ICARUS GARAGE

ヤフブロから引越ししました。ブログ閉鎖するYahooは糞だww★
2008/01≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  ≫ 2008/03

テクニカルレビュー31/TZ350チャンバーとクロスチャンバー

テクニカルレビュー31/TZ350チャンバーとクロスチャンバー


以前20年以上前のRZ250、350のチューニング記事をUPしました。その中でTZ350キャブ、TZ350チャンバーが出てきました。
昔からTZ350のチャンバーは評判の高いチャンバーでした。
私は左右非対称のチャンバーより、左右対称のチャンバーがすきですが、このクロスはレースからフィードバックされたレーサーを髣髴とさせる意味のある形状です。
さて、TZと市販のチャンバーを見比べてみましょう。


YAMAHA TZ350チャンバー
RZテクニカルレビュー/22.RZ250、350チューニング記事 ・チャンバーはTZ350チャンバー
ノーマルマフラーを改造したストリート仕様から、レース用チューンまでの記事が書かれていてとても参考になります。
イメージ 1


TZは実は1970年代から80年代に至るまでいろんな仕様があります。
 The TZ350 and 250 Website
さて、そのTZ350のチャンバーとはどんなものだったのでしょうか。


RZ350R CUSTOM SPECIFICATION ◇◇RZ350Rレーサー製作レシピ◇◇ ・チャンバーはTZ350チャンバー
イメージ 2

イメージ 3

 ・TZのチャンバーといえど、右チャンバーは後ろに下がっているので地面と擦っちゃうんですね。ガリ傷が付いていますね。
イメージ 4

ちなみにエンジン他の記事もあります。
 [http://www4.ocn.ne.jp/~hiro7xjr/newRZR2.html ◇◇RZ350Rレーサー製作レシピ(其の二)◇◇
エンジンのレース用チューニング]
RZのクランクは、高回転で使用すると直ぐ開いてしまう泣き所。今回はクランク芯出し組付けした際、ベアリングも新品に交換し、クランクピンをローター側だけ溶接してもらった。取り付けの際クランクは、チョとした衝撃にも要注意!


市販カスタム クロスチャンバー
さて、’80年に入り、RZ250が発売され、いろいろなクロスチャンバーが市販されましたね。
そして何はともあれ、まずYUZOから。
▼RZ350用YUZOクロス
イメージ 5


▼クロスではないですけどついでにRZ350RストレートYUZO
おそらく断面形状はクロスと同じなのでしょうね。
イメージ 6


TZ用とYUZOと似てるって言うか、取り回しもほぼ同じですね。
まぁ、先発で試験とレースで切磋琢磨されたメーカーチューンのTZ350チャンバーを市販メーカーが見習ったのでしょうね。


そうそう、oyamadaさんに教えてもらったTZレプリカのKPチャンバーを見てみましょう。
TZレプリカなので、もちろんクロスですね。
KP RZ350/TZレプリカチャンバー
イメージ 7



▼先ほどUPしたK2 techのクロスチャンバー
イメージ 8



総括
さて、こうやって見比べるとYUZOのチャンバーって綺麗ですね。でもどうやらTZチャンバーより長さが短いですね。ノーマルポートのエンジンで高回転まで回る理由なのでしょうね。
KPのはレプリカと言うだけあって、TZとそっくりです。溶接がちょい多過ぎですね。でもTZ用が手に入らない今、是非欲しい一品です。
K2のは、溶接が多すぎです。溶接が多いと、ガスの流れる内側が段差だらけになって気分的にも、美観的にも良くないです。

RZに限らず、バイク、車のパーツって見ても、付けても、走っても楽しいですね。
世の喧騒を忘れて、心を童心に返らせてくれます。
小さい頃おもちゃ屋のプラモデルコーナーの前でかぶりつく子供の心を蘇らせてくれるようです。
こうやって画像を見るだけでも心がワクワクしてしまいますね。
なんか本当にオリジナルチャンバーを作りたくなってしまいますね。

調べるうちに見つけた参考リンクをあげておきます。
 My 1979 TZ350 Yamaha.


ICARUS
スポンサーサイト



English Message Board

English Message Board

イメージ 1


Hi,this is riders salon.

Please write down your comment!

How to comment

イメージ 2



ICARUS

RZテクニカルレビュー/30.チャンバー塗装

RZテクニカルレビュー/30.チャンバー塗装


さて、250用と350用のYUZOチャンバーをどうレストアしますか。

錆、塗料落としをしたら、ノーマルっぽくオーソドックスなら耐熱黒塗装が無難ですね。

でも、クリアー塗装って手もありますね。ギラギラのステンと違っていぶし銀のスチール地肌のチャンバーも渋くて素敵です。さりげなくチャンバーって感じがいいかもです。

たとえば。K2techのチャンバー
 K2tech YAMAHA
 ■ RZ250/RZ350 6,500~10,000rpmをパワーバンドとし、10,500回転以上のレブ特性を実現しました。
イメージ 1

イメージ 2

なかなか素敵です。オークションにもメーカーから出品されています。このチャンバー仕上げはなにでしょうか。知りたいです。で、オークションで質問したら「耐熱クリアー塗装」と回答がきました。
でしょうね。しかし、このチャンバーのポート出口のシマシマ模様、いただけませんね。みっともないです。KPや、YUZOでは型を起こし、プレスで成型しているようなので、仕上がりが綺麗です。
イメージ 3

▼YUZOのポート出口曲がりの仕上がりに注目
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157824/img_1157824_33765127_7?1204262379

私も以前、耐熱クリアー塗料について調べています。耐熱塗料といえばオキツモですが、ここがよさそうです。
 セラミックコート株式会社/耐熱クリアー塗料
SP COAT 耐熱クリアー塗料製品
[ 耐熱クリアー塗料 ]
耐熱温度 品名 艶 乾燥膜厚 標準塗布 乾燥
~200℃ クリアー200 艶有 10~20μ 0.12kg 180℃×20分以上
~300℃ クリアー300 艶有 10~20μ 0.12kg 180℃×20分以上
~400℃ クリアー12 艶有 10~20μ 0.12kg 180℃×20分以上

[ 常温硬化型 ]
耐熱温度 品名 艶 乾燥膜厚 標準塗布 乾燥
300℃ クリアーX 艶有 15~20μ 0.15kg 常温3時間以上

使えそうですが、どうなんでしょうね。で、昨年10月に問合わせをしています。
耐熱塗料入手の件お問い合わせありがとうございます。

①弊社のSP COAT 耐熱クリアー塗料製品、および、耐熱タッチアップスプレー マフラー用は、お近くの塗料販売店にお問い合わせください。富山でも購入できます。

②クリアー12は常乾できないのでしょうか。
指触乾燥は、常乾で大丈夫ですが、硬度がでません。ちゃんとした硬度が必要な場合は、焼き付け乾燥が必要です。

③クリアーXの欠点を教えてください。塗膜硬度が低いとか・・・
常乾をさせる為に硬化剤を使用するので、一度混ぜた塗料は8時間程度で使用できなくなります。

耐熱クリアーは、硬度があまりありません。2Hか3H程度です。
上記クリアーは、耐熱クリアーですが、急加熱に耐えられません。マフラー等の急加熱に使用することが可能なクリアーは、今のところありません。使用しても剥離する可能性が高いです。今まで急加熱部に使用して、良かった実績がほとんどありません。
よろしくお願い致します。

う~ん。言ってるほど悪そうでもないですが、誰か人柱になるしかないのでしょうか。
このメーカー以外に、
 YAMAHA MEシリーズ ME-5耐熱塗料
イメージ 4

クリアー(耐熱温度:200℃) ・ 300ml 907931000600
\1,575(税込価格)


 LAVEN 耐熱塗料クリアー 300ml
イメージ 6

編成耐熱樹脂と特殊硬化剤を配合した、高熱部(150℃~200℃)に用いる、耐熱性に優れた塗料です。 マフラー/エキゾーストパイプ/エンジン
耐熱温度→200℃
容量300ml


