ICARUS GARAGE

ヤフブロから引越ししました。ブログ閉鎖するYahooは糞だww★
2010/12≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2011/02

戦記物 ~ラバウルビデオ、横井庄一、小野田寛郎~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

戦記物 ~ラバウルビデオ、横井庄一、小野田寛郎~

お天気のいい日は陽気に誘われバイク乗りたくて体がうずうずするのですが、現在大雪で外に出る気力も消えうせ、こんな日はストーブでもあたって静かに読書でも、とそんな雰囲気です。
2月11日の太平洋の奇跡の封切りにあたり、再度当時の太平洋戦争を記録した書籍を読みあたっています。
原作タッポーチョ-はいかにもアメリカ人の視点らしく、またヒーロー映画ぽっくハッピーエンドに仕上がっていまして面白かったのですが、同時期、同じ場所の田中大尉の我ら降伏せずは、実際の描写に近い
リアリティがあり、ショッキングな事実に当時の戦争の悲惨さを知りました。

南太平洋の島々では、敗走に次ぐ敗走で、最後は軍隊の形も無くなり連絡もつかず、てんでんバラバラに山中に逃げ込み、ゲリラ戦となり、終戦後も潜伏戦闘を続けるものが沢山いました。

この太平洋の奇跡のサイパンでの大場大尉、田中大尉もそんな生き残り日本兵で、ふと同じ激戦だったマリアナ諸島のグアムに28年間潜伏していた横井さんや、フィリピンルバング島での小野田さんを思い出し、その戦記本を借りてみました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_63830061_0?1296453323
1.まずはネットでいろいろ調べ、図書館のオンライン予約でこのビデオと3+1冊を借りてみました。

 太平洋戦史 死守ラバウル航空基地
 グアムに生きた二八年 朝日新聞(横井さんの発見に関する書籍)
 ルバン島の30年戦争 小野田寛郎
 『明日への道 全報告グアム島孤独の28年』 横井庄一(文藝春秋、1974年)
 米側資料が明かす ラバウルの真実 吉田一彦著

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_63830061_1?1296453323
2.まずはTV東京製作のこのビデオを見てみました。日本側、アメリカ側の映像がふんだんに使われており、かなり面白かったです。例によって、米軍機のガンカメラで撃墜される日本軍機の映像があり、P39から撮影された山本長官機と言われる撃墜の瞬間の映像もあります。山本長官は前線基地のラバウルからさらに最前線のブーゲンビルに一式陸攻で視察に向かったのですが、本当の最前線に撃墜されやすい一式で、またたった6機の零戦で視察にいくとは撃墜を覚悟の上の行為だったのでしょうね。当時山本長官は物思いにふける事が多かったそうです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_63830061_2?1296453323
3.流石にTV局の製作だけあり、なかなか面白かったです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_63830061_3?1296453323
4.このビデオは太平洋戦史のシリーズ作の一つで、他にも沢山のビデオがありますので見てみたいですね。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_63830061_4?1296453323
5.ビデオを見た後、同時に予約していた本がきまして、先にこっちを読んでみました。吉田一彦著の米側資料が明かす ラバウルの真実です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_63830061_5?1296453323
6.目次です。ソロモン海域での戦闘の記録がかなり細かく記載されています。日本側と米側の記録を突き合わせてある所もあり、細かく分析がなされています。ラバウル、ガダルなどを含むニューギニア、ソロモン域での戦況の変遷が良く分かり、資料として一級の書籍かと思います。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_63830061_6?1296453323
7.われわれ自身もニュギニア、ソロモンどころか、ラバウル、ガダルカナルなんて良く分からない土地柄ですが、当時の兵士も全く聞いたこともない地域で、どこなのか分からなかったそうです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_63830061_7?1296453323
8.太平洋戦域の地図です。分かりやすいです。広大な地域でよくも戦争したもんだと思いますが、今から思えば戦略的にも相当無理がありましたね。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_63830061_8?1296453323
9.2番目に読んだのは、横井庄一さんの記録 グアムに生きた二十八年 朝日新聞社刊です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_63830061_9?1296453323
10.当時潜んでいたグアム島の洞穴です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_63830061_10?1296453323
11.「恥ずかしながら帰って参りました。」の場面です。

以下書評
●太平洋戦史 死守ラバウル航空基地
戦闘時の記録フィルムって限られたものしかなく、既に沢山世の中に出回っていますので、何度か見たようなものもありますが、米軍側のフィルムも結構あり、カラーで面白く見れました。
昭和17~18年と最盛期の最前線での状況を垣間見る事ができます。

●米側資料が明かす ラバウルの真実 吉田一彦著
ソロモン戦線の状況と変遷を知るには最適の本です。海戦、航空戦、陸上戦などが網羅されており、これを読めば当時のこの地域での戦況を理解する事ができます。
NHKでも以前特集をやっていましたがガダルカナルでほぼ全滅した一木隊や川口隊の戦闘なども記載されています。ガダルカナルでアメリカ軍はかなり残酷な事をしていました。放置された生きた日本軍傷病兵を横にならべ戦車で踏み潰し、その模様がライフ誌に掲載されたりしました。
また投降兵は捕虜にせず片っ端しから殺したそうで、捕虜に関する国際法無視の重大な残虐行為を大規模に平然と行っていた事が分かります。
映画の硫黄島でも、助かりたいがために投降すた日本兵を米兵が銃殺する場面がありましたが、私はそんな事はないのだろうと思っていましたが、実際は命を顧みない残虐な行為があったのでしょうね。

●グアムに生きた二八年 朝日新聞(横井さんの発見に関する書籍)
これは、横井さん発見から日本への帰国までを追った朝日新聞社の記者の方が書いたドキュメントです。
横井さん自身が書いたものではなく、記者が体験し知った内容がかかれていて、何か新聞でも読んでいるような感じの本です。
発見から帰国まではかなり詳しく書かれているのですが、その前後がすっぽり抜け落ちていますので、やはり横井さんの自著の『明日への道 全報告グアム島孤独の28年』を読んでみたいところです。


「ラバウルの真実」は面白くまた良く分かりお勧めです。
ソロモンでは昭和17年あたりは、米軍も空母がなかったりし米側が一時期危機的状況にありましたが、日本側の不手際や、その後アメリカの物量戦にズルズルと引き込まれ、陸海空ともベテラン兵や兵力、戦力に多くの損害を出してしまい、その後の戦闘の継続に大きな支障をきたすようになり、太平洋戦争における一大転換点になりました。
昭和18年にはガダルを奪われ、次第にラバウル航空隊も消耗、ソロモンの各島も占領され、昭和19年に入りついにはラバウルの航空隊はトラックに後退してしまい、ここで実質、決定的に的に戦争の旗色が変わってしまいました。
この昭和18年末から19年あたりは岩本徹三著の零戦撃墜王と合わせて読むとさらによく理解されるかと思います。

このソロモン戦線で、日本軍はガダルカナルを死守すべく、陸、海とも多くの戦力をつぎ込み多くの戦力を消耗してしまいましたが、この時、一旦撤退、後退し、兵力を温存していれば太平洋戦争はまた違った展開になっていただろう、またそこで停戦に持ち込めれば悲惨な負け戦は避けられたかもしれないとも書かれています。

サイパン、グアムなどマリアナはじめ、硫黄島の玉砕戦の様な悲惨な負け戦をなぜ避ける事が出来なかったのか、なぜ日本が有利なうちに停戦に持ち込む努力をしなかったのか、いろいろ考えされられました。


ICARUS
スポンサーサイト



食す ~突撃レポ・吉野屋 牛丼、牛鍋丼~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

食す ~突撃レポ・吉野屋 牛丼、牛鍋丼~

大雪で車の走行も大変だと言うのに、昨日所用で片道20キロを超える山道を通り、離れた砺波にまで出かけてきました。

砺波は山裾に広がる平野で、結構雪も多かったです。
所用を一つ済まし、とっくにお昼を過ぎてそろそろ1時という時間でしたので、先日松屋に入ってどこが美味しいかなどと思い、目に付いた吉野屋に入って牛丼を頂いてみました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63829453_0?1296446962
1.砺波のR156とR359の交差点にある吉野屋です。大雪で客が少ないかと思いきや、次から次へと客が入って大賑わいでした。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63829453_1?1296446962
2.まずは定番の牛丼。そしてけんちん汁。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63829453_2?1296446962
3.牛丼は、お肉は薄くスライスされていて食べやすく味も染みやすく、松屋より良いと思いましたが、タレの味が割と薄くて物足りなさを感じました。でも松屋よりは美味しいと感じました。以前すき屋で出てきた味の薄い牛丼とにた感じです。ちょっといただけない~~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63829453_3?1296446962
4.さっぱりした味のけんちん汁。コクのあるおすましって感じです。昔、川越駅前のマルイの近くの裏通りにあった定食屋のけんちん汁が美味しくて好きでした。具材も柔らかくて美味しかったですよ。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63829453_4?1296446962
5.現在280円の牛鍋丼です。やはり牛丼に比べると安い分お肉が少ないですね。味はすき焼き丼って感じで、具材にツユの味が良く染みていて、糸コンニャクや焼き豆腐なども入っていて美味しかったです。ツユは殆どないので、もうちょっとツユが欲しかったですね。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63829453_5?1296446962
6.こっちは豚汁。これは美味しかった~ 牛丼に入っている様な感じで豚肉が入っていてなかなか良かったです。けんちん汁と違って、コクがあって大根、にんじんなども柔らかくて味が染みていて美味しかったですよ~

ん~今回のこの吉野屋ははずれでしたね。
昨年は富山市街の博物館前の吉野屋に入ったのですが、そこはまずまずで美味しかったです。
牛丼の美味しさで言うとやはり吉野屋かすき屋ですが、当たり外れが大きいですね。
毎度食べるたびに味が違うと言うのは常連客にとっては困った問題です。
一番美味しいのは、スーパーで売ってるレトルトパックのすき屋の牛皿ですね。これはツユも一杯はいっていて、お肉に味も良く染みていて一番のお勧めですね。すき屋のテイクアウトの牛皿も今までは全て美味しかったです。
次は吉野屋とすき屋の店頭の牛丼。牛丼の味で言うと最下位が松屋。

メニューの品数と牛丼以外の美味しさで言うと1番が松屋、2番がすき屋、最下位が吉野屋といったところでしょうか。
松屋はキムチ丼などが美味しいので、あと牛丼さえ美味しければ言う事無しだと思うのですが、難しいところですね。

牛丼ってお腹が空いて、時々食べたくなってしまう時があります。
そんな時は、すき屋のレトルトパックの牛皿お勧めですよ~
是非冷蔵庫に2~3個用意されておくと如何でしょうか。

あなたの3チェーン店のご感想お聞かせください。
店舗とその時々によって味が違った事はないですか~


ICARUS

★WELCOME TO ICARUS GARAGE!★

        Go to English Page画像掲示板掲示板・ゲストブック |メールを送る
★WELCOME_TO_ICARUS_GARAGE!★
http://www.geocities.jp/icarus777z/RZfile01/090313.swf

絶句、積雪1m!大雪です~
毎日毎日降る事降る事・・・ 言葉も無く、出るのはため息ばかり。
毎日雪かきに追われる陸の孤島、北陸です~~ 笑えない~
イメージ 1


To_the_world_bike_freaks!
▼This is how to contribute comments. If you want,I translate articlies for you!
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157683/img_1157683_59101320_1?1263654711

最新訪問者http://2.s06.flagcounter.com/count/ipuf/bg=E3FCFF/txt=000000/border=CCCCCC/columns=3/maxflags=36/viewers=Recent+Vistors/labels=0/国別訪問者 http://www.flagcounter.com/countries.html http://s06.flagcounter.com/count/FxJu/bg=FFC9EA/txt=000000/border=CCCCCC/columns=3/maxflags=54/viewers=Top+Countries/labels=1/
          http://s03.flagcounter.com/map/4zJ5/size=s/txt=000000/border=CCCCCC/pageviews=0/viewers=0/


