ICARUS GARAGE

ヤフブロから引越ししました。ブログ閉鎖するYahooは糞だww★
2007/12≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2008/02

RZテクニカルレビュー/12.RZサーモスタット流用検討

RZテクニカルレビュー/12.RZサーモスタット流用検討


以前RZのサーモスタットについて書きました。

高いサーモの、安い社外品流用を考えてみましょ。


さて前回、ヘッド周りの形状や寸法をいろいろとって見ましたね。

ヘッド側の深さが32.4~39.5mmと意外と浅く、サーモが開いたときのクリアランスが問題となりそうでした。

ネットでもいろいろ調べてみると、日産系のサーモなども高さが低そうです。手元に何個かサーモがありますので、加熱して全開時寸法を調べてみました。

まず、なべに水を入れて加熱して行きます。

イメージ 1


温度の上昇と共に徐々にサーモが開いてゆきます。

イメージ 2


自動車用ならば82℃開放が多いですね。この温度で全開となるはずですので、まぁ100℃の沸騰まで温度を上げれば十分分かりますね。

イメージ 3


ほら随分開いたでしょう?

取り合えず試した2個のサーモをさっさと取り出して、寸法を測ります。こんな感じです。

イメージ 4


ヘッド側の深さは32.4~39.5mmでしたね。

全開時、左ダイハツサーモは、取り付け面から下が37mmですから、一番深いところでは避けていますね。

右日産サーモは深さ39mmですからヘッドの深いところでもクリアランスがぎりぎりですね。

ダイハツのサーモがよさげですが、外形が一周り小さく、外径Φ44ですので、なんとか取り付けはできる程度ですね。

なんとかなりそうですね。さて、一度取り付けて試して見たいところです。

サーモスタット&ガスケット 16341-87785-000 1400円 売値1260円 ダイハツ

RZ250R 29L 1983 29L-12411-00 サ-モスタツト \4053 あり
R1-Z   3XC1 1990 2YK-12411-00 サ-モスタツト \2531 あり
TZR250R    3XV1 1991 3XV-12411-00 サ-モスタツト \2468 あり

ちなみに純正OPTは、
717-12411-00 サーモスタット \7571 在庫あり
(383-12411-01 サーモスタット \7571 在庫あり)
4L0-12414-09 ガスケット  \735 在庫あり
90501-35712 コンプレッションスプリング 在庫なし

このダイハツのサーモ小さくて安いでしょ!

開放温度は82℃です。YAHAMAのはRZRが71℃、R1-Zが65℃、TZR(3XV)が50℃と低めに開放温度が設定されていますが、これは開放される時の温度で、開放された後は、ラジエター容量とのバランスにより高音で温度が一定バランスします。TZRが50℃開放だといって、全開時も50℃しか上がらないという事はありません。ですからこのダイハツのサーモでも問題ないハズです。

液体パッキンを使い、このまま取り付けできそうですので、今度試してみますね。
しかし、自動車用って安いでしょ。


ICARUS
スポンサーサイト



1月30日 ~しゃぶしゃぶ~

1月30日 ~しゃぶしゃぶ第3弾~


本日夕食、ぶりしゃぶでした!

ブロックのぶり買ってスライスしてぶりしゃぶの準備です。

イメージ 1


さぁ、綺麗にならんだでしょう? 私がブロックをおろして皿に盛り付けをしました~

手を合わせて合掌~~~ 頂きます~

イメージ 2


さっと、本当にさっと表面だけ色が変わる程度だけ湯に付けてさっとあげ、昆布ポン酢と大根おろしに十分浸して食べます。

イメージ 3


うんまぁ! 旨いです。 湯通ししたぶり身にポン酢の染みた大根おろしが絡まり、サッパリしたぶり身との絶品のハーモニーが味わえますよ。

この大根おろし昆布ポン酢って言うのがミソですね。

大皿に盛りましたがあっという間になくなっちゃいました。


今年は寒ぶり不良の様ですが、冬場のこの季節、旬のぶりは最高で是非食べたい一品ですね。

まだ、ぶりしゃぶご存知でない方も一度どうぞ!


ぶりしゃぶ普及委員 ICARUS 

1月30日 ~しゃぶしゃぶ~

1月30日 ~しゃぶしゃぶ第3弾~


本日夕食、ぶりしゃぶでした!

ブロックのぶり買ってスライスしてぶりしゃぶの準備です。

イメージ 1


さぁ、綺麗にならんだでしょう?

手を合わせて合掌~~~ 頂きます~



さっと、本当にさっと表面だけ色が変わる程度だけ湯に付けてさっとあげ、昆布ポン酢と大根おろしに十分浸して食べます。



うんまぁ! 旨いです。

大皿に盛りましたがあっという間になくなっちゃいました。


今年は寒ぶり不良の様ですが、冬場のこの季節、旬のぶりは最高で是非食べたい一品ですね。

まだ、ぶりしゃぶご存知でない方も一度どうぞ!


ぶりしゃぶ普及委員 ICARUS 

RZテクニカルレビュー/11.RZサーモスタット流用検討

RZテクニカルレビュー/11.RZサーモスタット流用検討


以前RZのサーモスタットについて書きました。

 RZテクニカルレビュー/5.サーモスタット 純正OPT品、KITACO製品


サーモの入っていないRZは暖気も遅く、寒い日はオーバークールとなるので是非サーモが欲しいところです。

昔あったKITACO、ISHIIのサーモはありません。(ないはず)

純正もサーモ本体だけで7500円、全部品で10000万円近くになります。ぼったくり!

そこで、自動車用の1000円前後と安いサーモの流用を検討します。

▼RZ250のシリンダヘッド サーモケースをはずすと、サーモを入れてくれとばかりに穴が開いている。後からのサーモの追加を考慮したものには間違いない~~~~
イメージ 1


▼手元にある自動車用サーモをヘッドに合わせてみる
イメージ 2


▼ヘッドにサーモを納めてみる。う~ん、なかなかピッタリ!
イメージ 3


▼ヘッド裏側から中のサーモの状態を見てみる。サーモって水温が上がると真ん中の部分が飛び出してくるんですよね。このままでは温度が上がると、シリンダヘッドと飛び出たサーモの中心が干渉してしまいNGですね。
イメージ 4


さてさて、サーモの真ん中の飛び出し量の少ないものを探さねばなりませんね。
それか、サーモカバー側にサーモを加工して食い込ませてしまうかですね。
純正OPTに有ったとかいう今は欠品しているSPGは、ケースの中にいれ、サーモを押し付けるSPGだったのだろうと思いますが、これを真似て、同様にケースとサーモの間に逃がしのSPGを入れてしまうかですね。これなら何とかなりそうです。

▼RZシリンダ、冷却水出口周り寸法
イメージ 5


▼サーモスタットの動作図、RZへの流用図
イメージ 6


▼サーモケース取付面の形状(転写)
イメージ 7




ICARUS

雑感 オークション/RZ350エンジン その2

雑感 オークション/RZ350エンジン その2


350は350でも350Rのエンジンです。めちゃ少ない350Rですがたまに出てきますね。
私も350Rのエンジンは欲しいですが、ノーマルで乗るならいいですが、吸排気をいじるならさほど評価はしていません。逆に必要ないと。
まぁYPVSマークははったりとしては効果抜群ですが。
さて、引き続きオークションウオッチング行って見ましょ。
意外と楽しいです~


カスタムに!☆RZ350R☆エンジン☆希少 101000円 開始日時: 12月 24日 15時 54分 終了日時: 12月 31日 23時 54分
イメージ 3

今日。自分のRZから外しました。●希少なRZ350Rのエンジンになります。 ●5年程前まで走っておりました。しばらくバイクに乗らずエンジンがかからなくなってしまいました。直してカスタムしようと思ったのですが、時間がなく出品致します。 ●シリンダーに「31K」の刻印あり。下部クランクに29Kの刻印あります。。 ●オイルポンプは350の物かは確認できません。オイルポンプのワイヤーが外せなく途中で切断しております。(問題はないと思います。) ●自分は4L3初期RZ250のフレームに載せておりました。 ●圧縮もあります。 ●ポートからの目視ですが見た感じではとても綺麗です。排気側からも大きいダメージ無く綺麗に感じます。
350R(29K)のエンジンを初期RZに載せる人がいますね。4U0は45ps、29Kは55ps、そのままだと29Kの方がパワーがあります。でもチャンバー変えたりチューンするとどうなるでしょうか。
YPVSは低速補うだけですし、ポートをいじらなければパワーチェックのデータを見ても4U0と29Kでトップパワーは60~70psぐらいでやはり変わらないようです。
4U0、45psから29Kの55psへなぜパワーが上がったのでしょうか。私は吸排気系のモディファイの影響が大きいと見てます。つまり4U0のメーカー純正チューン版が29Kだろうと。
すなわち4U0はまだパワーアップする余地が大きく、29Kはその余地が少ないと。
よく知られた話ですが、RG250Γのポート形状を決める際、空冷RG250(30psだったかな)でΓの45psのポート形状を決めたと。
中低速を気にせず、TOPパワーを狙って吸排気をチューンするなら、初期RZに29Kエンジンは必要ない、すなわちYPVS無しの4U0エンジンだけで十分だと。
4U0はVM26、一方29KはVM28+メーカー純正チューンチャンバー(+YPVS)、45psと55psの差は当然。チューンすればこの差は消えるはず。
水冷で同じボアストロークの同じ排気量なら当然の事ですが。
しかし、RZ350Rエンジンへのスワップって最強伝説のごとく思われています・・・
でも欲しいですね、29Kエンジン!


