ICARUS GARAGE

ヤフブロから引越ししました。ブログ閉鎖するYahooは糞だww★
2007/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2007/09

RZ250 オーバーホール/15.走行5、6回目 RZ排気音あり♪

RZ250 オーバーホール/15.走行5、6回目 RZ排気音あり♪


イメージ 1

※画像は私ではありません~~

◆走行5回目

8月22日にISHIIのチャンバーからCRAFTMANのチャンバーに付け替えた。

ISHIIのチャンバーは部品がすべて揃っているが、CRAFTMANのチャンバーは15年ほど前、友人が勝手にチャンバーをはずして持ち去り、なんとシリンダーのフランジ、スプリングを無くしてしまっている。

チャンバーは7月にようやく返してもらった次第。

で、ISHIIのシリンダーフランジにつけると、リアの取り付け位置が前に10mmほどずれて付かない。

そこでCRAFTMANのリアブラケットのΦ11のボルト穴を長穴にしてとりつけた。

仕事から帰って作業を始めたが、夜になったので、22日は取り付けまで。

まぁ、1時間そこそこの仕事だった。

あくる23日、さっさと仕事から帰ると試乗に出かける。

 パンパンパンパンパンパンパン~~~~~・・・・・

あれ、ISHIIのチャンバーとあんまし音が変わんないな。

ちょい高音が入っていて、若干音が大きい。まぁいい感じかな。

例によって山間部のワインディングへ繰り出す・・・

と、エンジンのアイドルが上がり始め、エンジン不調。

 あら~~~ リザーブかな・・・ いかんわ!

あたりも暗くなったので、ワインディング入り口で帰途に着く。

近所のGSによってガスを入れ、さっさと車庫に入れる。

ガスは13.68リッター入った。RZのタンクは16.5リッターなのでこんなもんだな。 

さて、燃費計算。RZをOHしてから132km走って、13.68リッターなので、燃費は9.65km/L。

悪りい~~昔RZ乗った時は、延びて16km/Lで、悪くて12km/L程度だと思ったが。

まぁ、半分は峠走りだったからこんなもんだろう。

でもこれじゃあ、乗ってるエボⅡよりちょいまし、って位だな。通勤に使えば少しは延びるだろう。


◆走行6回目

25日、再度CRAFTMANチャンバーで峠へ向かう・・・

と、ガレージへ行くと、ガソリン臭い。あらら、オーバーフロー。

ごみでも詰まったかな・・・ 綺麗に掃除したのに・・・

まぁ走ってるうちに直ることもあるしね。

エンジンを掛けると、特にシリンダーに流れ込んでるでもなく、ちゃんとエンジンが掛かった。

気にせず走りに出る。

エンジン特性。ISHIIのチャンバーより5000~6000rpmの谷が少なくなってる。

6000~8000rpmあたりのトルクが厚くなってるが9000rpmから上が重い~~

CRAFTAMNは中速寄りの特性だね。こりゃあ、意外と街中で乗りやすい。

峠でも、ギンギンに引っ張って走らなければ、意外と乗りやすいね。

で、この日は、携帯で排気音を録音した。

民家のないワインディング途中からスタートして録音したのであまり引っ張れなかったけど、音は結構取れてた。

聞いてみてね。wavファイルで1.4M。



録音はsoftbankのV604SH。録音ファイルはSVRファイル。
  ボイスレコーダーで録音したものを着メロにする
ここのG726コーデック SVRConvert(日本語)をダウンロード、解凍し、svrをWAVファイルに変換する。

