ICARUS GARAGE

ヤフブロから引越ししました。ブログ閉鎖するYahooは糞だww★
2019/10≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2019/12

今日のニュース ~25日大震災他-3~

今日のニュース ~25日大震災他-3~


参院決算委「震災対応やるべきことやっている」首相が統一選敗因に抗弁 産経新聞 4月25日(月)10時13分配信

菅直人首相は25日午前の参院決算委員会で、統一地方選での民主党大敗は東日本大震災への政府の対応のまずさが響いたと指摘されていることについて、「震災対応は政府を挙げてやるべきことはやってきている」と述べた。
四面楚歌、日本の中でただ一人首相続投に賛成なのは当の本人だけ。
やるべきことはやっている・・・ この期に及んでよくものうのうと。呆れます。

原発反対派、目立った伸長みられず 読売新聞 4月25日(月)4時6分配信

東京電力福島第一原子力発電所事故を受け、統一地方選後半戦では原発が立地する自治体で安全対策や是非が争点となったが、原発反対派の目立った伸長はみられなかった。

 東京電力労働組合の組織内候補も、厳しい逆風の中、開票された選挙では全員が当選した。

 高速増殖炉「もんじゅ」など原発3基が立地する福井県敦賀市長選は、初当選以来〈原発との共存共栄〉を掲げた現職の河瀬一治氏が市発足以来初の5選を決めた。

 市は財政、雇用面で原発に依存。このため河瀬氏のほか、元市議や元市会議長、敦賀短大教授の3候補はいずれも原発との共存を前提に、原発の安全強化や防災対策などを中心に論戦を展開した。新人は多選阻止を訴えたが、福島第一原発の事故後は経験豊かな現職を再評価する声が強まった。
ん~この期に及んでまだ原発肯定派が優勢とは。
ちょっと意外でした。やっぱ将来の不安より現在の資金なのでしょうか。
現在のこの福島の悲劇、目に入らずという感じなのでしょうか・・・・
迷える日本、血迷える日本、迷走日本か。どうなる日本。

三陸道大渋滞「迂回して」 宮城県警が呼び掛け 河北新報 4月25日(月)6時13分配信

現地での復興活動自体により渋滞が発生しているようです。
現地で車の台数も増えているでしょうから当然渋滞は出てくるかと。
いろいろ問題が出てきます。

福島第1原発 1号機の格納容器圧力 窒素注入前の水準に 毎日新聞 4月25日(月)11時46分配信

格納容器内の圧力が注入前の水準に戻ったことを明らかにした。東電は格納容器内に水がたまって冷却が進んだ結果と見ているが、窒素が容器外に漏れている可能性もあることから、爆発を防ぐために今後も窒素の注入を続ける方針だ。
炉内温度の低下で炉内圧力が下がったのか、炉内から空気や冷却水が漏れているのかどっちか分からないと言うことです。
厳密な計算は困難でしょうが、荒々は簡単に計算できるかと。
ん~漏れもあるかもですね。

人が多すぎて…復興構想会議、運営めぐり危機感 読売新聞 4月24日(日)16時12分配信

東日本大震災復興構想会議は23日の第2回会合で、会議の運営方法をめぐって、各委員から改善を求める声が相次いだ。

 意見集約に向け委員の間に早くも危機感が漂っている。

 赤坂憲雄学習院大教授は終了後、記者団に「あまりに人が多すぎて議論ができない。本当はしゃべりたいことがいっぱいあるが、時間が足りなくて煮詰まらない」と不満を漏らした。「5月の連休明け以降は交通整理していくと思うが……」と、第1次提言取りまとめにも不安を見せた。

 会合では、下部組織の検討部会が財源論などの議論をすでに始めていることについて、橋本五郎読売新聞特別編集委員が「構想会議とかかわりなく、独立して議論が先行している印象を受ける」と指摘。高成田享仙台大教授や大西隆東大教授らが同調した。五百旗頭真議長は「(部会には)7合目、8合目まで議論してもらい、頂上に登り詰めるのは我々がやる」と釈明する場面もあった。
船頭多かれど船進まず、ですね。
こういう船頭を集めた組織を乱立させる事事態が愚かかと。
これからますます混迷を深めるかと。どうする気。