希少RZ350Rエンジンハーネスメーター3HMCDIセット 160000万 開始日時: 1月 17日 10時 2分 終了日時: 1月 20日 20時 50分
イメージ 1

イメージ 2

●腰下は29L・腰上1UA 349mlの刻印あり。 ●3ヶ月前に実働・試運転した車体からはずし前オーナーから譲って頂いてからは車庫保管です。 ●チューニングショップAtoZにて組んでもらい、セッティングはプロショップエディーで行ったそうです。 ●走行距離は不明ですが、異音もしませんでしたし、排気口から覗いてもピストン側面にキズはありません。 ●ヘッドボルトはエディーのアルミ製です。 ●画像にある29L用ハーネス(長さ加工あり)・希少3HM用CDI・NSR集中スイッチ(パッシングスイッチ欠けあり)・メーターをお付けします。
でましたね。350Rへのフルキット! あ~欲しいなと思わず考えてしまいますね。
でもね、これやっちゃうと折角のノーマルRZがエンジンの「YPVS」のマークで台無しになってしまうんです。前にも書いたように給排気をいじれば4U0と29Kの差はほとんどありません・・・
と言い聞かせつつスルー 高いっす、16万は!


こうやって見ると欲しいエンジン沢山ありますが、お金が幾らあってもたりないですね。
フレームも修理の終わっていない今はじっと我慢ですね。
でもきっとそのうちフルチューン仕様の250か350でデビューです!



ICARUS

雑感 オークション/RZ350エンジン その1

雑感 オークション/RZ350エンジン その1


高回転の張り裂けるような排気音、エンジン音ってとても魅力的でしびれちゃいますよね。私はバイクも車も、2ストも4ストも高回転ガンガン回して乗るのが大好きです。
もう貴重なクラッシックバイクとなったRZを高回転ぶん回す、そこまでするこたぁない、それは事実。
でもRZの高回転のはじけるチャンバーサウンドって大きな魅力の一つなので、高回転仕様に仕立ててみたいですよね。

①まずはチャンバー
TZチャンバー欲しいですけど世の中、オークションにもそんな希少なもの出やしません。それならば次にはYUZOですね。

②吸気系はTMXとかが欲しいですけど、未だ手に入るTMX30は5.5万くらいと高いのでとりあえずエアクリはずして金網+ノーマルVM26ですね。2ストは吹き返しが多く、オイルでエアフィルターがすぐ詰まっちゃうんだそうです。ちなみにTZのキャブはΦ38ですね。

③高回転回るようになれば次は壊れないエンジン作りですね。RZはチューンするとクランク位相ズレが生じやすいので昔からピン打ちなどズレドメ処置をします。RZ350のベースエンジンを手に入れ、ズレドメ加工した29Lクランクをぶちこむoyamadaチューンを施します。
圧入部はピン打ちだと外れることがあるらしいので泣く泣く溶接ですね。

という事でまずはRZ350のエンジンと29Lクランクの入手ですね。
RZ350のエンジンが手に入れば、シリンダを付け替えれば250にもできますしね。
250ベースだと、350シリンダや2万と高価なオイルポンプの交換もあり費用がかさんでしまいますもんね。

29Lエンジンは比較的新しいせいもあって安いですね。クランクはOHするので、ズタボロの腰下でもOKです。350エンジンもずっと出物を探しているんですけどたまにありますね。
さて、最近のオークションを振り返ってみましょ。



RZ350 4U0 4L0エンジン 50000円 開始日時: 12月 22日 21時 31分 終了日時: 12月 29日 23時 31分
イメージ 1

初期型RZ350のエンジンです。このエンジンは、私が大昔に乗っていて、その後ずっと放置していたRZを復活させる為に、2年程前に購入しましたが、当時物のエンジンが奇跡的に使えたので、予備として保管していましたが、結局必要なさそうなので出品します。クランクケースに4U0の刻印があり、左右シリンダーには4L0の刻印があります。尚、右シリンダーには347cmの刻印がありますが、左シリンダーは排気量の刻印は削られていますが、4L0と4U0の刻印から350だと思います。また、シリンダーヘッドの後側に付く水ホースを取り付けるブラケットが欠品しています。クランクは回ります。また、ボコボコと圧縮もしています。左右のピストンはポートから見える限りは大きな傷は無さそうです。キックペダル、右シリンダーの排気のスタッドボルト2本、左右のクランクケースに付く丸いカバーはありません。気付いた限りではこれ位ですが、見落としが有るかも知れないので、写真を参考にして下さい、また、内部までは分からないですが疑問があれば質問して下さい。分かる範囲でお答えしたいと思います。点検や作動確認はしておりませんので、詳細は不明です。また、2年前の購入時の説明も「350エンジンでクランク回り、圧縮あります。」との説明だけでした。
このエンジン綺麗なんですよね。シリンダの347cc削ってあるところがネックです。やはりオリジナルに拘るなら外観はノーマルでないと。しかも「347cc」は350の大事な象徴!


RZ350 エンジン 56000円12月 31日 10時 15分 終了日時: 1月 7日 22時 15分
イメージ 2

部品取り車からはずしたものです。  走行確認はしていませんがエンジンは始動しました。 異音もなく調子はよさそうです。  クラッチは張り付いていると思われますがギヤはスムーズに上まで入りました。オイルポンプは正常に作動していましたが3枚目画像の部分に欠けあります。    西濃運輸の着払いでお送りします。    梱包料・持ち込み料が別途1000円必要です。 
今から思えばこれも安かったですね。汚いですけど関係ないですね。


RZ350エンジン 4UO42500円 開始日時: 12月 31日 18時 18分 終了日時: 1月 7日 22時 18分
イメージ 3

RZ350のエンジンです。エンジンの始動確認しましたが、非常に調子がわるいです。レストアベースとお考えください。ピストンに大きなガリ傷があります。腰下の程度は良いです。クラッチ、ミッション動作確認済みです。
綺麗なんですよねこのエンジン。買っておけばよかったですね。でもピストンがOS入っていて、どこまでボーリングできるかわらないエンジンなんですよね。調子が悪いので焼きついてるのかもしれませんね。


RZ350エンジン RZ250 4L3 4U0 実働 98000円 開始日時: 1月 6日 14時 32分 終了日時: 1月 13日 22時 32分
イメージ 4

中古品ですが、問題なく使用可能です。動作確認済みです。全体的にはとても綺麗な方だと思います。現在、250のフレームに使用している為、排気量の鋳出しは有りませんが、エンジン番号は残って降ります。中古品の為、キャブのオーバーホール、エンジンOILの交換はお勧め致します。 
完動品なので高いです。でも347ccの鋳出し文字がないのですね・・・これで10万は妥当な価格でしょうね。圧縮8.2kg/cm^2で程度もよさそうです。


RZ250 エンジン(ジャンク) 腰上350 RZ350 23500円 開始日時: 1月 14日 21時 42分 終了日時: 1月 17日 21時 42分
イメージ 5

クランクケース刻印は4L3です。腰上は350になっています。シリンダーに少し錆はありますが、焼きつきはありません。そのままでも使用できると思いますが、ホーニングまたはボーリングしてからの使用をお勧めします。クランクもスムーズに回りますが、オーバーホール前提でおねがいします。ミッションは使用できません。クランクケースの左側のカバーの取り付け部が折れています。(取り付けは問題ありません)。ジェネレーターのカプラーが変更されています。シリンダーの排気量の刻印は削られていますが4L0の文字は残っています。左側がSTDサイズで、右側が0.25mmオーバーサイズのピストンが入っています。右側のケースカバーはRZ250R(29L)のものがついています。オイルポンプは250のものがついています。このエンジンはこのままでは使用できませんので、ちゃんとオーバーホールしてから使用してください。または使える部品を移植して使用するなど部品取りとお考えください。
う~ん、この347ccの刻印がないのがネックですね。私の350のシリンダーも347ccの刻印が削られているんですよね・・・ノーマルに拘る私としてはこれはいただけません~ でも文字を樹脂で作ってくっつけちゃうって手もあります~ あ~このエンジン安くて欲しかったですけど、オイルポンプが250用なのでしょうね。まぁ350用だとしてもノーマルオイルポンプだけじゃあぶん回すと焼きつく可能性が高まりますのでちゃんとタンクにもオイルを入れて混合油で!