 レーシングサービスZERO:ZEEKチャンバー YSP経由で23,000円 3YKスーパーJOG ZR(’99)に使用
耐熱塗料のクリアは塗ってあるのですが、エキパイ部がすぐに飛んでしまい、また、焼けてまっちゃいろになってきますので、錆びないようにするにはメンテナンスが大変でしょう。




さてさて・・・ クリアーは強度が低く、あまり良くないようです。
でも是非クリアー塗装したいですね。
ちょいハードルが高そうですけれど、なんとか頑張ってみます。


ICARUS

RZテクニカルレビュー/29.YUZOデータ集 

RZテクニカルレビュー/29.YUZOデータ集

サイトのデータを集めてもったいぶった記事を書くなと・・・
いえいえ、私の備忘録です。
いろいろYUZOのデータをまとめてみましょ。


◆YUZOの型式判別と刻印
イメージ 1

刻印はチャンバー片側の引っ張りテーパー底部分に入っています。

 刻印例「F6D003」などとナンバーがあるはずですが、始めのFは機種を指し、次の6は西暦の1986年を指します。Dは一月をAとして12月のLまでの月を表します。003はその月の通し番号となります。
 そして、機種を表すアルファベットですが、
  A:AR80
  C:RZ125
  D:RZ250
  E:RZ350
  F:RZ250R
  G:RZ350R(ストレート)
  J:RZ250R(ストレート)
 と大体上記のようになっていました。

 TZRやR1-Zにも固有アルファベットがあります。また、TZRは1KTと2XTで番号が異なります。

 なお、上記のアルファベット・数字・アルファベット・数字の並びとは別にアルファベットと数桁の番号のなどの特殊刻印もあります。これらは試作品や特殊品として作られたチャンバーの場合が多いです。

 サイレンサー径ですが、Φ55は大体1984年ぐらいまでしか使われていません。86’TZRは最初からΦ60のサイレンサーでした。よって、Φ55のチャンバーは今では非常に稀少になっていると思われます。
 また、サイレンサーエンドが曲がっているタイプは後期の物が多いそうです(ここら辺の確証は微妙?)。市場ニーズによりストレートから曲がった形状を作ったそうですが、雄造氏は排気抵抗になるから曲がった形状は嫌だったそうです。

 RZ350Rはストレートのみの販売でした。クロスチャンバーはありませんでしたので、オークション等で350R用YUZOクロスチャンバーとあっても大体が350用なので気をつけてください。
 中古パーツしか存在しない現在、RZ用orRZR用、250用or350用などと判別が難しいと思います。刻印を判断材料にしてみてください。
これは覚えておく必要がありますね。サイレンサー径とサイレンサーエンドの形状は、私も調べてみましたが年式で明確な区別は出来ないようです。’82年頃の初期よりΦ60サイレンサー、曲がりエンドの物が出回っています。


ここにYUZOの取り付け、セッティングマニュアルがpdf形式でUPされています。
RZセッティングマニュアル他付属資料
印刷はできますが、ファイル保存出来なくなっおり、ファイル保存するにはテクニックが必用です。
今度別記事でUPしておきます。

YUZOのセッティング以外にいろいろな記事も書かれていて、一度目を通すと面白いでしょう。

◆YUZOの取り付け
基本的にTZチャンバーとほぼ同じ形状をしていますね。バンク角を深くするため、チャンバーはフレーム、エンジン下に収まるようになっています。左側の駆動チェーンを避けるため、左チャンバーが前にせり出す格好になっており、エンジン前でクロスしています。
イメージ 3

この為、クロスはチャンバーを取り付けるステーの長さが左右で異なっています。左側ステーの方が若干長くなっています。
イメージ 4

イメージ 5

またTZもどきのせいか、フレームのセンタースタンドブラケットと干渉するんですよね。
左は前に出ているのでなんとかなるようですが、右は干渉を避けるためブラケットを45度程度曲げないと当たってしまう様です。干渉を避けるため、この右側チャンバーのステーを外側にクランク状に曲げると当たらないという話もあります。
真偽の方は今度YUZOを取り付ける際に調べておきます。

◆オークションに見るYUZO
●350R用(ストレート)
▼G3K11 極上!! RZ350R YUZO ユーゾーストレート 検/250TZ  70,000円
これは綺麗でした。7万。価格も上等!TIG溶接跡が綺麗です。
イメージ 6


▼G5H02 RZ350R用? YUZOチャンバー (RZ250R)  6,5000円
錆々で汚いですけど、6.5万、これがね。いい値段してます・・・ 手が出ません。
イメージ 7


▼G5K15 未使用!極上!RZ350RYUZOチャンバー 50,000円
未使用・・・ あるんですね。20年以上経った今でも。これで5万は安いです。
イメージ 8


◆実車装着のYUZO
ネットで画像をかき集めました。まぁ、いろいろですね。
春辺りに私のRZに装着した画像をUPします~ 乞うご期待~

▼①Fブレーキ以外ドノーマルですね。惜しむらくはチャンバーの耐熱巻き物ですね。でもなかなかいいバイクです。
イメージ 9


▼②シングルシート風ですね。昔、ヤジマ製シングルシートなんてのもありましたね。
私はノーマルシートが好きです。別に困りませんから~
ここにいらしたHOT RUNさんのバイクだそうです~ 今度一緒に走りましょう~
イメージ 10


▼③おおお~ 出た! チャンバー以外、ドノーマル。いいな~これ。私のもこんなのにするんだ!
よく見るとフロントダブルディスクですね。
イメージ 11


▼④いじくり倒してありますね。すごいです。オリジナルなんかねぇ~って感じです。でも良くまとまってますね。
イメージ 12


▼⑤このRZのステーはクランク状にまげてありますね。分るでしょうか~
イメージ 17


▼⑥ありゃ、ノーマル350ですね。ま、いっか。ミラーがZ2タイプになってます。残念。
イメージ 13


▼⑦R1-Z、3HMです。最後の2スト、ネイキッドパラツインですね。乗ってみたいです。
イメージ 14

イメージ 15


▼⑧’88年あたりの、RZRの最終型でしょうか。17inchなんですよね。
イメージ 16




ICARUS

RZテクニカルレビュー/28.YUZO 350用を斬る

RZテクニカルレビュー/28.YUZO 350用を斬る


マフラーは吸排気の効率を上げる作用を持たせるため、長さ、径、形状等がチューニングされます。
これは4スト、2ストも同じですね。2ストの場合、大きく膨らんだマフラーをチャンバー(室の意)といいますね。

エキゾースト系は、排気脈動の反射波を利用して、次の排気工程でシリンダ内の残留ガスを吸出し、ポートが閉じる前に、正圧反射波で流出混合気をシリンダ内に押し戻します。
4サイクルですとこの作用で、シリンダ容積の1.4倍もの混合気をシリンダに押し込むことができ、すなわちこれで、大幅なパワーアップが計れます。

そんなこたあしっとるわい・・・ そですか。ですよね。
じゃあいきなり実践講座いきましょ。
まずはYUZO 350用チャンバーを叩き斬る!

排気フランジからの長さ位置とその位置での直径、断面積を調べて、YUZOの秘密に迫る!
フランジ位置をを0mmとして側面中心に沿ってスケールを沿わせ、メジャーで外径の周長を計ります。
計った周長は、直径に換算し、断面積を計算します。
YUZOの鋼板厚さは1.6mmの様です。
▼こんな感じでスケールを留めます。
イメージ 1


▼側面中心位置に留めてゆきます。
イメージ 2


▼50mm毎と、鋼板のつなぎ位置で、直径を計ります。小さな径はノギスで測ります。
イメージ 3


▼径の大きな所では、メジャーで周長を計り、Π(パイ=3.14159)で割り直径を計算します。
イメージ 4


▼測定結果 ODは外径、IDは内径、Sは断面積 単位mm、およびmm^2
位置外周odidS備考
0--35.0962フランジ
50-38.535.0962
10013842.138.61170
15014847.143.61494
20015850.346.81720
209160.551.147.61779溶接部
25017054.150.62012
29617855.752.22140溶接部
30018157.654.12300
35021468.164.63279
40023976.172.64137
450267.585.181.65236
46927988.885.35716溶接部
50031399.696.17258
545344109.5106.08825溶接部
600344109.5106.08825
650344109.5106.08825
690344109.5106.08825溶接部
750270.586.182.65359
80021267.564.03215
85015148.144.61560
89510031.828.3630
94010031.828.3630
940-62.060.02827溶接部サイレンサー
1192-62.060.02827溶接部サイレンサー
1192-25.422.5398
1258-25.422.5398出口

▼測定結果のグラフ。一番太い所のチャンバー外径は110mm。
イメージ 5


さて、ちなみに手元に250用YUZOもありますので、比較してみましょう。

▼上が250用、下が350用。
250用はD2G04で’82年製、350用はE4H10で’84年製。
イメージ 6


▼チャンバーの最大径は、250でΦ104mm、350用でΦ110mm。フランジから、最大径に至るまでの形状が、250の方が細い。
イメージ 7


▼サイレンサーに伸びる細いパイプ部分の補強の形状が違っていますね。
イメージ 8


▼サイレンサーからの排気出口の長さも違いますね。
イメージ 9


今回、特性解析の元となるYUZOの形状データを得ることが出来ました。
で、高回転型YUZOの性能を解明する排気脈動、共振回転数の計算は次回!
コンピューターを駆使して解析いたします!