富山三十六景 ~大雪の北陸~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

富山三十六景 ~大雪の北陸~

大雪です。
北陸に限らず全国的に冷え込みも厳しく、かなりの積雪となっていて、富山では飛行機や、鉄道の運休が相次いでいて、主要交通がマヒ状態です。

31日も日本海側を中心に大雪 読売新聞 1月31日(月)4時53分配信
強い冬型の気圧配置が続く影響で31日も、日本海側を中心に大雪となっている。
 気象庁は、北陸地方と西日本の日本海側では、同日夕にかけても大雪が続き、雪崩や突風にも注意が必要という。
 同庁によると、2月1日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、多いところで東北、北陸地方で50センチ、近畿地方で40センチ、北海道、関東甲信、東海、中国地方がいずれも30センチ。

現在、富山の平野部では、積雪ほぼ1mで、先週より毎日雪かきに追われる始末です。
しかし寒波はここ1~2日は続き、さらに積雪がある模様で先が思いやらます。

主要幹線道路は道幅が広く、地下水を散水する融雪装置もないので、圧雪が踏み固められアイスバーンとなったり、さらには大きなでこぼこになって、車が揺られハンドルが取られブレーキが利かず、のろのろ運転状態で渋滞も起きています。

除雪車の入れない市街地の裏道などさらに悲惨で、道路の両側が高い雪の壁となっていてもう雪を捨てる場所もなく、道幅が狭くなっていたりして、車で入れないところも沢山あります。

市街地の店舗の駐車場も除雪した雪が山となり駐車スペースが狭くなっていますが、道路からの出入りが大変だったりしています。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63828710_0?1296439773
1.ここはかなりいい方の裏道ですがこんな感じです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63828710_1?1296439773
2.土日で車の上は雪が山となっています。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63828710_2?1296439773
3.市内の道路です。圧雪がアイスバーンとなっていて、街中はトロトロ、ソロソロ走る状態です。

アイスバーンとなりますと、ABSが効いても車は止まらず突っ走ります。
飛ばしている車は、赤信号なのにフルブレーキングをしながら、スピードも落ちずに交差点を通過してしまう有様で大変危険です。

昨日も離れた砺波まで山道を走りましたが、路肩に突っ込むやら、衝突するやらであちこちで事故がありました。

ここ数年暖冬だ続いていましたので、SKI場もなかなかOPENできずに赤字となり困る事もありましたが、ここまで大雪で振りすぎますと日常生活に大きな支障がでるので大変困ります。

今週は寒波が緩んで雪も一段落するらしいので、ほっとした感じですが、早く気温が上がって雪が解けて欲しいと思います。

昔から暑い夏の年の冬は雪が沢山降るといいますが、図らずも当たった感じですね。
しかし気象庁の長期予報では、平年並みでここまで大雪とは言っていなかったと思いますが、予報が当たらないのも困ります。

TVで九州の霧島の噴火の様子をみますと、噴火で困っているようですが、雪が全くなく陽射しも明るそうで大変羨ましく思いました。


さて、全国的に大雪も模様ですが、皆さんの住んでいる所の状況は如何でしょうか。

追記 大雪 北陸で交通網寸断 1700人が列車内で一夜 毎日新聞 1月31日(月)10時56分配信

 北陸地方で30日から降り続いた雪の影響で、北陸地方のJRが全列車運休したり、福井県内の北陸道や国道が通行止めになるなどの影響が出ている。福井地方気象台によると、南越前町今庄では31日午前7時現在の積雪が1980年の観測開始以来最高の236センチに達した。

 JR西日本金沢支社によると、30日午後9時ごろからJR北陸線で特急7本と普通列車が雪のため敦賀、福井駅など最寄り駅で停車した。除雪作業が追い付かず、計約1700人が特急の車内で一夜を過ごした。このうち特急しらさぎ16号(富山発名古屋行き)は今庄-南今庄駅間で立ち往生し乗客約250人が車中で夜を明かした。同支社は31日午前9時半現在、同日午後6時までに出発して北陸地方を走る全列車の運休を決めた。

 中日本高速道路金沢支社によると、31日午前8時半現在で北陸道では上り線の敦賀トンネル付近で約300台、下り線の葉原トンネル付近で500台が立ち往生。上りは武生インターチェンジ(IC)-木之本ICで、下りは長浜IC-今庄IC間で通行止めになっている。動けなくなったトラックなどのけん引作業などを行っているが、復旧の見通しは立っていない。また、同社は後続の立ち往生している車の運転手らに、おにぎりや携帯トイレなどを提供しているという。

 福井河川国道事務所によると、国道8号でも南越前町と敦賀市境の敦賀トンネル付近で、トラックなどが車線をふさいで後続の数百台が立ち往生し、約10キロの渋滞が発生している。除雪車4台が除雪作業をしているが、復旧の見通しは立っていない。

記事を書いていましたら、こんな記事がUPされていました。
まさに陸の孤島状態ですね~
積雪の多い新潟、東北、北海道の方は如何でしょうか~~


ICARUS

SKI ~シーズン4回目・牛岳温泉SKI場~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

SKI ~シーズン4回目・牛岳温泉SKI場~

23日日曜に近間の牛岳温泉SKI場に行って来ました。
シーズン4回目と言う事もあって、身体も出来上がりつつあり、少しづついろんな滑り方にTRYしたりしてみました。
カービングSKIも昔ながらのストレートSKIと同じく、外足荷重で足を揃えて滑って全くかまわないんですが、検定やデモ、指導員ではカービングすべりの内足荷重や内傾姿勢での滑りが求められます。
これはストレートSKIと違って大変難しいですね。ストレートSKIと逆の操作をするわけですのでかなり練習をしないといけないと思います。
でもこれができれば、カービングSKIの性能を生かして速く滑れるらしいです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_0?1296106575
1.23日は日中SKI日和のいい天気でしたが、午前は町内の用事があり、午後からと思っていましたが、どんどん時間が過ぎましたのでいっそのこと値段の安いナイターに行く事にしました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_1?1296106575
2.ナイターは4:30からで、ちょっと過ぎてしまいました。愛用のプロトレックを装着。温度や標高も分かって便利ですよ~バンドはオプションのゴムバンドに交換して装着しています。ええですよ~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_2?1296106575
3.さて今更牛岳温泉施設のご紹介~チケットなどを売っているスキーセンターだったかな。2Fに休憩所もあります。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_3?1296106575
4.ロッジのユースハイランドです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_4?1296106575
5.カレーライスの美味しいグリーンパレス。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_5?1296106575
6.小杉スポーツのロッジです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_6?1296106575
7.どんどん日が落ちていきます。早速滑りましょう~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_7?1296106575
8.照明が点灯されますが、この時間帯がちょうどバーンが見えづらく滑りにくいですね。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_8?1296106575
9.この日はお天気がよかったので、来る時は駐車場に溢れんばかりの車でした。昼は相当混雑しただろうと思いますが、ナイターはガラガラ状態。ナイターの方が良かったかもですね。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_9?1296106575
10.1500mのゲレンデを数本滑り、あたりはすっかり暗くなりました。富山市街の明かりが綺麗に見えます。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_10?1296106575
11.ゲレンデは貸し切り状態に近かったです。20年前はリフト待ち1時間などざらだったのですが、当時からは想像だにできなかったですね。このSKI熱の低下・・・
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_11?1296106575
12.こっちは高岡方面。その奥はブリが回遊する富山湾です~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_12?1296106575
13.19時を過ぎ、お腹が減って滑れないというのでレストランへ。グリーンパレスに入ります。これは牛丼セット。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_13?1296106575
14.これは、前回食べて美味しかったカレーです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_14?1296106575
15.ハヤシの様な色をしていますが、これがまた美味い、美味い~~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_15?1296106575
16.これはラーメン。こっちは普通ですね。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_16?1296106575
17.なんて美味いカレーなんだろうと壁を見ると、カレーのポスターを発見。富大前のかれえていのカレーなんですね。こんど富大前に行ってみますか~どこらへんでしょ。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_17?1296106575
18.チゲなべも有るようですね。温まっていいかもですね。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_18?1296106575
19.さて、食欲も満たされたので早速SKI開始。この日はさほど冷え込まず、バーンも程よく締まった感じで滑りやすくなかなかいいコンディションでした。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_19?1296106575
20.さてさて、ナイターは21時までですが、20時半頃帰途につきました。結局1500mのリフトを10本乗りました。リフト待ち時間なしで沢山滑れて満足でした~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_20?1296106575
21.さて、21時をとっくに回っていますが、メインコースと相成りました。食う食う~ 笑~ お腹がすいてる時ってソースとか、マヨネーズのコッテリ味って大変食をそそり、美味しく感じます。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_21?1296106575
22.どんべえでそばを。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_22?1296106575
23.インスタントのあっさりそばですが、天玉もサクサクとなかなか~~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_23?1296106575
24.お腹を満たしてしばし一服。そして夜半に鰹節のお吸い物を製作。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802620_24?1296106575
25.やっぱめかぶを入れると美味しいですね。コリコリ、ぬるぬるとした食感がなんとも良いです。

グリーンパレスのカレーは富大前のかれえていのカレーと分かりました。
ちょっと辛口なのですが、コク、旨みがあって、なかなか美味しいです。
富山の方、機会があれば是非ともご賞味ください~~


ICARUS

食す ~岐阜ケイちゃん、富山寒ぶり、ドンキーウエハス~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

食す ~岐阜ケイちゃん、富山寒ぶり、ドンキーウエハス~

冬の間だけ、ブログタイトルをICARUS CAFEにでも変えようかとマジで考えたりする、食ネタ多きこの頃です。
しかし、RZの型式プレートやタイヤラベルやらアンダーグランドでは精力的に廃盤部品のリプロ製作に取り組んでいますので、そのうち記事で興味あるご紹介ができるかと。しばしお待ちを。

さて、ちょっといろいろ気になった食をご紹介。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802339_1?1296103233
1.15日、スーパーの鮮魚コーナーで凄いもの発見。なんと富山は氷見産の天然ぶりと養殖のブリ、まるごと一匹です!こんなの初めてみました。天然は13000円、養殖は4000円ほどだったかと。ん~欲しかったのですが、こんなのどうするのと猛反対に合い、あえなく撃沈。ん~残念無念~天然は80cm以上、養殖も60cmは超えていたかと思います。返すがえすも~後ろ髪~

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802339_0?1296103233
2.16日、TVで味付き鶏肉のケイチャンの食べ方を紹介していました。昨年岐阜に寄った帰りに、神岡のスーパーで3種類を買って食べてみましたがなかなか美味しかったのですが。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802339_2?1296103233
3.ケイチャンを炒めて、野菜となんと漬物を入れると・・・・ん~~~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802339_3?1296103233
4.分かりにくいですが、たっぷりと漬物が入ってます・・・
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802339_4?1296103233
5.それでおしまいかと思いきや、さらにうどんが投下。いや~~凄いですね。まるで鍋の様です。今年岐阜の返りにまたケイチャンを買って試してみたいと思います。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802339_5?1296103233
6.22日、びっくりドンキーで買ったとか言うウエハス菓子。なんだこんなもの、と思いつつ一口食べてみるとうんまい~~~びっくりドンキ~♪ 笑 なかなかいけますわ。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802339_6?1296103233
7.21日、夜中にお腹がすいたのでおやつを探していて、干し柿を発見。「富山干柿」とあります。富山の城端あたりはこの干し柿が特産だったかと思います。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63802339_7?1296103233
8.なかなか美味そうです。この表面に浮いた白い粉が独特の甘さで美味しいんですよね。サイコ~~

富山でも天然ぶりのお刺身って高いですし、そう数は多く出ないです。
ましてや丸ごと一匹って豪快で、マグロの解体ショーを彷彿といたします。
しかしこの13000円の見事なブリ、一体どうやって食べればいいんでしょ。
毎食ぶりしゃぶでも4~5日はもちそうな気がします。
きっと食べ尽くす頃にはブリなんて見たくもなくなっているかと思います~

さ、みなさん、びっくりしたでしょう! さすが地元富山のスーパーちゅう感じで私もビックリでした!