その他

インドの霊能者、サイババ氏、予言より早く84歳で死去 産経新聞 4月24日(日)14時19分配信

不治の病を治したり、何もないところから灰や指輪などを出す「超能力」の持ち主として日本でも知られるインドの霊能者で宗教指導者のサティヤ・サイババ氏が24日、入院先の同国南部アンドラプラデシュ州プッタパルティの病院で死去した。84歳だった。サイババ氏は呼吸器などの不調から3月下旬に入院して容体が悪化、ここ数日間は危篤状態が続いていた。
8000千億という凄い資産を残したんですね。
詐欺だったといううわさでしたが、お金を貯めてあっけなく亡くなってしまいました。
折角ですから人のためになる事をすればよかったと思いますが。

中国の新型ステルス機「殲20」が2度目の試験飛行、観衆から拍手 サーチナ 4月24日(日)13時30分配信

中国が新型ステルス機「殲20」の2回目の試験飛行を実施したことを、英紙デイリー・メールの電子版が19日付で伝えた。四川省成都の飛行機設計研究所の空港で殲20原型機の試験飛行を数十人の観衆が目撃し、殲20が両翼を揺らして観衆にあいさつしながら飛行して行った時、観衆から拍手喝さいがあがったという。
なんとかに刃物、中国にマネーでしょうか。
また尖閣にも来るんだろうなぁ~ 日本にとって脅威だなぁ。 困った国だなぁ~


ICARUS
スポンサーサイト



今日のニュース ~25日大震災他-2~

今日のニュース ~25日大震災他-2~


首相は「歩く風評被害」…軽はずみな発言続ける 2011/04/22 23:15

東京電力福島第1原子力発電所の事故は、放射性物質(放射能)をまき散らすだけでなく「風評被害」という副産物も生んだ。菅直人首相は22日の記者会見で「外国首脳が日本に駆けつけ『ある部分を除いては外国人が来ても大丈夫だ』『いろんなものを食べても大丈夫だ』と発信してくれている」と人ごとのように語ったが、ちょっと待ってほしい。事態をより深刻にしてきたのは首相自身ではないか。

「思いつき」だけの軽はずみな発言を続ける首相はもはや「歩く風評被害」というほかない。

 「最悪の事態となったとき東日本はつぶれる」

 「(福島第1原発周辺は)10年、20年住めないのかということになる」

 これまで首相はこんな風評を流した。行政の長でかつ「ものすごく原子力に詳しい」と自負する人がこんな無責任な発言をすれば、国内外で「日本、特に福島県の製品・産品は危険なのではないか」と不安が広がっても仕方あるまい。

 後者の発言について、首相は直後に「私は言っていない」と否定したが、それならば、なぜ発言を流布した松本健一内閣官房参与を解任しないのか。枝野幸男官房長官が「適切な対応を検討する」と解任を示唆してもなおかばい続けるのだから「やはり首相の発言だったのではないか」との疑惑が深まっても文句は言えないはずだ。

 15日には、風評被害払拭を求めて首相官邸を訪問したJA福島の代表団からイチゴとキュウリを差し出され、いきなりこう尋ねた。

 「このまま食べても大丈夫ですか?」

 「悪気はなかった」と信じたいが、まるで野菜の放射能汚染にビクビクしているかのような言いぐさではないか。これでは風評被害を払拭するどころか、助長しかねない。
前代未聞も呆れた首相。歴史に残るのdしょうね。

避難区域から引っ越せない…業者の拒否相次ぐ 読売新聞 4月24日(日)3時1分配信

東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、1か月後までをめどに避難を求められている福島県の計画的避難区域で、住民が引っ越しの依頼を業者に断られるケースが相次いでいる。

 引っ越し業者側は「社員の安全を考えると作業させられない」などとしており、現在、6000人以上とされる5市町村の計画的避難区域にいる住民の移動に支障が出る恐れもある。

 「『避難しろ』と言われて避難できないなんて。見殺しにするんでしょうか」

 村全域が計画的避難区域となった飯舘村の女性(50)が23日、大手業者の電話受付で住所を告げると、担当者に「現在、作業不可地域とされております」と言われた。食い下がっても、「やはり原発等の影響があるかと思われます」「社内的に決まっていますので」と断られた。別の大手業者にも同様に拒まれた。
結局政府は後先を考えず、援助もなしに無責任に避難、立ち入り禁止区域を決めただけでしわ寄せは住民に。これでは住民は八方塞です。

