必要としない簡便さはありますが、冷却水が沸騰すると制御が難しくなる性質があったため、ソ連以外の国では採用されませんでした。

高速増殖炉
イメージ 6

 高速増殖炉(Fast Breeder Reactor、FBR)
日本の発電炉のほとんどは軽水炉で、核分裂で生じた速度の高い中性子(高速中性子)は、減速材によって速度が低くなってから、ウラン235を再び核分裂させるようになっています。
 しかし、燃料の増殖を行うためには、中性子の無駄使いをなるべく少なくしなければならないので、中性子速度が高いままウラン238に捕獲させた方がいいのです。このように中性子の速度を下げないで(すなわち高速中性子のままで)、燃料の増殖を行いながら発電する原子炉を、高速増殖炉といいます。
 高速増殖炉の中ではウラン238は次々とプルトニウム239に変わっていきます。プルトニウム239が核分裂すると大体3個の中性子が発生します。これはウラン235の場合よりも多く、増殖を行うには好都合です。日本でも実用規模に近づけるための原型炉"もんじゅ"が福井県敦賀市に建設されました。


参考

原子炉に海水注入決断、廃炉も…福島第一1号機 (2011年3月12日23時16分 読売新聞)
地震による自動停止で原子炉内の圧力上昇と過熱を引き起こし、炉心溶融が心配されていた東京電力福島第一原発1号機に、東電は海水を注入するという決断をした。

 枝野官房長官が12日夜の記者会見で明らかにした。

 海水は、海から引いてたくさんの量を使用できるので、冷却の効果が高い。もともと原発には緊急用の海水注入系があり、温めた蒸気の冷却などに海水を使用している。原発が海辺に建設されるのは、このためでもある。特に、今回の緊急冷却では、海水にホウ酸を添加して使用する。原発の水は、冷却材であると同時に、中性子の速度を落として核分裂反応を起こしやすくする効果がある。

 水を注入した結果、再び核分裂が活発化しないよう、反応を抑えるのがホウ酸の役目だ。ホウ酸注入は、非常時の冷却では効果があり、軽水炉には専用の注入システムが常設されている。問題は、1号機の今後だ。海水を使用した場合、設備の復旧が難しくなる。特に今回の事故では、核分裂によって生じた放射性物質が外部に放出されていることから、ウラン核燃料の少なくとも一部が、金属被覆を溶かして露出し、融解を引き起こしている可能性がある。

 そのような深刻な汚染が起きたうえに海水を注入した原子炉を、再び健全な状態に戻すのはコストもかかり、実現はかなり難しい。

 仮に、原子炉を廃炉にする場合、国への審査手続きが必要になるほか、放射能の高い核燃料の冷却、施設の放射能汚染を取り除く作業(除染)などが必要になる。また、構造物も40年にわたる運転で中性子線にさらされ、放射化しているため、放射線の影響を防ぐための措置を講じた上で解体する必要がある。


ICARUS

原発事故を読む ~原爆と原発、核連鎖反応と減速材~

原発事故を読む ~原爆と原発、核連鎖反応と減速材~

福島第一原発での事故対策が困難を極めその間にも爆発、放射能拡散など被害が拡大していますが、TV、新聞で詳しい解説はあれど政府からは作業の計画、報告程度で詳細は開示されません。

そもそも核連鎖反応を利用する原爆と原発の違い、構造などもよくわかりません。これでは今原発がどうなって、何の作業をしているのか理解できませんので説明を書いて見ました。
細かく説明すると長くなってしまい分かりづらくなるのでポイントまとめました。

最初に末尾の参考リンクや、参考図を見られてから読まれると良く分かるかと思います。

核分裂:大きな原子が核分裂(二つ以上に割れる)とエネルギーが出る。ウランやプルトニウム材料を100%近く濃縮して連続的に核分裂させる核分裂連鎖反応を瞬時に行い大きなエネルギーを取り出すものが原爆、数%と低い濃度のウランやプルトニウムを含んだMOX燃料(プルサーマル燃料)で制御しながらゆっくりと核反応させエネルギーを取り出すのが原子力発電。