ICARUS

RZテクニカルレビュー/27.YUZOスペアパーツ

RZテクニカルレビュー/27.YUZOスペアパーツ


今年1月25日にRZ250用YUZOを落札しました。


14000円で安くてまぁ、ボロいチャンバーで、スプリング、ステーも欠品でした。
自作しようかいろいろ考えていたら、検索でスペアパーツが引っかかりました。
これです。
イメージ 1

イメージ 2

                        
 部品番号  部品名            個数 単価(税込)  送料
 SP4-0112  EXフランジ-YUZOチャンバー用  1   4,200    740
あ~ SAOさんとこの部品なんですね。他にもSPGもあります。
 SAOテック チャンバーメンテナンスパーツ

イメージ 3


 部品番号  部品名            個数 単価(税込)  送料*1
 SP4-0019  ジョイントスプリング      1  945     240(740)

ん~結構高いですね。私の欠品はSPG2個だけですけど、アルミフランジもちょい曲がっています。

後から入手した350用YUZOは程度が良く、全く問題がなくそのまま使える上物でしたけど。
さて、250用YUZOはどう料理しますか~

昨年RZ250をOHしたとき、イノウエ、クラフトマンのチャンバー用のフランジをSAOさんところで製作してもらいました。イノウエ、クラフトマンのフランジのパイプ外径はΦ42.6mmで、一方YUZOはΦ41と細いです。どうせ作るなら一回り細くΦ41で作っておけば共用できましたね。
ちょい残念でした。


ICARUS

富山・高波 行方不明の87歳男性、倒壊倉庫で遺体発見

昨日24日、富山沿岸部で高波がありましたね。全国版TVで画像を流していましたが、あたかも津波が押し寄せたようでした。
そして多くの方が被災され、亡くなられた方もいるようで、大変な週末でした。



被害は富山の東方、新潟との県境に近い黒部川河口の入善、黒部でした。
イメージ 1


イメージ 2


この地域は、立山黒部アルペンルートで有名な黒四ダムある黒部川の河口の地域です。
富山では、海岸からルアーの投げ釣りでふくらぎといって、30~40cm程度のハマチの小さい魚が釣れ、私もよくここへ通いました。

今回の高波は、富山湾特有の寄り回り波といい、1000mという深い富山湾の地形がもたらす高波だそうです。

▼ちなみに冬の富山湾。波が高いですよ~
富山湾冬景色 ~1月22日~

富山は比較的自然災害の少ない地域だと思うのですが、堤防で釣り人がこの寄り回り波にさらわれるなどの事故も度々起きています。
静かな海に突然高波が起きるのだそうです。

蜃気楼等豊かな自然、ぶり、ホタルイカ、しろえびなど海の幸を提供してくれる富山の海ですが、一度牙を剥くと人間の手には負えず、改めてその力を思い知らされます。

被災された方をお見舞い申し上げ、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。



ICARUS

雑感 オークション/350エンジン チャンバー

雑感 オークション/350エンジン チャンバー

さて~ RZ250、350の必要大物パーツは大体揃っちゃいました。
そろそろ今年の計画を立て、OH、メンテをしていかねばなりません。
そんな状況ですけど、オークションでパーツを覗いちゃいますね~
既にかき集めたパーツですけど気になりますし、どんどんパーツがUPされてくるので見てるだけで楽しくなっちゃいますね。

さて、他人のオークションですが、ちょっと覗いちゃいましょ!

美品RZ350エンジン本体売り切り!!
イメージ 1

状態はとても良く、外観は、カバー類、シリンダー、クランクケース共に傷も無く綺麗です。エンジン内の状態は半年ほど前に腰上のオーバーホールを行っております。(ショップにて)ポート形状などはノーマルのままです。オイル漏れ等もありません!エンジンは今もバイクに載ったままで、寒くてもキック一発始動です!オークション終了までには、下ろしておきます。フレームも4UOからのエンジンの為シリンダーの刻印などはそのままの347CCです!自信のあるエンジンですが、事情により泣く泣くの出品です。
10万円の希望落札価格で終了でしたね。終了前にドドド~~~って価格が急上昇しました。
大体いつも入札してるのが3人ばかりいますね。その中に私も。1~2万の時にもしもに賭けて・・・
エンジンは0.5O/Sになってるようです。完動品ですね。でもね~乗ってきっちりエンジンを回してみないと調子なんてわかんないんですよね。クランク位相のずれたエンジンも掛かるだけなら掛かるし~


RZ350YUZOユーゾークロスチャンバー(rz250初期型)
イメージ 2

RZ350用 YUZO ユーゾークロスチャンバー JMCA規制前 腹下刻印 E2D07 他のマフラーに変えたので出品です。サイレンサーに傷凹みありますが程度はいい方だと思います。 写真で確認してください。15年前に350用という事で中古で購入いたしました。実際に使用していた期間は三年くらいで グラスウールも変えておりません。フランジ スプリング ステー類は全てユーゾーの付属品です。同じ時期のユーゾークロスRZ250用と並べて比べたところ一回り太いので間違いなく350専用です。
勝った~私の方が錆はありましたが品的には上物でしかも2.9万と安かったです。
・・・と自己満に浸るのもヤフオクの楽しみ方。
私のチャンバーも錆を落として塗装されていれば4万近くは行ったのでしょうね。


さて、そろそろ部品も揃い、ヤフオクを見る必要もないですが癖で覗いちゃいます。
OH、レストアしてる人はこんな高い中古パーツの虜になっちゃうんでしょうね。
レストア病ですね。
あ~そろそろ3月。車のユーザー車検も2台あるし、まだまだ寒いしなかなかバイクに手がかけられないですね。
まぁ、あと2~3週間もすれば暖かくなり身体の虫が疼いちゃうでしょうけどね。
そうそう、家に飼ってるカブトの幼虫が陽気で冬眠から覚めたのか昨日顔を出して動いてました。
でかくなってましたね。色もちょっと透き通っていました。
カブト日記でもつけますか!
RZのOHでそれどころではなかったですね。


ICARUS

2ndバイク RZ350/43. 350YUZOチャンバー 錆落としLH編

2ndバイク RZ350/43. 350YUZOチャンバー 錆落としLH編


さて、350用YUZO、RHチャンバーの錆落としに続いて、LHも錆落としです。
これでほぼ全貌が明らかとなりますね。サイレンサー周りや、フランジ周り等の細かいところはブラストや錆落とし剤でまた今度でしょうね。

さぁ、錆落とし行きましょか。

▼あ~そうそう、錆落とし前にブラケットはずしですね。片方紛失って出品者が言ってましたけど、ちゃんと両方付いてきました。これは嬉しかったですね。部品完備でしてます。左用がちょい長いですね。あとで寸法を取らねば。
イメージ 1


▼さて、LHチャンバーの錆落とし行きますか。上下は錆びて汚いですが、側面はさほどでもないですね。まだ耐熱塗装が残ってます。
イメージ 2


▼ひっくり返して反対側もざっと全体をチェックします。やはりこちらも所々錆の出ているところと塗装の残っているところとまだら模様になっています。牛さんの様ですね。
イメージ 3