携帯を胸ポケットに入れて走ったので、ちょい音がこもりがちで風切り音も入ってるけど、まぁこんな感じの音。もうちょい弾けた、乾いた音がするんだけどな・・・



ICARUS
スポンサーサイト



RZ250 オーバーホール/14.走行3、4回目

RZ250 オーバーホール/14.走行3、4回目


イメージ 1

↑ハングオンなんて何? そんなのしね~~~~よ。って? まぁね。昔はみんなハングオンだったのさ。ベストバイクとか、特集あったんだぞ。

三回目は、16日だったかな。八尾の山間部のワインディングへ。

時間は50分ほど。中速のコーナーが多く、走りやすい。大好き。

結構攻めてるけど、まだまだだな。

ハングオンのポジショニングも今一さくっと決まらない事がある。

ギアも合わせられないこともあるしね。古いバイクだし、まぁいいや。

一般道路では、大人しく2ストサウンド響かせ楽しんで帰ってくる。

う~~ん、いいね。



走行4回目は21日。通勤。

19日、リヤタイヤのエアが抜けているのを見つけた。以前から抜けるんだよね。

タイヤのサイドもひび割れて経年変化してるんだけど。

朝空気圧みると1.8kg/cm^2。ちょい低い。

1.9ぐらいがすきなんだけどな。街乗りなら2.0ぐらいでもいいかもしれない。

1.9程度の方が絶対グリップ力がある。

でもエアー圧が低い分、タイヤ剛性がなく、ラインがアウトにはらみやすい。

だから、コーナー侵入時、ちゃんとラインを決めて突っ込んでいく事が必要。

オーバースピードだとアウトだな。でも、1.9ぐらいが好み。

え~と、タイヤはバイアスだろな。最近ラジアルってあるけど、どうなんだろね。

カタログ見ると、結構グリップ力あるみたいだけど。

昔はバイクはタイヤじゃなくて、腕だったけどな。

まぁもっともTT100全盛時代だったけどね。

イメージ 2

↑TT100。なつかし~~~。サイドスカスカでしょ。でも昔はみんなこればっかでした。

イノウエにGS-11なんてピンホールのタイヤもあったかもしれない。

ドライグリップも甘くて今一なんだけど、ウエットは良かったな。ツーリング向けタイヤだったな。

そうそう、TT100なんてなかなかまっすぐはしんないもんね、確か。

タイヤパターンが悪いんだろうね。

今もダンロップからコンパウンドを変えた復刻版が出てるんだよね。

あのサイドスカスカのタイヤがね~~~

バンクさせてグリップしそうな気がしないんだよね。

おっと、通勤の話だった。

住宅地なのでエンジンかけて即発進。トロトロ自宅を離れる。

2kmぐらい行って遅い前の車を追い抜き~

2段落としてアクセルオン! ボボボボボボ~~~~~

あ~~~~ 加速せん。そうか、2スト水冷だった。とほほ。

しばらく様子見ながら走る。水温なかなか上がんないんだよね。10分ぐらいあがってこない。

いかんわ。会社まで30分だもんね。困るね。水冷2ストは。

水温上がってからは快適。

会社近くで、右折交差点を2速で回転合わせてパワーオン!

 ズルズルズルズルズルズル~~~~

あ~~~リアが流れる、流れる、流れる、流れる~~~

テールスライド。

RZ特有でもないけど、パワーオンでズルズル、ねちねち流れるスライド。

まぁアクセルでコントロラーブルなんだけどね。空気圧が1.8ってせいもある。

ちょいとハンドル当てて、アクセルコントロールして。

あ~もう20年くらい経ってるんだけど、身体が覚えてるんだね。

久々RZのパワーオンスライドを楽しんだわ、通勤途中で。

しかし、こけなくてよかったな。会社間際で、こけて、見られて、血だら、衣服ズタズタって最悪。

はは。

音はまぁ好きなんだけど、他人いわく、「変わった音が擦るよね。不快音だよね・・・・」

俺、「・・・・・ あ~2ストだから。最近4ストしかないしね。」

説明も面倒くさい。何を言っても弁解にもならん。まぁいい。

「デザイン古いよね。古くさくてイヤだ。」

俺、「・・・・・ 古いからいいんだろ。」

たく、もう。

こいつらにはわかんね!

帰りも2ストを堪能して帰る。

あ~ISHIIのチャンバーもいいんだけど、クラフトマンのチャンバーで走りたいんだよね。

パンパンパンパン、パリン、パリン、パリン、パリパリパリパリパリパリパリ~~~~ン♪

弾ける音がこ気味よいチャンバー。

あ~はやく部品を作って、つけねば。

頑張るド! お~~~!