連鎖反応:原子炉では制御棒を用いその出し入れで、核分裂後に飛び出す中性子の数で核反応を制御する。また、原子炉で核分裂を連続して行わせるには、速すぎる速度で飛び出す中性子を減速させ上手くウラン原子と反応させる必要があり、このため燃料棒の間に核反応を促進させるための減速材が入れられる。

減速材:減速材には純度の高い通常の水の軽水、中性子の多い同位体を含んだ水の重水、黒鉛などが用いられる。核反応を効率よく行うには、核反応に必要な中性子を吸収せず、一方で中性子の速度を効率よくかなり落とせる材料が望ましい。水は中性子を吸収しにくい一方、中性子の速度を落とす性能に優れる。ホウ酸は、中性子を吸収してしまう能力が高く、核反応を停止させるために用いられる。

原子炉停止:原子炉事故を起こして復旧する場合、高濃度の放射能を帯びて炉心などに残った核燃料や軽水炉では冷却水の処理が困難となる。このため通常の冷却材として使っている軽水では、復旧を図る場合軽水でなく異物のホウ素で炉を冷却停止すると、核反応を阻害するホウ素を含んだ軽水を入れ替えねばならないが、高濃度の放射能を含んだ冷却水の処理が実質困難になることから実質最終手段となってしまう。スリーマイル島原発では事故後ウラン燃料を取り出したが、残った冷却水の処理が困難と言う問題が残った。

福島原発の場合:当初アメリカが緊急にホウ素の提供を申し出たが、廃炉にせず、軽水だけで冷却停止し事態を沈静化再稼動させたい東電側と、日本だけで事故を復旧したいメンツに囚われた菅政権がアメリカの申し出を拒否したと言われている。
結局事態が悪化し、手が付けられなくなったがホウ酸も水もなく、炉内に海水を注ぐという誰もやったことのない措置に踏み切った。フランス、韓国からホウ酸の救援があり、現在海水とホウ酸が注水されていると言われる。海水は炉や配管を腐食させるなどの問題があり、再開させるには冷却水の入れ替えが必要だが、高濃度の放射能を含んでいるため処理は実質困難で、海水など軽水以外の異物の液体を注入した時点で廃炉となる事が避けられなくなる。

政府は原発についてや、現状の事故の状態と今後の原子炉の始末、結果にきちんと解説すべきです。



以下詳細記述がありますので参照されたい。

ネット百科事典のwikipedia(ウイキペディア)に詳しく解説が書かれていますが、東北電力の原子力関連ページの説明が分かりやすいです。

東北電力 女川原発 原子力発電 核分裂のしくみ
イメージ 1

核分裂反応は、核分裂しやすいウラン(ウラン235:ウラン燃料の3~5%)に中性子がぶつかることによって生じます。いったん核分裂反応が始まると、飛び出した中性子が次々と核分裂しやすいウランにぶつかり、連続して核分裂反応が起きます。原子力発電は、この核分裂の際に発生する熱を利用しています。

日本の原子力発電所は、「軽水炉」と呼ばれるタイプで、軽水(普通の水)が、核分裂を起こしやすくするために中性子の速度を下げる「減速材」としての役割と、核分裂によって発生した熱を取り出すための「冷却材」としての役割を兼ねています。また、制御棒は、中性子を吸収しやすい物質で作られており、原子炉内の中性子の数を調整して核分裂反応を制御する役割をしています。

原子力発電では、この水と制御棒により核分裂の量を一定にコントロールしています。

東北電力 女川原発 原子力発電 原子力発電と原子爆弾の違い
イメージ 2

原子爆弾は、核分裂しやすいウラン235(またはプルトニウム239)の割合を100%近くまで濃縮し、瞬時に核分裂連鎖反応を引き起こして大量のエネルギーを一気に発生させます。一方、原子力発電ではウラン235が3~5%しか含まれていない燃料を使い、3~4年かけて核分裂させて、少しずつエネルギーを取り出していきます。この燃料は、一気に核分裂させようとしても、ウラン235と一緒に含まれる核分裂しにくいウラン238が中性子を吸収するため、核分裂連鎖反応の増大を抑えています。したがって、原子爆弾のように爆発する心配はありません。