ICARUS

食す ~富山新湊・白エビかき揚げ丼第一回突撃~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

食す ~富山新湊・白エビかき揚げ丼第一回突撃~

全国どんぶり選手権で昨年1位だった富山新湊の白エビかき揚げ丼が今年は2位に入って健闘したと知り、19日に早速突撃してみました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63801987_0?1296099563
1.お昼ですが、混雑を避けるため早めに出動してみました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63801987_1?1296099563
2.さぁ、富山県は中央部にある、道の駅カモンパーク新湊に到着です~いつも車が一杯なのですが、この日は少々空きがありました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63801987_2?1296099563
3.さぁ今日はイケルか~と思い突撃しましたが、奥のレストランには既に10人以上の待ちが。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63801987_3?1296099563
4.割と小さなレストランで、待ち時間が長そうでしたので、この日は断念。次回開いてる日に挑戦です。しばし水槽でお魚を眺め~の。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63801987_4?1296099563
5.富山で沢山取れるウマヅラハギですね。カワハギです。味噌汁に入れると美味しいお魚ですよ。富山ではよく頂きます。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63801987_5?1296099563
6.お昼なのに手ぶらで帰るのもなんだし、かと言ってありふれたラーメンを食べて帰るのもク他やしいので、鯛焼きならぬふぐ焼きを買いました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63801987_6?1296099563
7.あんとカスタードはありふれてますので、キャラメル味に挑戦。おお、ふぐの形~~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63801987_7?1296099563
8.おおおおおおお~~~ うんまい! カスタードよりおいしいんでないかい!

このキャラメル味のふぐ焼きは、キャラメル味のコッテリクリームが入って甘党の方には堪えられませんよ。女性子供始め、甘いものOKの方、如何でしょうか~~ お勧めです!


ICARUS

★WELCOME TO ICARUS GARAGE!★

        Go to English Page画像掲示板掲示板・ゲストブック |メールを送る
★WELCOME_TO_ICARUS_GARAGE!★
http://www.geocities.jp/icarus777z/RZfile01/090313.swf

ぶりしゃぶ美味しかったですよ~
富山湾で寒ぶりが史上最大の豊漁です~ という話題には関係なく愛媛の養殖ぶりでしゃぶしゃぶしました~ 綺麗におろせてるでしょう! 
イメージ 1


To_the_world_bike_freaks!
▼This is how to contribute comments. If you want,I translate articlies for you!
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157683/img_1157683_59101320_1?1263654711

最新訪問者http://2.s06.flagcounter.com/count/ipuf/bg=E3FCFF/txt=000000/border=CCCCCC/columns=3/maxflags=36/viewers=Recent+Vistors/labels=0/国別訪問者 http://www.flagcounter.com/countries.html http://s06.flagcounter.com/count/FxJu/bg=FFC9EA/txt=000000/border=CCCCCC/columns=3/maxflags=54/viewers=Top+Countries/labels=1/
          http://s03.flagcounter.com/map/4zJ5/size=s/txt=000000/border=CCCCCC/pageviews=0/viewers=0/


退役航空機 ~YS-11、B747政府専用機~

退役航空機 ~YS-11、B747政府専用機~

さて、退役機の話の前に航空機の寿命の話を。

第二次大戦中の零戦などの軍用機は、寿命3~4年程度と言われており、日本の場合、消耗に生産が追いつかず、特に本土爆撃が激化し生産が落ち込んでからは、本土決戦の為、敵機が来ても空中退避と称して軍用機が遠くに逃がして温存する始末で、どんどん使い込んだ古い機体がたまりましたが、隼、古い零戦などは真っ先に特攻に借り出されました。
宮崎の陸軍基地で整備兵をやっていた方のお話を聞いた事がありますが、使い込まれてかなりボロボロの隼などが全国から集まってきたそうです。

現代ジェット機では、定期点検で古い部品を交換し亀裂などがあった場合は修理などをしながら運用を続けますが、古くなると整備、修理にお金が掛かってしまい維持できなくなり経済的な寿命が来ます。

JAL、ANAなどは、古い機体は順次最新機種に更新していきますが、近年世界的に航空機が足りなくなるとの事で、経済寿命を超えて整備、修理を重ねて運用される機体が増えています。
このため、計画された設計寿命を超えて運用される機体が出てきたため、ボーイングなどでは古い機体を使ってさらに疲労試験などを重ねて安全を確認しています。


ここで、ちょっと材料力学の話。
金属の部材にずっと繰り返し力をかけていますと、そのうち小さな力でも亀裂が入って壊れてしまうことがあり、これを疲労といい、この壊れる力を疲労限度といいます。
ちなみにアルミは疲労限度が無いので、アルミでできた金属航空機はかならず寿命があり、いつかは壊れてしまいますが、疲労限のない木でできた木製機には機体寿命がなく、保管管理がしっかりしていて、接着剤などの劣化がなければずっと使い続ける事ができます。

ちなみに零戦の試作機、十二試艦戦は、設計不良で主翼桁に鋭い切り欠きがありこのため寿命が短くなり試作の50機ぐらいは数百時間の飛行で廃棄されました。
戦後、世界初のイギリスのジェット旅客機コメットは胴体部の疲労亀裂の原因が分からず数機が空中分解し多くの犠牲が出ました。


さて、このような経済寿命など運用側の都合で退役を迎える航空機のお話を。

<YS11>海保最後の機体が茨城空港で一般公開 1000人が別れを惜しむ 毎日新聞 1月15日(土)18時34分配信

イメージ 1

 海上保安庁最後のYS11で羽田航空基地(東京)に所属する「ブルーイレブン」の最後の一般公開が茨城県の茨城空港で行われた。同空港へのYS11の飛来は初めて。「ブルーイレブン」の引退により、自衛隊以外のYS11は日本の空から姿を消す。

【写真グラフ】海猿も運んだ翼、最後のフライト&一般公開

 海保では69年3月に就役して以来、79年までに5機が導入された。公開された「ブルーイレブン」は69年3月に就役した1号機で飛行時間は約2万3000時間以上。航空磁気測定装置を装備し、海難だけではなく火山噴火予知調査にも従事し、災害や事件における調査や輸送業務などを幅広く担ってきた。

 午後1時ごろに飛来した「ブルーイレブン」は(着陸してすぐに離陸する)タッチアンドゴーを披露してから着陸。2時すぎから始まった一般公開には航空ファンなど1000人を超える人々が詰めかけ、カメラやビデオを片手に機体の内外を隅々まで撮影するなどして別れを惜しんだ。

サヨナラ「YS11」 最後のフライト、3000人別れ惜しむ 茨城空港 産経新聞 1月16日(日)7時56分配信

 海上保安庁で間もなく運用を終える最後のYS11型機「ブルーイレブン」が15日、小美玉市の茨城空港駐機場で公開され、家族連れや航空ファンら約3千人が訪れ、別れを惜しんだ。同機はこの日の羽田航空基地-茨城空港の往復が最後のフライト。戦後初の国産旅客機として約180機が製造され、国内外で活躍したYS11は、平成18年9月に国内の旅客路線から退役しており、海保所有機も全て運用を終え、自衛隊以外のYS11は国内の空から姿を消す。(水野拓昌)

政府専用機 退役へ 経営再建中の日航、整備困難に 毎日新聞 1月24日(月)15時2分配信

イメージ 2

 首相ら要人の外遊や緊急時の在外邦人救出に使う政府専用機「ボーイング747-400型」2機が数年以内に退役する方向となった。「あと10年は使える」(防衛省)というが、機体整備を委託する日本航空が今年度中に同型機を全て退役させ、整備が困難になるため。政府は近く検討委員会を開催し、新型機購入の方向で検討するものの、財政状況が厳しい中「民間機をチャーターすべきだ」との意見も出ている。
 防衛省などによると政府専用機は91年、米国の対日貿易赤字減らしに協力するために2機を360億円で購入した。日航に機体整備や搭乗員教育などを委託しているが、経営再建中の日航は燃費の悪い同型機を今年度中に退役させる方針。部品や人員の関係から、数年後には整備を受けられなくなる見通しになった。

 自衛隊が自ら整備するには、設備や器材などをゼロから用意しなければならない。数百億円を超える経費が必要で「費用対効果の観点から適当ではない」(防衛省)という。このため、新機種導入の是非など今後の方針を決める必要があり、政府関係者は「人気機種はオーダーから納入まで数年はかかり、改装や飛行訓練も考慮すると、再来年度予算の要求までに決めないと間に合わない」と話す。

YS-11は戦後初の国産旅客機開発とあって、三菱零戦の堀越、中島の大田、川崎の土井など名設計者が参画しましたが、皆個性が強すぎ意見、設計がまとまらず、結局みんな設計から去ることになってしまい、その後多くの困難を抱えようやく開発にこぎつけた難産の機体です。

富山空港でも羽田線に長らくYS-11が使われており、独特のターボプロップの音と共に私も良く親しんだ機体です。
こういう往年の機体が一つずつ消えて行くのは寂しい限りですね。

政府専用機のB747の退役は、この時勢、仕方がないかと。
しかし、政府専用機って国の顔なんですが、政府専用機ももてない先進国って面子丸つぶれでどうかと。
先日の中米会談で、中国が2兆円を越える旅客機200機の購入契約をしたのとは対照的ですね。

祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらわす
おごれる人も久しからず
ただ春の世の夢のごとし
たけき者も遂には滅びぬ
偏に風の前の塵に同じ

平家物語っすね~ GNPも抜かれましたしね~ 残念~~

追加 書籍紹介 YS11の悲劇

YS11の悲劇―ある特殊法人の崩壊  山村 堯 (著) 出版社: 日本評論社 (1995/03)
イメージ 3

もう20年近く前に買って読んだ本ですが、YS11話題のついでに引っ張り出して見ました。
YS11の悲劇。まさしく悲劇だったのですね。
戦時中の主張、個性の強い名設計者同士の確執により、設計者がプロジェクトを去ってゆく。
戦時中、性能最優先の軍用機開発に明け暮れ、整備性、経済性を重視ししなかった設計者の設計で、ジェット機時代に既に時代遅れとなっていた設計技術。
大直径のプロペラで、片肺の時の偏向が酷くなってしまったなど数々の不具合を内包した機体の設計や、開発、そして販売についても詳しく解説してくれています。

このYS11、ANAの白青の塗装が映えて、結構スタイルも良くて好きだったんですがね~~

戦後日本初の国産旅客機で、戦後航空機産業の草分けとなったYS11。航空機マニアの方必見の本です~ 是非ご一読を~ 面白いですよ。お勧めです~


ICARUS

食す ~牛丼価格戦争・最前線松屋突撃~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

食す ~牛丼価格戦争・最前線松屋突撃~

牛丼3チェーン、吉野家、すき屋、松屋が250、270、290円などと熾烈な値下げ競争を繰り広げています。
22日夜、折角ならと牛丼屋に行く事にし、行った事のない松屋に行く事にしました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780686_0?1295851514
1.富山でもばたばたと出来た吉野家、すき屋に続いて、いつの間に出来たか松屋に突撃~ どこも似た店構えですね。ほんとに・・・
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780686_1?1295851514
2.ここは食券制なのですね。250円のメニューがないっすが・・・ 帰るわけにも行かず唖然~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780686_2?1295851514
3.牛丼定食。豚汁付き~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780686_3?1295851514
4.まぁ美味しかったです。こんなもんでしょ。詳細は最後に。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780686_4?1295851514
5.豚汁はサトイモも入っていてなかなか美味しかったです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780686_5?1295851514
6.こっちはチゲ鍋とチゲ丼です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780686_6?1295851514
7.このチゲ丼が美味しかったです~~これお勧めですよ!
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780686_7?1295851514
8.チゲ鍋。辛いですが、ほどほどで、寒い時体が温まっていいですよ。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780686_8?1295851514
9.味噌汁は油揚げ。まずまず。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780686_9?1295851514
10.携帯で会員登録で割引クーポンがあるそうです。是非登録を。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780686_10?1295851514
11.富山では、子育て応援団というカードがあり、いろんなところで割引が受けられます~早速利用~