▼温度の上がるポート付近の錆は酷いですね。
イメージ 4


▼サイレンサまでの絞りの部分。ここも酷いですね。
イメージ 5


▼酷い錆を見ると綺麗に落としたくなっちゃいますね。酷そうなところをいきなりバリバリ落としちゃいます!私が使ってる電動グラインダー+スチールワイヤーカップ、良いですよ。作業速くて手加減できて良いです。細かいところ用にショットブラストも欲しいですね。
イメージ 6


▼排気ポートフランジ付近の錆落とし。綺麗になったでしょ。遠目に見ればピカピカです。
イメージ 7


▼酷いところはOKそうでしたので、あちこち全面を綺麗にしてゆきます。
イメージ 8


▼チャンバーをひっくり返してLHチャンバーの左側面、マシンの外側の見える部分の錆落としです。ここがマシン、チャンバーの顔なんですよね。
イメージ 9


▼錆は酷かったですが、表面的で綺麗になりました。
イメージ 10


▼バリバリ落として行きます。
イメージ 11


▼バイクの顔となるチャンバーの腹を綺麗に磨きます。まぁ、素地としては綺麗な方ですね。
イメージ 12


総評
さて、ざっと錆落としをして程度を見てみましたが、穴開きはなかったです。程度も悪くは無いですね。
ステー欠品とか言われてましたが、結局欠品も無く、各部品の損傷も殆ど無く良い状態で、総評としては○Kですね。
29000円の価値はあるか・・・ 塗装してやれば、4万以上では売れそうだと感じています。
決して安い金額ではなかったですが、傷なしって言う状態を考えると安く買えたと納得しています。
4ヶ月ヤフオクで放置の、みにくいアヒルの子商品、安くGETできて満足です。
このYUZO、きっと私の元に来る運命だったのでしょうか~
まぁ、貴重なYUZO、手元でずっと大事にかわいがって手元に置いておくとしましょう。

これでエンジンチャンバーと揃いました。あとは高回転化対応のエンジンのをどうするかですね。
また車体、エンジン、チャンバーのOHと仕事がてんこ盛りです。
計画を立てねばなりませんね。
あと3~4年はいじくり倒して遊べそうです。
しかし、折角片付いた倉庫が再び部品で山盛り状態ですので、今日倉庫の片づけをします。


ICARUS

2ndバイク RZ350/42. 350YUZOチャンバー 錆落としRH編

2ndバイク RZ350/42. 350YUZOチャンバー 錆落としRH編


さて、まずはRHのチャンバーから錆落とし開始します。
しかし、これだけ錆が酷いと、内心焦っちゃいますよね。このチャンバー、穴開き大丈夫なんだろうかと・・・
ワクワク、ドキドキしながらチャンバーいじりの開始です。
しかしこのチャンバー汚い~~~
でも切磋琢磨、これぞOHの真髄! がんばるぞ、オ~~~~

▼開始前、まずこのきったないチャンバーをよくっみて。これからダイヤの輝きが・・・
イメージ 1


▼まず、一番目立つチャンバー胴部、しかもコテコテに錆が盛り上がってる場所をグラインダーにワイヤーカップを付けて磨いてやります。さぁ、錆具合はドダ!
ちょい腐食が進んであばたの様に凹みが出来ていますが、穴は開いていませんね。他はドダ!
イメージ 2


▼半分くらい磨いてみる。う~ん、いけそう。まぁまぁ、なかなかではないかい。溶接跡もしっかり残ってて、酷い腐食も無いですね。ちょい安心・・・ はできないか。
イメージ 3


▼一番熱が伝わり、温度の上がるポート近くを磨く。錆々の外見の割には意外と綺麗です。
イメージ 4


▼調子に乗って、反対側も磨いていきます~ををを~~~ いいね。磨くと綺麗です。
イメージ 5


▼綺麗~と見えますが、やはりあばた状。しょうがないっすね。軽くペーパーを当てればいいかも知れないですね。
イメージ 6


▼チャンバー胴部下面を磨きます。ここは錆の少ない場所で、やはり綺麗でした。これは嬉しいです。
イメージ 7


▼サイレンサーにかけてのテーパ部分。いいですね。まずまずです。ブラケット類の溶接もしっかり付いてますね。OKです。
イメージ 8


▼前半分大体錆を落としてみました。いいですね、この金属地肌の感じが。
イメージ 9


▼前から見るとほ~~ら、こんな感じです。このままクリヤーでもいけそうな感じですね。
イメージ 10


さぁ、まずはRHの荒々錆落とし迄でした。
良いとはいえませんが、悪くも無かったです。この分ならLHも同じく悪くもないのでしょうね。
このチャンバー、このまま塗装して即使用に耐えれますね。とても嬉しいです。
250用のガタボロYUZOもOHしなければならず、やることが多すぎ、少しでも後の仕事が減って一安心です。
塗装、黒半艶がオーソドックスですが、黒艶あり、金属地肌クリアー塗装ってのもありますね。
どうしようかな。まずはビニール袋に入れてひとまず保管ですが、錆びる前に塗装せねばなりませんね。

次はLHチャンバー錆落とし編です。

ICARUS

2ndバイク RZ350/41. 350YUZOチャンバー 到着編

2ndバイク RZ350/41. 350YUZOチャンバー 到着編


4ヶ月も売れない、こ汚いYUZOを直取引で買ったと言いました。


実は今週既に到着していて、左右両方のチャンバーも荒々錆を落として磨き上げてあります。

さぁ、購入金額29000円は高いか、安いか、早速見てみましょう~

▼さぁ~YUZOチャンバー到着です! あれ、なんちゅう質素な梱包。エアークッションのみって大丈夫なんかいな!こんなの初めてだよ。ダンボールを巻くなり、エアークッションを3重くらいに巻くなりもうちょっと気遣いが欲しいところですね。錆だらけの商品にももうちょっと気遣いがあれば売れたのでしょうね。でも逆にそういう誰も見向きもしない廉価商品はチャンスですね。
イメージ 1


▼と文句といい、不安を覚えながらも開梱! さぁ汚いチャンバーが姿を現しました!さぁ~てと商品チェック!
イメージ 2


▼フランジ部位分。フランジも変形無し、スプリングあり。ここらへんは錆が酷いですね。
イメージ 3


▼さて、チャンバー本体部分をチェック。錆の酷い部分と、薄い部分とまだら模様です。酷い部分に穴開きはないのでしょうか~ 不安になります。
イメージ 4


▼サイレンサーはめちゃんこ綺麗です。へこみも殆ど見当たりません~ これって嬉しいですね。出口は後期型の曲がったタイプ。ここはストレートに直したいですね。サイレンサーは後期型のΦ60。
イメージ 5


▼さて、ではチャンバーの裏側をチェック。あ~水でも垂れて伝わったように錆が浮いています。でもまだ塗装の残っている部分もあります~ちょい嬉しいっすね。
イメージ 6


▼さて、刻印はE4H10、RZ350用’84年9月10個目の製作ですね。ここは錆はさほど酷くありません。
イメージ 7



さてこのYUZO、やはり本体にはへこみやガリ傷一つありませんでした。オーナーは丁寧に大事に使っていたのでしょうね。早速錆を落として穴開きなどをチェックしたいですね。サイレンサーが綺麗なだけに、あと本体の程度が価値を決めます。
まぁ、まだ程度はわかりませんが、29000円に近い価値が出る可能性がありますね。

そして250用と350用のYUZOが揃ったので、早速サイレンサーの寸法を取り、比較をしたいですね。お楽しみに!