ICARUS

雑感 オークション/YUZO

雑感 オークション/YUZO


先日落札した250用YUZOで欠品していたスプリング、リアステーについていろいろ調べていました。

14000円と破格で落札したんですけど、今年正月からRZ350用YUZOが数本出品されていました。

何故か350ストレートが多かったですが、新品は8万、中古で4万前後でなかなかいい値をしていて、いまいち手が出ませんでした。

▼安いものでは32500円のYUZOストレートもありましたね。
結構錆びてますが、程度はまぁまぁって感じに見えますね。
今更ながらにこれ欲しいな~って思っちゃいますね。
イメージ 1


YUZOは250と350で膨張室の太さ、容積が変わるそうですが、チャンバー、マフラーの類は排気圧力波が排気ポートに返るタイミングを決める長さが重要なので、ポート出口から急に膨らむテーパー部の長さが大事です。
膨張室の太さはさほど重要ではないはずなんですが、どうなんでしょうね。

昔はクロスチャンバーって結構はやりましたが、作りにくいので結構高かったですね。

もともとレーサーのTZがクロスで、’79年あたりのTZマフラーがいいという事らしく、当時、みなこれを真似した用で、YUZOもTZクロスに瓜二つです。

しかし、チャンバーならTZ用が最高という記事もあり、TZ用が欲しかったですがレース用って高いんですよね。

今は、TZ350用から寸法をとったKPのTZ350レプリカチャンバーが出てますね。

ここへも来られるoyamadaさんがKPが良いというのでKPさんのHPへ行き、TZレプリカという事を知って、その良さに納得しました。

回転が上がってもトルクが細くてパワーがないのではダメですね。回転が上がると潤滑も含めていろいろトラブルが出てきますので、回転はそこそこでパワーがちゃんと出るチャンバーがいいですね。

それからチャンバーと言えば形も大切ですね。

クロスはTZを彷彿とさせてくれますし、またストレートは左右でバランスが取れててカッコいいですし。

あちこち見れば見るほど欲が出ちゃいますね。

さてさて、まずは手元のYUZOのOHからですね。がんばるど~~



ICARUS

雑感 オークション/RZ250エンジン

雑感 オークション/RZ250エンジン


イメージ 1


このエンジンのオークションが先程終了致しました。

1000円から開始でキックが降りず汚いエンジンのせいかなかなか値段があがりませんでしたが、終了間際にドカドカ上がって16600円で終了ですね。

3~4000円なら買おうかと思ってましたが~

まぁ、OHするならこんなエンジンで十分ですね。

エンジンは38kgですので、輸送は埼玉から1800円程度ですね。これが一万円程度で手に入ればお安いものです。

先日買ったYUZOの性能をフルに引き出すためのエンジンにしたかったですね。

クランクは29LをOHして圧入部溶接を、ケース加工してぶちこんで壊れないエンジンが必要です。

まぁ、350用が一台あればいいんですけどね。

350用エンジンって10万ちかく値段が付くんですよね。

RZ250Rが出た頃はダブついて二束三文だったRZですが、高値の花です。

でも、一頃の加熱ぶりにくらべると随分値が下がってきたように思います。

250のエンジンを350にする時ってクランクケースは何でもいいんですけど、2万円する350用オイルポンプや、350用シリンダ、ピストン、ボーリング代が高くてネックです。

正月1日に350のエンジンが4万円で落札されていたのが非常に悔しいですね。

さてさて、RZエンジン、どうやって一台手に入れるか・・・



ICARUS

2ndバイク RZ350/34.落札YUZOチャンバー到着!

2ndバイク RZ350/34.落札YUZOチャンバー到着!


去る1月20日、23時19分、250用YUZO落札いたしました。
超特価、なんと14000円でした!
型式は「D2G04」ですから、RZ250用、82年7月4番目製造です。


そして本日24日夜、家に帰るとチャンバーが到着していました。

先日超美品シートを落札したばかりで嬉しさはさほどではありませんでしたが。

▼さて、めちゃ安くて結構程度の悪かったこのチャンバー、現物がとても心配です。
早速開梱!
イメージ 1


▼箱を開けるとチャンバーが見えた! おりゃ、どだ! まず全体を見よう~~
イメージ 2


▼YUZOはTZチャンバーと同じでこんな感じでセットかな??? お、いいね~~~
スプリング2個、リアステー2個は欠品なのです。
イメージ 3


▼まずはフランジから。錆びてはいけるけど、深い錆びではなさそう。穴あき、腐りもないです。
イメージ 4


▼チャンバー本体を見る!膨張室外側に転倒した凹傷が良くあるんだけど、これにはなし! オークションの写真どおりでしたね!
イメージ 5


▼チャンバーの命、この外側の凸凹具合を確認する。う~~~ん。いいです。錆びも酷くないですし、ところどころ鋼板の下地が見えてて、程度がよさそうです。耐熱塗装で防錆効果があったのでしょうね。
イメージ 6


▼右サイドチャンバー本体。この太い膨張室で排気衝撃波が半波長ずれてシリンダーに返り、掃気促進、吸気抜けどめをするんですね。ここまでの長さが短いと高回転型。
イメージ 7


▼左サイドチャンバー本体。凹傷、無いでしょう?
イメージ 8



総評
スプリング2個、ステー2個欠品。サイレンサーはボロですが修理可能。
修理の困難な命のチャンバー本体に酷い凸凹、傷、穴あきがないのであとは十分修理可能。
スプリングは購入、ステーは製作します。サイレンサーはステンを巻きなおして交換ですね。

かかった費用:本体14000円、代引き手数料420円、送料1690円=合計16110円

この金額でこれは安いっす!
綺麗に直せば4万円台で売れそうです。
さぁ、こんなの見るとRZに付けてエンジンかけたくなっちゃいますね。
サイレンサー凹ですが、走るだけなら十分このままいけますね。

さてスプリングの諸元を取って、部品を手配せねば。
ステー製作はそれからですね。
スタンドブラケットとの干渉も小細工でなんとか回避せねば。
それからチャンバーの塗装をはがして再塗装ですね。
やることいっぱいです。

え~と、この250用YUZOは、まず250に付けたいのですが、350エンジンがフレームに乗っかっているので、350でそろりと様子見だけですね。
250のYUZOって350にはトルクも細くなっていまいちという話を良く聞きます。
250ですと高回転まわっても、クランクずれたとかあまりそういう話は聞かないですね。

今の350エンジンは大事にノーマルのまま使って、高回転対応の強化350エンジンを仕立てるつもりです。
350エンジンって10万円コースなんですよね・・・



ICARUS

2ndバイク RZ350/33.シート落札

2ndバイク RZ350/33.落札シート到着!


本日1月18日、終了2分前に入札、9000円で落札したRZノーマルシート、本日到着です!
 2ndバイク RZ350/31.シート落札

▼帰宅するとダンボール箱に入って届いてました。
イメージ 1


▼早速開梱!
イメージ 2


▼出てきました真っ黒のシート!ベルトもちゃんとある。さて、程度はどだ!
イメージ 3


▼お! 艶々~~~ オイル塗ってあるんだろうけど綺麗だ~~~ 破れもなく、傷もなく、シート地もしなやか!
イメージ 4


▼全体をくまなく見てみましょ!う~~ん。なかなか・・・
イメージ 5


▼おりゃ、ケツの方からも眺めて・・・ こりゃ、上玉だ! 美品っすね! 表だけなら新品同様っす!
イメージ 6


▼裏も割りと綺麗!走ってるバイクは裏も汚れて汚いんですけどね。
イメージ 7


▼ベルトは表の縫い目が何故か擦り切れてますね。こんなの修正許容範囲!ノープロブレムっす!
イメージ 8


▼止め金具はちょい錆びてますね。その気になりゃあメッキに出せば修正できます~装飾用ニッケルクロムっすね!
イメージ 9


このシート、大変美品で15000円~20000円コースだろうと思いますが、9000円とお安く落札できて大変ラッキーでした!
昨年10月から粘って、粘って待った甲斐がありました。

落札したRZ350は大失敗のズタボロでしたが、シートはまじ綺麗で自慢来そうです!
RZ350に付けるつもりですが、今から楽しみです!


ICARUS

2ndバイク RZ350/32.250用YUZO落札

2ndバイク RZ350/32.250用YUZO落札


イメージ 1


昨日1月20日、23時19分、250用YUZO落札いたしました。

超特価、14000円なり~~~~~~!