<東日本大震災>食物アレルギーの子、被災地からSOS 毎日新聞 4月24日(日)2時34分配信

アレルギー対応食品の備蓄や受け入れ態勢の不備は、過去の大地震の際にも指摘されてきたが、反省は生かされなかった。東日本大震災発生以降、アレルギーの子を持つ母親らで作る患者会には、被災地からのSOSが次々と入っている。
ん~アレルギーまではなかなか自治体なども手が回らないかと思います。
かと言って見殺しにもできず。国や県単位で1箇所か2箇所で集中管理し、いざと言うときにアレルギー
対応食品などをメーカーなどから支給するという方法がコストが掛からないかと。
今後の課題ですね。

高所得者への年金支給減額…社会保障改革原案 読売新聞 4月24日(日)9時2分配信

厚生労働省が検討している社会保障改革案の原案が23日、明らかになった。

 医療・介護では低所得者対策を強化し、年金は高所得者への支給額を減らすことなどが柱で、社会保障の「安心・共助・公平性の三位一体」を打ち出した。
復興資金がらみでの年金支給の改革なのでしょうが、ろくに議論もしないでなし崩し的に高速土日1000円や子供手当て廃止をしてしまう民主には怒りを感じます。
少なくとも次の総選挙では下野で政権から引き摺り下ろします。間違いないと思われ。

復興財源、所得増税で=消費税上げに慎重―仙谷副長官 時事通信 4月24日(日)13時19分配信

仙谷由人官房副長官は24日午前、東日本大震災の復興財源について、「期間限定で所得に対する課税のようなものが望ましい」と述べ、所得税の増税を検討すべきだとの認識を明らかにした。視察先の宮城県亘理町で記者団に語った。
 仙谷氏は「全国民が連帯し支え合う気持ちで、期間限定で拠出していただくことが必要だ」と強調。消費税率を引き上げて財源に充てる案に関しては「(被災で)生業が消えてしまった人は(税金を負担できる)担税力がない。払える力のある人が少しずつ分かち合う考え方が重要だ」と述べ、慎重な考えを示した。
 復興財源をめぐっては、政府・民主党内で、国債を発行して確保しつつ、期間限定で消費税を増税し、償還に充てる案が浮上。野党各党からは「福祉目的に限定しないと、国民の理解を得られない」(石原伸晃自民党幹事長)など、反対の声が上がっている。
ドサクサにまぎれて安易な消費税導入などが検討されていますが、所詮経済学者でもない政治家が浅知恵で物事を考えてもろくな事にならないと思われ。省庁、官僚なども巻き込んで問題のない税収を考えるべき。

<福島第1原発>米エネルギー業界大揺れ 原発建設懐疑的に 毎日新聞 4月24日(日)11時16分配信

米エネルギー業界が福島第1原発の事故で大きく揺れている。オバマ米大統領は「原発は風力や太陽光などと並ぶクリーンエネルギーの大きな柱になる」と改めて建設推進の姿勢を示したが、米国内では安全性への懸念から原発の建設・運営コストが増加するとの見方が台頭。ここ数年の技術革新で掘削が容易になった天然ガスの一種、シェールガスの存在もあり、原発建設を巡る情勢は様変わりしている。
米国でも反原発論が高まっていると。当然でしょうがこれから先エネルギー供給やCO2排出の問題が浮かび上がってきます。ちゅうか温暖化とCO2ってほんとに関係あり???
まずはここから議論が必要かと。


ICARUS

今日のニュース ~25日大震災他-1~

今日のニュース ~25日大震災他-2~

23日、NHKのTVで震災の復興特集や、24日日テレのそこまで言って委員会で震災復興をテーマにいろいろ議論されていて興味深く見ました。
議論が進むのはいいですが、意見がまとまらず復興措置が遅れ効果的な措置が出来なくなるのが心配です。

さて週末からのニュースを拾い読み、

宮城知事、水産業の国営化提唱=復興構想会議 時事通信 4月23日(土)19時36分配信

東日本大震災の復興ビジョンをつくる政府の復興構想会議(議長・五百旗頭真防衛大学校長)は23日午後、菅直人首相も出席して、官邸で第2回会合を開いた。宮城県の村井嘉浩知事は、津波で甚大な被害を受けた水産業の国営化や、消費税増税を念頭に置いた「災害対策税」の創設を提唱した。
 村井知事が示す宮城県の構想は、水産業の再生に向けて、国が必要経費を直接助成。小規模漁港などを大幅に集約・再編するとともに、水産加工場、市場、漁船など関連施設の共有化を進める内容。また、生産施設が破壊された事業者への工場・設備の無償貸与、規制緩和や予算・税制面での優遇措置を盛り込んだ特区創設などを求めている。 
復興構想会議はこのまま意見がまとまらず空中分解しそうです。
現在財源税制の議論が復興と分かれて先行しすぎとして指摘されるなど会議が多く、てんでんばらばらでまとまりが無い状態になっています。
関東大震災の時は「山本権兵衛首相を総裁とした「帝都復興審議会」を創設する事で大きな復興計画が動いた。江戸時代以来の東京の街の大改革を行い、道路拡張や区画整理などインフラ整備も大きく進んだ。」とあり、強力なリーダーシップでグイグイ復興が進みました。
そこまで言って委員会でも言っていましたが、社会党村山さんの時の阪神大震災では復興の遅れを指摘された後は阪神・淡路復興対策本部が設置され、強力に復興が推し進められました。
 関東大震災 復興
 阪神・淡路大震災 復興