RZ最高。



ICARUS

RZ250 オーバーホール/13.走行2回目

RZ250 オーバーホール/13.走行2回目


イメージ 1

※画像はRG250Γ Walter wolfバージョン

8月14日、走行二回目。場所は呉羽山。

昔は入り口と、ギャラリーコーナーに一杯バイクが溜まってたのにな。今は誰もいないや。

まぁ、いいか。じゃあいくべ!

クオォォォ~~~~ン~~~~♪ パララララ~~~~パラパラ~~ パオォォォ~~~ン♪

コーナーを一つ二つクリアしてゆく。

5、6個目かな。イン側の側溝の山の斜面側にバイクと人が立っている。転倒だな。

う~ん、転倒したばかりだな。人はいないし、しょうがない助けるか。

先のコーナーでUターンして戻る。アウト側にバイクを止め、歩いて寄る。

バイクはなんとRG250Γ。古いね。よくこんなバイク残ってたね。

しかも黒赤ツートンのWalter WolfカラーのΓ。

「Γ?古いバイクに乗ってるね~~~」

親戚の叔父さんにもらったらしい。乗ってるのはどう見ても17、8かな。

靴はズックでまんま普段着だしね。S字でテールが滑って、そのままつっこんだらしい。

怪我がなくて何より。

なんとか道路にバイクを引きずり上げた。

「このバイクテールが流れやすいんですか?」

・・・

答えに困るだろ。こいつ初心者だな。バイクってバンクしすぎるとタイヤが滑るだろ。

「そうだね~Γって限界高いけど、限界超えるとコントロール難しいから~」

無難に答えとく。でもΓって確かにそうだった。

RZの方が限界低いけど、コントローラブルだったよな。

さて・・・大した損傷もないようだ。本人にも怪我がないらしいので、さっさと去って走ることにする。

パランパランパラン~~~~~♪ クオォォォォ~~~~~~ン♪

右に左にバンクして、ハングオン。

あ~~~この2ストサウンド、軽い車体のヒラリヒラリ感、最高。

でもこの呉羽山って勾配ががきつくて、タイトコーナーが多いからリズムに乗るには今一。

でも楽しかった。RZ最高!

イメージ 2

↑呉羽山地図

イメージ 3

↑呉羽山航空写真



ICARUS

RZ250オーバーホール/12.走行1回目

RZ250 オーバーホール/12.走行1回目


イメージ 1

※画像はISHIIのチャンバー 下から上まで回り、音も割りと静かなすぐれもんです。

先日11日試走した折、近くのワインディングへ走りに行った。

そして、さぁ~ワインディング、フルスロットル、ハングオン!