さて、次の記事は錆落とし記事です! 乞うご期待。


ICARUS

RZテクニカルレビュー/26.4U0エンジンコンプレッション再測定結果

RZテクニカルレビュー/26.4U0エンジンコンプレッション再測定結果


先日、自作したコンプゲージでRZのエンジンの圧縮を測りました。


昨年OHして慣らし中の350エンジンは、ヤマハのマニュアル記載の9.0kg/cm^2よる遥かに低かったです。
 エンジン型式        No.1 LH  No.2 RH 
 4U0 #1 660km   7.5kg/cm^2  7.5kg/cm^2

コンプゲージのプラグアダプタも新作した事だし、再測定と行きますか~~~

まずは、プラグアダプターを新作品に交換して計測。
▼No.1 LH 8.2kg/cm^2 お、上がりましたね。
イメージ 1


▼No.2 RH 7.7kg/cm^2 ちょい上がりましたね。
イメージ 2


う~ん、CRCを軽く吹いて、数回クランキング後、再測定してみましょ。
回転速度を上げるため、鬼キック! 3回度ほどクランキング!
▼No.1 LH 8.4kg/cm^2 お、結構いったぞ~
イメージ 3


▼No.2 RH 8.0kg/cm^2 お~ 8kg台、いったぞ!
イメージ 4



●まとめ
     エンジン型式        No.1 LH  No.2 RH  
初回測定 4U0 #1 660km   7.5kg/cm^2  7.5kg/cm^2
今回測定 4U0 #1 660km   8.4kg/cm^2  8.0kg/cm^2

まぁ、こういう程度ですね。再ボーリングして慣らし中だと8kg台でしょうか。
他のエンジンで4kg台って言うのもあったので、あまり当てにはならないのかもしれません。
でも測定できて何より。嬉しかったです。
今後も継続的に測定していきます。


ICARUS

RZテクニカルレビュー/25.自作!コンプゲージ、プラグアダプター

RZテクニカルレビュー/25.自作!コンプゲージ、プラグアダプター


昨日、リークテスタのテストをしましたが、プラグホールのジョイントからエアーがもれてるようでした。


で、今日は漏れないアダプターの製作です。漏れないアダプター。どうしても点火プラグを流用してみたくなりますね。昨日、NGKのプラグ画像をUPしてみました。とりあえずばらしてみましょ。

▼NGKのプラグの構造。中心電極を覆うのは陶器(セラミック)で、これを取り外し外の金属ネジ部を使いたいですね。
イメージ 1


▼構造より、6面部上のカシメ部をグラインダーで削り落とす。万力に咥えて、タガネで綺麗にバリをとってやる。そしてスパーク側より打ち出す。ハンドグラインダーではなく、固定の両頭グラインダーで丁寧にカシメを削り取る。
イメージ 2


▼すると、いとも簡単に電極が抜ける。こんな構造になってるんですね。プラグの中なんて初めてみました~電極部位は叩いたので碍子が割れてます。
イメージ 3


▼プラグ外部ケース部の拡大図。切断部のバリを綺麗に取る。このケースは肉が薄くタップは切れないので、エポキシ接着でエアー継ぎ手を埋め込む。いいサイズの継ぎ手を捜す。ちょうどΦ10の外径の継ぎ手があった。
イメージ 4


▼プラグにΦ9.6の穴があったのでΦ9.9程度に広げ、ここにエアー継ぎ手を打ち込む。
イメージ 5


▼エポキシを塗り、継ぎ手を打ち込む。隙間にエポキシを埋め込む。これで完成。う~ん、なかなかの出来栄え!
イメージ 6


▼B8ESと自作したプラグアダプター。なかなかGOODでしょ!
イメージ 7


▼まずは、コンプレッションから測ってみましょ。再度ゲージを組立て。
イメージ 8


▼側面から。これで完璧のはず!シンプルですけどいい感じでしょ。
イメージ 9


▼さぁ~エンジンにセットします。測定、行きます~
イメージ 10


これでちゃんと測れましたよ! 結果は別記事で!


ICARUS

RZテクニカルレビュー/24.自作!リークテスタ

RZテクニカルレビュー/24.自作!リークテスタ


さぁ、クランキング速度の問題も解明した事だし、エンジン診断第2段、リークテスタの製作といきますか!

メカニズム
一定圧のエアーを供給し、オリフィスで絞ってシリンダー内に供給する。
エアー漏れが無ければ、シリンダ内エアーは、供給圧と同じになる。
エアー漏れが有れば、シリンダー内エアーは、供給圧より下がる。
供給圧とシリンダー内圧の差を見ることでリークエアー量を知ることができる。

▼構造はこんな感じです。簡単です。
イメージ 1


▼さて、製作! これも手持ちの部品なんだな~ あっという間に完成。
イメージ 2


▼その前に、片方のプラグをはずしてクランキング速度が上がるようにしてもう一度コンプレッションを測定してみましょう~ 回転が上がると7.8kg/cm^2にまで上がりましたね~
イメージ 3


▼さて、エンジンに取り付けて測ってみましょ~ でも、圧が上がらず。
イメージ 4


▼ヘッド前のスピコンをねじ込み、エアーを止めると圧がちゃんと上がります。どこかシューシュー行ってます。
イメージ 5


▼プラグ穴のジョイント部のネジからのようです~ こりゃダメだ。リークテスタはごまかしが効かないですね。ここは何か対策が必要です。
イメージ 6


▼プラグを改造してなんとかジョイントを作ってみます~
イメージ 7


リークテスタは構造はOKと思いますが、ジョイントをしっかり製作しなくていけません。
コンプレッションも少し低かったかと思いますので再測定が必要ですね。


ICARUS

RZテクニカルレビュー/23.クランキング速度

RZテクニカルレビュー/23.クランキング速度


コンプレッションを測る時のクランキング速度はマニュアルに1000rpmとあります。

 1000rpm/60秒=16.7回転/秒

う~ん。キックでとてもこんな速度が出てるとは思われない!

という事でクランキング速度を調べてみました。

バイクのプラグを片方はずし、デジカメをセットし、動画モードでクランキングを撮影。

撮った画像をウインドウズムービーメーカーで音を解析。

イメージ 1


クランキング時のシュポシュポという音のピークを調べます。

クランキング1回目
 1回転目:2.80秒
 2回転目:2.93秒 時間差0.13秒
 3回転目:3.20秒 時間差0.27秒
 4回転目:3.60秒 時間差0.40秒

クランキング2回目
 1回転目:4.53秒
 2回転目:4.67秒 時間差0.14秒

回転数Nは N=60秒/時間差 で計算できます。

クランキング1回目
 1回転目 461.5rpm
 2回転芽 222.2rpm
 3回転目 150.0rpm

クランキング2回目
 1回転目 428.6rpm


結果

プラグを片方はずした状態でコンプレッションを測るとして、クランキング速度は400rpm程度。
マニュアル記載の1000rpmはとても出ない。
=マニュアル記載の9.0kg/cm^2なんて出ないだろう。

という結果になりました。
では、コンプレッションの基準値ってどれくらいなんでしょうね。
どうも私の作ったコンプゲージのプラグアダプターからエアがリークしているようなので再度測定してみます。


ICARUS

雑感 オークション/売れないYUZO 350チャンバー

雑感 オークション/売れないYUZO 350チャンバー


先日、全く入札が入らない、売れないRZ350用YUZOチャンバーの記事を書きました。
雑感 オークション/RZ350 YUZOチャンバー

そうですか・・・ 35500円、うすら汚れて錆びれて売れないチャンバー・・・
可愛そうに・・・

さぞかし出品者も困っている事でしょう。
出品されている商品もきっと泣いているはず。
ならば! ICARUSも男ぞ。
先日10万でデフギアを売却した勢いでもって・・・

 ひとつ、このヤフオクに何度も何度も出品し
 ふたつ、ふらちな高値設定で無入札
 みっつ、この世の醜い商品を
 落札してくれよう、ICARUS

イメージ 1


・・・
ええ。購入しました。落札ではありません。禁断の直取引。
値切りました~~~~
最初25000円で交渉開始。なかなか35500円から下がりません。
最後は29000円で手を打ちました。
まぁ狙い、落しどころは3万円と見て、3万が中間となるように25000円からスタートしましたので、29000円でOK、合格です。
送料は着払1530円。合計30530円でした。
やりました~ 結構粘って頑張りました~

さて、何ヶ月も誰も落札しなかったこのサビサビのチャンバー。
私はさほど程度が悪くないと見ていますが。
もうちょっと綺麗にしてあげればきっと買い手が付いたと思っています。
しかし、このチャンバー昨年11月頃から出品でしたからもう4ヶ月も入札無しの不人気商品でした。
購入が吉とでるか、凶と出るか・・・ 天国か地獄か・・・
みなさんはどう思います? 自分だったらどうします? やはりパスしますか?
残り物には福がある!
結果は如何に・・・



ICARUS


クライマックスの台詞は桃太郎侍より。

 ひとつ、この世の生き血をすすり
 ふたつ、ふらちな悪行三昧
 みっつ、この世の醜い鬼を
 退治てくれよう、桃太郎

雑感 オークション/10万円で落札頂きました!