程度は悪いですが、ズタボロではありません~~~

ボロ・・・ 程度です。

型式は「D2G04」ですから、RZ250用、82年7月4番目製造ですね。

サイレンサーの出口が’85年以降の後期型の曲がった形状をしていて、サイレンサーも太そうで、後期型のΦ60でしょうか・・・

’82年ぐらいの初期型ならピーキーで結構回るそうですけど、復刻したとかいう’92製じゃないか少々心配です。

え~~~ 商品のボロ具合・・・ サビはあるものの、全面サビだらけという感じでもないですね。これなら再塗装でいけそうです。

チャンバー本体に酷い凹はなさそうに見えますがどうでしょうね・・・ ちょい不安。

あと欠品は、フランジ取り付けのスプリング2個欠品、後端ステー欠品ですね。

スプリングは会社でついでに手配、ブラケットぐらいチョチョイのチョイで新作!

あ~そうそう、サイレンサーのステン筒は自分で直しちゃいます!

350エンジンに250用はいまいち回らない、トルクが細いとか言う話を聴きますが、そんなの試してガッテン、人柱になりましょう~~ またここでレポートして、試乗動画をUPですね!

ダメなら250にボルトオンですね。

センタースタンドブラケットの干渉、なんとか、チャンバー側の細工で逃げたいですね。

ちょいがんばってみます~

先日シートを落札したばかりでしたので、ちょい気がひけましたが、なんといっても8000円スタートで、なかなか値が上がらない商品でしたのでチャンスとばかりに終了5秒前に強引に入札。詳細残り時間は、オークション終了と表示が出ましたが、その後競合入札もなくそのまま落札となりました。

欲を言えば、もうちょい安く、9000円くらいならよかったですね。

さて、試乗してつまんなければ、綺麗に修理して売却です~

目指すはTZ350レプリカのKPチャンバーですね!

350は車体のOHも大変そうで、加えてチャンバーも修理が必要となり、やることがてんこ盛りです~

ちょい気が重い落札後でした!

イメージ 2


イメージ 3




ICARUS

娯楽 SKI/1月19日 牛岳SKI場

娯楽 SKI/1月19日 牛岳SKI場


▼牛岳山頂から北北東の方角、砺波、高岡方面を見る。
イメージ 1


19日金曜、SKI場へ行ってきました。
割と近くにある牛岳SKI場という所で、傾斜が割と緩く、フラットで長いゲレンデが特徴です。


標高1000mとやや低い山頂までクワッドリフトで一気に上がり、2000m以上の長さのゲレンデで滑降を楽しむ事ができます。

市外から30分~1時間程度で行くことができ、平野部に近い事もあって、富山平野を一望できるロケーションが特徴です。晴れた日は日本海までを一望することができ、またナイターでは、宝石箱をひっくり返したようなネオン瞬く夜景を満喫する事ができます。

この日は夕方3時過ぎに出かけ、7時頃まで滑っていました。
ゲレンデは、程よいフラットな圧雪状態で非常にコンデションが良く、とても滑りやすかったです。
コブも無く、私にとっては物足りないものでしたが。

SKIは今年に入って3回目で、行くごとにSKIを履き替えて滑っています。
最初は177cmと短くてお気に入りのDYNASTARの板、2回目はゴミ置き場でひらった182cmのSALOMONのEQ-DEMO 8200、そして今回は187cmと一番長く、古くから持っているSALOMONのエキストリーム系のFORCE9という板を履きました。

▼SALOMON FORCE9 エキストリーム系の、色も乗り味もPOPな板。187cmだが、意外と軽快な乗り味で重さ、長さを感じさせない。
イメージ 2


板はカービングでなく、全部昔の細いアルペンの板です。
DYNASTARの板は十数年前の板ですが、当時インプレでも評価の高かった板で、操縦性に優れ、コブにはうってつけの板です。

今回のFORCE9は187cmの長さを感じさせない軽さ、取り回しの良さを感じました。
元々エキストリーム系の板で、その味を十分に出しています。ただ、フラットなゲレンデではいいものの、コブの多いゲレンデでは板が長いこともあって取り回し性が悪くなり、短いDYNASTAR板をずっと愛用しています。

▼到着間もない16時半頃リフトから見た夕焼け
イメージ 3


▼山頂から2000m以上のゲレンデを見下ろす。このロングゲレンデが売り物。
イメージ 4


▼山頂から北方を見る。右手は県庁所在地の富山方面。
イメージ 5


▼ズームアップしたところ。奥に見えるのは富山湾ですね。
イメージ 6


▼中腹にて。ナイター照明がつくとこんな感じです。
イメージ 7


▼もう17時11分。日が落ちてそろそろネオンが瞬く頃~
イメージ 8


▼市外を良く見ると夜景の明かりが灯りだしてます。
イメージ 9


▼砺波、高岡方面も夜景の明かりが。
イメージ 10


▼ずいぶん暗くなってきて、ようやくナイターって雰囲気が盛り上がってきました!
イメージ 11


▼ほ~~ら、市外の明かりが随分いっぱいと。
イメージ 12


▼SKIって人気が下火ですね。バブルの頃は、リフト乗りに長蛇の列ができ、30~40分待ちだったのに・・・ まぁ空いてていいんですけどちょい寂しい~
イメージ 13




ICARUS

DIY/回転チェアー 背もたれ修理

DIY/回転チェアー 背もたれ修理


壊れたものは何でも直しちゃいましょう~

まずは自室の回転チェアーの壊れた背もたれです。背もたれの少し動く取り付けのプラスチック部品が壊れて背もたれが取れています。

背もたれのプラスチック部品は数個の部品に割れてコナゴナ状態で、これを瞬間接着剤で付けてみましたが、ぜんぜんつきません。

イメージ 1


イメージ 2


う~~ん、さてどうするか。木材でならこの部品を再生できそうです。現物合わせてちょっとがんばってみましょう。

ドリルで取り付けねじ用の穴をあけ、座グリをいれ、ノミで背もたれバーの逃がし溝を彫ります。出来上がりはこんな感じ。結構いけてるでしょう?

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


さて、これを仮付けして具合を見てみます。う~~ん、ナイスです。

イメージ 10


イメージ 6


このままではブラック調の椅子で、木の部分だけが浮いてしまいますので、さっとブラックで塗装しちゃいましょう。

まずは裏から普通のアクリルラッカーで塗装。

イメージ 7


そして缶の上に置いて外側を塗装して、30分~1時間放置。

イメージ 8


完成したら取り付けます。いい感じに仕上がりました~

イメージ 9


今度は、華奢な樹脂パーツでなく、ごつい角材を使いましたので壊れることもなくずっと長く使えそうです。めでたしめでたし~~
みなさんも故障品の再生に挑戦してみてくださいね!

Do it yourself!



ICARUS

雑感 オークション/RZ350R

雑感 オークション/RZ350R


イメージ 1


昨年、オークションにRZ350Rが出ていましたね。

部品取り、書付きで143,000円ですね。


陸送で3~4万円かかるので、合計18~19万という所でしょうか。

エンジンはキックが下りないので、焼き付きの可能性が高そうです。

タンクは錆もほとんど無く、シート破れも無く意外と保存状態もよさそうです。

RZ350Rって55psなんですよね。チャンバーだけで60ps超えてるバイクが多いですね。

キャブも含め、きちんといじると70psは狙えるんだそうです。

4L3にこの29Kのエンジンを積んだ話を耳にしますが、フロントが3速くらいまでポンポン上がるそうですね。

魅力的ではありますが、型式違うエンジン積み替えてそこまではね・・・

KPさんのHPでのパワーチェックでは、7~8000rpm以上では4U0と29Kのパワーカーブが完全に重なってましたね。

ポートタイミングなど、シリンダ基本が同じなんでしょうね。

だったら、4U0の350エンジンできちんとパワーを引き出せば29Kのエンジンと上では大差ないはず。

このRZ350Rは魅力的ではありましたが、そう思うと、さほどのものでないと自分に言い聞かせます。

そうですね。もう一台、350のエンジンを手に入れて、フルチューンしてみたいですね。

バンシークランクにTMXキャブ、KPかYUZOチャンバーで。

私の場合、まず全バラ状態のRZ350をまず復元するのが先な訳ですが~

シートもオークションで手に入れたので、レストアがんばりましょ!



ICARUS

2ndバイク RZ350/31.シート落札

2ndバイク RZ350/31.シート落札


▼落札したシート なんでこんな綺麗なのが入札無かったんだろうね。たまにこういう穴場的商品があるんですね。誰も目をつけてない商品が・・・
イメージ 1


▼裏も綺麗。さほど乗り込んでいない様子~
イメージ 2


▼ベルトは擦れた跡が見えますね。転倒の傷でしょうか。ちょい心配。縫い目だけなら自分で直しますか~
イメージ 3


本日1月18日、RZ用純正シートを落札致しました~~~

終了2分前に9000円で入札、競合なくそのまま落札!