と、左ブラインド高速コーナーへ突っ込んで行ったら、黒いタイヤの跡の先の電柱に

赤いバイクが立てかけてある・・・

コケてるな・・・ こんなところで・・・

折角のワインディングの出だしだったので立ち止まる事もなくそのまま先へ攻めに言った。

ワインディングの先で折り返し、帰り際にゆっくりと通ると、400cc程度のスタンダードなスポーツバイクだった。

ブラインド高速コーナーでオーバースピードで突っ込んで慌ててブレーキングし、こけて滑っていって、電柱辺りにテールから突っ込んだらしい。

クリッピングにも行かない、ほんのコーナーの入り口だった。

まぁ、初心者だったのだろう。バイクもピカピカだった。

色はメタリックがかったワインレッドだった。

最近のバイクは・・・ いやここ20年程度のバイクはほとんど分からないので、車種は分からなかった。

まともにワインディングを走ったのは17、8年ぶりだろう。

学生時代、毎日の様にワインディングへ行った時が懐かしい。

当時はRZやVT、CBX、RGΓ等が出てきたスポーツバイクの黎明期だったな。

そういえばRZ250なんて35psしかないが、RGΓは45psだったかな。

レッドバロンで見たヤマハのR-1Zなんてスパルタンだけれど、何馬力なんだろう。

峠で馬力やいい足回りは必要だけれど、バイクは腕が7割かな。

まぁ、RZ250でギンギンに攻める気も無いけれど、攻めてるな~~~

今は腕が付いていかないけれど、慣れれば他のバイクを追っかけるんだろうな。

しばらく走ると、クラッチを握る左指先が痛んできた。

こりゃいかん。

OH後の走行開始距離は、27930km

初日の走行は、27953km。23kmの走行ですね。

いい音響かせて走ってくれました。

もっといい音するクラフトマンのチャンバーを付けたいけれど近所迷惑で、割と静かなISHIIのチャンバー以外、付けれないな。

困ったな。今は部品が無いから付けれないけど、部品は製作してもらおう。

まぁ9月には取り付けて走りたいな。

イメージ 2


走りに行ったのはここ。

20年前は人も少なく、ギャラリーもほとんどいなかった。

それからギャラリーが集まりだし、道路にも、センターにポールや、ブロックが設置された。

最近ではほとんど人がいない。

まぁ近くに民家もあるので、あまり走らないでね。

走るときは、通り抜けてしまうか、1往復程度でね。

え~と、バイクがこけてたのは、赤い楕円の右の方にある左高速コーナー。

コケルとこじゃないんだけどな。

他にも走るところがあるけど、あまり走らないでね。



ICARUS

ICARUS’S ガレージへようこそ

ICARUS’S ガレージへようこそ



イメージ 1


ブログを立ち上げました。

飛行機、車、バイク、模型・・・

いろいろ趣味が雑多、多趣味です。

今までのストックも沢山有り、ブログでUPしてみようかと。

まだ記事は少ないですが、これからどんどんUPして行きます。

画像はYAMAHA RZ250のカタログ内の画像です。1981年のものですね。

この画像をずっと覚えていて、どこかにないかと思っていましたが、先日探し出しました。

ワインディングを駆け抜けるRZ、素敵な画像でしょう? 当時、鮮烈な印象を受けました。

RZ250は2台、RZ250Rは1台、乗りました。

現在20年ぶりにRZをOHし、8月9日に登録し、公道走行中です!



ICARUS

RZ250 オーバーホール/7.ヘルメットOH

RZ250 オーバーホール/7.ヘルメットOH


バイクはOH中なのだが、バイクのグッズもOHする必要がある。

バイクには、メット、グローブ、ブーツのグッズが必要。

グローブ、ブーツはなんとか使えそう。

だが、メットは、中のスポンジがぼろぼろで、このまま使えない。

OHするか、捨ててしまい、新しいのを買うしかない。

最近ホームセンターでは5000円あればメットが買える。が、黒とシルバーしかない。

う~ん、メットもOHしよう~~

早速分解~

このメットは、あご部分のパーツを外す事が出来た。頬に当たる内生地をはぐると、中のスポンジが変質し、ボロボロになって無くなっている。
イメージ 1

イメージ 2


ここにホームセンターで買った隙間テープを詰め込む。これはスポンジの裏に接着テープが付いているもので、取り付けがし易い優れものだ。
イメージ 3


買ったものは、厚さ10mm×幅30mm×2mのもの。200円位だった。

顔に当てながら厚さを確認し、スポンジを段重ねしてゆく。
イメージ 4

イメージ 5


3段、3cmを貼り付け、メットに組み込んで具合を見たが、まぁいい感じ。
イメージ 6


裏生地は、発泡スチロールに両面テープで張られ、合わせ目をテープで止める。

テープは、電工作業用の布テープを使った。意外となじみ、具合がいい。
イメージ 7


さぁ、これで完成~~
イメージ 8

イメージ 9


頭を入れてみたが、いい感じ。

しかし、メットって意外と造りがちゃっちいな~~

う~ん、こんなんで頭を守っているなんてちょっと寒いな。

さて、メットOH完成。これでグッズはOK!



ICARUS

RZ250オーバーホール/11.試走!

RZ250 オーバーホール/11.試走!