さて、メインの牛丼ですが、高かったですね。何ででしょう。
味は、すき屋と吉野家が並んでいてそつなく美味しく、松屋は明らかに劣っています。
すき屋、吉野家の牛肉は、薄肉ですが、ほつれた様にぼろぼろになった感じで、食べやすく、よくタレの味が染みて美味しいです。一方松屋は薄いスライスされた感じで、見栄えはいいですが、少々肉が固く、味の染み込みも今一でした。またタレも他に比べて薄味で、美味さが足りないと感じました。

ただ、すき屋は一度店頭で食べた時、味が薄くて明らかに良くない時がありました。ただ、take outの時はいつも美味しく、問題があった事はありません。

松屋では、チゲ丼が美味しかったので、一押しメニューとしてお勧め致します~

さて、三つの牛丼チェーンのあなたの評価を聞かせてください~
どこが一番美味しくてお勧めですか~


ICARUS

食す ~ぶりしゃぶ三昧、甘エビ、ダイエットカツオ吸物~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

食す ~ぶりしゃぶ三昧、甘エビ、ダイエットカツオ吸物~

冬ってバイクはオフシーズンっすから~ 食い物の記事が多くて、食べブログになっちゃってます。
このシーズンだけ、タイトルを変えてもいいかと思ってたりしてます。
ICARUS 食堂、ICARUS キッチンって如何でしょうか~ 意外といいかもですね。

さてさて、この冬って富山では味覚の冬でして、魚介類が美味しい季節でもあります。
早速20日の夕食のご紹介を行ってみましょう。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_0?1295847611
1.最近氷見ブリが空前の大豊漁でして、値が半値ほどだそうで、是非一度食べてみたいと思っていましたら、ブリブロック・・・ 愛媛の養殖で。な、な、何でじゃああああ~~~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_1?1295847611
2.ん~天然物はプリプリとして身の締まりが全く違うのですが、しょうがないです~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_2?1295847611
3.短冊をおろします。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_3?1295847611
4.大皿に綺麗にならべます。本職並でしょう~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_4?1295847611
5.ん~養殖って締まりが緩くて、逆に言えばくったりと柔らかくて食べやすいです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_5?1295847611
6.さて、突撃ラッパが鳴らされ戦闘開始!パッパラッパパッパパァ~~♪
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_6?1295847611
7.たれは昆布ポン酢で!
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_7?1295847611
8.ご飯に巻いて、ぶりしゃぶ巻きで! 甘くて美味しいです~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_8?1295847611
9.お豆腐もおろしだれと水菜を乗せてぱくっと。これが美味しいです~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_9?1295847611
10.豆腐やら水菜に気を取られていて、既に戦線は終盤戦モードで。ありゃあ~~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_10?1295847611
11.おっといけない、甘エビがあるのを忘れていました。甘エビは石川~富山で沢山取れます。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_11?1295847611
12.この甘エビの味噌汁が大好きでして。丸々と太っていて、卵も見えるでしょう~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_12?1295847611
13.まずは頭を中の味噌やら身を吸い出します。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_13?1295847611
14.次はしっぽです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_14?1295847611
15.お箸で卵を掬い取って頂きます。蟹の卵と同じく、エビもプチプチとして美味しいです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_15?1295847611
16.最後に殻を取って身をぱくっと!
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_16?1295847611
17.ぶりの残があるのを忘れておりました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_17?1295847611
18.骨があるので、焼いて頂きます。脂が浮いてテラテラと光って美味しそうでしょう。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_18?1295847611
19.お肉で言うとスペアリブで、魚も意外とお頭についてる頬肉や頭の肉などが美味しいです。脂がのっていて、甘みがあります。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_19?1295847611
20.先日ネットで見つけた、夜、満腹感を与えてくれて、食べたいと思わなくなるカツオのお吸い物を作ってみました。かつお3g(小パック)、梅干少々。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_20?1295847611
21.あとお砂糖一つまみと醤油を少々で出来あがり。ん~淡白な味だねぇ~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_21?1295847611
22.と言うことでカスタム化。先日かっためかぶ茶を3切れほど。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_22?1295847611
23.とろろ昆布も。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_23?1295847611
24.干した梅干の紫蘇の葉も。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780388_24?1295847611
25.完成~ 流石にここまですると美味しかったです。家でなかなか好評でしたよ~

さて、ぶりは天然物と養殖では身の締まりが違い、天然物は固く締まって歯ごたえがありますが、養殖はクタッとした感じで柔らかく、意外と食べやすいです。
ただ、朝採れたての新鮮なお魚を食べている富山では、古いお魚ってクタッとぐにゃぐにゃとなって、身の締まりがなくなりいい感じがしませんので、やはり新鮮な感じがする天然物が美味しいですね。
富山の名産、バイ貝も新鮮なものはやはり身が引き締まっていてコリコリして歯ごたえもよく、美味しいです。
以上20日のメニューでした。

寒ブリが安いよっ! =富山湾などで大豊漁 時事通信 1月22日(土)5時0分配信

 冬の高級魚、日本海産の「寒ブリ」が今年は記録的な豊漁に沸いている。卸値もこの時期としては異例の安さ。ここ数年、庶民の口になかなか入らなかった高根の花が店頭でも人気を集めている。
 脂が乗った上質なブリで知られる富山湾の定置網漁は、昨年の12月下旬から1匹10キロ前後の漁獲が活発化。富山県氷見漁港の1月の水揚げ量は中旬までで計約7万4000匹と、不漁だった昨年の約70倍に急増している。
 豊漁だった2006年と比べても約3倍で、「寒ブリの季節にこれほど忙しいのは本当に久しぶり」と同漁港の関係者も驚きの表情。京都府の舞鶴湾や石川県沿岸でも同様に活況が続いている。
 昨年末からの大量水揚げについて、日本海区水産研究所(新潟市)は「この海域ではもともと6キロ以上のブリ資源が良好な上、強い寒気が入って北陸沿岸まで魚群が南下してきた」とみている。
 東京・築地市場(中央区)でも1月の天然ブリ入荷量は中旬まで、日本海産を中心に昨年のほぼ2倍と好調。卸値は、1匹6~7キロの中型だと最高級の氷見産でもキロ当たり800円前後で、昨年の半値以下。 


ICARUS

食す ~白エビかき揚げ丼、たら、カツオのたたき~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

食す ~たら鍋、カツオのたたき、白エビかき揚げ丼~

富山の白エビかき揚げ丼が全国どんぶり選手権で2位になったとの事で、早速富山新湊にあるそのお店に突撃致しましたが、満員で食を断念、しかたが無いので夕食に白エビ丼をお願いし、18日に食してみました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780149_1?1295844562
1.小さいですが、鍋用のたらパックですね~お鍋にすると美味しいですね~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780149_2?1295844562
2.カツオのたたきです。江戸時代、腐りやすいカツオを食べてはいけないとお触れが出たそうですが、その後痛みやすい表面を焼くと長持ちする事が分かり今日に至るそうです~ ご存知でしたか~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780149_0?1295844562
3.メインイベント、白エビのかき揚げです。ほんとはパリッとした揚げたてが美味しいんですがね。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780149_3?1295844562
4.アップ。白エビちゃんが見えます~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780149_4?1295844562
5.切断面で中身を見る。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780149_5?1295844562
6.天つゆに浸して~このまま食べずに~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780149_6?1295844562
7.ご飯に載せて白エビのかき揚げ丼の上がり~ 先日食べれなかったリターンマッチです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780149_7?1295844562
8.早速食べてみます。いただきます~ ふんわり仄かに上品な甘さが広がって美味しいです~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780149_8?1295844562
9.お鍋です~ 寒い日はアツアツお鍋が合います。ポン酢醤油で頂くと美味しいですね。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780149_9?1295844562
10.カツオのたたきです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63780149_10?1295844562
11.ブリと違って赤みの肴で、マグロと違って独特のカツオの風味が美味しいですね。

さて、お店で口に出来なかった白エビのかき揚げ丼を頂き、少しは溜飲が下がりました。
でも今週当たり、足元のいい日をえらんで是非全国2位の丼を堪能に出かけたいと思います。
レポート乞うご期待~


ICARUS

面白動画 Youtube 

面白動画 Youtube



▼この方の動画はミリタリー関係の面白い動画が多い。かなり多くの動画がありますのでじっくりご覧下さい。
0resamada1 さんのチャンネル 動画一覧

NHKその時歴史が動いた ゼロ戦・設計者が見た悲劇 ~マリアナ沖海戦への道~


十二試艦戦から中国戦線、真珠湾、ソロモンラバウル、マリアナ、特攻と零戦の数々の珍しく貴重な画像が見られる。ラバウル基地の最盛期の駐機中零の大編隊は素晴らしい。
開発陣の曽根、東條、田中、そして解説者の柳田邦男と出てきて素晴らしい。
最後の堀越の言葉が重い。











現代に蘇るゼロ戦 零戦22型・52型地上のシーンがメイン

▼現代に蘇るゼロ戦 1 ―地上

▼現代に蘇るゼロ戦 2 ―飛行

▼現代に蘇るゼロ戦 3 ―地上・着陸

▼現代に蘇るゼロ戦 4 ―整備

▼現代に蘇るゼロ戦 5 ―対戦機

▼現代に蘇るゼロ戦 6 ―対戦機



世界唯一の完全オリジナル五二型零戦が、日本にはなくてアメリカ人に整備されている姿はなんともやりきれない思いがしますね。

▼米軍による捕獲零戦と隼のテスト ① 零戦二一型と隼二型後期型

 戦時中の貴重な試験動画 


ゼロ戦52型栄エンジン始動カウル無し


オリジナル栄エンジンの音。いい音してるねぇ~ いいねぇ~ なんで生まれた日本にないんだろうねぇ~


ICARUS

食す ~チョコトースト他平凡な夕食~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

食す ~チョコトースト他平凡な夕食~

1月11、12日のなんの変哲もない食です。
ところが~美味しいものがあるんですよ~
何気ないものの中にこそ美味しいものが~

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63760064_0?1295589345
1.11日。ふんわりチョコトーストです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63760064_1?1295589345
2.なんでこんな甘っちょろいものを~あわねだろーとか思いつつ一口。うんまい~~~しっとりふんわり食感とあっさりしたチョコ味が絶品です~~ 一押しです~~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63760064_2?1295589345
3.12日の夕食。イカのゲソ揚げです。これがね~うんまい~揚げたイカの味が広がって最高です~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63760064_3?1295589345
4.さて、幅広のとろろ昆布です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63760064_4?1295589345
5.こういうやつは味噌汁に放すと美味しく頂けます。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63760064_5?1295589345
6.ふくらぎ(はまち)の焼き物です。富山ではポピュラーなおかずです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63760064_6?1295589345
7.割とプリプリした食感で美味しいです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63760064_7?1295589345
8.おっといかん、エバラ柑橘おろしタレで頂きます。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63760064_8?1295589345
9.爽やかな柑橘の酸味と相まって最高に美味しいです~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63760064_9?1295589345
10.こういう薄腹の脂が載ってトロトロした部分も美味しいですね。大好きです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63760064_10?1295589345
11.最後に大学芋。別腹ですね。

このヤマザキのふんわりチョコトーストは大変美味しかったです。
このまま食べても美味しいですし、クリームチーズや生クリームをサンドイッチして頂いても美味しいです。是非一度食べて見られることをお勧め致します~
本当に美味しいですよ~ さ、スーパーへGo!