プルサーマルで使用するMOX燃料には、プルトニウムが含まれていますが、核分裂しやすいプルトニウムは4~9%しか含まれていないため、こちらも爆発する心配はありません。

核分裂反応
不安定核(重い原子核や陽子過剰核、中性子過剰核など)が分裂してより軽い元素を二つ以上作る反応のことを指す。発見者はオットー・ハーン。

連鎖反応 (核分裂)
連鎖反応とは、平均して1回以上の核分裂反応が別の核分裂反応を引き起こし、単位時間当たりの反応回数が一定もしくは指数関数的に増加する状態である。

十分に多量(臨界量以上)の核分裂性物質の中で、制御されない状態の下で連鎖反応が起きると、エネルギーが爆発的に放出される。これが核兵器の動作原理になっている。連鎖反応は十分に制御された状態でエネルギー源としても用いられる(原子炉など)。

減速材
減速材として用いる材質は、中性子を減速させるまでの所要時間が短く、中性子吸収効果の少ないものが望ましい。中性子の吸収効果を少なくするためには、原子番号の小さい元素を選定すればよい。 核分裂が起こった際に発生する中性子線は高速中性子と呼ばれるもので、およそ1MeVのエネルギーを持っている。1MeVの中性子の速度は毎秒1.4万kmと高速であるため、効率よく核分裂性の吸収を起こすことが出来ない。この高速中性子は、減速効果のある材質を適量用いる事で、エネルギーを減少させることが出来る。減速された中性子は、平均0.025eVの極めて低いエネルギーを持ち、熱中性子と呼ばれる。

減速材として黒鉛を用いる原子炉は、炉心が大型化してしまう→原子炉の大きな黒鉛減速沸騰水冷却型原子炉チェルノブイリ
福島などの軽水炉では、減速材の軽水で圧力容器が直径4~5mと小さくできるが、黒鉛炉では10mと大きくなってしまうのが欠点で、チェルノブイリでは原子炉を取り囲む多量の黒鉛が燃え多量の放射能が拡散した。

減速材の説明が出てきましたので、重水と軽水の違いについて説明。
重水
質量数の大きい同位体の水分子を多く含み、通常の水より比重の大きい水のことである。重水に対して通常の水 (H2O) を軽水と呼ぶ。

水素は高速中性子を熱中性子に減速する能力(減速能)にすぐれるため、水素を大量に含む水は減速材として重用される。ただし軽水は減速能とともに中性子を吸収する能力も大きいことが問題であり、ウランの濃縮技術が未発達だった初期の原子炉開発においては、軽水に次ぐ減速能を持ち軽水に比べて中性子吸収が少ない重水素からなる重水が減速材として使用された。そのため、第二次世界大戦のころから重水の生産設備が軍事目標として扱われていた。

重水と言うと、第二次大戦でドイツが既に重水を持っていて、アメリカその原発阻止にやっきになっていました。これを取り扱った戦争物映画もあります。
ドイツの原子爆弾開発
ドイツでは、日本やアメリカ合衆国以上に、核分裂の理論は完成していた。濃縮ウランの連鎖反応を利用することが通常の方法であったが、ウラン235の分離法についての技術開発が困難であった。そこで、技術的に困難であった濃縮ウランではなく、自然界に存在する天然ウランを利用した連鎖反応の大胆な理論の可能性を検討した。