イメージ 1

↑とりあえず本日の、サイドカバー これも再塗装する~

本日11日、試走完了!

先日9日、エンジン掛かる直前まで確認してましたが、本日無事エンジン始動です。

最初なかなかアイドリングが安定しませんでしたね。

アクセル煽っても回転が付いてこず、何度かストールしてエンジン停止しました。

煙がひどかったので、中にオイルでも溜まっていたのかもしれません。

そのうちアクセルについてくるようになりレーシングが出来るようになったので、

アイドルスクリューをねじ込んで、アイドルを決めてやりましたら、アイドリングするようになりました。

たかが2スト、パラツインといえども、キャブまでOHしてエンジン掛かると嬉しいですね。

これでなんとか試走できそうなので、一旦エンジンを止め、試走の準備をします。

で、煙幕も薄らいだのでバイクを見ると全体がオイルの点々だらけ。

シート、サイドカバー、ミラー、メーター、全体ですね。

おまけに、近くにあった車までもオイルのシミだらけ。

うわ、すご。

2ストのオイル吹きってこんなに凄かったっけ。

そういえば、白い服きて乗ると背中がオイルのシミだらけになったっけ。

どうしようもないので、とりあえずサッサとペーパーウエスでふき取り。

どうせ全体を念入りにピカピカにしなければならないので清掃はまたこんど。


さて、メットは先日、中のスポンジ等を入れ替えてOHしたもので、他に手袋、ブーツを出しました。

革製品は、オイルを塗ってやらなければいけないな。オイルはまたこんど。

で、今日は暑いので、ミニタオル、財布を入れるウエストバッグを探したが見つからない。

う~~ん。仕方が無い。またこんど探そう~

早速準備をしてエンジン始動。

ガソリンスタンドへいく。ガスは口から零れるので満タンにしない。8分目くらいにガスを入れて早速道路へ繰り出す。

1、2、3、4速と慣らしがてらに、そこそこで加速。

バックミラー見ると後方は煙幕だらけで凄い~~

ちょい街流しして、バイクに慣れた頃に車で行きなれた峠へ。

昔の感覚を思い出しながらハングオンでギアを合わせながら徐々に攻め込む。

タイトコーナーは2速、3速あたりだね。ストレートで4速あたり。

ISHIIのチャンバーはトルクの谷が少ないのだが、でも5~6000rpmは谷だね。

トルクバンドは6000~9000rpmだ。

ストレートでメーターを見ると、9000でトルクは細くなるものの、そのまま10000rpmまでストレス無く吹けあがっていく。

10000rpm以上までまだまだ回るが、意味もないし焼き付きが心配なので、無理しない。

ワインディングを攻めながらハングオンのポジショニングを確認して行く。

降りて、タイヤを見ると、皮のムケ具合もまぁまぁ。

でも20年越しのタイヤなので、ゴム劣化があるので、気をつけないといけない。

そのうち慣れてきて、攻めすぎるとずるっと来るかもしれない。

まぁ、雨の日は乗らないが、雨は無理できないな。

さて、峠はまぁまぁ。多少感覚も戻ってきた。

というか、もうクラッチを握る左手が痛い~~~ ので、そろそろ帰投。

帰り際、エンジン、チャンバーの特性を農道の直線で確認しておく。

1速から引っ張っていって、4速で140km/hまでいった。

農道ではここらが、恐怖心の忍耐の限界。RZは確か5速でひっぱらないと150km/h以上は出なかったハズ。それでも160km/hは出ず157km/h辺りが限界だったかな。

直線は600m程度かな。まぁ、まずまずのパワーフィーリング。

帰りは幹線道路の車に混じって流す。

しかし、やっぱ街流しは苦痛だな、このバイクは。

加速するには、2段以上は落とさないといけない。

60~80km/h程度の街流しも4速ぐらいがちょうどいい感じ。

追い越し加速するなら2速だな。

さて、家に戻ってバイクを休める。

このままじゃあ小汚い、ただの古ぼけたバイクだな。

綺麗に磨かないといけない・・・

盆はあちこち行きたいな。どこへ行こうかな。

さぁ、盆明けの通勤が楽しみだ。


PS:そうそう。ISHIIのチャンバーもっと静かだと思ってたんだけど、結構うるさいな。

   こりゃあ、クラフトマン結構いい音してたんだけど、うるさくいチャンバーつけれないな。

   ISHIIのチャンバーもサイレンサー改造しようかと思ってたんだけど、こりゃあ悩むな。



ICARUS

RZ250 オーバーホール/10.登録完了!