ICARUS

SKI ~牛岳SKI場~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

SKI ~牛岳SKI場~

先日長崎のバイクマニア陶山さんからメールを頂きまして、バイク記事が少ない、とお叱りを受けました~
だってねぇ~ 富山はこの時期雪は降るわ、寒くて寒くてモチベーション下がりぱなしなんです。
しかし、自分のバイクのレストアもせねばならないのでリプロパーツ作りには精力的に取り組んでいます。現在4品ほどラベル類の製作を平行で進めていまして、その打合せをし、詰めを行っている真っ最中です。
昨日もRZの型式ラベルの製作打合せの為、製作会社へ3度目の訪問をしてきました。

何でもいいから似たものを作れ、と言われるとすぐ出来ちゃうんですが、純正と同じ物と言われると、材質やら、見栄えやら、質感やら、耐久性やら、製造側の制約やら、もちろんコストやらいろいろ調整が難しく納得できるものができるまで時間がかかります。
しかし、いい物作りますよ~ 待ってて下さい~ バイクを整備するだけじゃなくて、こう言うパーツ製作も私の楽しみですので~

さて、言い訳はその程度にして、10日に今シーズン3回目のSKIに行って来ましたのでちょっとお見せしましょう。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63759944_0?1295587788
1.10日は成人の日でした。10:30頃到着しました。ゲレンデが見えるとワクワクしますね。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63759944_1?1295587788
2.先日長さを詰めたストックを持ち出しました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63759944_2?1295587788
3.カービングの滑りについても調べてみましたのでいろいろTRYしてみます。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63759944_3?1295587788
4.3時間券を買って早速頂上に上がります。牛岳は1500mあって結構滑れます。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63759944_4?1295587788
5.雪化粧した木々の七変化を楽しみながらリフトで山頂に向かいます。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63759944_5?1295587788
6.雲っていましたが、晴れ間ものぞいてきてまずますのお天気になりました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63759944_6?1295587788
7.吹雪いて寒いとリフトは地獄になるのですが、お天気が良いと嬉しいですね。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63759944_7?1295587788
8.祭日にもかかわらず、やはり客は少なかったので、リフト11本と思う存分滑れました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63759944_8?1295587788
9.午後2時過ぎに時間がきました。麓のロッジ前で。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63759944_9?1295587788
10.最後にピザまんやら買いこんで、車中で食べながら下山、帰途に付きました。おいちい~~~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63759944_10?1295587788
11.お昼抜きでガンガン滑りましたので自宅でインスタントパーティです~

SKIなど一汗かいたあとの、ピザまんや焼きそば、ラーメンって堪えられない美味しさです。
香ばしいソースの香りや、ピザの香りが嫌がおうにも食欲を高めてくれますし、また頂いても大変に美味しくて最高で、正に至福の時を感じさせてくれます。

さてSKIの方は、ノーマルスキーの滑り方で滑っているのですが、そろそろカービング滑りを練習してみましたが、滑り方が違うのでなかなか上手く滑れず難しいです。

SKIを滑る方、カービング滑りは上手く出来ていますか~~


ICARUS

戦記・サイパン ~「我ら降伏せず サイパン玉砕戦の狂気と真実」~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

戦記・サイパン ~「我ら降伏せず サイパン玉砕戦の狂気と真実」~

しつこく粘着ICARUSです~ やるならトコトン~

ちゅう訳で、2月11日に封切られる「太平洋の奇跡」が面白そうでしたので、原作本「タッポーチョ」を読んで死と隣り合わせの絶望的で困難な状況にありながらも活躍する大場大尉の姿に心を打たれました。
原作本「タッポーチョ」は1982年末に発刊されましたが既に廃刊で、図書館にもあまりないのですが見つけた図書館で同じ大場大尉と同時に戦った田中大尉のサイパン戦記「我ら降伏せず」も同時に借りて読んでみました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_63759452_0?1295582381
1.「我ら降伏せず」です。こちらもほぼ同時期の1983年の発刊です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_63759452_1?1295582381
2.トッポーチョとほぼ同じアングルの写真でしたが、昭和20年の投降間際、田中大尉は大場大尉と合流して投降したようです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_63759452_2?1295582381
3.田中徳祐大尉です。戦後は教職にあって、小学校の校長だったのですね。これは内容も信頼性が高いと思います。

「タッポーチョ」はアメリカ人の原著者が大場大尉に聞き取りをして書いたものですので、残虐な場面の記載は少なく、全体的にオブラートに包んだような記録になっています。
そのため、主目的であるアメリカ軍も賞賛した大場大尉の奮闘、活躍ぶりが引き立ち、祖国や自国民を思う心、生き抜こうとする尊さとあいまって戦争のヒーロー物の小説の様に感じてしまい、私も感動いたしました。

しかし、実際はアメリカ軍は兵士や市民に大変残虐な行為をし、軍民問わず遺体を切り刻んだり、バラバラにしたり、使用を禁止されている毒ガスまで使った様で、田中さんは事実を知らしめようと戦後戦記を発刊しようとして最初はGHQに、2度目は出版社に出版を止められました。
その後、1982年暮れに「タッポーチョ」が出版され、これを見たサイパンで生き残った方からは、そういうアメリカの残虐な行為を伏せて戦争ヒーロー物に様に仕立てられた「タッポーチョ」に、あれでいいのか、と批判があり、ようやく出版に漕ぎつけたと田中元大尉も序章に書いています。

「タッポーチョ」だけでは分からない、また伝わらない戦争の残虐、悲惨な暗部をこの「我ら降伏せず」はきちんと描いていて、生き残って表に出てくるまでに、目を背けたくなるような多くの事実があったことを知らしめています。

ミリタリー物は好きなのですが、戦争は人間同士の殺し合いで生き残ったものが勝ちという非日常的な現実があり、凄惨な現実があるのは事実です。

「太平洋の奇跡」、「タッポーチョ」はドキュメンタリーですが、物語としてみると面白いかもしれませんが、この舞台となったサイパン戦を現実問題としてみる時、歴史に埋もれた大場大尉の話の更に隠された戦争の悲惨さ、残虐さという実態を知り、戦争について考えねばならないのだろうと思います。

誰が悪かったのか、戦争を仕向けた者か、始めた者か、占領と言う名分の元に軍民を玉砕した米軍か、はたまた玉砕せざる得ないほど弱かった日本軍か、サイパン始め戦地を見放した大本営か、それともそういう時代が悪かったのか・・・


大場大尉の埋もれていた勇姿の裏に更に埋もれている事実を知り、過去から未来へと日本や世界の明日を考えいかねばならないのだろうと思います。

本書「我ら降伏せず」は大変残忍で衝撃的な描写を含みます。
読んだ後で気分沈み気分が悪くなると思います。
1944年6月アメリカがサイパンに上陸する前までは、1920年代より日本が長らく委任統治していて戦争中とは言え住民1万、軍4万が住むのどかで平和な島でした。
アメリカ軍の上陸と共に阿鼻叫喚、地獄の日々が突如始まるのですが、そこに描かれた虫けらの様に死んでいく日米の人間は当時居た現実の人間であり、また現在日本が平和であるとしても再びこの様な悲劇が絶対に起こらないとは言えません。
平和だった家族が瞬時に悲劇に包まれ自殺し、虐殺され、そして遺骨さえ粉砕され、名前もわからず、死んだ事実さえも確認できないあまりに多くの方がいます。今も草葉の影できっと家族や祖国の事を思っている事でしょう。もしそれがあなた自身であったり、あなたの家族だったとしたらどうでしょう。大変いたたまれない気持ちになります。
既に歴史の中に埋もれ、忘れ去られ様としている先の太平洋戦争ですが、目を背ける事無く、この本を一読され今一度戦争について考える事をお勧め致します。


サイパンやマリアナ諸島、そして戦争で尊い命を落とされた幾百万の軍民の方に合掌。


ICARUS

★WELCOME TO ICARUS GARAGE!★

        Go to English Page画像掲示板掲示板・ゲストブック |メールを送る
★WELCOME_TO_ICARUS_GARAGE!★
http://www.geocities.jp/icarus777z/RZfile01/090313.swf

富山白エビ丼、全国2位です~
先日東京で開催された全国どんぶり選手権で富山の白エビ丼が全国2位になりました。
応援して頂いた皆さんありがとう~
富山新湊にある出店先は満員で入れなかったのでスーパーで買った白エビのかき揚で丼をこしらえて頂きました~ 本物の白エビ丼は後日突撃予定です~
イメージ 1


To_the_world_bike_freaks!
▼This is how to contribute comments. If you want,I translate articlies for you!
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157683/img_1157683_59101320_1?1263654711

最新訪問者http://2.s06.flagcounter.com/count/ipuf/bg=E3FCFF/txt=000000/border=CCCCCC/columns=3/maxflags=36/viewers=Recent+Vistors/labels=0/国別訪問者 http://www.flagcounter.com/countries.html http://s06.flagcounter.com/count/FxJu/bg=FFC9EA/txt=000000/border=CCCCCC/columns=3/maxflags=54/viewers=Top+Countries/labels=1/
          http://s03.flagcounter.com/map/4zJ5/size=s/txt=000000/border=CCCCCC/pageviews=0/viewers=0/


面白動画 ~Youtube~

面白動画 ~Youtube~

何気に見て面白かったYoutubeの動画です~

















ICARUS

RZ 燃料コック2種の相違と判別

RZ 燃料コック2種の相違と判別

2種類あるRZの燃料コックの判別の仕方。
中の樹脂パーツは溝有りと溝無しと2種類あり。
コック樹脂パーツ販売時の種類判別資料とする。

コック内の樹脂バルブは、かならず中のコックを取り出して形状を確認して下さい。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_52927199_4?1242433782
1.樹脂バルブ。左前期型、右後期型。後期は端面に小さな穴が開けられている。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_52927199_5?1242433782
2.左前期型、右後期型。後期は端面に小さな穴が開けられている。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_52927199_6?1242433782
3.左前期型、右後期型。前期は溝があるが、後期は無い。

以下参考 中の樹脂バルブは取り出して上の画像のバルブ形状を確認の事

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_52927199_7?1242433782
4.レバーの違い。左前期型、右後期型。大きな違いはない。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_52927199_8?1242433782
5.左前期型、右後期型。前期は「2」、後期は「4」の浮き文字がある。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_52927199_9?1242433782
6.左前期型、右後期型。後期は突起の形状が丸くなっている。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_52927199_10?1242433782
7.コック本体。左前期型、右後期型。外見はほぼ同じ。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_52927199_11?1242433782
8.左前期型、右後期型。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_52927199_12?1242433782
9.左前期型、右後期型。前期はRESの文字が右に、後期は左に偏っている。
コックは少なくとも2種類は有る。
部品品番を調べて設計履歴を調べ設変履歴が1回だけでしたら、コックは2種類しか無い事になります。
別途調査。


ICARUS

戦記・サイパン ~タッポーチョ 敵ながら天晴れ大場隊の勇戦512日、我ら降伏せず~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

戦記・サイパン ~タッポーチョ 敵ながら天晴れ大場隊の勇戦512日、我ら降伏せず~

岩本徹三、零戦関連で、サイパンのアスリート飛行場など話題にのぼっていましたが、先日ふとTVで、戦争映画のCMを見まして面白そうだったので調べてみましたら、前に記事を書きました2月11日公開の太平洋の奇跡のCMでした。
Youtubeで動画を見るとなかなか面白そうでしたので、原作「タッポーチョ 敵ながら天晴れ大場隊の勇戦512日」を読もうと思い、15日にネットで県内を検索し、遠くの図書館にあるのが分かり、映画人気で借りれなくなると困るので早速借りに行ってきました。

離れた所にある砺波図書館で、「タッポーチョ 敵ながら天晴れ大場隊の勇戦512日」を借りるついでに同じくサイパンの敗残兵の「我ら降伏せず」の2冊をかりました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_63740231_0?1295356787
1.16日日曜、大雪で道は圧雪状態でしたが、4駆のエボで砺波図書館に突撃しました。借りてきた2冊です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_63740231_1?1295356787
2.まずは映画「太平洋の奇跡」の原作の方を読んでみました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_63740231_2?1295356787
3.なかなか面白くて、空いている時間に二日間で読破しました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_63740231_3?1295356787
4.1945年12月1日に投降した大場大尉が出ている新聞です。右下大場大尉。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_63740231_4?1295356787
5.原作著者、ドン・ジョーンズ氏です。