通常、ウラン235の核分裂により発生した中性子は、通常、ウラン238に飲み込まれてしまうが、中性子を減速すれば、容易に飲み込まれなくなる。そして、ウラン235の核分裂も減速した中性子の方が起こりやすいという性質を利用した。すなわち、天然ウランの中にわずか0.7パーセントしか含まれないウラン235の核分裂によって発生した、中性子のスピードを重水素によって減速して、天然ウランに99.3パーセント含まれるウラン238に飲み込ませないようにして、残りの0.7パーセントのウラン235に減速した中性子を集中させて、確実に連鎖反応を起こさせるという理論であった。

1940年春、ナチス・ドイツは科学者達の要請によってノルウェー作戦を実行した。これにより、ヴェルモルクにある、世界最大の重水製造工場であるノルスク・ヒドロ会社を占領することができた。これによって、中性子を減速させるための重水素を製造することが可能になった。

科学、技術、軍事で世界最先端国であったドイツですが、切羽つまった状態にあり先見の明のなかったヒットラーのおかげでドイツの原爆開発は頓挫し、世の中は救われましたがもしドイツが原爆を開発していたら世界はドイツに牛耳られていたかもしれません。
ちなみに日本でも原発の研究は進められていましたが、アメリカよりはるかに遅れていました。
世界で最初にアメリカが原発を開発し日本に投下し試したのは、莫大な予算を使った言い訳と、原爆の実験であったという目的が強かったと言われています。


ICARUS

★WELCOME TO ICARUS GARAGE!★

        Go to English Page画像掲示板掲示板・ゲストブック |メールを送る
★WELCOME_TO_ICARUS_GARAGE!★
http://www.tateyama-kurobe.jp/topflash.swf
This is a video of disaster scenes from the 2006 movie Sinking Of Japan (Nihon Chinbotsu). It includes volcanic eruptions, tsunamis and earthquakes. I edited all the disaster parts for your pleasure. And to clear things up, yes this is a DVDrip, it is in Japanese but there ARE english subtitles. Here are the subtitles: 00.01 - Daisetsuzan Range, Hokkaido 00.22 - Mts Tokachi & Furano erupt 00.48 - City of Kumamoto 01.05 - Hakodate 01.57 - D1 reports... ..multi-centered earthquakes in Shizuoka, Nagano and Niigata! 02.04 - Magnitude 7....7.4...still rising! 02.06 - Tokyo, scale 6! 02.11 - It's coming! (And it's kinda obvious that the earthquake scene is Tokyo.)


原子炉状況2011/3/23 午後12:00(東電HP プレスリリース他より)
・福島第一 1、2、3号機稼動中→緊急停止 4、5、6号機停止中【放射能やや低下】
  【1~6号機全基外部電源接続完了】
  1号機:12日水素爆発、燃料棒半分露出、70%損傷か
  2号機:14日圧力抑制室爆発、燃料棒半分露出、40%損傷か
  3号機:14日水素爆発、燃料棒半分露出、損傷推定不能、18~20日放水
  4号機:14日水素爆発、貯水プール水量低下で保存燃料昇温か、18、20日放水
  5号機:停止中、非常用発電機復旧、使用済み燃料プール冷却中
      プール17日63℃→19日午後5時68.8℃→20日37.1℃に低下【ポンプ駆動冷却中】
  6号機:停止中、非常用発電機復旧、使用済み燃料プール冷却中
      プール17日60℃→19日午後11時67.5℃→20日41℃に低下【ポンプ駆動冷却中】
 【核燃料共有プール内昇温の懸念】

・福島第二 1、2、3、4号機稼動中→緊急停止→冷温停止中

原子炉状況2011/3/18 午前12:00(東電HP他より)Recent Nuclear Plant Conditions
 福島第一原発詳細状況サイト wiki

イメージ 1


東京電力原発一覧
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1816925/img_1816925_64133318_1?1300116035