やった~ 綺麗なシートで9000円は格安です!

通常12000~14000円近くは行っちゃいますしね。

昨年落札したRZ350の、シートが少し破れていて、シート皮だけ張り替えようか悩んでいたところです。

シート皮は既にヤマハの在庫切れでなし。でも最近、標準タイプのシート皮が出てるんですよね。これは嬉しい!

 シート張替 STANDARD
▼社外品にしてはめちゃできがいいシート皮!これで4200円は安いな~
イメージ 4


今の敗れたシートはオークションに出すか、シート皮を張り替えてスペアで持っててもいいかもしれませんね。そのうちシート張り替えてからオークションに出してもいいかもしれませんね。

さて商品の到着するのが楽しみです!

しかし、こんな感じで安くYUZOかKPのチャンバーを落札したいものですね!



ICARUS

食す 日本酒 松竹梅 本醸造

食す 日本酒 松竹梅 本醸造


イメージ 1


昨年末、富山の銘酒、銀嶺立山の記事を書きました。


先日、愛飲していたこの立山の一升瓶が空いてしまいました。

そして手元にあった松竹梅を開け、飲んでみました。

裏ラベルの説明によるとやや辛口、やや淡麗と説明がされています。

松竹梅って宝酒造だったのですね。

さて、味の方は・・・

やや辛口、淡麗と濃醇の中間ぐらいだと思います。

最初、やや甘みのある味が広がり、そしてややすっぱさのある味が広がります。

う~ん。

私には銀嶺立山の方が口に合いますね。

松竹梅は説明にある通り、上燗、45℃前後が合うお酒かもしれません。

飲み比べると、立山の旨さが引き立ちます。

口に入れると、お米の香りがスーッと広がり、サッパリしたフルーツでも口に入れたような爽やかさが広がります。

そして後味も、日本酒独特のツーンと来るすっぱみもなく、すっと喉を通り越していきます。

嫌味のない爽やかさが口の中に広がります。

上等ですね。

似たお酒は灘の酒で、「白鹿」があります。立山と非常に似た味を持っています。

学生時代、下宿でいろいろ飲んでおいしいお酒を知りました。

日本酒なら立山か、白鹿。

富山には越の寒梅とか有名なお酒や、新潟にも有名なお酒がありますけど、やはり立山。

甘口で濃厚な日本酒が多い中、正に淡麗爽やかな口当たりは絶品です。

そうそう、確か富山って辛口(淡麗)なお酒が多いんですよ。

新潟の鬼殺しとかは全国区の銘酒ですが、甘口のお酒でしたね。



ICARUS

神秘の海 ~富山湾~

神秘の海 ~富山湾~


富山は3000m級の山を背後に従え、周りを山に囲まれた扇状地を成す富山平野から成っています。

そして、湾を成す海は急に深くなり、富山湾で取れる魚は深海で取れる魚が多いのも特徴です。

ズワイガニもそうですし、ゲンゲというぬるっとした小魚も目が退化した深海魚だそうです。

そしてホタルイカ・・・ 生態はまだ謎に包まれているそうですけど、5、6月頃だったでしょうか、沿岸や海面にホタルイカが群遊してきます。

海岸では、ホタルイカの身投げと称して、海岸に打ち上げられるものもあります。

さて・・・

画像は1月7、8日頃の富山港近くの海岸です。

海岸を歩くと小さな・・・ そうホタルイカが!

誰かが捨てた訳でもなかろうし、きっとこの一匹だけ身投げですね~

食い意地張って、まだ食べれそうでしたけれどもね~~~

私も野生のホタルイカの身投げを見たのは初めてでしたけど、神秘的ですね。

今年は晩春に海岸へ着てみましょ。

網を持っていくと、がんがんすくえる時があるそうですよ!

そうそう、ホタルイカせんべい、しろえびせんべいってあるんですよ! お土産にどうぞ!

イメージ 1


イメージ 2


ホタルイカ 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
特徴
体長5-6cmの小型のイカで、体は褐色。体表に数百の発光器を有し、青緑色に発光する。この発光するさまから、昆虫のホタルの名をとり、ホタルイカと名づけられた。

分布と生態
世界にはホタルイカの仲間が40種類ほど生息している。 日本近海では日本海全域と太平洋側の一部に分布し、普段は200~700Mの深海に生息している。晩春から初夏までが産卵期で、一回あたり数千個の卵を産む。交尾と産卵は同時でない。 触手の先にはそれぞれ3個の発光器がついており、何かに触れると発光する。そのため敵を脅すためのものではないかと考えられている。体表の海底側(腹側)には細かい発光器があり、これは海底側にいる敵が海面側にいるホタルイカを見ると、海面からの光に溶け込み姿が見えなくなるカウンターシェイディング効果の役割を果たしている。海面側から海底に向かって見た場合はこの効果が働かないため、体表の海面側(背中側)には発光器はほとんど存在しない。 『ホタルイカの身投げ』とは、波によって浜に打ち寄せられたホタルイカを指す。

食用
食べ方は、刺身、佃煮、酢味噌和え、沖漬け、素干し、足だけを刺身にした竜宮そうめんなどがある。 古くより生食されてきた食材だが、内臓には旋尾線虫という寄生虫がいる[1]ので、安全に食べるには十分な加熱または-30℃以下で四日間以上の冷凍が必要である。好き嫌いが分かれる食べ物である。

北アルプスの夜明け 12月27日 

北アルプスの夜明け 12月27日


昨年末の東の北アルプスの夜明けです。
7時2分から21分までの画像です。
日本全国ほぼこの時間に太陽が昇りますが、富山の場合は、ちょうど東に位置する北アルプスから太陽が昇るんですよ。

場所によっては、丁度立山や剣岳から日が昇り、幻想的な情景を見せてくれます。
冬のこの季節が空気が澄んでいるせいか、とても綺麗に見えるんですよ。
みなさんのところではどんな夜明け、夕日が見えるんでしょうか・・・

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


ICARUS

ハンドメイド/食/ケーキ

ハンドメイド/食/ケーキ


ちょっとケーキを自作! 自家製ケーキ製作記録です~

トータルコストはまぁ、安いとは思いますけど、その製作過程が楽しいですね。

ケーキ作り自体はたいした事もないんですけど、デザインが楽しいですね。

さぁ、スパナを包丁に持ち替えて、解説行っちゃいましょか!

◆材料:ホイップクリーム、スポンジケーキ、桃などの缶詰、チョコ類、砂糖、トッピング、チョコペン類
◆道具:泡だて器、ボール2個、ナイフ、スプーン類、生板、包丁、ティッシュ、キッチンペーパー

▼氷と水を入れたボールに、ホイップクリームを入れたボールを浮かべ、泡だて器を入れ、泡立てます。
速度は最高速で! 泡だて器で手作業なんて無理です。
イメージ 1


▼1分経過後。だんだん泡だってきますが、まだドロリとしています。
イメージ 2


▼3分経過後。徐々に固まってきますが、まだ液体状です。砂糖を加えて甘みを整えます。
あまり甘くしないほうが生クリームの風味が出ておいしいです。
イメージ 3


▼9分当たりでこんなに固まっちゃいます。ここまで硬くしましょう。
イメージ 4


▼さて、大きなお皿に、上下二枚割になったスポンジケーキの下をセットします。
間に挟みこむ桃などの果物ひゃあらかじめ薄くスライスしておきます。
イメージ 5


▼スポンジケーキの上面に生クリームをたっぷり挟み込み、果物を並べてゆきます。
イメージ 6


▼そしてその上から生クリームを載せてゆきます。
イメージ 7


▼その上にスポンジケーキをかぶせます。これは上下逆の方が形がいいですね。
イメージ 8


▼上下を入れ替。これで形が整いました。
イメージ 9


▼さて、スポンジの周りにクリームを塗りつけていきます。こってりとって、伸ばして行きます。
イメージ 10


▼まず、荒く厚めに塗りつけます。
イメージ 11


▼そして仕上げに入ります。まず周りから、ナイフの背の直線を使って円筒の側面をきれいにならして行きます。
イメージ 12


▼側面が仕上がったら、上面をならして、そして角の部分をきれいに仕上げていきます。これでケーキのベースの仕上がり。
イメージ 13


▼そしてデコレーションをしてゆきます。今回はチョコで飾りつけ。イチゴアポロチョコと、マーブルチョコで飾りつけ。
イメージ 14


▼真ん中に文字を書く板チョコを乗せますので、真ん中を空けておきます。
イメージ 15


▼板チョコを表から切って、サイズを整えます。冷たいと割れるので、若干暖めた方がいいでしょう。人手で触ると解けるので、ティッシュなどを使うといいでしょう。
イメージ 16


▼これでケーキベースの完成!ホワイトチョコなので、黒やピンクのチョコペンで字や絵を描いて飾ります。
イメージ 17



ケーキは一晩寝かすとしっとりしておいしくなりますので、前の日に作って冷蔵庫に入れておきましょう。
冷蔵庫に入れておきますと湿気が出てきて、マーブルチョコの着色が解けたりしますので、湿気を嫌うものは当日付けましょう~

さて、完成したら、蝋燭を飾ってみんなで乾杯しておいしく食べましょう~~~
残った生クリームはコーヒーに入れたり、缶詰、チョコはそのまま平らげちゃいましょう~

コストはいくらでしょうか・・・
スポンジ500円くらい、クリーム300円弱、チョコ類3~400円、チョコペン3~400円、缶詰200円で合計1800円程度でしょうか。

さぁ、あなたもハンドメイド如何でしょうか!手作りの楽しさが華を添えてくれますよ!