原作「タッポーチョ」は既に廃刊で、しかも古い本なので一部の図書館にかありません。富山県内でも2つの図書館にしかありませんでしたが、貸し出しも予約もされていませんでした。
きっと映画が封切られて貸し出しが増えると思います。
戦争映画って人気が無いんですかね~

さて、タイトルの「タッポーチョ」は、サイパン中央部にある標高400mほどの低い山で、そこを中心に、大場大尉は4万のアメリカ軍と対峙します。
サイパンは今でこそ観光地化されていますが、戦争当時は激戦地で、日本軍が玉砕し、多くの市民が戦火に巻き込まれ死亡したり、北部のバンザイクリフから身投げ自殺をした悲惨な傷跡を持つ島です。

中身は皆さん自身でこの本を読まれる事をお勧めします。
戦争に詳しくない方は、太平洋戦争の流れを勉強されると映画の理解が深まると思います。
 太平洋戦争の年表
後半の日本の敗走時期にあってサイパンやそばのテニアン、グアムが日本本土空襲のための重要地点として昭和19年6~7月に攻略され、その後B29による爆撃が始まり、日本の敗戦が決定的になったという事を理解されて置くと良いかと思います。
ちなみに硫黄島の戦いは、年が明けて昭和20年2月、沖縄戦は4月で、サイパンの戦いは悲惨な敗戦への序章であったといえます。

本を読まずに映画を見ますと、ストーリーの展開が楽しめると思います。その後、本を読まれ、詳しく落ち着いて、大場大尉の足取りなどを調べますとよりしっかり大場大尉の足跡が理解され面白くなるかと思います。その後再度2度目の映画を見られますときっとさらに面白さが倍増するかと思います。

私は映画を待ちきれず、先に原作を読んでしまいましたが、映画での大場大尉を楽しみに見たいと思います。2月11日は是非とも公開初日に映画を観に行こうと思っています。

原作「タッポーチョ」は既に廃刊で入手不可能ですが、小学館から映画を小説化した「太平洋の奇跡」が新刊本として発行されていますのでご覧になるといいかと思います。
ただ、あっさりして感動しない内容で面白くない、原作を読むべき、原作を再出版すべきと評判はあまり良くない様です。

「タッポーチョ」は日本での訳書のタイトルで、アメリカ人の著者ドン・ジョーンズが書いた原著はthe Last Samurai: Saipan 1944-45」で、実はトムクルーズ主演のラストサムライのタイトルはここから取ったそうです。
ん~こっちの映画化の方が早ければ、「大場、ラストサムライ」という格好いいタイトルがついたのに少々残念です~


もう一冊借りた「我ら投降せず」は同じくサイパン守備隊の残存兵のノンフクションで、こちらも悲惨な戦闘記録が綴られていて、これから読んでみたいと思っています。

しかし、開戦当時サイパンは日本の領土で1万人を超す日本人が住んでいたのですね。
今でこそ観光地化されて多くの日本人がアメリカ領土として観光に出かけますが、戦争に負けていなければ日本の国内リゾート地のはずだったのですね~
残念です~ 無念!


ICARUS

食す ~2011ご当地どんぶり選手権~

食す ~2011ご当地どんぶり選手権~

ちょうど1年前、東京でのご当地どんぶり選手権で『白エビかき揚げ丼』が大賞を受賞し、早速私も突撃し食べに行ってみました。
 ご当地どんぶり選手権 ~『白エビかき揚げ丼』が大賞を受賞~

そして今年もご当地どんぶり選手権が開催されそのニュースを見ました。

<ご当地どんぶり選手権>大賞は「うにめし丼」
イメージ 1

 日本各地のどんぶりが東京ドーム(東京都文京区)に集まった「全国ご当地どんぶり選手権」の結果が16日発表され、北海道の「うにめし丼」が大賞となった。連覇を狙った富山県の「白エビかき揚丼」は2位に、3位は新潟県の「鯛茶漬け」だった。上位3チームには賞金と金銀銅製のどんぶりが贈られた。

白エビかき揚丼惜しくも2位
 東京ドーム(東京都文京区)で開かれている「第2回全国ご当地どんぶり選手権」が16日、最終日を迎え、連覇も期待された県代表の「白エビかき揚丼」は惜しくも2位の準グランプリとなった。

 白エビかき揚丼は8~10日の3日間の中間集計で2位と優勝を狙える範囲につけていたが、中間集計でも1位だった「うにめし丼」(北海道)を逆転できなかった。第3位は「鯛茶漬け」(新潟県)、第4位は「比内地鶏親子丼」(秋田県)、第5位は「がんこ漁師の熱めし丼」(大分県)。

 選手権には14道県から20品が出品。来場者が好きな丼にコインで投票するシステムで、8日からの9日間でコインの総数を競った。実行委員会は来年も開催する方針で、白エビかき揚丼を含む上位5位までは自動的に出品できるシード権を獲得した。

 出品した道の駅「カモンパーク新湊」には賞金30万円と銀箔(ぎんぱく)の丼が贈呈された。昨年の優勝後は売り上げが倍以上になったといい、担当者は、「1位になりたかったので残念だが、知名度も上がり、富山の宣伝にもなったのではないか」と話した。

道の駅 カモンパーク新湊
イメージ 2

白エビかき揚丼 730円
特産の白エビと香味野菜のかき揚げをこれまた白エビダシの甘辛いつゆをからめて、ご飯にのせた丼物です。
約17cmのかき揚げは食べごたえ十分。レストランではダントツ人気No.1のメニューです。 

おお、寒ぶり、ホタルイカとならんで富山の珍味名産、白エビをつかった白エビ丼が準グランプリっすね~
いや~これで知名度も上がって美食富山をアピールできて嬉しいですね。
出展店のある道の駅で一年前に食べたきりですので、早々にまた行ってみたいと思います。

しかし~
白エビって白くて小さなエビなんですが、割と淡白な味で、かき揚などはよくスーパーで売っているので、地元の人は良く食べてますので、脂で揚げて脂っこい白エビかき揚丼より、マグロ、ブリ、鮭などの3色丼の方がよっぽどさっぱりして美味しく感じたりします。
うちの家族もみな同じ意見でした。
でも今年も食べに行きたいと思います。
早速帰りにでも白エビのかき揚でも買って帰りますか~~~~

北海道のうに丼、来ましたね~
利尻の昆布とうにっちゅうのが最高の組み合わせっすね。
食べてみたいがほぼ最北端の利尻、ちゅうのがネックですね~
なかなかいけない、と言う方は、日本の中央にある富山へカモン~~~


ICARUS

戦記書籍 ~サムライたちの零戦、零戦、迎撃戦闘機「雷電」~

戦記書籍 ~サムライたちの零戦、零戦、迎撃戦闘機「雷電」~

WWⅡ軍用機、戦記の話で盛り上がっていて雷電の話など出てきましたが、既に開発活躍の記憶などうる覚えでしたので、本を借りて読んでみました。
イメージ 1

借りた本は下記3冊で、1冊目はロバート・C・ミケシュ著のサムライたちの零戦は2度目でしたが、サイパンで鹵獲され、護衛空母コパヒーでアメリカ本土に輸送中の写真があった気がして、再度借りて探してみました。
2冊目は辻俊彦著で零戦 アメリカ人はどうみたか、です。読んだことの無い本でしたので借りてみました。
3冊目は技術解説で有名な作家碇義朗著の迎撃戦闘機「雷電」で、いろいろお詳しいネンジーさんカッシーさんに負けじと借りて読んでみました。

1冊目 ロバート・C・ミケシュ著のサムライたちの零戦

イメージ 2

先日借りて読んだ本で、日本軍用機の鹵獲やその収集に携わった方で、終戦後、各地での本土決戦様の温存機の武装解除になった機体の画像も多く掲載され、大変珍しい写真も多く興味が引かれました。
サイパンで鹵獲された零戦の画像は見当たりませんでした。
フィリピンで鹵獲され、比較された疾風のテスト風景の写真などが載っていました。
この疾風は戦後マロニー氏により復元され、日本に里帰りし雨ざらしで飛行不可能となり嵐山博物館展示を経て現在知覧に展示してある機体そのものです。
現在ネットにもありますが、末尾に現存日本軍機リストがまとめてあります。戦記というよりは鹵獲機資料と言う内容です。
イメージ 3

イメージ 4


2冊目 碇義朗著の迎撃戦闘機「雷電」

イメージ 5

面白かったです。航空関係などの技術書で抜群の面白さの碇さんの著作で、さすがと思わせる内容です。
十四試乙戦(局地戦)として雷電が5年という長きにわたりトラブルに悩まされながら開発されていく様が詳しく綴られ、後半は正式採用となり、本土空襲に飛来するB-29の迎撃のため組織され活躍する雷電隊の模様が詳しく描かれ大変面白く引き込まれ、あっという間に読み終えることができました。

昔、埼玉に住んでいた頃、大型の4サイクルゼロ戦などラジコンを飛ばしていましてそれを見たおじさんが、昔はB-29は飛んで来るとこう言うのが北の山の方に温存のため逃げて行ったんだよ、そういう言葉を思い出しました。

本書では空中退避と行って、本土決戦のための機体を温存したり、対戦闘機で空中戦に向かない雷電を退避させたと記載があり、まさに埼玉でラジコンを見て言ったおじさんの言葉どうりだろうと思いました。
もう20年ほど前のことで、おじさんは60歳も超えていたと思われ、現在ですと80歳と高齢になっておられるだろうかと思います。

この迎撃戦闘機「雷電」、お勧めですので是非ご一読下さい。
イメージ 6

イメージ 7



3冊目 辻俊彦著で零戦 アメリカ人はどうみたか

イメージ 8

包括的に、あちこちの書物を読んでまとめた感じで、零の相手の機体の解説などが延々と書かれています。内容的には深くはなくあまりマニア向けではない内容です。
末尾に、アメリカの日本機採点があり、陸海の主力戦闘機や雷電、百式司偵の評価などもあり、ここは面白かったです。
百式司偵は優れた機体だと。二式大艇は世界最高の水上機だと評価されています。
雷電はB-29搭乗員がもっとも恐れた機体とありますが、優れた局地戦とはコメントがないですね。
ちょっと漫然としたカタログ的雰囲気の書籍で、マニアにはちょっと物足りない感じがした。


ICARUS

wiki文法 ~Youtube等動画の文法変更~

wiki文法 ~Youtube等動画の文法変更~

従来wiki文法でYoutubeなどを記事に挿入すると、2個目までは挿入できるものの、3個目以降が表示されない不具合があったので文法を修正。

Youtubeで「埋め込みコード」をcopy。
「映画「太平洋の奇跡ーフォックスと呼ばれた男Trailer.1 の場合。
 url: http://www.youtube.com/watch?v=sELLlv0WKmg&nofeather=True

■埋め込みコード■
<object width="640" height="385"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/sELLlv0WKmg?fs=1&hl=ja_JP"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/sELLlv0WKmg?fs=1&hl=ja_JP" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="480" height="385"></embed></object>

二つ目の<>から「http:~?fs=1&」の間を抜き出す。
 html元構文 <param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/sELLlv0WKmg?fs=1&hl=ja_JP">
 抜き出した部分 http://www.youtube.com/v/sELLlv0WKmg?fs=1&

※fs=1はフルスクリーンパラメータ。Yahooでは効かないとの話あり、現在確認中。

また、最後のあたりから画像サイズの構文から画像サイズの数字を抜き出す。
 html元構文 width="640" height="385"
 抜き出した部分 480,385
これをYahoo仕様のwiki構文の「item」構文に挿入する。従来のswfを挿入する「embed」構文では不具合が生じる。

 [[item(http://www.youtube.com/v/sELLlv0WKmg?fs=1&,480,385)]]
上記構文をwiki記事に挿入するといくつでも動画を挿入することができる。

自動再生させるには「?fs=1&」の後につづけて「autoplay=1」の記述URLの直後に入れる。
 [[item(http://www.youtube.com/v/sELLlv0WKmg?fs=1&autoplay=1,480,385)]]

▼1.手動再生
 

▼2.自動再生
 

▼3.サイズ変更
 

参考リンク

孫に継承する6つのパラメータと値、YouTube「埋め込みプレーヤー」
■fs
フルスクリーン表示のパラメータです。
この継承は、任意ではなくfs=1に固定されているようです。
※Yahoo!ブログのMyブログの記事内などでは効果ありません。



ICARUS

★WELCOME TO ICARUS GARAGE!★

        Go to English Page画像掲示板掲示板・ゲストブック |メールを送る
★WELCOME_TO_ICARUS_GARAGE!★
http://www.geocities.jp/icarus777z/RZfile01/090313.swf

WWⅡ、激戦の地サイパンの戦記です!
日本軍2万人が玉砕した島サイパン。終戦後も忠義を尽くし島民を守りながら米軍と戦った日本兵のノンフクションです~
「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」必見です~
This movie is a true story of Pacific War at Mt.Tapochao on Saipan Island.
Captain Ōba who called the fox was an officer of the Imperial Japanese Army during World War II. He fighted over end of WWII on Aug,1945 till Dec,1945.
 Sakae Ōba
 Battle of Saipan
A group of Japanese soldiers, led by IJA Captain Sakae Oba, held out in the mountains until 1 December 1945. A total of 46 men laid down their arms when the final order to surrender reached them. A movie called 「太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−」“Taiheiyou no Kiseki ~Fox to Yobareta Otoko” (Miracle in Pacific - The man who was called Fox) about these survivors and their 512 day resistance will be released in Japan on February 11, 2011.
     