全部で5千万円以上?避難所で現金配る2人組 読売新聞 4月23日(土)20時44分配信

総額は5000万円以上とみられる。避難所の職員が「やめてください」といって断っても配り続け、その後立ち去ったという。

 話を聞きつけたほかの被災者からは「不公平だ」と訴える電話が市に寄せられており、市は「志はありがたいが、被災者に公平に配れる義援金として送ってほしい」と呼びかけている。
ありがた迷惑ですので、もっとよく考えて行動してください~

東日本大震災 津波、史上最大…「明治三陸」超える 毎日新聞 4月24日(日)2時32分配信

東日本大震災で発生した大津波が、国内で過去最大の津波とされてきた明治三陸地震(1896年)による津波を超える規模だったことが、東京大地震研究所の現地調査で明らかになった。

宮古市田老小堀内で津波の到達した高さが37.9メートルに及んだほか、同和野35.2メートル、同青野滝34.8メートル、宮古市・松月31.4メートル、同市・真崎30.8メートル--の計5カ所で30メートルを超えた。

 明治三陸津波で高台へ運ばれた大きな岩として有名な「津波石」(標高25メートル)が残る岩手県田野畑村の羅賀地区では津波石を超える27.8メートルに達した。明治三陸津波では岩手県大船渡市で38.2メートルを記録したが、30メートル超は他に同県陸前高田市の32.6メートルだけで、昭和三陸地震(1933年)による津波は最高28.7メートル(大船渡市)だった。

 都司准教授は「明治三陸津波で甚大な被害を受けたいくつかの地区は、今回も30メートル近い津波が到達したが、集落を高台に移していたため被害を免れた。今後まとまる被災地全体の調査結果を、復興計画に生かしてほしい」と話す。
人間は忘れやすいので、こういう教訓は個人レベルではなく行政がきちんと居住地域を規制するなど管理すべきだったと思います。今後しっかりした行政の指導が必要かと思います。

東日本大震災:「お父さん、ありがとう」妻の声津波に消え

数多の方が無くなっており、いろんな悲劇が伝えられ耳に入ってきます。
遺体の見つかった方、見つからない方も手厚く葬ってあげてください。
大震災慰霊碑、モニュメントの設置などもいいかと思います。

東日本大震災:先人は知っていた 「歴史街道」浸水せず

イメージ 1

東日本大震災に伴う津波で大きな被害を受けた仙台平野で、浸水域の先端が、江戸時代の街道と宿場町の手前に沿って止まっていることが、東北大の平川新教授(江戸時代史)の調査で確認された。仙台平野は400~500年おきに大津波に見舞われており、街道は過去の浸水域を避けて整備された可能性が高いという。平川教授は「先人は災害の歴史に極めて謙虚だった」と話し、今後の復旧計画にも教訓を生かすべきだと提言する。
なるほどね~ 一旦町や宿場が壊滅するとそこを迂回した街道や宿場町ができ、恒久的となるので、当然かと。現代の迅速な近代化、建設能力がそうした震災の歴史を遠いものとさせてしまったのでしょうね。

仙谷氏、組織論先行に苦言 復興庁構想など「首相がその気ならばできる」 産経新聞 4月24日(日)2時42分配信

仙谷由人官房副長官は23日、東日本大震災の被災地である宮城県気仙沼市を視察した。「復興庁」構想などで与野党の調整が難航していることについて「そんなことに時間をかける余裕はない。被災者本位で政府がスピードを持ってやることが重要だ。組織のあり方が政争のネタになってはならない」と組織論先行に苦言を呈した。
この人もいい事言いようですが、尖閣の件もあり嫌いです。