RZ250 オーバーホール/10.登録完了!


8月9日、ナンバー登録完了!今日って長崎の原爆投下の日だね。忘れがたい日だ。

まあ、いいか。

さて、登録・・・ ご存知の方も多いでしょうね。

中古車の新規登録。

まずは、軽自動車届出済証返納済確認書、軽自動車届出済証返納証明書(自動車重量税用)と、住民票、印鑑を用意する。これを持って運輸支局へ行く。昔の陸運事務所だね。
イメージ 1

↑軽自動車届出済証返納済確認書

イメージ 2

↑軽自動車届出済証返納証明書(自動車重量税用)

まず、運輸支局の隣にある代書屋の入っている自動車整備振興会へ行く。

軽自動車届出書を100円で購入。

自賠責は3ヶ月以上の残りが必要で、1年に入る。9760円。

書類を記入し、陸運事務所の窓口に行き、登録をしてもらう。

登録が完了すると、書類を返却され、それを持って自動車整備振興会のナンバー発給窓口へ行く。

新しいナンバープレートが渡される。570円。

軽自動二輪は希望ナンバー制はないそうだ。

どんな番号になるかわくわくしたが、まぁ今回は揃った番号がもらえた~~~

なかなかいい番号だった。大事にしたいな~

でもたまにしか乗らないのでずっと登録しっぱなしっていうのももったいないけど~

ちなみに前回の抹消は平成4年だったので、登録は15年ぶり。

バイクに火が入るのは17、8年ぶりかな。

そうそう、通勤にも使いたい。会社へも乗り入れするが、念のため時間進入禁止の先にある駐車場への通行許可を取っておく。

所轄の警察署へ行き、申請する。手数料は無料。

登録証、および通行許可を欲しい道路、駐車場の地図を各2部添付。印鑑を持ってゆく。

通りたい道路には赤でしるしをつけておく。許可証の発行は2、3日後。

さて、これで準備OK!

明日10日は、盆休み前最後の出勤日。

久々バイクに乗るので、身体を慣らさなければいけないな。

バイクの調子だしもあるけど、峠を走ったり、クランク、スラロームをこなして街乗りに備えねばならないな。

さて~ナンバー付けて盆明けいよいよ出動と行きますか~~~

2ストサウンド、煙を撒き散らしていくぜ~~

楽しみ~~♪



ICARUS

RZ250 オーバーホール/9.エンジン始動

イメージ 1

RZ250 オーバーホール/9.エンジン始動


今日2007年8月8日、約20年ぶりにエンジン始動。

ステップを折り曲げキックするが、なかなかエンジンがかからない。

3分ほどキックすると、パラ・・・パラ・・・と時折火が入る。

来た・・・ そろそろかかる。

が、エアーを吸い込むシューという音がする。

キャブを連結しているバランスチューブが外れていた~

はは! 接続忘れだ。

再度キック。

パララ・・・ パララ・・・

パララララララ~~~ パララララララ~~~ 

う~ん、来た来た。キャブのスクリュー類のセッティングが出てないようだ。

しかし、排気が凄い。まるで煙幕・・・

煙が出るようにとスズキのCCISを使ったのだが、凄い凄い!

マジで煙幕状態。とても倉庫でエンジンを掛けてるとは言え、住宅地で夕方この煙はまずい。

エンジンは掛かりそうなので、今日はここで一旦中止。

いんやあ~~~~ 嬉しい! 満足。

ISHIIのチャンバー付いてるんだけどいい音するわ。

ISHIIのチャンバーって割と静かで迫力無いんだよね。

でも2ストRZの音ってこんな音だったっけかな。

もう街では4ストの音しか聞けなくなったけど、2ストっていいわ!