イメージ 1


To_the_world_bike_freaks!
▼This is how to contribute comments. If you want,I translate articlies for you!
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157683/img_1157683_59101320_1?1263654711

最新訪問者http://2.s06.flagcounter.com/count/ipuf/bg=E3FCFF/txt=000000/border=CCCCCC/columns=3/maxflags=36/viewers=Recent+Vistors/labels=0/国別訪問者 http://www.flagcounter.com/countries.html http://s06.flagcounter.com/count/FxJu/bg=FFC9EA/txt=000000/border=CCCCCC/columns=3/maxflags=54/viewers=Top+Countries/labels=1/
          http://s03.flagcounter.com/map/4zJ5/size=s/txt=000000/border=CCCCCC/pageviews=0/viewers=0/


戦記 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-

戦記 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-


お、何、この映画のTVCM~~~
今日目にした真新しい戦争物の映画を早速調べてみましたよ~ ワクワク!
イメージ 1

陸軍の服装からして南太平洋で、映画になる位の戦場ですからさぞかし激戦の地だろうと思いましたが、硫黄島は既に映画化されていますので、ソロモンのガダルカナルかと思い調べてみました。

 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- オフィシャルページ
1944年、太平洋戦争末期、玉砕の島サイパンにアメリカ軍から“フォックス”と呼ばれ、畏れられたひとりの日本人がいた。大場栄大尉。男は最後、47人になりながらも仲間の兵士たちと共に、16カ月もの間、敵に立ち向かい、多くの民間人を守り抜いた。彼の誇り高き魂が、味方の日本人だけでなく的側のアメリカ人の心をも大きく動かしていった……。

太平洋戦争の激戦地の一つ・サイパン島で、たった47人の兵力で45,000人もの米軍を翻弄し続けた日本人、大場栄大尉。この、日本の歴史の教科書では語られることの無かった実話がついに映画化。

 太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男- wiki
『太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−』(たいへいようのきせき フォックスとよばれたおとこ)はドン・ジョーンズの長編実録小説『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』を原作とした 2011年2月11日公開予定の日本映画。

太平洋戦争において激戦が繰り広げられたサイパン島で、わずか47人の兵で45,000人もの米軍を巧みな戦略で翻弄し、米兵らから畏敬の念を込めて「フォックス」と呼ばれた実在の陸軍大尉・大場栄。タッポーチョ山を拠点とした大場とその部隊が、1945年8月のポツダム宣言受諾以降も、その事実を知らずに戦い続けた実話を日米双方から描く。

 サイパンの戦い wiki
▼占領後のサイパンのとてつもない数のB-29。B-29って一機がとてつもなく大きいんですが、唖然。まぁ、100機、200機で編隊を組んで本土爆撃に来たのですが、これで納得って感じです。これじゃあ日本は勝てない訳ですね~
イメージ 2

サイパンの戦い(サイパンのたたかい、Battle of Saipan)とは大東亜戦争(太平洋戦争)中、1944年6月15日から7月9日に行われたアメリカ軍と日本軍のマリアナ諸島サイパン島における戦い。ホランド・スミス中将指揮のアメリカ軍第2海兵師団、第4海兵師団、第27歩兵師団が斎藤義次中将が指揮する日本軍第43師団を潰滅させ、サイパン島を占領した・・・・・

サイパン島の陥落後は、残存兵力がゲリラ化し、遊撃戦に移行して各個で戦闘を継続。陸海軍の航空機も、サイパンを占領した敵に反撃し、かつB-29が日本の空を襲う前に地上で撃滅するべく日本本土から硫黄島基地を経由して飛び立ち、1944年末まで、連合軍のアスリート飛行場に決死の航空攻撃を加え続けた。1945年(昭和20年)3月には硫黄島基地が陥落し、中継基地までも失ったため、反撃の続行は不可能となった。日本のポツダム宣言受諾後も、その事実を知らない陸海軍将兵は遊撃戦を継続していたが、ポツダム宣言受諾の事実を知り順次投降した。タッポーチョ山を拠点としていた歩兵第18連隊衛生隊の大場栄陸軍大尉以下47名の部隊は、1945年11月27日(発令は25日)に独立混成第9連隊長の天羽馬八陸軍少将(陸士第23期卒)の正式の命を受け、12月1日、軍歌(彼らの部隊の隊歌と「歩兵の本領」)を歌って戦没者の霊に弔意を示しながら山を降り投降した。彼らは、大本営のサイパン放棄を知らず、必ず友軍がサイパンを奪還に来ると信じていたという。大規模な投降としては最後のものである。なお、歩兵第18連隊主力は1944年5月にグアムに移駐したが、衛生隊ほかは移駐が間に合わず、サイパンの戦いに加わることとなっていた。

サイパンの戦いやテニアンの戦いなどでは、東条英機参謀総長によって未だ水際作戦がとられていたために、日本軍は早々と玉砕することとなってしまった。この点について、ペリリューの戦いや硫黄島の戦いのように地下壕陣地をつくり、地下飛行場を築き中国から20個師団を転用し抗戦をしていれば、サイパンの土壌は強固な珊瑚などで構成されていることから艦砲射撃に堪えられ、硫黄島同様両軍共に熾烈な戦いとなり、戦争自体も膠着した可能性が指摘されている。

丁度、岩本徹三の零戦撃墜王の後半で、岩本がラバウルからトラックに後退し、補充機を引き取りに本土に向かいサイパンに立ち寄った昭和19年あたりの戦場が描かれているのでしょうね。
カッシーさんや、ネンジーさんが話していた、サイパンアスリート飛行場で放置され鹵獲され護衛空母コパヒーで輸送された零がいたあの頃のサイパンが舞台となっています。

詳しくはwikiなどを見ると戦争の模様が大変よく分かりますのでwikiをご覧下さい。

日本はこのサイパンを米軍に落とされ、B29による本土爆撃がはじまり、そしていよいよ敗戦濃厚となり相次いで玉砕が始まり坂道を転げ落ちることになった転換点だろうと思います。
この後、グアム島やテニアン島、そして1945年2月19日~1945年3月26日の硫黄島の戦いと激戦が続いていきます。

ん~この映画はどうもサイパンの攻略が終わったあとの戦後投降するまでの1945年11月27日までの物語の様ですので、アスリートの零戦隊などが飛び交う場面などもないのかもしれません。
かつて戦争映画と言えば、零戦燃ゆだとか、俺は君のためにこそ死ににいく、ローレライ、パール・ハーバー、男たちの大和/YAMATOなど、象徴的戦いなどが取り上げられていましたが、近年硫黄島からの手紙など、戦場の兵士の悲哀と悲劇、悲惨さをリアルに扱ったものが出てきました。
今回のこの太平洋の奇跡も戦争の大きなポイントとなる戦いでしたので非常に興味があり、是非見たい映画です。
ネンジーさん、カッシーさんも絶対に見に行くのでしょうね~


大場栄陸軍大尉以下47名の部隊は、1945年11月27日の投降までゲリラ戦を続けましたが、この戦争末期のサイパン、テニアン、グアムのマリアナ海域とフィリピンなどは敗退につぐ敗退で玉砕と悲惨な戦いが続いた激戦地で、ガダルなどソロモンでも壊滅的になると隊は分散、山地に逃げ込みゲリラ戦となり、結果として終戦の伝達が遅れ、1972年1月24日帰国のグアムでの横井庄一さんや1974年3月12日帰国のフィリピンルバング島での小野田寛郎など残留日本兵が残ることとなりました。
小野田さんはまだ存命で、公演などもされているのですね。wikiを読むと小野田さん熱かったのですね。英語、中国語も堪能で、陸軍中野学校卒で、敢闘精神の塊で凄い方です。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


映画、太平洋の奇跡から久々懐かしい残留日本兵の方を思い出しました。
いや~今でも思い出しますね。羽田に降り立つ横井さん、小野田さんの姿を。
ん~ あれから随分時間がたってしまいましたね~
そうそう、今年は開戦70周年ですか。
そんなになってしまったんですね。
そろそろ多くの歴史の中に埋もれて行ってしまいそうです。
数百万人と言う罪もない多くの国民を犠牲にしたあの戦争は一体何だったのでしょうね。

『太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−』動画追加




大場栄陸軍大尉 (1945年12月1日)サイパンにて米軍に投降直後の写真。
イメージ 8


▼検索ついでに見つけたおまけ。ん~実録は迫力が違うな~


▼おまけ。日本じゃないみたいだ~~ 90式スゲ~~ 舗装用キャタ履いてますね!




ICARUS

ヤマダ電機 ~ケイタイdeタッチ、ケイポイ乗換~

ヤマダ電機 ~ケイタイdeタッチ、ケイポイ乗換~

ヤマダ電機で長らくポイントカードを使い、店頭で来店スロットマシーンを回していましたが、昨年4月でポイントカードでは来店スロットを回せなくなり、Fricaのついた携帯で、ケイタイdeタッチを使っていましたが、これで来店スロットが回らないので困り、ヤマダで見てもらってきました。

現在もゴールドのヤマダポイントカードは買い物の時に提示しますとポイントが貯まって使えるのですが、来店スロットが回せないので来店ポイントが貯まりません。
代わりにケイタイdeタッチ登録した携帯を、商品購入清算時にFericaマシンにかざすと携帯にポイントがたまり、さらに1000円以上の購入でスロット3回がついてきます。

従来のカードには、「ケイポイで乗換え4回」と印字されていていましたがしばらくうっかりしていて、ずっと従来のヤマダカードで買い物をしていまして来店スロットが使えないままでした。

調べますと従来カードのポイントはヤマダ店頭で携帯に移すことができるようでしたので移してもらってきました。
イメージ 1

カードに印字してあったケイポイで乗換え4回は、カードをケイタイdeポイントに移行するとスロットが4回回せると言う意味で、ヤマダの帰りに早速回してきました。

結局来店マシーンを回すには、ケイタイdeポイントに登録したFerica携帯を使うしかないですから、従来のヤマダのカードはさっさと携帯にポイントを移してしまいましょう。


ネットでいろりろ調べてみるとポイントのついたヤマダカードがオクに出てました。
 ヤマダ電機ポイントカード
イメージ 2

カードにはなんと数万円分もポイントがついていました。
世の中、いやオクには実にいろんなものが出てるのですね~ びっくりです。


今回ポイントサービスの切り替えが遅れてしまいましたが、皆さんは大丈夫ですか~
まだの方、さっさと切り替えましょう~
 ケイタイdeポイント乗り換えキャンペーン!