ICARUS

今日のニュース ~東日本大震災ほか~

今日のニュース ~東日本大震災ほか~

いろいろ気になる記事を拾い読み。

原発賠償、税金で負担も=「異常時」限定で東電支援―政府 時事通信 4月23日(土)19時3分配信

福島第1原発事故の被害に対する東京電力の損害賠償に関し、政府が近くまとめる東電支援策に、税金投入の可能性を明記する案が浮上していることが23日、明らかになった。経営危機で電力供給に不安が生じるなど「異常時」に限った措置とするが、賠償支払いが国民負担に直結する形になる点で、調整は難航しかねない。
 菅直人首相は、賠償について「一義的には東電だが、最終的には適切に行われるよう政府が責任を持たなければならない」と表明してきた。原子力損害賠償法に沿った発言だが、同法が定める政府の「必要な援助」の中身は具体的ではない。 
税金入れざる得ないと思いますが、政府から話がでるとちょっと反感を感じます。
現在復興1次予算でばら撒きやムダを排除する話が出ていて、高速道路無料化や子供手当ての廃止とその予算の引き当てが計画されています。
しかし厚生年金の政府予算まで削ってこの先どうする気。

修学旅行先「会津」回避 宮城の小中校で変更相次ぐ 河北新報 4月23日(土)13時25分配信

春の修学旅行シーズンを控え、宮城県内の小中学校が日程や行き先の再検討に追われている。学校や家庭に東日本大震災の爪痕が深いためで、甚大な津波被害を受けた沿岸部の一部学校は実施を延期した。福島第1原発事故の長期化が影響し、仙台市内を中心に福島県会津地方だった行き先を変更する動きも目立っている。
仕方の無いことだと思います。まだ原子炉もどうなるかも分からないので。
今後一年以内に冷温停止され、落ち着いた後観光再開になるのではないでしょうか。

地方代表に辞任の動き=首相責任論拡大も―民主【統一選】 時事通信 4月22日(金)23時59分配信

統一地方選前半戦の道府県議選などで民主党が惨敗したことを受け、24日の後半戦の終了を待って滋賀県連の奥村展三代表ら複数の地方組織の代表が引責辞任する意向を固めていることが22日、分かった。菅直人首相は同日の記者会見で、東日本大震災への復興対策に全力を挙げるとして、政権維持に強い意欲を示したが、複数の県連で代表が一斉に辞任すれば、首相や岡田克也幹事長の責任を問う声が党内でさらに拡大する可能性がある。
地方の反乱でしょうか。地方が負けたといっても国政の責任が大きいのでしょうが。
それとも菅首相降ろしで小沢系議員が裏で手を引いたのでしょうか。

生産どうなる ルネサス、前倒し再稼働 産経新聞 4月23日(土)7時57分配信

半導体大手のルネサスエレクトロニクスは22日、東日本大震災の影響で生産を停止していた自動車向け半導体の主力拠点である那珂工場(茨城県ひたちなか市)で6月15日から操業を一部再開すると発表した。当初計画より1カ月前倒しする。同工場には取引先の自動車メーカーなども入り、懸命の復旧作業が続いていた。

ルネサスの動向が注目されるのは、昨春の半導体業界再編で、同社が自動車向けマイコンの世界最大手に浮上したからだ。世界シェアは約4割に上り、「ルネサスの半導体を使っていない日本車はない」(自動車大手)ほどで、今回の震災では、同社への依存度の高さが問題になった。
ECUなど製造大手ですね。この他にも塗料メーカーなども被災し、外国で製造できない自動車の色が結構あるとニュースで言っていました。
今更ながらに世界の工場たる日本の力の大きさを思い知らされた、と世界が言っています。

東日本大震災 被災男性とボランティア女性が婚約 南三陸 毎日新聞 4月23日(土)11時46分配信

東日本大震災の大津波で壊滅的な被害を受けた宮城県南三陸町の避難所で愛を育んだカップルがいる。町立志津川小で避難生活を送る阿部誠輝(せいき)さん(42)と、奈良県生駒市からボランティアに駆け付けたマナー講師、村上希望(のぞみ)さん(28)。16日に婚約。お互いの両親にあいさつした後、同町役場に婚姻届を提出する予定だ。「これからの町の歩みと同じ。ゆっくりでもこの町で一緒に頑張って歩んでいきたい」。2人は歩調を合わせ、新たな人生に踏み出す。
いや~ラッキーですね。こう言うこともあるんですね。歳の差カップルです。
ええなぁ~