獰猛な生き物を想像させるような音だね。

このISHIIのチャンバーは、エンジン特性がいい。

下から上までムラ無く回る。上は9500か10000rpm近くまで回る優れもの。

中速域のトルクの落ち込みも少ない。

だが、音がへたれ。

それで20年前、音がいいクラフトマンのチャンバーを買った。

これがいい音がする。

パリン、パリン、パリン、パリン、パリン~~~

パンパンパンパン、パンパンパンパン~~~~

エンブレ掛けると、

ブ~~~~~ン、パンパン~パラン~パンパラパンパンパン・・・

いい音するよ~~~♪

でもね、エンジン特性が最悪。中速は、谷がひどくてスカスカ、高回転は8500rpmくらいで頭打ち・・・

走ると音以外、いいとこないんです。

でもこのクラフトマンで走りたくて~♪ これで会社いくんだ!

今このクラフトマンのチャンバーはシリンダへの取り付け部品が欠品していて取り付けできない。

しょうが無いので、自作する。図面を書いて作ってもらうしかないね~~~

さて・・・

今日のエンジン始動は、ナンバー登録前にエンジンが掛かることを確認するため。

これでエンジンはかかりそうなので登録してもちょっと調整するだけですぐ乗れそうだ。

そろそろ盆前なので、明日運輸局でナンバー登録してきます。

お盆にはあちこち行きたいな。

会社にもRZで通勤するんだ~♪

2ストパラツインの音を響かせて~~~♪

道路に煙幕撒き散らしながら~~~♪

2スト最高~~♪

RZ最高~~♪



ICARUS

RZ250 オーバーホール/8.フロントブレーキ マスターシリンダ

RZ250 オーバーホール/8.フロントブレーキ マスターシリンダ


1.キャリパーピストン、シールキット 6000円くらいだったかな~
  350用のダブルになっているので2式。高い~~~
イメージ 1


2.新品ピストン。これであと10年はもちそう。
イメージ 2


3.キャリパー内のシール溝にはブレーキフルードが固着している。綺麗に溝を掃除する。
  しかし、絶対に傷をつけてはならない~~慎重に!
イメージ 3


4.こんなツールを作った。L字のカギ工具。エッジは丸めて、傷が付かない用にしておく。
イメージ 4


5.ブレーキグリース。シール類の組みつけに用いる。
イメージ 5


6.こんな感じで塗りたくる。
イメージ 6


7.ピストンを入れる。
イメージ 7


8.フロティングロッドを外し、洗浄し、ごみを取る。
イメージ 8


9.ラバーブーツ内にグリースを詰め込む!
イメージ 9


10.350用新品マスターシリンダ。250とは違う。サイズがでかい。
イメージ 10



これでブレーキ回りのOH完了。エア抜きするとしっかりブレーキが利く。しかし節度感(カチッとした感じ)がないな~~ ちょっとブカッ、ブカッとした握り心地。バイクを走らせるとこれでもしっかり効いていたので問題ない。



ICARUS

2号機RZ350 ~整備・走行記録簿~

2号機RZ350 ~整備・走行記録簿~


1983年7月 初年度登録 RZ350 4U0-02020*
1985年7月29日 継続検査(1回目車検)
1987年7月28日 車検期間終了
1997年3月14日 検査証返納(廃車) この返納の状態で購入。

2007年9月17日 ヤフオク¥21.7万で購入。54入札。神奈川県横浜市より。
2007年9月27日 RZ350 BASで納車。ODO:4057.9km
 ピストンSTDΦ64だったが、シリンダーは他のΦ64.5のが仮組み付け状態。
2007年10月19日 エンジン腰上OH。SAOテックでボーリング完了。
 ピストン:純正互換品×2 RP31K-075 RZ350,RZ350R 64.75(+0.75)

2012年6月29日 新規登録完了。4143.4km


ICARUS