▼愛機 My 910SH by SOFTBANK! もうOLDマシンです~
イメージ 3


ICARUS

戦記ビデオ ~栄光の零戦 洋上に散った悲劇の翼~

戦記ビデオ ~栄光の零戦 洋上に散った悲劇の翼~

WWⅡ軍用機で盛り上がり、岩本徹三の零戦撃墜王を読み、思わず熱くなってしまいました。
いろいろ戦記や機種について話題が出てくるのですが、いかんせん中~高学生頃本などを読み漁りプラモを作りましたが、最近ミリタリー物からめっきり遠ざかっていましたので、雷電の悲運の生い立ちなどを調べるべく図書館で本を予約してみました。
最近はオンラインで蔵書が検索、すぐに予約でき、市内各地の図書館から蔵書を取り寄せてくれ、揃うとメールで案内が来て大変便利です。

そして雷電の本を予約ついでに、検索に引っかかった零戦のビデオなども借りてみてみました。

8日、早速32インチLED REGZAの超キレイ大画面で見てみましたよ~

栄光の零戦 洋上に散った悲劇の翼
イメージ 1

 太平洋戦争において米軍を恐怖に陥れた零戦。
 最強と謳われた戦闘機
 その栄光の軌跡を明かす迫真のドキュメント

これだけ書いてあるとワクワク、ドキドキしてしまいますね。
40分でしたので、一気に見てみました。
が、中身は零戦の映像よりも軍艦、しかも空母より関係のない砲艦の映像の方がかなり多く、撃墜場面などもあったのですが、アメリカ軍機のガンカメラで、零戦や艦攻、陸攻などが撃墜されるシーンばかりでちょっとがっかりどころか、アメリカ軍のプロパガンダ映画の様でちょっとムカムカ来てしまいました。

零と名が付く映像ならば、中国戦線や、国内基地や航空母艦などでの雄姿を沢山見せて欲しかったです。
これなら戦時中の日本ニュースの映像の方がもっと面白くてマシでした。

まぁしかし、米軍の日本機が撃墜されるガンカメラの映像が多かったのでタイトルに「悲劇の翼」とつけたのかもしれませんが、ちょっと安直~
零などは、ガンカメラの搭載できる翼内には20mm×2丁がありますが、片方を外したとすると20mm×1、7.7mm×2となり、武装の能力ががた落ちとなってしまい、岩本さんも書いていましたが、誰もガンカメラをつけようとはしなかった、らしいです。

せめて主翼下に装着できるカメラポッドでも作って、後世にF4FやF6Fなどを撃墜する映像を残して欲しかったですね。

ミリタリーマニアのカッシーさん、ネンジーさんはいろいろ良くご存知で、動画もいくつかお持ちの様ですので、私もいろいろ借りて見てみたいと思っています。


ICARUS

食す ~おろしなめこ蕎麦、鯵、ビーフ~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

食す ~おろしなめこ蕎麦、鯵、ビーフ~

ICARUS GARAGEと言うよりはICARUS食堂、の方がぴったりかも。
かと言って、洒落たイタメシや、トリュフやキャビアがふんだんなおフランスの料理が出て来る訳ではなく、スーパーで手に入ったり、100円寿司のチェーン店など極めて庶民的であったりと。

さ、9日の昼と夕方の豪華お食事をご披露~ 今夜のあなたの夕食にワンヒント! 食べたくなった時が吉日! 今夜如何でしょう~

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63690270_0?1294811745
1.昼に頂いた蕎麦です。大根おろしとなめこがあったらしく。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63690270_1?1294811745
2.おろしをトッピング~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63690270_2?1294811745
3.おろしにつゆダレをかけてなめこと和えて蕎麦と一緒に頂きます。おろしの爽やかな香りと、大根のおろした舌触り、そしてつるりとするなめこの舌触り、合わせて頂く蕎麦の喉越しも最高です~本当に美味しかったですよ~ 蕎麦は常用している岩手の乾燥業務用蕎麦ですがこれがまた美味しいです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63690270_3?1294811745
4.夕方スーパーで仕入れたおかずです。何を買おうか迷っていましたが、大きな鯵があったので2匹ほど買いました。美味しそうです~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63690270_4?1294811745
5.美味しかったですが、秋口の脂が乗って鯵の香りがプンプンする鯵はもっと美味しいですね。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63690270_5?1294811745
6.でも厚肉で美味しかったですよ~おろし醤油をちょっと添えて~♪
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63690270_6?1294811745
7.ごっそりとつまんでぱくっとな♪ ん~最高~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63690270_7?1294811745
8.牛のたたきです。なかなか~ 肉の旨みが口に広がって美味しかったです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63690270_8?1294811745
9.たたきを買ったのになぜかスモークビーフも・・・・ 何故~~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1158018/img_1158018_63690270_9?1294811745
10.スモークなので、独特の香りとスモークならではの味わいがあるのですが、家族はたたきの方が美味しいとの事でしたが、私はスモークの味わいの方が良かったですね。付いていた爽やかなタレがまた美味しかったです。

外でおろしなめこ蕎麦を食べる事はありますが、自宅では珍しいのですが、自宅で落ち着いて頂くおろしなめこもなかなか乙なものでした。
大根となめこと言う素朴でちょっとしたトッピングですが、素朴な蕎麦に彩りが加わり、味も一層引き立ち、旨さが倍増します。

鯵や秋刀魚などはやはり脂が乗る秋が旬ですかね~
先日頂きましたホッケは冬ですかね。焼きたてホクホクの厚肉の身が最高ですね。
日本酒と合わせて頂くと美味しいかもです。

肉もいろんな種類、調理があり、料理はバラエティに富んで美味しく楽しくいただけます。
たまにはたたきやスモークなど如何でしょうか~
ご飯の上でご飯をお肉で巻いて即席肉巻き寿司の出来上がりです~
タレなどもいろいろ揃えてお召し上がりください~


ICARUS

SKI ~SKIストックの寸法詰め~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

SKI ~SKIストックの寸法詰め~

現在使っているストックは20年来使っていたものですが左右品物がバラバラで違うストックです。
元々は十数年前買ったお気に入りで当然左右お揃いでしたがコブ斜で転倒した際右ストックを折ってしまい、SKI場でお客が落としていったストックで長さが同じものを一本もらってきてずっと使っています。
SKIは滑りだと全く気にもかけないのですが、左右違いでみっともないとの事で、ストックを新調しようとXEBIOなどで調べると2000円台で買える事が分かりましたが、いかんせんバブルの頃の様なデーハープリントデザインのストックがなく、触手が動きませんでした。
そこで、自宅にデッドストック状態となっている長いストックの長さを詰めて使うことにし、改造する事にしました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63689000_0?1294799407
1.上二本使っている115cmのストックで、黒がSKI場でもらったもの、その下が20年近く愛用している片われのストック。下二本が125cmと長くてデットストックとなり塚tっていなかったストック。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63689000_1?1294799407
2.コブも滑るので、使っている上二本のストックは115cmと短めを選んであります。下二本はフラットなバーンで使いやすいがコブでは長くて使いにくいです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63689000_2?1294799407
3.長いストックの長さを10cmほど詰めて115cmにします。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63689000_3?1294799407
4.SINANOのポールです。割とデーハー系でバブル時のものです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63689000_4?1294799407
5.グリップは形があまり好きでないので、使っているものと入替え交換します。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63689000_5?1294799407
6.さて、寒いので防寒着を着ますが汚れたり破れては困るので作業前に袖抜きを装着。穴の開いた靴下を切った上半分です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63689000_6?1294799407
7.下の衣類にはめたり。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63689000_7?1294799407
8.防寒着の上から装着してもOKです。衣類が腕にピッタリしまってなかなかいいですよ!
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63689000_8?1294799407
9.まずはグリップのTOPのねじをはずし、グリップを抜きます。なかなか抜けないので、細いドライバーを隙間に差し込んでCRCを塗って、コンクリや鉄骨の角にウストックを当てて引き当てグリップを抜き取ります。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63689000_9?1294799407
10.グリップの外れたストックのTOP。ねじを止めるプラグがかしめて取り付けてあります。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63689000_10?1294799407
11.ドリルでカシメをもんで取り外します。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63689000_11?1294799407
12.プラグにねじを入れ、プライヤーで引き抜くと外せます。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63689000_12?1294799407
13.さて、ストックの長さを合わせ、切断個所で印をつけます。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63689000_13?1294799407
14.金ノコで切り落とします。固かったので、当然A2017系のジュラルミン系でしょうね。外径18mm、肉厚t=0.9ほどでした、
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63689000_14?1294799407
15.切断した面にやすりをかけ、垂直に修正しバリを落とします。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63689000_15?1294799407
16.ポールに樹脂のプラグを入れ、側面をかしめます。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63689000_16?1294799407
17.グリップを綺麗に洗い、CRCなどの油分を落としてからポールの模様とグリップの位相を合わせてから一気に打ち込みます。下に木を置いて、グリップ部を下にして叩くと入ります。SINANOの文字が隠れていますが、しょうがないですね。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63689000_17?1294799407
18.左二本、短くしたストックの完成。右二本は廃棄するにしのびず、このままスペアとしてストック。
長すぎるので20年弱ほどデッドストックとなっていたストックを引っ張り出し長さを詰め、早速10日のSKIで使ってみました。
滑っている時は本人は見ませんし、使用上も問題がないので今後ずっとこのポールを使うと思います。
スポーツショップでは、最近はカーボンの超軽量のストックも売っているようですので、手に負担が掛からないのでいいかもしれません。
成長期のジュニア用には、長さの替えれるストックもありますので、こちらは長く使えるかもしれません。
SKIグッズも進化し、流行が変わってきていますので、時折しげしげとSKIグッズを調べに行くのもいいかと思います。

SKIはバイクのライディング感覚と似ていて、コブなどはオフローダーのライディング感覚かと!
また、横滑りする感覚は、車のダートでの挙動ににてるかと。
以上、バイクに乗れないウインターシーズンは、SKIで喜々とするICARUSでした~


ICARUS

直す ~DELL複合機プリンタ924修理 3/3~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

直す ~DELL複合機プリンタ924修理 3/3~

各部の点検、整備、清掃が終わりましたので組付けをはじめます。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63683723_0?1294744146
1.スキャナー系の配線を本体側に接続します。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63683723_1?1294744146
2.メンテベイ部、中カバー取り付け前の状態。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63683723_2?1294744146
3.中カバーの取り付け。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63683723_3?1294744146
4.中カバーのはめ込み。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63683723_4?1294744146
5.スキャンカバー部、左レバー部。突起があるので、押さえるとカバーが大きく開閉できる。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63683723_5?1294744146
6.スキャンカバー、側面パネルの取り付け。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63683723_6?1294744146
7.前面カバーの取り付け。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63683723_7?1294744146
8.同取り付け。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63683723_8?1294744146
9.同取り付け完了。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63683723_9?1294744146
10.右側面カバーの取り付け。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63683723_10?1294744146
11.側面パネルの詳細。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63683723_11?1294744146
12.開閉ステーの取り付け。下を入れてから上を取り付け。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63683723_12?1294744146
13.スキャンカバー、前面パネルの取り付け前。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63683723_13?1294744146
14.同、パネル側の詳細。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63683723_14?1294744146
15.背面給紙カバーの取り付け。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63683723_15?1294744146
16.背面給紙ガイドの取り付け。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157884/img_1157884_63683723_16?1294744146
17.組み付け完了。試し印刷。連続給紙印刷OK。

DELL924もきちんと分解できた。構造はいたってシンプル。

紙送り不良は、結局単なる紙送りローラー滑りと判明、粘着テープによるクリーニングで改善した。
できれば新品ローラーと交換したいところ。

以上分解される方は参考までに。


ICARUS