東北関東大震災 ~プレートテクトニクス・日本沈没・富士山噴火?~

東北関東大震災 ~プレートテクトニクス・日本沈没・富士山噴火?~

地震発生と地殻変動のメカニズムを説明するのがプレートテクトニクスで1960年代以降に発達した理論です。当時大胆な学説でしたが、調査や議論などを積み重ね、今日では当然のごとく地震や地殻変動の説明として用いられています。
もともとは、南アメリカの東海岸と、アフリカの西海岸が似ていることに気づいたドイツのアルフレート・ヴェーゲナー(Alfred Wegener)が1912年に提唱した大陸移動説が発端でした。
 大陸移動説 wiki
▼南アメリカとアフリカの地図。 google mapから。
イメージ 1

▼おりゃ~ ぴったんこ。 by ICARUIS どだ!
イメージ 2

当時はあまりに大胆すぎる学説で、広く受け入れられませんでした。
 プレートテクトニクス wiki
イメージ 3

ヴェーゲナーが提唱した大陸移動説の移動の原動力についての問題を解決したのが、地球内部の熱対流に求めた1929年のアーサー・ホームズ(Arthur Holmes)によって発表されたマントル対流説である。その後1960年代にロバート・ディーツ(Robert S. Dietz)が海洋底拡大説を唱え、それら全てをまとめたテュゾー・ウィルソン(John Tuzo Wilson)によって、1968年プレートテクトニクスとして完成した。

で、今回の東北関東大震災で、海岸に押し寄せる大津波を見て思ったのがカッシーさんも閃いた「日本沈没」。
 日本沈没 wiki

1973年に刊行された小松左京による日本のSF小説、及びこれを原作とした映画、テレビドラマ、ラジオドラマ、漫画。映画は、1973年と2006年に、ラジオドラマは1973年と1980年にそれぞれ2度製作された。
またTBSなどが製作費20億円を投じて、東宝の配給で2006年7月15日公開された。監督は、1973年版の映画を「自分が映画制作を志すきっかけとなった作品」と語る樋口真嗣が務めた。2006年公開映画では国内興行順位第4位となる53億4000万円のヒットとなった

で、今回太平洋プレートが大きく動いたプレート断層型の巨大地震でこうなると心配されるのがプレート境界で多発する群発地震で、実際にM5~6クラスと未曾有の大型誘発地震、群発地震が相次ぎびっくりしました。
1973年に公開された映画は日本に大きな衝撃を与え不安にかられる人が多かったですが、実際には沈没することはないと当時説明されました。
私も今回の大津波や、異常に活発化した群発、誘発地震で「日本沈没」の記事を投下致しましたが、実際には地震や津波による沈没よりも、原発による避難や、経済停滞による経済沈没の方がはるかに現実的な話だろうと思いました。
 日本沈没 ~誘発地震多発、各地原発事故~
さて日本沈没、昔そういう学説、映画がはやった時期がありましたが、今回の地震でふとそんな事態を想像してしまいました。しかし沈没しないまでも、あながち冗談とはいえないかと思います。

で、16日早々にこんな衝撃的記事が。
 静岡の震度6強は誘発か 富士山噴火の懸念も… 暴れる巨大エネルギー 2011.3.16 14:59
イメージ 4

静岡県東部で震度6強を観測した15日夜の地震は、11日の東日本大震災をもたらした巨大地震で誘発された可能性が大きい。震源付近では巨大地震の直後から箱根で群発地震が起きており、富士山の火山活動の活発化を懸念する声も出始めた。マグニチュード(M)9.0という巨大エネルギーの「余波」が日本列島を揺さぶっている。

 「この場所で過去に地震はあまり起きていない。想像外だ」。防災科学技術研究所・地震研究部の松村正三研究参事は15日夜、驚きの言葉を口にした。

 巨大地震の発生後、内陸で大きな地震が相次いでいる。12日の長野県北部の震度6強(M6.7)に続き、今度は伊豆地方でM6.4の地震が起きた。

 海溝型の巨大地震が発生すると、地殻にかかる力が変化し、内陸直下型の地震が起きることがある。津波で約2万2千人が死亡した明治29年の三陸沖地震(M8.2)では、約2カ月後に秋田県で陸羽地震(M7.2)が起きた。