雑感 オークション/10万円で落札頂きました!

イメージ 1


実は~~

先日、オークションに出品していた商品を落札いただきました。
商品はTE71用の6.7inchデフの5.375ギアセットです。
おそらくTRD製で、既にもう生産中止されている貴重なものです。
LSD付きなら14万ほどしたものもあるようですが、私のはLSD無しでしたので10万と値をつけました。貴重な部品だし、まぁ売れなきゃそれでもいいかと思ってずっと出品していましたが、ついに売れていきました。
1円スタート、最低入札価格8万円、希望落札価格10万円と設定しましたが、どうしても欲しい方の間で競られ、10万円で売れてゆきました。

このローギアードのデフは、学生時代に買ったTE71のラリー車に入っていたもので、クロスミッションとの組み合わせで抜群の効果を発揮しましたが、ダートラDには使いづらく、はずしてずっと保管していたものです。

ここのところRZ350のエンジン等を落札したのは、実はこのデフを売却した臨時収入があったからです。手元に入った10万でDELLのPCを買うはずだったのが、魔がさしてRZ350のエンジンを・・・
まぁいいんですけどね。

といことで学生時代の懐かしい、大切な部品が手元を離れて行くのはとても寂しかったです。
デフを綺麗にクリーニング、梱包していると、久々愛着が沸いてきましたね。
山々を走り回った懐かしい思い出が蘇ってきました。

手元を離れたTE71のTRDデフギア。
その思い出を、形を変えてRZ350に引き継ぐ事としました。
みなさんもそんな思い出、経験がある事でしょうね。
イメージ 2


ICARUS

temp1

=== ICARUS GARAGE 商品取付けマニュアル ===

[http://www.geocities.jp/icarus777z/download/manual_tacho_multi.pdf 多機能デジタル タコ・アワーメーター マニュアル(pdfファイル)]
[[img(http://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157957/02/68036302/img_2?1485441293,300)]]

=== カブへの装着例 ===
||||━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━||
||[[img(https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1798488/49/71113449/img_0_m?1492665422,260)]]
||[[img(https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1798488/49/71113449/img_1_m?1492665422,260)]]
||1.取付ブラケットを用意。強力タイプの両面テープとアルミ板。||2.幅60mm×長さ70mmの板を半折にする。||
||||━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━||
||[[img(https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1798488/49/71113449/img_2_m?1492665422,260)]]
||[[img(https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1798488/49/71113449/img_3_m?1492665422,260)]]
||3.カブのライト上に取り付けるので、曲面に合わせて板を曲げる。||4.両面テープを貼る。||
||||━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━||
||[[img(https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1798488/49/71113449/img_4_m?1492665422,260)]]
||[[img(https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1798488/49/71113449/img_5_m?1492665422,260)]]
||5.タコメーター付属のマジックテープを貼り付ける。広いほうの剥離紙を少しめくって曲げ、位置を合わせて仮止めする。||6.電池穴と位置を合わせる。||
||||━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━||
||[[img(https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1798488/49/71113449/img_6_m?1492665422,260)]]
||[[img(https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1798488/49/71113449/img_7_m?1492665422,260)]]
||7.位置がしっかり合ったら、剥離紙をはがす。||8.ブラケット側にもマジックテープを貼る。||
||||━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━||
||[[img(https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1798488/49/71113449/img_8_m?1492665422,260)]]
||[[img(https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1798488/49/71113449/img_9_m?1492665422,260)]]
||9.まず同じように端で少し仮止めし位置を確認する。||10.裏紙をはがして貼り付ける。||
||||━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━||
||[[img(https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1798488/49/71113449/img_10_m?1492665422,260)]]
||[[img(https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1798488/49/71113449/img_11_m?1492665422,260)]]
||11.カブ側取付面を脱脂する。||12.位置を決めて貼り付ける。リード線の引き回しをする。||
||||━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━||
||[[img(https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1798488/49/71113449/img_12_m?1492665422,260)]]
||[[img(https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1798488/49/71113449/img_13_m?1492665422,260)]]
||13.引き回し経路が決まったら、点火コード側に5回ほど巻きつけ、付属のケーブルタイでこていする。エンジンに触らないようにする。||14.余ったリード線はハンドル下にでも固定する。||
||||━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━||
||[[img(https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1798488/49/71113449/img_14_m?1492665422,260)]]
||
||15.タコメーターの設定をする。カブなど単気筒の場合、そのままでOK。エンジンを始動し、アイドリングで1000~1500rpm程度であることを確認する。|| ||
||||━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━||

不明な点はお問合せください。

RZテクニカルレビュー/22.RZ250、350チューニング記事

RZテクニカルレビュー/22.RZ250、350チューニング記事


20年以上前、RZを持っていたとき、いろいろ雑誌の記事を集めてファイルしていました。
この記事も雑誌の記事で20年以上大切に持っていたものです。
RZのステージ別のチューニングの仕方などが出ていていろいろ参考になるかと思います。
記事中にTZ350チャンバーも出てきます。入手可能な当時、とても欲しかったですが、買っておけばよかったですね。TZ350のチャンバーなんて見たこと無いですもんね。

速い、安い、効果満点 RZ250/350の30分チューニング

 ・画像をクリックすると拡大して見ることが出来ます。印刷して御覧ください。




ICARUS

RZテクニカルレビュー/21.RZ250、350コンプレッション測定結果

RZテクニカルレビュー/21.RZ250、350コンプレッション測定結果

今日19日、コンプレッションゲージを自作しました。
精度は悪くないハズなんですが、早速コンプレッションを測定して確認してみましょう。
現在手持ちのエンジンは4台。
圧力は、1kg/cm^2≒0.1MPa(=0.10197MPa)
RZマニュアル、標準圧力=9kg/cm^2 1000rpm
2月20日、リークテスターを製作しチェックしたところ、プラグ穴へ接続したジョイントからエアーが漏れていることが分りました。この為、測定のコンプレッション圧は若干低めに出ていると思われます。
エアー漏れが無いようにし、再度測定しUP致します。


所有エンジン一覧
4L3エンジン1号機 0.5mmO/S ボーリング後2000km程度 250搭載エンジン現在単体状態
4U0エンジン1号機 0.75mmO/S ボーリング後、660km 350搭載エンジン 使用中
4U0エンジン2号機 ヤフオク落札 5000kmエンジン STDボアの可能性
4U0エンジン3号機 ヤフオク落札 2~3万km走行と推定 STDボア



さて順に測定です。
4L3エンジン1号機 0.5mmO/S ボーリング後2000km程度 250搭載エンジン現在単体状態
▼No.1 LHシリンダ 4.2kg/cm^2
イメージ 1


▼No.2 RHシリンダ 4.3kg/cm^2
イメージ 2



4U0エンジン1号機 0.75mmO/S ボーリング後、660km 350搭載エンジン 使用中
▼No.1 LHシリンダ 7.5kg/cm^2
イメージ 3


▼No.2 RHシリンダ 7.5kg/cm^2
イメージ 4



4U0エンジン2号機 ヤフオク落札 5000kmエンジン STDボアの可能性
▼No.1 LHシリンダ 6.1kg/cm^2
イメージ 5


▼No.2 RHシリンダ 6.1kg/cm^2
イメージ 6



4U0エンジン3号機 ヤフオク落札 2~3万km走行と推定 STDボア
▼No.1 LHシリンダ 4.2kg/cm^2
イメージ 7


▼No.2 RHシリンダ 4.1kg/cm^2
イメージ 8




以上が測定結果です。
RZエンジンコンプレッションのまとめ
エンジン型式 No.1 LH No.2 RH 
4L3 2000km4.2 4.3
4U0 #1 660km7.5 7.5
4U0 #2 5000km6.1 6.1
4U0 #3 2~3万km4.2 4.1