ICARUS

RZ250 オーバーホール/23.禁断の!キーシリンダの秘密

RZ250 オーバーホール/23.禁断の!キーシリンダの秘密


今回、3箇所のキーをばらす機会があり、いろいろ分かった事をまとめます。

▼メインイグニッションキー背面を見ると銀シールに記号が書いてある。
イメージ 1


▼拡大した画像。このバイクではA44212と書いてある。
イメージ 2


▼これはメインと同じキーで回るシートロックキーシリンダをばらしたところ。
溝板の中の空洞部下部の寸法に注目する。
シリンダ奥から順に抜穴部下部寸法が、一番大、一番大、中間、一番小、中間
記号はA44212、すなわちメインキー背面の記号は溝板の形状を表している。
Aはおそらくキーの溝形状、4が溝板抜穴部下部寸法が一番大きい。そして3、2、1、と小さくなってゆく。
イメージ 3


キーは左右対称形状をしている。そして、キーは溝板の抜穴下部寸法の大きな所がへこんでいる。
すなわち、メインキー背面のこの記号を見ると、簡単にスペアキーが作れてしまうことを意味する。
記号から、KEY形状が割り出せてしまうんですね。
またキーを完全紛失してしまっても、このキーからスペアキーが作れてしまう。
う~~~こわ! こんなのバイクを盗んでくれって言ってる様なものですね。
ちなみにこのA44212はもう使ってないですから~~~

また、今回私の2種類のキーは44212の溝板の組み変えだけで改造することができましたが、単なる凄い偶然だったのですね。
溝板の種類は4種類、1、2、3、4。そして板は5枚。
組み合わせは4×4×4×4×4の1024通りですね。

バイクマニアとは別のマニアになってしまいそうだ・・・



ICARUS

RZ250 オーバーホール/22.タンクキーシリンダ改造

RZ250 オーバーホール/22.タンクキーシリンダ改造


さて、メインイグニッションキー、シートロックキーと突破してきました。残りはタンクキーのみです!

昨年、ゴロワの外装を落札した時にタンクに壊れたタンクキャップがありましたのでばらしてみました。

まず見てみましょ!

▼タンクキャップをばらしてキーシリンダ周りを取り出す!
イメージ 1


▼裏面はこんな感じ。溝にO-RINGが入っているので、そっと取り出すしたが切れてしまった。
おそらくこのO-RINGは取り外す必要がない。なぜなら裏からは取り外す仕掛けがない。
タンクの構造上、キー穴の溝は中まで貫通していない。じゃないとタンク内に水が入ってしまうから。
この中心に見える部分は、おそらく袋になったキーシリンダの背面。この背面からは外せない。
イメージ 2


▼上面にかしめてはめてあるキーキャップを外してみる。中には、キー溝シャッターがある。
このキャップはあかなかったので、マイナスドライバーでも差し込んで壊してあるので、中
構造がよくわからない。
イメージ 3


タンクキーはここまで・・・
他の壊れていないキャップでばらせば、全バラできるかもしれない。
キーを取り外す真鍮の爪は、他のシリンダの様にシリンダ背面ではなく、おそらく一番入り口にあるのだろう。キー溝の中辺りに細工があるハズ!

まぁ、ここはできなくともとりあえず1キーになったのでOK!
暇があればがんばってみます~



ICARUS

★★★キーシリンダ改造の秘密はFAN限定記事で御覧下さい・・・

RZ250 オーバーホール/21.シートロック改造

RZ250 オーバーホール/21.シートロック改造


先日、メインキー(イグニッションキー)シリンダの改造記事を書きました。


あっちさんのタンク、シートロックシリンダの改造のリクエストにお応えして~~~

シートロックシリンダ改造、でけました~~~ やった~~~

さて、早速解説行って見ましょ!

▼RZのシート右下にあるシートロックを取り外す。
イメージ 1


▼裏面の3本のねじを取り外す。
イメージ 2


▼そっと裏蓋を取り外し、中身を取り出してゆく。
イメージ 3


▼ウエス上に外した順に部品を並べてゆく。
イメージ 4


▼最後に、キーシリンダ背面にはめてある部品を取り外す。右の丸い部品。シリンダ内に突き出ている真鍮の爪を中に押し込むとシリンダが前面側に引き抜ける。
イメージ 5


▼外したシリンダに、元のキー(黒マジック印のキー)を入れると爪が綺麗に全部引っ込む。
イメージ 6


▼他のキーを入れるとこんな風にでっぱり、キーは回らない。
イメージ 7


▼シリンダに入っている溝板を順に取り外す。新しいキーを入れても出っ張りが出なくなるよう溝板を入れ替える。
イメージ 8


▼新しいキーを入れてみる。このとおり大成功! やった~~
イメージ 9


▼シリンダをケースに収める。この位相で、爪を押し込んで入れればすっぽり入る。メインキーより簡単。
イメージ 10


▼裏面を見ると、抜け止めの真鍮の爪がちゃんと飛び出ている。OK!
イメージ 11


▼取り外した部品を全部納めて新しいキーを差し込んで動作を確認する。OK! これで完成!
イメージ 12



うれしいです。マジで!

これで今まで2本キーだったのが、1本キーになりました~~~~!!!

あ~~ 満足。

さて、後残るはタンクキーだけですね・・・



ICARUS

★★★キーシリンダ改造の秘密はFAN限定記事で御覧下さい・・・

RZテクニカルレビュー/10.バイクサイト紹介

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

RZテクニカルレビュー/10.バイクサイト紹介


まぁ私が書かなくとも、みなさん面白いサイトをご存知かと思います。
私の備忘録としてリンクと紹介を書きました。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157957/img_1157957_30426215_1?1200050218



1973 saw the introduction of the bike which was about to transform the 350cc GP class worldwide, the incredible TZ350A. The inclusion of water-cooling in addition to other slight improvements over the bike's air cooled predecessors, the TR2, TR2B and TR3, saw Yamaha's 350cc production offering fast becoming an almost unbeatable weapon in the hands of the right rider.


The diagram shown is a "port map" of the TZ350 F/G 6 port cylinder reproduced with the kind permission of Ed Erlenbach, .........thanks Ed !!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157957/img_1157957_30426215_2?1200050218


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157957/img_1157957_30426215_3?1200050218


う~ん、凄いものを見つけてしまった!TZのポート図面だと!こりゃ、お宝だ!
TZ350、Specificationsもあるよん。
Mikuni VM38SS、72ps/11000rpmっすか。凄いすねレーサーは。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157957/img_1157957_30426215_4?1200050218


レース中盤のトップ争い、ちなみにすべての車両がロータリーバルブ、スクエア4。
#3がスズキRGγのランディーマモラ。#1はヤマハYZRの"キング"ケニーロバーツ。
#11は市販RGのプライベーター、ジャックミドルブルグ。
マモラの後方の緑のマシンはカワサキKR500のコークバリントン。

いんやぁ~懐かしい名前ばっかすね。コークバリントン、いましたね~ケニー、マモラ、古きよき時代です!