 ただ、今回の伊豆地方の地震は、巨大地震の三陸沖から遠く離れている。プレート(岩板)構造も巨大地震が太平洋プレートの沈み込み帯だったのに対し、伊豆地方はフィリピン海プレートが陸側に衝突する場所と、まったく違う。

 松村氏は「巨大地震は太平洋プレートの北半分が滑ったが、南半分はまだ動いていない。房総半島あたりで踏ん張っている南半分の力のしわ寄せが及んで、西隣のフィリピン海プレートを押し込んだのではないか」と話す。

おいおいおい~ 富士山噴火? 便乗か!
ああ、しかしこれも昔ありましたね。宗教家だか預言者だか、富士山が噴火するって言いながら、時間が来ても噴火せずに賠償を求められたとかっていう。
でも富士山は実際休火山で、噴火してもおかしくない火山で、前回は

富士山 wiki
延暦19年 - 21年(800年 - 802年)に延暦噴火、貞観6年(864年)に貞観噴火。最後に富士山が噴火したのは宝永4年(1707年)の宝永大噴火で、噴煙は成層圏まで到達し、江戸では約4cmの火山灰が降り積もった。また、宝永大噴火によって富士山の山体に宝永山が形成された。その後も火山性の地震や噴気が観測されており、今後も噴火の可能性が残されている。

宝永大噴火以来300年にわたって噴火を起こしていないこともあり、1990年代まで小学校などでは富士山は休火山と教えられていた。しかし先述のとおり富士山にはいまだ活発な活動が観測されており、また気象庁が休火山という区分を廃止したことも重なり、現在は活火山としている。
ん~ 休火山という区分が廃止とね。現在活火山と。

さて、いろんな事が分かってきたぞ~
ついでに昨日の最新地殻分析ニュース!

地殻の破壊、茨城県沖で止まった…その理由は? 読売新聞 3月24日(木)14時45分配信
イメージ 5

東日本巨大地震を引き起こした地殻の破壊が茨城県沖で止まったのは、フィリピン海プレート(岩板)によるものであることが、海洋研究開発機構の調査でわかった。

 地殻の破壊は、宮城県沖から北と南へそれぞれ進んでいったが、南下していった破壊は、茨城県沖と房総沖の境にある同プレートの北東端でちょうど止まったとしている。

 一般に、余震の発生領域は、地震を引き起こした地殻の破壊が起きた領域とほぼ同じであると考えられている。同機構がこれまでの探査で分かっていた茨城県沖の地下構造と、余震の発生領域を比較した結果、余震の発生領域の南限がフィリピン海プレートの北東端に一致していることが判明。同プレートの北東端が、地殻破壊の房総半島沖への南下を食い止めたとみている。

 日本列島の太平洋沖合では、東日本をのせた北米プレートに太平洋プレートが沈み込む一方、西日本をのせたユーラシアプレートにフィリピン海プレートが沈み込んでいる。

 しかし、関東地方では地殻構造が複雑で、北米プレートの下にフィリピン海プレートと太平洋プレートが沈み込む3重構造。茨城県沖は太平洋プレートの上にのるプレートが、北米プレートからフィリピン海プレートに代わる場所にあたっている。

 同機構の小平秀一上席研究員は「東海地震や南海地震の発生にかかわるフィリピン海プレートへの巨大地震の影響を評価していきたい」と話している。

「東海地震や南海地震の発生にかかわる・・・」ここんとこ重要です~~~
今回長さ500km、幅200kmの断層が動いた訳で、他のプレートとの境界に影響がないとは思われないですね。

また、以前の三陸沖地震で、2ヵ月後にM7クラスの大地震が起きていますのでやはり今後も地震には注意が必要です。
少なくとも津波で壊滅した地域に今すぐ家を再建することは非常に危険と思われます。
個人的には海抜40m以上の地域に移住し、町を移す事が必要と思います。
大きな被害が出た以上、それから何かを学び決して同じ事を繰り返しては絶対にいけません。
民間はおそらく嫌がると思いますが、それを指導するのが行政の防災対策かと。