総括
①マニュアルの1000rpmって無理ですね。キックだと200~300rpmが限界です。
9kg/cm^2に届かないのはそのせいもあるんでしょうね。

②4L3 低いです。回しすぎで、状態が悪いのでしょうか。でもエンジンは調子いいです。

③4U0 1号機:SAOさんとこでOH仕立ての660km走行、さすが圧縮は7.5出ていて、左右とも揃っており、調子が良さそうです。まぁキックならこんなもんじゃないでしょうか。

④4U0 2号機:出品者が調子が良かった、5000kmと言っていたエンジン。6.1と圧縮が高いです。きっとこのままエンジン使えますね。一度このまま搭載して火をいれ、調子を見ましょう。

⑤4U0 3号機:低いです。でも4L3と同じ程度なんですよね。まぁ他に不具合が無ければ調子よく回るんじゃないでしょうか。一度このまま車体に乗っけて、回してみますか~

さて、以上がコンプレッション測定結果です。
みなさんのエンジンデータ、コンプレッションデータも教えてくださいね!
待ってます。


ICARUS

RZテクニカルレビュー/20.完成!自作コンプレッションゲージ

RZテクニカルレビュー/20.完成!自作コンプレッションゲージ


先週、RZ350エンジンを2基購入し、バラシに入る前に調子を見ておきたいと思い、コンプレッションゲージについて調べました。
 RZテクニカルレビュー/18.コンプレッションゲージ自作検討
どうも自作できそうだと言うことが分り、早速手持ちの部品をかき集め、製作してみました。

部品は汎用空圧部品。SMCという産業用空圧部品メーカーの部品です。
回路は、前述の記事の通りで、圧力計、スピードコントローラ(スピコン)、継ぎ手、チューブを用意します。
さぁ、部品箱をひっくり返しながら、ああでもない、こうでもないと知恵を巡らせなんとか作ってみましょう。

▼まずは圧力計。ネジを見るとはずしたくなる、モノを見るとばらしたくなる。幾つになっても童心です。
イメージ 1


▼構造は、オーソドックスなブルドン管式です。でも意外と細かいですね。
イメージ 2


▼エンジンから圧力計までは、体積が少ないほうが圧力が高く、誤差が少なくなります。小さな継ぎ手をつけるため、圧力計を細工します。1/8ネジの真ん中にM5タップを切ります。元々Φ3が開いていますが小さすぎます。下穴Φ4.1ですが、Φ4.2~4.0であればOKです。切粉は綺麗に出します。
イメージ 3


▼M5タップを立てます。
イメージ 4


▼組立て。圧力計にΦ6-M5ハーフユニオンを付け、スピコン、Φ6-1/4ハーフユニオンをΦ6チューブで接続します。
イメージ 5


▼これで完成。シリンダからの長さはなるべく短く、体積は少なくなるようにするのが誤差を少なくするコツです。ここの測定器部分の体積が大きいと実圧縮比が小さくなってしまい、圧力が下がります。
イメージ 6


これで、どうやってヘッドに取り付けるかって? 1/4ネジ外径はM13、B8ESプラグはM14。合いませんが、タップのネジピッチがほぼ同じでした。ねじ込むとぴったり~~~
ヘッドはアルミなので、そっと締め付ければOKでした~~~ プラグ穴への取り付けに頭を悩ましましたが、これはラッキーでした。
でもちょいトルクをかけて締め付けないと漏れが出るかと思います。シールテープを巻いてみましたが、一度きりでだめになってしまうので、O-RINGを入れるといいかもしれませんね。

▼さぁ、エンジンのヘッドに取り付けて見ましょ。これはちょっと配管が長い始めのもの。後から長さを詰めました。
イメージ 7


▼ををををを~~~~~~~~ 動作しました! OKっす!
コンプレッションゲージ、手持ち余剰部品で出来ちゃいました~~
コスト0円っす!
イメージ 8


使い方
①シリンダヘッドにハーフユニオン(継ぎ手)を取り付けます。トルクは緩め。O-RINGを入れるといいでしょう。
②圧力計ユニットを接続します。
③圧力計が0になっている事を確認して、スピコンを閉めこみます。
④エンジンをクランキングし、最大圧力を測定します。
⑤最大圧力を確認します。
⑥測定が終わったら、スピコンを緩め、圧を逃がします。

さて、いきなりコンプレッションゲージの完成です!
なんかわくわくしちゃいますね。
さて、エンジンが4機あります・・・
早速測っちゃいましょ!
原理的には精度も問題ないはずなんですけど、ちゃんと測れるんでしょうか。
ドキドキ!


ICARUS

RZテクニカルレビュー/19.リークテスタ

RZテクニカルレビュー/19.リークテスタ


コンプレッションゲージが欲しくて、ちょっと調べました。

オークションを見ていたら、リークテスタに目が留まりました。

リークテスタ=圧漏れ測定器、ですね。

コンプレッションゲージは、クランキング時の最大圧力を測定する器具ですが、クランキング速度が速いので、多少のエア漏れがある損傷では、さほど圧も下がらず判別が難しいかと思われます。

ピストンを動かさず、内部に圧をかけ、その内圧の低下を測定するなら、微小な空気漏れも判別できそうです。

鋳造部品では、巣などによる空気、オイル等の漏れを検査するために、こんなリークテスタが使われています。これと同じです。



エンジン診断用テスターを自作!
イメージ 3

圧縮漏れの点検には、通常コンプレッションゲージを使用しますが、コンプレッションゲージで、正確に圧縮圧力を計る事は出来ません。
ピストンが上がった瞬間に、下がってしまいますし、次に上がった時は、排気バルブが開いてしまいますので、コンプレッションゲージの針は、一定の値を指しません。実際に、コンプレッションを計ってみると、「圧縮圧力は、10キロくらい???」という感じで、6気筒も計るうちに、バッテリーが弱ってきて、ますます「???」てな感じになってしまいます。
タイミングベルトが切れてバルブが曲がってしまった様な状態であれば、コンプレッションゲージでも圧縮のあるなしは判定できますが、微妙な気筒ごとの差はとらえられません。


さて、やはり自作される方っているんですね。検索するとちゃんと出てきました。
私も準備して頑張りましょう~


ICARUS

雑感 オークション/RZ350 YUZOチャンバー

雑感 オークション/RZ350 YUZOチャンバー


YUZOって20年以上経った今でも人気です。歳月が経てば経つほど伝説化して人気は衰えるところをしりませんね。

YUZOは、時折出ては片っ端から落札されて行きます。でもその中でも汚れて汚く高いものは落札されること無くずっと残りますね。

たとえばこれ・・・

★YUZO★ RZ 350 (検 RZ250 350 ユーゾー
イメージ 1

車体ナンバー4U0-01****のRZ350で使っていました。錆は出ていますが表面的な感じなので、まだまだいけそうです。サイレンサー部は結構きれいです。刻印ナンバー見ておきます。更新済み: 10月 14日 21時 14分刻印はE4H10です。更新済み: 11月 5日 8時 25分エンジン側についているスプリングが針金で巻かれています。(遊ばないように?)更新済み: 11月 17日 18時 53分画像追加しました。http://photos.yahoo.co.jp/pap19781109更新済み: 11月 17日 18時 56分これ以上の値下げは絶対にしませんので必要な方は早めにどうぞ。更新済み: 11月 17日 19時 13分片方のステーが見当たりません、探しますが無いかもしれないので純正を再使用してください。
イメージ 2