 ◆KP

所在地 334-0063 埼玉県川口市東本郷 617-1
名称 KP  代表 杉本敬八 電話/FAX 048-284-3616 メールアドレス kp-inc@sainet.or.jp

川口プロダクツ・・・ KPでしょうか?
oyamadaさんのKPチャンバーがよさげでしたので問い合わせメールを入れれど返事なし。痺れを切らして電話しちゃいました~ まぁ親切で、丁寧に対応してくださいました。KPのチャンバーはTZ350のCOPYモデルなんですね。まぁYUZOもほとんどCOPYなんでしょうけれど~~
ですから高回転まで良くまわるんしょうね。TZ350後期型の1980年代のチャンバーはRZにつけるととてもいいと評判でした。当時の記事も持っていますので後にUPしましょう。
まぁいろいろカスタムもしてくれるようですけれど、TZ350レプリカチャンバーとして乗っちゃうほうが、気持ちいいかもしれません。TZ350チャンバーと思えば、YUZOに引けをとる事はありませんね。


◆RZ250RRのページ
RZ乗りには有名な
YUZOストレートを入れてみました。ところが、装着して走ってみるとあれあれ?想像と違うよこれは…。
8000rpm以上は、メーター振り切るまで回って凄いのですが7000rpm以下は回転上昇は重いし、
アクセルのツキは悪いし、だんだんカブリっぽくなってくるしで全く乗りにくい。これでは、ダメだ。
と言う訳で、キャブセッティングの開始です。ここでも、にえさんのWebにお世話になりました。(感謝)
まず、取り説によると基本的にはノーマルジェッティングで良いが5~6000rpmの回転が重い時は
ジェットニードルの段数を上から2段目にして、全開時薄いと感じた時はメインジェットを上げるとあります。
そこで、試乗しながらセッティングを繰り返しクリップは上から2段目、メインジェットは#160で決まりです。
セッティングを出した後は全く違う乗り物になったように気持ちよく走ります。ついでにキャブの同調も取った
おかげで、現在絶好調です。セッティングの大切さを知りました。

YUZOストレートのインプイレッションが書いてあります。まぁ、クロスとストレートはさほど特性に差が無いように思います。


◆エンジン(RZ350Rベース)
・YUZOストレート
 上記のチャンバーが自分のイメージとは合わなかったので、憧れのYUZOを購入。
 クロスチャンバーが欲しかったが、購入当時は350R用のクロスが無く、ストレートを購入。
 もちろんJMCA対応なんて無く、ステンサイレンサー独特のサウンドは最高! 
 性能はノーマルの特性に似ていたが、まだ回るの!?ってほど、
 エンジンが回ってしまうチャンバーでした。

ここもエンジンチューンなどについていろいろ書かれています。YUZOストレートのインプレが書いてあります。他にTMX30、バンシーYF350Z(3GG)リードバルブのインプレも!


◆ET Garage RZ350素人レストア日記
 チャンバーは憧れの「Yuzo」です。
当時は手作りで高価なため、絶対に買えなかった逸品。15年待ってやっと手に入れました(現在のものは量産品のようです)。
 「Yuzo」といえばクロスですが、どうも形的にストレートの方が好みなので、350R用ストレートを選択、厳密には350にはマッチングしません。でも良いんです。今は性能より格好ですから(笑)。

この人のOH、凄いです。気合入ってます。バイク暦も凄いです。一度見てみてください。


RZ250R用のYUZOストレートの画像を探していて見つけたHPです。
やっぱサイレンサー短いっすね!


KP-TZ350レプリカチャンバー RZ350R用
 情報寄贈 tokun様
 KPさんにて販売しているRZ350R用クロスチャンバーです。
 RZ系には相性が良いと言われたTZ350チャンバーのレプリカタイプです。YUZOの250用から替えたのですが、あまりの違いにびっくり!やっぱり250用はダメなんですね。
 値段もリーズナブルです。見た目もかっちょええです。

 出力データが出来ましたので情報提供します。横軸はスピード表示です。何故か回転が拾えませんでした。7000位から12000rpmまで一気です。トルクカーブに少し谷がありますが、パワーバンドに入っているので感じません。レスポンスも良いです。キャブレターは250のノーマルで、メインを#270に替えただけです。
 アクセルウィリーも出来るようになりました^^

KPチャンバーっすね。う~ん凄そうっすね。欲しいな~68000円です!



◆RZ350
筑波です。奥のRZのチャンバーはタキヨン(トガシ・エンジン製)です。
ボッシュのベンチ実測78PSマシンで、エンジンは当然350R改(習志野のカート屋さんが削ったと思います)+FCR。

う~ん、350で70PSはいくと聞いてますが、78PSは凄いですね。FCRって強制開閉だったでしょうか。TMXとかが主流にしては珍しいキャブです。





ICARUS

三菱ランサーエボリューションⅠ/1.エンジン タイミングベルト切れ バルブタッチ修理 後編

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

三菱ランサーエボリューションⅠ/1.エンジン タイミングベルト切れ バルブタッチ修理 後編



▼4G63用のバルブスプリングを外すバルブコンプレッサは無いので、手持ちの2T-G用のバルブコンプレッサーを改造して使い、バルブを外します。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157800/img_1157800_30382193_0?1199977130


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157800/img_1157800_30382193_1?1199977130


▼バルブを抜いた燃焼室。シートの変形、磨耗が無いかチェックする
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157800/img_1157800_30382193_2?1199977130


▼右が曲がったバルブ、左が新品。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157800/img_1157800_30382193_3?1199977130


▼吸盤のついたバルブタコ棒にバルブをつけ、あたり面にコンパウンドを塗る
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157800/img_1157800_30382193_4?1199977130


▼バルブをはめ、回しながら叩き付け、あたりを出す。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157800/img_1157800_30382193_5?1199977130


▼吸気側8本を入れ替え、排気マニホールドを取り付ける
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157800/img_1157800_30382193_6?1199977130


▼吸気マニホールドを取り付ける
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157800/img_1157800_30382193_7?1199977130


▼ハイドロリックラッシュアジャスター、ロッカーアームを取り付ける
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157800/img_1157800_30382193_8?1199977130


▼カムシャフトをセットする。バルブを曲げないように。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157800/img_1157800_30382193_9?1199977130


▼カムの位相をきちんと合わせておく。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157800/img_1157800_30382193_10?1199977130


▼カムセンサーを取り付ける。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157800/img_1157800_30382193_11?1199977130


▼エンジンルームに残したシリンダブロック上面を綺麗にする
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157800/img_1157800_30382193_12?1199977130


▼シリンダヘッドを吊る
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157800/img_1157800_30382193_13?1199977130


▼ガスケットをいれ、ヘッドをおろし、ヘッドボルトを締める
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157800/img_1157800_30382193_14?1199977130


▼バランサベルトを新品に交換する
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157800/img_1157800_30382193_15?1199977130


▼カムベルトもかけ、ベルトカバーを取り付ける
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157800/img_1157800_30382193_16?1199977130


▼クランクプーリー、補記ベルトをかける
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157800/img_1157800_30382193_17?1199977130


▼ヘッドカバーを取り付ける
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157800/img_1157800_30382193_18?1199977130


▼ヘッド側カバーを取り付ける
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157800/img_1157800_30382193_19?1199977130


▼プラグコード類をセットする
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157800/img_1157800_30382193_20?1199977130


▼これで完成! セル一発!
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157800/img_1157800_30382193_21?1199977130



車の整備って重くて、大きくて、部品が多くて、時間がかかって肉体的にも、精神的に相当な負担!
やるときは、せっぱ詰まってやらざる得ないときか、十分気合を入れてやる時しかないですね!


ICARUS

三菱ランサーエボリューションⅠ/1.エンジン タイミングベルト切れ バルブタッチ修理 前編

三菱ランサーエボリューションⅠ/1.エンジン タイミングベルト切れ バルブタッチ修理 前編


イメージ 1


車を10台も乗り換え、そろそろ落ち着きたいと想い、MARKⅡのオートマを見に行こうかなと思っていたら、三菱からランサーエボが出ると聞き、あっという間にエボⅠを契約、購入、わが愛車になりました。

学生時代からダートラや山走りをしていましたが暫く大人しくしていたのが、このランサーエボが私に再び火を付けました。

でも山を走るわけでもなく、舗装ばかり走っていました。
そして8年、11万Km程走った2000年11月20日頃だったでしょうか。朝の通勤途中、走行中になにやら軽い異音を感じましたが、特に不調を感じるわけでもなくそのまま走っていましたが、左脇の車がフラッと私の前に出てきてフルブレーキング、その後エンジン音は変わり、エンジンは力を失い車は失速、惰性で50m程走り、交差点前で停止しました。

エンジンは始動しません。向こう側のガソリンスタンドに助けを求め、交差点を二人で押して横切り、GSの脇に止めさせてもらいました。

タイミングベルト切れが怪しそうで、カバーをはすしましたがちゃんとベルトは回っています。
近くの三菱に持ち込み、見てもらうと圧縮が無いとの事でした。ベルトの歯飛びでバルブが曲がったのなら、修理には十万以上の相当のお金がかかりますので、そのまま三菱から車を引きとり、牽引で自宅へ帰ります。

さて・・・
意図せず再び辛い悪魔の修理作業が始まります。以下その記録です。
4G63系のエンジンを持っておられる方、ご参考までに。なんとか作業できますよん!