ICARUS

東北関東大震災 ~ニュースを斬らない-2~

東北関東大震災 ~ニュースを斬らない-2~

目に留まって拾った記事をご紹介。

九電、玄海原発2、3号機の再開延期 夏に停電の可能性

九州電力は24日、定期検査で運転を停止している玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)2、3号機の運転再開を延期すると決めた。東京電力の福島第一原発の事故を踏まえ、運転再開には地元の理解を得にくいと判断した。夏まで続けば、電力需要をまかないきれない可能性があるという。
ですね~ 停止中の北陸電力の志賀原発もそうなってくれないかな~ どうでしょ。

宮城県 震災孤児実態調査開始

両親の名を呼んで泣き歩く子供の姿が映っていましたね。かわいそうですが、この後の保護措置が気になります。

<放射性物質>雑草からセシウム265万ベクレル 飯舘村 2011年3月24日 20時10分 (2011年3月24日 22時41分 更新)

文部科学省は24日、福島第1原子力発電所から北西約40キロの飯舘村で20日採取した雑草から1キログラム当たり254万ベクレルの放射性ヨウ素、265万ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。文科省は「データを再検討するが、家畜が食べた場合は影響がある可能性が高い」と説明した。定時降下物(雨やちりなど)からは、西日本の島根県でも微量の放射性ヨウ素が検出された。
昨夜の第一報です。30km圏内安全なんて虚構かと。

<福島第1原発>長靴はかず足ぬれ 安全管理に問題か

福島第1原発3号機で24日、復旧作業にあたっていた男性作業員3人が、高い放射線量の被ばくをしていた可能性があることが判明した。ベータ線による熱傷の疑いがあるという。場所は、原子炉建屋の隣に建つ発電用のタービン建屋。通常は原子炉建屋に比べて、放射線量の低い場所だ。3号機では原子炉建屋の水素爆発など、トラブルが相次いでいる。作業の手順に問題はなかったか。なぜタービン建屋で高い放射線による被ばくが起きたのか。復旧はさらに難航しそうだ。
急に態度を直そうと思ってもそうそう身に染み付いたクセって取れずに出てしまいます。

価値不明のがれき、公告後廃棄も 政府、指針策定へ

政府は24日、東日本大震災の津波被害で所有者が分からない大量のがれきが発生していることを受け、財産価値の判断が難しいものは保管して掲示板などで公告し、一定の期間内に所有者が分からなければ廃棄物として処理する方針を決めた。近くガイドラインを策定し、自治体側に示す。被災地では津波に運ばれた家屋のがれきや自動車などが散乱、復旧作業の妨げになっている。
ん~盗難が多発しているらしいです。こういう震災ではどこでも盗難が多発します。
なかなか対処の難しい問題です。

== [http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110325/k10014890301000.html 震災の犠牲者 大幅増のおそれ
3月25日 4時17分] ==
死亡した人は、これまでに確認されただけでも9811人に上り、警察に届け出があった行方不明者をあわせると2万7000人を超えています。これとは別に、津波で壊滅的な被害を受けた沿岸部の自治体の中には1万人を超える住民の安否が確認できなくなっているところもあり、犠牲者の人数は、今後、大幅に増えるおそれが強くなっています。
一向に死者、行方不明者の数が止まらず増えるばかりです。瓦礫処理が進むまで増え続けるのでしょうね。

日本のディザスター映画への関心が高まる

東日本を襲った巨大地震と津波の映像がこちら中国のテレビニュースにも溢れている。震災情報はもちろん、ディザスター映画(パニック映画)など自然災害への関心も高まっている。中国の大手ポータルサイト各社の統計によると、映画部門で『日本沈没』や黒澤明監督の1990年の作品『夢』へのアクセス数がこの2、3日急に増えたという。