イメージ 3


このチャンバー誰も見向きもしません。程度の割りに値段が高いからです。

相場は4万円前後。極上品は6万円前後。程度の悪いものは2万円程度から。

このチャンバー全面錆びだらけ。しかも片方のステーも欠品。

これで35500円はちょい高いですね。私なら25000円なら落札します。

このチャンバー、全面錆びは浮いてるものの、出品者いわく、表面的な感じだと。

穴あきは無いのかもしれません。そうなら溶接補修も必要なく、錆び落とし、塗装だけでOKですね。

よく見るとサイレンサーはへこみや傷が見当たらなく綺麗です。

フランジ、スプリングもちゃんと揃っていてうまくいけばこのまま走れそうです。


そうですか・・・

なんか割と悪くも無い商品ですね。

でも誰も見向きもしないですね。

出品者も落胆している事でしょう。また落札されずに終了。そしてまた出品。

悪い品では無いと思いますが、残念な商品です。

今このYUZOが出品されています。


サイレンサーに凹みがあり、本体の塗装面も凸凹で結構錆で腐食しているようです。

しかしおそらく4万円前後まで値が上がるのでしょうね。最終価格がいくらか楽しみです。


ICARUS

RZテクニカルレビュー/18.コンプレッションゲージ自作検討

RZテクニカルレビュー/18.コンプレッションゲージ自作検討


まずエンジンをバラス前に、コンプレッションぐらいのデータをとらねば・・・

で、コンプレッションゲージを持たないので、用意せねば。

買うか・・・ いや簡単に作れそうだ。ちょっと考えてみよう。

コンプレッションゲージは、圧縮圧力の最大値をチェックバルブで保持し、圧力計で表示するだけ。

ならば圧力計とチェックバルブがあればOK。チェックバルブと、その開放ボタンの代わりに空圧用のスピコンを使えばOK。

いろいろ考えると、そんな時代遅れのメカ式よりデジタル式の圧力計を使えば最大圧力もホールドしてくれるので、チェックバルブも不要。

イメージ 1


ちなみにシリンダがある程度痛んでいてもコンプレッションは出る筈で、コンプレッションでは小さなシリンダの傷は分りにくいだろう。

だったらやっぱ、リークテスタですね。

圧力をかけながら、空気漏れするシリンダ内部圧力をチェックするリークテスタ、これがいいですね。

幸い、いろいろ検討すると、コンプレッションゲージとリークテスタは兼用できそうです。

まぁメカ式も製作して、電子式と精度を確かめる事とします。

自作、発端は、ストレート製のゲージが精度が悪かったというオークション記事を見たから。

まぁ、手元に10kg/cm^2までの圧力計もあったので一つ作ってみましょ。

やるならとことん~~~ やりまっせ!


ICARUS

RZテクニカルレビュー/17.ライバルVT250F

RZテクニカルレビュー/17.ライバルVT250F


ここにいらしたVT250FDさんのVTがオーバーヒートしたそうで、修理にお金が掛かりそうだとか。


ん~ 昔Z250FTやRZに乗っていた頃、VTも多かったです~

VTのエンジン、どんなエンジンだったでしょうか。

シリンダ一体型・・・ そうだったでしょうか・・・

さて、実は分解画像を持っていますので見てみましょ!

イメージ 1


イメージ 2


あ~クランクケース上半分にシリンダが一体になって居るんですね。

こりゃあボーリングするにしても、全バラが必要ですし、ボーリング自体シリンダのセットも何か適切なJIGが必用ですね。

まぁ、YAMAHAの2ストRZに対抗して4ストのHONDAが作ったVT、凝りまくりですね。

半分素人がおいそれと手を出せる気がしませんね。

これに比べるとシンプルなRZに一長がありますね。



ICARUS

RZ250/1 シリンダヘツド. シリンダ

RZ250/1 シリンダヘツド. シリンダ

イメージ 1

No.部品番号名称備考1備考2
14L3-11111-00ヘツド,シリンダ 11250専用
294703-00045プラグ,スパーク (NGK B8ES)2
390179-08314ナツト8
490201-122A7ワツシヤ,プレート8
54L1-11181-00ガスケツト,シリンダヘツド 11250専用
64L1-11311-01シリンダ 11
74L1-11321-01シリンダ 21
890105-08163ボルト,ワツシヤベースドヘツド2
990201-082A6ワツシヤ,プレート2
10278-11351-01ガスケツト,シリンダ2
1190116-08219ボルト,スタツド8

RZ250 4L3 パーツリスト/目次

RZ250 4L3 パーツリスト/目次

イメージ 1

イメージ 2


モデル名 : RZ250
ニックネーム :
モデル年度 : 1982
型式 : 4L3
カラータイプ :
カラー名称 : クリーンホワイト36(W)
/ニューヤマハブラック6G(NYB)
モデルコメント :
連番 : 010
発売年月 : 1982
カラーコード :

1.部品標準価格は、YAMAHA部品情報検索 価格在庫にてお調べ下さい。
2.アッセンブリでの販売部品は、その構成する部品の頭に(.)印をつけて一文字下げた状態で表してあります。

3.本文中に記載されています省略記号は次のようになっています。
STDスタンダード
UR選択
UN要数
APオルタネートパーツ
O/Sオーバーサイズ

4.フューエルタンク、 グラフィック、エンブレムが複数にて使用されている場合は、摘要欄に該当仕様色名が省略記号にて記載されています。
5.本モデルの打刻仕様、塗装部品の仕様は次の様になっています。
フレーム打刻型式・号機 4L3-050101~
エンジン打刻型式 4L3
カラー名称 : クリーンホワイト36(W)/ニューヤマハブラック6G(NYB)


RZパーツリスト/機種一覧

RZパーツリスト/機種一覧




RZ250R 29L パーツリスト (未作成)

時事 3面記事/相手に内証で性行為録画した男に無罪判決

時事 3面記事/相手に内証で性行為録画した男に無罪判決


相手に内証で性行為録画した男に無罪判決
[ローマ ロイター] イタリアの最高裁判所が、相手に内証で性行為をビデオ録画することは違法でないとの判決を下した。

 最高裁は、交際相手の女性に内証で2人の性行為をビデオカメラに録画した49歳の男性に対して懲役4カ月を言い渡した下級裁の判決を覆し、この男性に無罪判決を言い渡した。判決理由として、男性が録画した映像を第三者に配布していないことを挙げている。

 女性は、行為の様子を同時進行で寝室の壁に映し出すためにビデオカメラを使用することを承諾。しかし録画されていることは知らなかったという。

 2人の交際が終わった際、男性は女性に複数のこうしたビデオテープを渡していた。

バイクや車のブログになんでこんな記事を載せる~~~
趣味ブログですから~
で、コメントですね。

私も攻めてる所を撮ったり見たりするのは大好きですが、そりゃあバイクで峠をですね~
この盗撮した男と盗撮された女のベッドでの責め・・・ どうでもいいですよ~
でも共通するのは熱きハート、燃える心ですね! 爆!

イメージ 1

▲スッチーネタで集めた画像で、本文とは関係ありません~
ちなみに撮影は私ではありません~

ICARUS

RZテクニカルレビュー/16.コンプレッションゲージ

RZテクニカルレビュー/16.コンプレッションゲージ


古いRZを2台持っており、そして中古エンジンを2基落札しました。
エンジンの調子を調べるためにもコンプレッションゲージが欲しいですね。
今手に入れたエンジンバラス前にも是非現状のコンプレッションを測っておきたいですね。

それで、オークションで値段を調べてみました。

送料無料 ヤマハ 純正 コンプレッションゲージ 中古
イメージ 1

あるんですね、って言うかあるんですけど、オークションに出るんですね。へぇ~
でも1.5万は高いっす!手が出ません!ゲージのYAMAHAの文字が泣かせてくれます~

ガソリンエンジン仕様コンプレッションゲージ(テスター)
イメージ 2

これ安いですね。2500円ですね。どうも「ストレート製」の様ですね。大丈夫なんでしょうかね。
問題ないならこれを一つ欲しいですね。

コンプレッションゲージを購入し、使われたブログ記事もありますね。
コンプレッションゲージ
ついに、GET!②コンプレッション・ゲージ

でもコンプレッションゲージなんて、圧力計にワンウエイのチェックバルブ付いただけですよね。どう見ても・・・
自作も出来そうですね。圧力計なら一つあるんですよね。チェックバルブ、あったかな。
空圧と言えばSMC、あ~空圧のスピコンなら持ってるな。なんとか計測できそうですね。
いろいろ考えるとなんとかなりそうですね。
ちょっと探してみよう~
出来たら測って見よう~


ICARUS