倉庫でタイミングベルトカバーをはずすと故障の原因がわかりました。4G63のバランサシャフト用のタイミングベルトがバラバラに切れ、ベルトくずがカムシャフトタイミングベルトにかみこみ、歯飛びを起こしていました。間違いなくバルブは曲がっていますのでシリンダヘッドをはずし、バルブを入れ替える必要があります。
9万Kmでカムベルトは交換しましたが、タイミングベルトは負荷も軽いから切れることも無かろうと好感しませんでした。それがあだとなり、11万Kmで切れてしまったようです。

▼左前タイヤを外し、タイミングベルトカバーを外す。
イメージ 2


▼なにやら黒いゴミがパラパラと落ちる・・・
イメージ 3


▼あ~~~ バランサベルト切れてるわ。あかん。このゴミがカムベルトに噛み込んで歯飛び起こしたんだね。
イメージ 4


さっさとヘッドを外すとやはりバルブとピストンに当たった跡があり、バルブは曲がっています。
部品販売店でバルブ、ベルト類、工具類を購入し、修理に入ります。

▼ヘッドだけを取り外す。私はクレーンを使った。
イメージ 5


▼曲がった吸気バルブ
イメージ 6


▼吸気バルブが当たったピストン
イメージ 7


▼ヘッドを床に下ろし、バラす準備を始めます。
イメージ 8


4G63用のバルブスプリングを外すバルブコンプレッサは無いので、手持ちの2T-G用のバルブコンプレッサーを改造して使い、バルブを外します。

◆USED 美品NIKINIKIジャンパースカート赤120

◆USED 美品NIKINIKIジャンパースカート赤120


表記詳細画像をUP致します。

▼前側、青丸の部分に薄いシミ跡があります。
イメージ 1


▼青丸の中の拡大です。二箇所に薄いシミがあります。
イメージ 2


▼スカート内、裏地に縫い跡がありました。
イメージ 3


▼裏からの縫い跡が一部表に出ているところがありました。
イメージ 4

◆USED ジャンパースカート デニムピンク 120

◆USED ジャンパースカート デニムピンク 120


表記詳細画像をUP致します。

イメージ 1


イメージ 2


前側ポケット間、チャック斜め下に直径2cm大の薄いシミ跡があります。
離れても、近づいてもぼんやり、うっすらとわかる程度です。
他見たところシミは見当たりませんでした。
タグ類にも名前の記載等はありませんでした。

よろしくお願い致します。

1月6日 ~北陸蟹三昧~

1月7日 ~北陸蟹三昧~


イメージ 1


あ~ 夕方ショッピングセンターへ行くと、タイムバーゲンしてますよね。

また誘蛾灯に誘われるように買っちゃいました~

ブリしゃぶも食い飽きたので、正月も過ぎ仕事始め前の日曜の夜、今回は蟹三昧!

2000円が1000円に半額です!

イメージ 2


富山はズワイガニが上がるんですよね。ちいさい方は地元産のズワイガニのメスです。

大きい方はロシア産のズワイガニです。

いんやぁ~ズワイもこんだけ大きいと食い応えがありますね。

できれば、解凍物でない方が柔らかくしっとりして美味しいんですけどね。

小さい方は地元産なので柔らかくて甘くて美味しかったですよ~

蟹味噌、卵も美味しくて堪えられません~~

ズワイガニは日本海~北海道一帯で取れる蟹で、取れる地域で名前も変わります。福井もメッカですが、越前ガニといいます。1~3月頃はちょうど旬な季節なんですよ。

漁港近くのひなびた民宿などで食べると大盛で、新鮮で美味しいですよ。

そうそう、富山の氷見も寒ぶりとズワイガニと合わせて今が旬です。

北海道はシャケ、毛蟹、タラバ辺りでしょうか~

そう言えば、カニしゃぶってありましたね。

う~ん、食ってみたい~ 食いてぇ~~~!!!

これじゃあ、ライダーの軽量化チューンなんて夢のまた夢ですね!



ICARUS

ICARUS’S ガレージへようこそ

ICARUS’S ガレージへようこそ


イメージ 2

▲4U0スタンダード & 4L3Φ54.25O/S

2008年、明けましておめでとう御座います。本年もよろしくお願い致します。

今年はRZ350をゴロワでOH、登録完了して峠へ出撃を目指して頑張ります!


18年ほど所有し、倉庫に眠っていたYSP赤のRZ250をレストアしました。
そして若き頃の熱き思いがよみがえり、RZ350をオークションで購入、OH地獄の道をばく進中。
一方TE27、TE25は未だ倉庫で眠ったまま。
プラモも段積みで眠ったまま。
う~ん、この多趣味の結末をどうしてくれようか!
                                 ICARUS
イメージ 1

▲東京モーターショー:ヤマハホワイトの肌、タンクのように盛り上がる胸、オートルブのように艶やかに潤う唇・・・ 素敵! さぁ、慣らし運転いきまっせ~~~


◆RZ出撃 動画日誌◆
 ★RZ出撃日誌/2.RZ250 攻める/ワインディング-1
 ★RZ出撃日誌/3.RZ250 攻める/ワインディング-2
 ★2ndバイク/13.RZ350エンジン始動 28日出撃!

〘RZ賛歌〙 兄弟RZ/歌 山羽一郎(ヤマハ いちろう)
 兄弟船/鳥羽 一郎より替え歌

峠のカーブに命の花が
ふたつ並んで咲いている
兄弟RZは親父のかたみ
型は古いがインパクトは強い
250と350はヨ夢の揺り篭さ

峠に上って張り合う時は
いつもステップ擦ってる
けれども峠のゴールに着けば
やけに気の合う兄弟バイク
力合わせてヨ サイドバイサイドで攻めまくる

たった一台の4L3に
究極のコーナリングをさせたくて
兄弟RZは真夏の峠へ
排気煙の簾をくぐって進む
熱いこの血はヨおやじゆずりだぜ


◆ヤフオク マイオークション、マイブースのご紹介

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157949/img_1157949_20265861_1?1189298242


RZ250 オーバーホール/20.メインキー改造

RZ250 オーバーホール/20.メインキー改造


蛇の道は蛇の道・・・ 世の中には上には上が、達人がいるもんです。

oyamadaさんのブログYAMAHA RZ350(RD369)で、このメインキー改造の記事KEYシリンダー改造を見ました。詳しい改造方法は書いてなかったので、やってTRY!
さぁ人柱になって見ましたよ!

▼ヘッドライトを外し、配線を切り離す。メーター取り付けボルトを外し、メーターを浮かす。メインキー取り付けボルトを外し、メインキーを取り出す。
イメージ 1


▼取り出したメインキー
イメージ 2


▼まず裏のビス二本を外し、バラしてゆく。そっとゆっくりバラしてゆく。まず接点から。
イメージ 3


▼回転子を外し、中のプレートを外してゆく。
イメージ 4


▼中はこんな構造。キーを差し込みP位置で、キーシリンダ裏の小さな銅片を押し込んで表から引き抜く。
イメージ 5


▼外した部品はこんな感じ。こんだけ~~~
イメージ 6


▼キーシリンダ周りはこんな感じ。
イメージ 7


▼キーシリンダには5枚の溝板と、最後に抜け止用の大きな溝板がついている。
イメージ 8


▼従来のキーを差し込んだところ。5枚の溝板がきちんと収まり、キーを回すことができる。
イメージ 9


▼タンクに使ってる異なるキーを差し込む。キー溝の形状は同じなので差し込む事ができた。しかし、キーの形状が違うので溝板が突き出し、キーは回すことができなくなる。
イメージ 10


▼2枚のキーの違い。この形状の違いで溝板の凸凹ができる。
イメージ 11


▼タンクの異なるキーを入れても、溝板の凸凹がなくなるよう、溝板を入れ替えてみる。
溝板はこの様な形をしている。
イメージ 12


▼このキーでは口元から、1、2、5枚目を入れ替えたら、凸凹が無くなった。ほれこの通り大成功!
イメージ 13


▼シリンダをケースに収める。これにはちょっとコツがいる。力は要らないが知恵を絞る!分かるとあっさり元に収まる。ここの組み付け詳細は下記説明参照。
イメージ 14


▼シリンダ組み付け詳細。分からなければ自分で考える!
イメージ 15


oyamadaさんに感謝!ありがとうございました・・・

しかしね~

私のこの250、メインと、シートロックが共通で、タンクと2枚のキーだったんですが、今回の改造でメインとタンクは共通になったんですが、シートロックは元のままでどうするの???
結局2枚キーの私の250でした。

タンクとシートロックは、メインキーと構造が違い、バラシ方、改造法がよくわかりません。



ICARUS