黒澤明監督の『夢(Dreams)』は、日本とアメリカの合作で「日照り雨」「桃畑」「雪あらし」「トンネル」「鴉」「赤冨士」「鬼哭」「水車のある村」の8話からなるオムニバス映画。その中の「赤冨士」では、原子力発電所が爆発したという内容があり、20年後の災難を予言していたという声も上がっている。これについて、映画関連の専門家は、ディザスター映画は現実を科学的に予言するものではなく、自然災害に立ち向かう人間の強さを伝えることに一番大切な意義があると話した。

日本のディザスター映画のほか、『デイ・アフター・トゥモロー』『2012』『唐山大地震』などアメリカや中国の作品にも注目が集まっている。



最近の話題作『武林外伝』で助監督を務める石磊は記者の質問に答え、「人間性や倫理関係、ひいては国際問題に触れることが多いため、当然のことながらディザスター映画は注目を浴びている」と話し、『日本沈没』など日本のディザスター映画について「日本では、地震、火山の噴火が頻発し、危機意識の高い国である。そういった背景があったからこそ、いろいろなディザスター映画が制作されたわけだ。特に『夢』は原発爆発の内容があるから、かなり注目されている。今後、原子力危機はより多くのディザスター映画でネタになりそうだ」と説明した。

映画学の専門家・張阿利博士は、記者のインタビューを受け、「ディザスター映画は、観客の同情心を呼び起こすと共に、目の前の人生を大切に思うようになる、また、災難を経験するときの人間心理や人間性の明るい一面も多く描かれている」とその積極的な社会効果を示唆している。
なるほどね。私も一度見てみたくなりました。

福島の英雄にはただの農家も 原発側の「洗脳」による「忠誠」

命の危険も顧みず、原発事故の悪化を阻止しようと福島原発で作業を続けている「福島の50人の英雄」は全世界を感動させたが、欧米メディアによれば、その多くは原発で力仕事をしている「素人」に過ぎず、今回の重要な作業にあたる能力がないことがわかった。

イギリスのメディアによれば、そのうちの1人、タバコ農家が本業の菅野信吾さんは、他人の目から見れば、放射線から日本を救うために奮闘する、誇り高き英雄かもしれないが、家族にとっては命の危うい状況に置かれた夫であり父親だ。本来、少しでも家計の足しにしようと原発で力仕事をしていたにすぎなかった。

菅野さんの自宅は原発から半径30キロの立入禁止地域にある福島県南相馬市にある。タバコ農家の菅野さんにとって、原発でのアルバイトは非常に重要な収入源だった。
ん~原発アルバイトって石川界隈でも学生時代からありました。
「いいお金になるバイトあるんだけど~」
危険でしたので断りました。

見直し迫られるか、日本のエネルギー戦略

王主任によると、日本の多くの原子力発電所新設計画は恐らく再び議論され、安全にかかわる事故も再度検証する可能性もあり、検証後、一部運転中の原発が停止されることもあり得る。こうなれば、日本全体の原発の発電能力は大幅に減少し、従来の多くの計画も大きく変わることになる。さらに王主任は「日本の原発は全国の30%以上を占めているため、計画変更による電力不足は比較的大きい」と強調。
おそらく見直しになるかと。

金賢姫元朝鮮工作員が100万円を寄付

ん~ありがたいことですが。元工作員、ですか。爆弾を仕掛けて亡くなった方にも償いをしてくださいね。

福島原発の決死隊が家族にあてた手紙が感動を呼ぶ=香港

福島原発での作業を志願したという男性の娘は「私の父はあと半年で退職でした。父が行かなければならないと言った時、私は涙が止まらなかった…。父は『原子力発電の未来は、お父さん達の今回の事故の処理にかかっている。お父さんは使命感を背負って行くんだ』と言いました…。これほど誇り高い父を見たことがありません」と綴った。

  また記事は、「夫から携帯メールで『俺は帰らない』という短いメッセージを受け取った妻もいた」と紹介し、日本のインターネット上で大きな話題となると同時に、中国や香港でも感動を呼んだと報じた。
日本でも紹介されていましたね。


ICARUS