その他の記事


北「韓流ブーム」…隠れて冬ソナ視聴、服装まね 読売新聞 4月23日(土)5時27分配信

情報統制が厳しい北朝鮮で、韓流ドラマや映画の海賊版DVDなどの映像ソフトがひそかに流入している。

 韓国の生活習慣に憧れ、言葉遣いや服装をまねる若者も増えている。規制をかいくぐった「韓流ブーム」は脱北を促す恐れがあり、北朝鮮当局は取り締まりに躍起だという。
金正日は寅さんの映画が大好きでした。きっと冬ソナも見てるだろうと思います。
AVも見てるかもだな~

カツオ捕れない 紀南の漁師ら悲鳴 紀伊民報 4月23日(土)17時5分配信

和歌山県紀南地方でカツオ漁が本番を迎えているが、過去最悪の不漁ペースで推移している。「すさみケンケン鰹(かつお)」のブランドで売り出している和歌山南漁協すさみ支所(すさみ町)では、今年に入って昨年同期の15%ほどの約40トンしか水揚げしておらず「これまで経験したことのないほどの不漁」と悲鳴を上げている。
何が原因でしょうね。最近の温暖化の影響でしょうか。
しかしもともと回遊する魚が相手の漁業って漁獲の変動が激しいです。
富山の氷見の寒ぶりも、小さいはまちなどを乱獲しすぎで漁獲が減ったと昨年TVで見ましたが、今年の冬のシーズンふたを開けてみればなんの事はない空前の豊漁でした。
地震、津波もそうですが、自然の生き物の生息、動きもよく分からないことが多いですね。


ICARUS

世評 ~21日ニュース~

世評 ~21日ニュース~

最近大震災関連のニュースも減ってきて報道も随分落ち着いてきたかと思います。
そろそろ大震災以外の記事もドッキングしてみましたよ。

ユーロ圏危機が深刻化、ギリシャの債務再編観測で ロイター 4月19日(火)12時47分配信

欧州市場では18日、ギリシャの債務再編が夏にも必要になるとの懸念が浮上したことを受け、ユーロ圏の債務危機をめぐる状況が深刻化し、ユーロ相場と一部ユーロ圏の国債価格が大幅に下落した。
東洋で大震災の影で、西洋でも大震災の予感です。
また株価下がるかな~

「持病の薬飲み忘れた」6人死亡事故の運転手 読売新聞 4月20日(水)3時9分配信

栃木県鹿沼市樅山(もみやま)町の国道293号で18日朝、集団登校中の同市立北押原(きたおしはら)小学校の児童6人がクレーン車にはねられ死亡した事故で、自動車運転過失傷害容疑で逮捕された同県日光市大沢町、運転手柴田将人容疑者(26)が、栃木県警の調べに対し、「持病の発作を抑える薬を飲み忘れていた」と供述していることが19日、捜査関係者への取材でわかった。

 県警は事故原因との関連について裏付け捜査を進めている。

 捜査関係者によると、柴田容疑者は「てんかんの持病があるが、この日は発作を抑える薬を飲み忘れていた」と供述。また、事故直前にハンドルに突っ伏し、事故後もしばらく車内で動かないでいる姿が目撃されており、県警は発作を起こし、意識を失っていた可能性もあるとみている。
世の中とんでも無いやつもいるもんです。
事故が不運だけで終らないようにして欲しいもんです。

富山県内での環境放射線モニタリング結果について
富山県内での環境放射線モニタリング結果について
極微量です。皆さん安心して富山に来てください~
まじで東回りに世界を一周してきたんだろうか・・・
おそらくそんな気が。

福島第1原発 一時帰宅、町役場立ち入りを優先 官房長官 毎日新聞 4月20日(水)13時32分配信
いよいよっすね。ついにチェル状態が来たかって感じです。20km圏内は入ると罰則があるそうで。
こんな綺麗な土地を誰がこんなにしたのか・・・
未だに信じられないです。

原発停止で税44億円見込めず、福島県が苦慮 読売新聞 4月20日(水)3時3分配信
住民は反対すれど、甘い汁を吸って原発を推進していた悪人どもが。


国産ヒトES細胞、海外初分配=京大から米カリフォルニア大へ―文科省専門委が承認 時事通信 4月20日(水)13時12分配信
この分野で日本は世界をリードしています。将来の新しい医療技術開発のために!


32キロ沖海上で遺体発見=警察官の殉職、23人に―警察庁 時事通信 4月20日(水)20時45分配信
既に1ヶ月も経っていますが、見つかってよかったです。
これでご本人も往生できる事でしょう。ご家族もこれでようやく安心できるだろうと思います。


ICARUS